座考

気になるアレやコレや、ちょっと座って考えてみよう

カテゴリ: ピロリ菌除菌体験談

徳島県在住の50代男性です。3年前に近くの個人病院でピロリ菌の除去を受けました。30代から胃潰瘍が持病で、長年胃潰瘍の薬が手放せない状況でした。吐血したことはありませんが、下血していたようで、空腹になると胃がむかむかして吐き気と違和感に襲われます。何か重いものを飲み込んだような鈍痛も感じていました。市販薬をいくら飲んでも改善せず、結局病院へ駆け込みました。 最初は薬で簡単に症状が治まったのですが、薬を止めると症状がまた現れる状態の繰り返し。1度はほとんど胃に穴が開く寸前だといわれ、1週間ほど血管注射に毎日通ったことがあります。ちょうど年末からお正月にかけてだったので、特に記憶しています。その後も注射をうったり、薬を飲んだりすると、症状は治まるのですが、仕事でストレスを感じたら、どうしても再発していました。このため、薬が日常で手放せなくなっていたのです。 引っ越しで病院を変えたのを機に3年前、自宅近くの胃腸専門病院で相談すると、除菌を勧められ、受けることにしました。健康保険の適用を受けられ、1週間ほど2種類の薬を1日2階飲み続けるということでした。薬については覚えていませんがペニシリン系といっていました。特に違和感もないまま、1週間の服用期間が終わり、検査したところ、以前よりは改善しているが、除菌に失敗していたことが分かりました。 今度は2種類の薬のうち、1つを別の薬に切り替え、服用することになりました。また1週間薬を飲み続けるわけです。失敗という言葉が気になり、生活態度も少し改めました。喫煙者で1日2箱ほどタバコを吸っていたのですが、2日で1箱程度にしました。トンカツやラーメンなど油っこい食事もあまり取らないように改善しました。仕事上のストレスはやむを得ませんが、日常生活にストレスを持ち込まないように工夫したつもりです。 1週間の服用を終え、今度こそと病院へ期待を持って向かいました。しかし、検査の結果、やはりピロリ菌が残っているということです。医師がいうには薬に耐性ができているということで、やはり今まで通りに胃潰瘍の薬を服用してほしいということでした。 ただ、幸いなことにそのあとは胃の調子もまずまずです。転職で仕事が変わり、ストレスが大幅に少なくなったことも影響していると自分では感じています。2回目の服用に際して気をつけた節煙や食事の注意も続けています。それも効果があったのかもしれません。でも、耐性のついたピロリ菌は死ぬまで胃の中にいるのでしょう。薬を服用する段階になって気をつけるのではなく、もっと早くから注意していればよかったと反省しています。

10代の頃から十二指腸潰瘍を何度も患い、胃カメラも3回ほど飲みました。カナダに20代後半で留学にきていた1998年に急性胃炎になり、医者に診てもらうと、こんなに何度も十二指腸潰瘍をやったり頻繁に胃が痛くなったりするのはピロリ菌がいるのではないかといわれました。 ピロリ菌のことはどこかで聞いたことがあったのですが、日本では治療する薬はまだ認可されておらず、日本では治療はできないときでした。今では風船ふくらませてピロリ菌がいるかどうか簡単に調べることができますが、当時は胃カメラ飲んで胃の組織を取るしか方法がかなったので、その時の医者はわざわざまた胃カメラ飲むのも大変だし、一週間くらい抗生物質飲んでも大した副作用もないからとりあえず飲んでみたらというのです。このお医者さんは韓国人の先生でアジア人の事はよくわかっているようで「99%ピロリ菌いると思うけどね」といってました。確かに胃が子供の頃から弱くて留学するのもかなり不安だったし、これで体調良くなるなら・・・と挑戦することにしたのです。 診察代は大学の保険があったので、診察代は大学の保険でカバーされましたが、処方箋だけはカバーされなかったので、当時入っていた、日本の海外旅行傷害保険で薬代は払ってもらいました。薬は一週間3種類の抗生物質を飲むだけで、こんなので本当に効くのかなーと半信半疑でした。胃炎も患っていましたが、特に副作用もなく無事すべての薬を終了しました。その後どれだけストレスが溜まっても胃に来ることがなくなったので、本当にピロリ菌がいたのでしょう。この時までは受験の前とか就職前に十二指腸潰瘍になったり、ちょっとストレスたまるだけで胃炎になっていて、いずれ胃がんになるのではないかと思ったくらいです。 一回で除菌できない人もいるそうですが、私の場合はその後も胃の具合は本当によくなり、もう胃の事で悩まされることはなくなりました。2012年に夫の仕事の都合で香港にいたときの健康診断でピロリ菌の検査が含まれていたのですが、その際も陰性との結果がでています。除菌後は旅行先で必ずミネラルウォーターを飲むようにしています。発展途上国では先進国からの輸入物のお水しか飲みません。 ピロリ菌はがんの原因になったり、様々な胃の問題を引き起こしますので、胃の不調が続く人は一度検査をおすすめします。もし菌の存在が確認されたら、すぐに除菌することをおすすめします。胃の調子がよくなるとストレスも軽減されますし、日々を楽しく過ごせます。

宮崎県 男性 59歳 今から12~3年前の話になりますが、その頃は某家電量販店に勤務していまして、接客やクレーム処理と異動による上司などの応対で結構ストレスのかかる職場でした。 勤務先では年に一回集団健康診断はありますが、以前に胃のバリウム検査があったのですが、接客時に下剤が効いて業務に支障が出てはいけないのかしばらくして血液検査だけになりました。 当時、食事の後胸やけがしたり、食後じんましんが出る時があり、「ストレスのせいかな?」と思っていたのですが、自宅がある町の定期健康診断があり、そこでバリウム検査があったので、秋に受けてみました。バリウムを飲んで(けっこう抵抗なく飲めます、何ならお代わりも出来そうです)診察台に乗り、受診された方ならお分かりかと思いますが、右を向いたり、左にひねったり、一周回ってみたりと台が上や下に動いてけっこうゲップを抑えるのが大変ですが、検査も半分くらいしたころに、指示を出していた検査技師の方の「おや?」と言う声が聞こえ同じ動作を2~3回指示されました。私も変な感じがしたのですが、あとで送られてきた結果には医療機関で検査をしてくださいとのないようでした。 そこで、車で40分ほどにある総合病院で診察を受け、後日受けた内視鏡検査(これは何度やっても慣れませんね)で医師から「ピロリ菌が検出されましたので、1週間除去の薬を服用して、その後除去されたか診察します。」と言われました。 正直ピロリ菌って聞いた時はヨーグルトなどのああ言った菌を想像したのですが、これがとんでもない悪玉で胃がんの原因になる菌であると言われて、親父を胃がんで亡くしているので遺伝ではないかと薬の服用を始めました。朝晩2回食後服用して1週間が経過し、再度受診し検査の結果を見て医師が「きれいに除去されていますね、再度出る可能性はすくないですが、完全とは言えませんので生活のサイクルには気を付けてくださいね。」と言われました。 確かに勤務時間は交代制で不規則で通勤距離も車で片道1時間かかり、帰宅してからの食事もたいていは10時をまわってからで、晩酌してからの結構ガッツリ食べていたので朝は胃がもたれた事もよくありました。それに接客業によくあるストレスによる胃痛などで決して健康的な生活ではなかったと思います。ただ、ピロリ菌の除去が終わってからは以前のような食後の胃もたれやじんましんがでなくなり、快適になりました。 今回の事で、会社での検診だけで満足せずに地域で行われている集団検診があれば受けていない検査を受けた方が良いと思いました。

初めて長引く胃腸の不調に苦しんだのは18歳の頃でした。それ以後およそ30年間、ほとんどの期間は定期的に通院して山の様に薬を処方してもらっていました。でも、それにもかかわらず20代、30代は十二指腸潰瘍、40代からは胃潰瘍になり、その度にひどい思いをしました。特に辛かったのは胃カメラの検査です。北海道では一番腕が良いというクリニックを紹介してもらいましたが辛さは変わりませんでした。ピロリ菌のことは知っていましたが、最初に聞いた時は内視鏡を入れて胃壁の一部を取って検査するという話でした。きっと感染していると思いましたが内視鏡と聞いただけで避けていました。 その後、同じ北海道内ながらも引越しをしたのでかかりつけ医を変更しました。専門は循環器科のクリニックでしたが胃腸薬も処方してくれるので通い始め、そこでピロリ菌の検査を勧められました。よくよく説明を聞いてみると今は呼気を吹き込むだけで苦痛無しに検査ができるとわかり驚きました。嫌だ嫌だと思って避けて通っているうちに科学は進歩していたのです。もちろんすぐにお願いして検査しましたが、本当にどんな検査よりも苦痛が無く楽でした。 結果は予想通りでピロリ菌にガッツリ感染していました。除菌薬は必ず決められた通りに服用すること、一度の除菌で成功しなければ薬剤を変えて再度除菌することなどを説明され、最後に除菌薬は高額であることも告げられました。普段の胃腸薬は院内処方でしたが除菌薬は院外処方だったので、クリニックでの支払い後は財布の中には1万円しか残っていなくて不安でした。処方された薬はランサップで1週間分がわかりやすく包装されていました。心配した料金は2000円ほどで拍子抜けしましたが、最初に高額だと聞かされていたからそう感じたのでしょう。 薬はもちろん神経質なほど気をつけて朝晩、キッチリ飲みました。そして除菌ができたかどうかは再度、呼気による検査で判明します。除菌ができないこともあると知人から聞いていたのでドキドキでしたが私は1度で成功しました。 30年もの間、食事のたびに6種類もの胃腸薬を服用していたので、急に止めるのが不安で処方だけはしていただきました。でも、2ヶ月後には調子が良いので薬を飲み忘れることが増え、思い切って止めてみても快調だったのでそれ以後は胃腸薬ともクリニックとも縁が切れました。 ずっと長い間、食事は食べないと死ぬから食べるだけで、常にお腹や背中が苦しくてお腹が空くという感覚を忘れていました。除菌後は食欲も人並みになり、体重もガリ痩せから標準体重になりました。もっと早く決断すれば良かったと悔やむ気持ちもありますが、ご縁が無かったということなのでしょう。今では胃腸薬が手放せない友人にも検査をお勧めしています。

私は岡山県在住の30歳男性です。ヘリコバクターピロリの除菌は1年前に行いました。 まず除菌をすることになったきっかけに関してですが、私は26歳の時に父親を亡くしており、それ以来毎年人間ドックを受けるようにしています。それまで人間ドックで胃X線検査をしており毎年異常なしという結果が出ていましたが、胃がむかむかするのが以前から気になっていました。人間ドックのオプション検査でヘリコバクターピロリの検査があって、以前からテレビで話題になっているのを気にしていたので昨年初めて検査をしました。その検査は血液検査でしたが、その結果で陽性反応が出てしまいました。精密検査をするようにという指示があったため近所の診療所で胃カメラの検査をしました。結果、ピロリ菌感染の診断を受けました。 そこで薬による治療を受けることとなったのですが、まず最初にもらった薬が、クラリスロマイシン、パセトシン、タケキャブという薬でした。これらを1週間継続して服用しました。ちなみに服用を始めて2日目から下痢をするようになりました。そのことを医師に相談したらおそらく薬のせいだが飲み続けるようにという指示がありました。1週間服用し、その2週間後にもう一度検査をしました。すると残念ながら除菌ができていないという診断を受けました 。 そこで私は2度目の薬の治療を受けることとなりました。その時の薬がパセトシン、フラジール、タケキャブの3種類でした。1回目の時と同様に1週間継続して服用するように指示がありました。またこの時の薬はお酒と一緒に服用するとよくないのでお酒を控えるように指示がありました。やはり1回目の時と同様に飲み始めて数日後に下痢をするようになりました。1回目の薬の治療の際に下痢のことを医師に電話で聞いたので、この時は前もって下痢をしても薬を飲み続けるように言われていました。ですから1週間は我慢して薬を服用し続けました。そして1回目の時と同様に2週間後にもう一度除菌が上手くいっているかどうか検査がありました。2回目の治療で除菌は上手くいったようで、そこで薬による治療は終了しました。 ヘリコバクターピロリの除菌治療が終わってからは胃のむかむかが以前よりも少なくなったような気がします。またピロリ菌を放置しておくと将来胃がんになるリスクが高まると聞いていたので気持ち的にもすっきりした気がします。日頃から胃の調子が悪い方は、ぜひ、検査を受けてみて下さい。

このページのトップヘ