座考

気になるアレやコレや、ちょっと座って考えてみよう

カテゴリ: 生活

子供の小学校の卒業式はグレーのツイードのスーツを着ました。このスーツは卒業式用にネットで購入したものです。セレモニースーツは頻繁に着る機会もないので、予算は2万円までと決めていました。1万円前後でも探せばありますが、あまり安いと安っぽさが出てしまうので、そこは気をつけました。 卒業式は落ち着いたダークな色のスーツを着る方が多いので、浮かないようにダークな色のスーツを探しました。ただ、真っ黒だと葬式のイメージで暗くなりすぎるので、黒以外にしました。選んだのはグレーですが、ツイード素材でほかの色もミックスされているので、暗くなりすぎません。 ワンピースとジャケットのセットアップにしましたが、ワンピース単体でも着られますし、ジャケットに別のスカートを合わせればまた違ったコーディネートができます。別の日にあった下の子の卒園式にはジャケットは同じで、下は黒のスカートにして行きました。セットアップのスーツは着まわせるのでおすすめです。 アクセサリーですが、パールのイヤリングとネックレスをつけ、胸元はにコサージュをつけて華やかさも出しました。胸元にコサージュがあるだけでセレモニー感が出るので、コサージュをつける方は多いです。 足元は、冠婚葬祭用に持っていたプレーンな黒のパンプスを履くことにしました。卒業式用に靴まで揃えると予算が足りません。家にある靴で間に合わせす。ただ、そのままでは足元が地味で普通すぎます。そこで、クリップでつけられる靴用アクセサリーを買うことにしました。シンプルな物からビジューでキラキラのものなど様々ありますが、シンプルに黒のリボンクリップにしました。リボンをつけるだけで、普通のパンプスに華やかさが出ます。この靴用クリップ、他の種類もそろえておくと便利そうです。 卒業式に何を着ればいいのか悩むものですが、卒業式はセレモニーなので、華やかさを出すのを忘れなければ大丈夫です。今あるスーツにコサージュをつけるだけでも、立派なセレモニースーツに見えます。中にはやりすぎて浮いている方もいらっしゃいますので、場をわきまえてほどほどにオシャレをしましょう。

子供の卒業式や入学式のフォーマルウェア、悩みの種です。卒業をした後には入学のための準備のためにかなりの金額が出費を考えると、衣装代にはそんなにお金は回せません。今は、リサイクルショップなどで、かなり質のいいフォーマルウェアが手ごろな価格で手に入るので助かります。 私の場合は、3年前の長男が高校を卒業した時に、正統的なフォーマルウェアの基本的な白と黒のスーツを意識して、近くのショップで、バラバラに見つくろって購入をしました。それぞれ1000円ぐらいの単価だったと思います。 シンプルで飾りなどのないので、それからずっと毎年のように子供たちの入学式や卒業式に来ています。アクセサリーも本当にパールもどきのネックレスを購入をしました。 卒業式と入学式は、子どもたちが中心となる式典という事を頭に置いて、あまり飾らずシンプルにしているし、公的な式典を念頭に自分なりに品性を考えて服を選ぶことが大事だと思います。

もう数年前ですが、娘の小学校の卒業式の時、何を着せてあげようか妻も頭を悩ませていたようでした。中学、高校などは制服がありますから何も考えずにすみますが、娘が通っていた小学校は私服だったので卒業式用に衣装を用意しなければなりませんでした。 購入するにしても、やはり良いものは値段が結構しますから、一度だけ着るにはちょっと勿体無い気がしまして、妻と相談した結果、貸し衣裳を借りる事にしました。インターネットで色々な店を検索しましたが、華やかなものは結構値段が高く迷っているところ、個人でやられているレンタル店を知人から紹介してもったので、そこで借りる事にしました。値段もリーズナブルで確か3000円程度だったと思います。値段の割にしっかりとした衣裳で、リボンや靴なども一式借りれたので大変に満足しています。ちょっとしたドレスの上に毛皮の上着を羽織るスタイルでした。 これから進学するという事で、入学費、教材費、学校指定の制服やジャージ、靴など、予想してた以上にお金がかかります。そうしたこれからの出費を考えると、卒業式の衣装は自分で買い揃えるのももちろん良いと思いますが、貸し衣裳も自分で買える範囲の良質なものが買うよりも安く借りられたりしますので助かります。インターネットなどを利用し調べてみるのも良いかと思います。子供もちょうど成長期にあたりますから、卒業式だけ着て体が大きくなって、一度しか着れないのも勿体無いですから。

冬も終わり段々と暖かくなり洋服の色も黒やグレーから白やピンク、パステルカラーなど明るい色が増えてきます。そんな時期に迎えるのが卒業式。晴れの日の衣装はやはり明るい色でビシッと決めたくなるかと思います。 しかし、女の子の習性なのでしょうか。数百人、数千人規模の卒業式、見渡してみるとみんな似たような色や柄の衣装を選んで着ているのです。やはり、ピンク、赤、紫辺りはもう何十人、何百人と選ぶ色です。 そこで私がオススメなのは白です。白は汚れるからなど懸念があるかもしれませんが、なんとも華やかで人と被りません。私は実際600人規模の卒業式でしたが白を着ていた人は1人も見ませんでした。 お着物は高価なものなので、レンタルする人が多いので似たような色や柄、デザインが多くなってしまう中、白はパッと映えてとてもウキウキした気持ちになれました。私の白のお着物は成人式の際に祖母に買ってもらったものを少しお直しして着用しました。 成人式のときにお着物、帯、ファーの羽織物、小物など一式揃えましたのでそれをそのまま使用し、袴のみレンタルしました。お靴はまだ寒い時期でしたので黒のショートブーツを着用しました。ですので、袴のレンタルが10000円前後と卒業式の衣装でかかった代金はこれくらいでした。 私はお着物がとても気に入っていたのでアクセサリーなどは一切せずお着物の柄を活かすようにしていました。 ご兄弟やお母様、お祖母様で素敵なお着物を持っていらっしゃるのであればぜひお借りすることをオススメします。晴れの舞台に自分のお着物を着ているのを見るとご家族も嬉しいと思いますよ。

私は某私立大学出身です。この大学は入学式、卒業式を武道館で行います。それだけ多くの様々な格好をした人たちが参加します、一万人はいると思います。 私が式に着ていくときに重要視したのは、やはり清潔感です。入学式のときは、親に成人式と兼用のスーツを紳士服店で買ってもらい、それで入学式に向かいました。初めて自分で服装を選択して行った式だったため、何も準備も意識もせずに会場に向かいました。 武道館に着くと、そこには大勢の人が順番に並んで会場入りを待っていて、多くの人が様々な色のスーツを着て、様々な形の髪をに整えていました。その中でも、私服で来ている人やスーツはきてはいるが髪を派手にして騒いでいる者などがいて、周りからは白い目で見られて悪い意味で目立っていました。この経験を踏まえて、式ではその場にあった落ち着いた清潔感のある格好がいいなと思いました。 卒業式では、就活の時のような堅苦しいとまではいかないまでも、落ち着いた色のスーツ、髪型で式に行きました。卒業式ともなると就職を控えているため、皆スーツで落ち着いた格好をしています。そのためか、私はスタンドでアリーナを見渡していたのですが、すごく一体感がありとても印象のいい卒業式が出来たと思いました。 学生での入学式等では新しい環境に飛び込み、そこで新しい人達に出会いテンションが上がってしまうのも分かります。自分もそんな感じていました。ですが、式です。一生に一回しかない式で後悔しないためにもその場にふさわしい落ち着いた色のスーツや髪型で参加することをお勧めします。

このページのトップヘ