座考

気になるアレやコレや、ちょっと座って考えてみよう

カテゴリ: 旅行

1980年代、愛知県名古屋市から静岡県東部に家族引っ越しをして数ヶ月後のことです。せっかく富士山の見えるところに住んでいるんだから、富士山に登ろう!と父が提案。まぁ、提案と言っても子供だった自分に拒否権はなかったのですが。父と母、小学生の私と弟、保育園だった妹の5人で夏休みを利用して富士山に登りました。今では色々な山への登山経験が何度もある両親ですが、この時は全員が山登り初心者でした。 登山当日は晴れていて、登山には何の問題もない天気でした。現在の富士登山は、登り口にスタッフがいて、軽装での登山に注意を呼び掛けたり、また登山者もネットで情報を収集してから来る人も多いと思いますが、その頃は登山の本を買わない限り、何の情報もない状況でした。 私たち家族は特別な準備もなく、ハイキングの感覚で出かけました。服装は普段履いていたスニーカーに、普段着ているジャージ姿。一応カッパだけは普段使っているものを持っていったようですが、雨が降ったら靴はどうするんだろう?体は守れても靴の中が濡れたら気持ち悪いだろうな、と後々思いました。持ち物はおにぎりなどの食べ物と飲み物とおやつ。本当に軽装だったのです。 小学生だった私と弟は、疲れながらも富士登山を楽しんでいたと思います。急な斜面もあり、本来は滑り止めのついた軍手や登山用の手袋があるといいと思いますが、当然そんな持ち物もありません。保育園の妹もいましたので、記念を兼ねて両親が杖を買ってくれましたので、その杖が子供三人の遊び道具でもあり、体を支えてくれるものでもありました。今思うと、保育園の妹が軽装で山登りをするなんて何かあったら大変だ、と思うのですが、子供だった私は能天気に山登りをし、また幼い妹も母に連れられてちゃんと後ろを歩いてくれていました。 当日は早朝から父の運転で車を走らせ、5合目の登山口から頂上まで登って、日帰りでまた降りてくる予定でした。そのプランが危うくなったのは8合目を歩いていた時に、突然父が高山病にかかったのです。頭が痛い、気持ちが悪い、そう言って父は岩場の陰で座り込み、嘔吐をしていました。しばらく経っても体調が良くならなかったので、下山することにしました。残念な気持ちでしたが、家族で出かけた場合、登山の途中で誰かが体調不良になったら諦めるしかありません。驚いたのは、下山し始めた途端に父が元気になったことです。高山病という言葉を聞いたのはその時が初めてでしたし、気圧のこともよく分からず、さっきまで吐いて青白い顔をしていたのに・・・不思議な病気だ、と思ったことを覚えています。 何の準備もなく山に登りましたが、幸いそれが原因で困ったことにはなりませんでした。雨も降りませんでした。ジャージ姿で頂上付近は寒かったと思いますが、8合目で諦めたため、寒い思いをすることもありませんでした。父は頂上に登れなかったことを悔やみ、その後は色々な山に登るようになりました。もちろん、登山グッズを色々揃え、登山用の靴も持っていますし、ライトなどの小道具もあります。父が高山病になりましたが、その他は問題なく過ごせたので初めてのないないづくしの登山は家族の笑い話となっています。

7年前、静岡県に住む友人に誘われて軽い気持ちで富士山に登ることになりました。登山の経験は学校の遠足くらいでしたが、友人いわく年配の人も結構登っているから大丈夫だろうと、体力に自信はありませんでしたが、日本人としては1度は登ってみたかったので、7月の3連休を利用して登ることにしました。 トレッキングシューズは持っていましたが、登山用のウェアもなく、持っているシャツやジャージなどをリュックに入れて友人宅に前泊しました。彼女は何度か登ったことがあり、スケジュールはお任せしていて、夜から登り始めてご来光あたりに山頂に到着する予定でした。 夜10時ごろ、御殿場口の5号目から出発しました。真っ暗だったので懐中電灯で足元を照らしながら進みました。初めのほうは木々が周りに立っている山道でしたが、途中から視界が開けて平野を歩いているようでした。星がとてもきれいで、空を見上げながら歩きました。 他の登山者の方もたくさんいて、道の隅で休憩している人もいましたが、寝転んでいる人が何人かいて、友人に聞くと高山病になったのでは?と言っていました。念のため酸素ボンベを買って行きましたが、高山病になってしまうと、気休めでしかないそうです。体力に自信のある方が速いペースで登ろうとするとかかりやすいそうなので、年配の方や女性は意外と大丈夫らしいです。私も女性で体力に自信はないので、始めからゆっくり登ってよかったなと思いました。 御殿場口と吉田口が合流する8合目あたりから人がだんだん増えてきて、9合目までの途中から渋滞のように前に進めなくなりました。天気がだんだん悪くなってきて、雨まで降ってきました。レインコートは持って行っていましたが、その前に自分の汗で綿のシャツが体に貼りついて寒くて仕方がありませんでした。もっと発汗性のある下着を着ていけばよかったです。動いていれば、少しは体が温かくなりますが、人が多すぎて止まっては進みを何度も繰り返したので、寒さで震え始めました。 テンションも低くなって、もう山頂に到着しなくてもいいから帰りたいと友人に愚痴ると、9合目の山小屋で暖をとって決めようよと言われたので、しぶしぶ9合目までは耐えようと思いました。でも9合目に山小屋はありませんでした。友人が登った時は天気もそこそこ良く、9合目で休憩することがなかったので、知らなかったそうです。結局悪天候の中、山小屋で休憩したいがために山頂まで登ってしまいました。ご来光も見えず、あまりいい思い出になりませんでした。ただ、下りの際に見えた雲海はとてもきれいでした。

都内在住の20代で会社員をやっていた私が富士登山に挑戦することになったきっかけは会社の同僚の誘いでした。飲み会で同僚が毎年夫婦で富士登山を行っていて、毎年誰か友達を連れて行っているので一緒に行かないかというものでした。その時の私は富士登山は一度はやってみたいと思っていたけど体力的に自信のない私で大丈夫なのだろうか…という不安な気持ちでした。しかし友人はもう一人、初登山の人を誘うので問題ない、体力がなくても問題ないという力説に説得され富士登山挑戦を決めたのでした。 当日は8月の最初の週でメンバーは私、同僚、同僚の旦那さん、同僚の旦那さんの部下の方の4人でした。2台の車で都内を夜の10時ごろ出発して深夜0時を回ったころに富士山の5合目駐車場に着きました。私たちはご来光は最初から目的にしておらず、そのため途中で山小屋での宿泊も予定していませんでした。ひたすら登って降りてくるといった、いわゆる弾丸登山でした。車で仮眠をとり、朝の4時ごろから登山を開始しましたが、正直車内での仮眠はほとんど眠れないままの徹夜登山の開始となりました。 5合目から登り始めてすぐに6合目に着くころには辛いと感じていました。なにが辛いのかといえば、まず上り坂で空気が薄いうえに荷物が重いのです。当日の私の服装は登山靴に登山用Tシャツ、ウインドブレーカーと登山に行くのには普通の格好でしたが、経験者から富士山の頂上付近はとにかく寒い、ダウンジャケットなどが必要などと聞いていたので防寒用のアウターやカッパなどをかなり詰め込んでおり、さらには飲料用の水も1.5Lほど持っていました。正直、水は値段は高いが途中で買えるし、体力の消耗を考えれば500mlくらいで十分だったと思います。防寒用のアウターも当日は天気がよく、また頂上付近に着くころはちょうどお昼だったので全く必要がなかった無駄な装備となりました。 7合目以降は空気も薄くとにかく辛い、辛いと言いながら休憩を多く取ってもらいながらなんとか登っていました。8合目に到着すると会社の同僚がまさかの高山病にかかり、旦那さんと下山する、と言いだしました。それ以降、私は気合と気力だけで初対面の方と二人で10歩進んでは休憩、といったペースでなんとかかんとか頂上まで辿り着きました。頂上にたどり着いた時には13時頃になっていて、しばらく休憩をして下山しました。下山時は足のつま先が痛くなりましたがあまり辛いとは感じることなく16時ごろには5合目に無事に帰ってくることができました。 結論としては、体力のない私でも無事に富士登山は登頂できました。でも体力のない者はないなりに休憩時間を多く取り、重装備になりすぎないように気を付けて登山に向かって欲しいと思います。

神奈川県在住の30代の主婦です。5年前に結婚をしたのですが、入籍した翌日に初めての富士山登山をしました。何か記念になることをしたくて二人でチャレンジしました。その時の体験をもとに初めて登る時の心構えをご紹介したいと思います。 もともとスポーツ好き、運動好きな私たちは特に富士山登山に向けて練習をしたりトレーニングをしたりすることはありませんでした。登ってみて、日頃から軽くても運動を続けてこられている方なら体力的には問題ないのではないか、と思います。 私たちは登山ツアーに申し込んだのですが、ガイドさんがペース配分を行ってくれて20〜30分に一度休憩を挟み、参加者の状態を見ながら登るスピードも調整してくれているようです。ですので、ついつい頑張って早く登ったりすることなく登ることができました。本当に少しずつ少しずつ登るので「足がきつい、荷物が重くて・・・」ということはありませんでした。 ただ、空気が薄くなっていっていることは息の上がり具合で体感します。体力的な不安よりも何よりも、一番気をつけるべきは高山病だと思います。同じツアーに参加した20代くらいの女性はかかってしまったようでした。徐々に気分が悪くなっていったようで、8合目に着いた時点でぐったり。私たちの参加したツアーの行程は、夕方までに8合目の山小屋まで登り、夜中2時頃に出発し夜明け前に登頂しご来光を拝むというものでしたが、その女性は結局山小屋で待機することになりました。健康的な女性でしたが、高山病は体力のあるなしではないようです。 「せっかく富士山に登ったのだから・・・」とついつい頑張ってしまい判断が遅れると重症化し、結果、命にもかかわると言われています。初めての人は客観的に体力や状態を判断できるガイドさんがついて的確な対応をしてもらえる方が良いと思います。「絶対に登頂する!」という意気込むよりも心構えとしては、自分の状態をしっかりと見極めながら、マイペースに登ること、これが大事だと思います。 実は私も5合目から6合目あたりまでは、頭痛がして「高山病かな?」と思っていました。初めての富士山登山で気合も入っていたので、着圧効果の高いウェアをTシャツの上に着込んでいたのですが、それが血の巡りを悪くして頭痛になっていたようです。高機能のウェアを着ているのだから調子良く登れるだろうと思っていたのに予想外に苦戦してしまって「こんなはずじゃなかった!」と思いながらゼーゼーハーハー言いながら登っていました。ふと「このウェアのせいかな?」と気がつき、休憩の間に脱ぐとスーッと頭痛がおさまりました。 それからは一度も頭痛にならず、無事に登頂することができました。着圧効果が高いということは、ある意味体へのゆとりもなくなっている状態だと思います。登山をしている人には当たり前かもしれませんが、私は平地での運動と違うことをわかっていませんでした。登山には動きやすい服装がベストだと身を持って感じました。 3000mという場所は普段自分たちが生活しているところと全く違う環境です。登山をしていると途中から景色が変わるのでわかると思います。5合目付近は緑の植物が生えているのですが、その後は徐々に赤土と岩だけになっていきます。そんな環境のところを登るのですから、心も体もマイペースに、決して無理することなく登ることをお勧めします。

世界文化遺産となった富士山。外国から来る観光客にツアーの中でも富士山は人気があるようです。そんな日本の象徴でもある富士山に私は過去2回挑戦しました。1度目は吉田口から、2度目は富士宮口からでした。今回は、利用者が一番多い吉田口からの経験を簡単ですがご紹介します。 住所)東京都内在中 年齢)30代女性 時期)7月の3連休明けの平日2日間(山小屋一泊) 同伴者)友人一人 持ち物)着替え・靴下・水(500のペットボトル1本)・軽食(おやつなど)・酸素缶・タオル・防寒着・手袋(防水タイプがいい)・ヘッドライト・携帯電話・日焼け止め・薬やバンドエイドなど・杖(5合目で購入)・温かい帽子・レインウエア(カッパではなくセパレートタイプがいい)・ウエットティッシュ・ホッカイロ トイレットペーパーは不要です(今は置いてあります。心配ならもって行ってもいいと思います) 1日目(自宅~8合目) さあ出発です!登山シーズンは新宿西口にバスターミナルから富士山5合目まで直通高速バスが便利です。およそ3時間半もあれば5合目に到着です。5合目では高山病対策の為、1時間ほど体を慣らしておきました。昼食とトイレを済ませ、12時半頃に5合目を出発、8合目まではジグザグな道をひたすら歩きます。ただゆっくりで大丈夫です。私達は5時間半ほどかけて予約しておいた山小屋に到着。辺りはまだ明るく景色を楽しむ事が出来ました。次の日の為に8時には就寝しました。(慣れない場所で眠れませんでした) ポイント ・休憩をとりながら焦らずゆっくり歩く事。 ・山小屋は期待しない事。食事や仮眠がとれるだけで十分と考える事。 ・気分が悪くなったら無理せず診療所や山小屋に相談。高山病だったらすぐ下山する事。 ・吉田口は利用者が一番多く、アクセスも便利。初心者には安心できます。 2日目(8合目~頂上) 夜中の12半に起床し、準備が終了後、1時に山小屋を出発しました。朝ごはんは山小屋でパックに入ったおにぎりをいただきました。ですが、食べずに出発。頂上でのご来光を目指しました。8合目からは道幅も狭くなり人の渋滞で立ち止まる事も多くなります。しかも、冷たい雨と風。[寒さ][寝不足][疲れ]の三重苦。富士登山の過酷さを思い知りました。結局、天候が悪くご来光はおあずけでした。頂上では神社と休憩所があります。うどんや温かい飲み物も飲めます。ただし値段は高めです。この後、体力があればお鉢めぐりもできます。ですが、私達は下山の体力も考え、お鉢めぐりや止めて頂上をあとにしました。 ポイント ・季節は夏ですが、夜の富士山は冬山そのもの。そのうえ山の天気はコロコロ変わります。防寒着や手袋やレインウエアなどの準備はきちんとする事。 ・大勢が頂上でのご来光を目指す為渋滞があちこちで発生します。思ったより時間がかかると思いますので、頂上でご来光を見たいなら余裕をもって山小屋を出発する事。 ・8合目からは傾斜もきつくなり、足元も滑ります。思わぬケガに注意する事。 ・頂上に郵便ポストがあります。このポストから郵便を出すと、消印は”富士山頂”となりますので、自分宛に出せばいい記念になります。 なんとか無事、二人で下山した後は、5合目からでているバスで河口湖駅まで行き、まずは新宿西口行きの高速バスを予約。その後、駅前にあった土産屋の2階の日帰り風呂(有料)で汗を流しました。おなかがへった私達は、すぐ近くの[不動]というほうとう屋さんで、つまみとビール、名物のほうとうをいただき、夕方には新宿に到着しました。 《これから富士山に挑戦しよう!と思っている方へ》 富士山はご存じのとおり日本一高い山です。昔の人は修業の為に登ったそうです。私も登ってみてその意味を納得しました。観光気分でたいした準備もしないで登る事だけは止めた方がいいです。とはいえ、持ち物はもちろんですが、体力づくりをするなどの”準備”さえきちんとすれば怖い山ではありません。簡単に登れる山ではないからこそ感動や達成感を味わう事ができるのです。女性目線のアドバイスで参考になったか分かりませんが、思い切って一度挑戦しみてはいかかでしょうか?

このページのトップヘ