座考

気になるアレやコレや、ちょっと座って考えてみよう

カテゴリ: 逆流性食道炎

30代に入ったばかりの頃に逆流性食道炎を患いました。当時の私は仕事上で大変なストレスを抱えていました。直属の上司と折り合いが悪く、組織自体にも不満を持っていて、転職を考えるほどでした。またプライベートでも悩みを抱えていて、いわば悩みまみれの状態でした。そんなとき夕食をとっている際に、急に胃酸が上がってくる感覚がして、吐き気を催したのです。そのときのメニューは普段食べているごく普通のもので、体調が悪かったわけでもなく、不思議に思いました。ホルモンバランスが崩れているのかななどと思い、さほど気にはしませんでした。 しかし一度そのように吐き気を催して以来、夕飯の数回に一回は吐き気を催し、トイレに駆け込むという事態に陥ってしまいました。特に前兆があるわけではなく、食べている途中に急にくるのです。それでも吐いてしまえばすっきりするし、体に痛みがあるわけでもなかったので、病院には行きませんでした。 そんなある日、産業医さんが会社に来るということで、それならばと症状を相談しに行きました。そしてそこで逆流性食道炎だろうと言われ、病院を紹介されました。後日その病院を受診し、逆流性食道炎だと診断されました。服用することになった薬はセルベックスだったと思います。よく、鎮痛剤と一緒にもらう薬だと思った記憶があります。いずれにせよその薬と休肝日を作ること、そしてストレスをなるべく減らしていくことで治療するということになりました。 しかし症状はなかなか改善しません。病院に通う時間もなかったので、もらった薬がなくなると、市販の胃腸薬を買って服用することにしました。この間最も困ったのが、同僚との昼食時に急に吐き気を催すことが怖かったことです。確か一度、一人での昼食時に急に吐き気を催し、その際は飲み込むことで事なきを得たのですが、以後怖くてなるべく一人で食べるように努めました。それでもどうしてもそういうわけにいかず、複数人で食べていた際に急に催して、つわり疑惑をかけられたこともあります。 この病気が治ったのは、職場環境の変化がきっかけでした。私にとってのストレス源が軽減されてほっとしているうちに、吐かなくなった自分に気がつきました。胃酸が上がってくる感覚もなくなりました。ストレスは恐ろしいと感じる病体験でした。

群馬県在住41歳主婦です。子どもが生まれて、2年ほどたったころ、逆流性食道炎と診断されました。 始めは、気のせいかと思うくらいの小さな違和感でした。食べたものを飲み込む時、食道を通っていくのがよくわかったのです。以前にも冷たいものを飲んだ時など、飲みものが食道を通って胃に入っていくのがわかるということはよくありましたが、その時は、何を食べても、何を飲んでもわかりました。意識しているから、そう感じるんじゃないかと思ったのですが、食道の違和感は日に日に増していき、軽い痛みまで覚えるようになりました。普段は痛みもないのですが、食べるたびに痛みがあるので、次第に食事がストレスになっていきました。そこで、思い切って近くの胃腸科クリニックを受診することにしたのです。 医師の診断は、逆流性食道炎でした。逆流性食道炎という言葉は聞いたことがありましたが、自分がそれだとは思いもしませんでした。逆流性食道炎の症状は胸やけだと聞いていたからです。胃酸の分泌を抑える薬が処方されて、2週間ほど飲みました。すると、症状が治まっていきました。これで、このまま治るかも知れない、と喜んでいたのですが、カレーを食べた直後、再びあの違和感と痛みが……。また、クリニックへ行き、医師に話すと、人によって再発しやすい食べ物があるのだとか。私の場合はカレーだったようです。その時も、同じ薬と、さらに痛みを抑える薬が処方されたのですが、今度は1ヶ月近く飲んでもよくなりませんでした。 念のため、胃カメラで検査することになりました。人生で初めての胃カメラです。胃カメラは、苦しいと聞いていたのですが、鼻から入れるタイプのもので、麻酔もするので、思ったほどつらいものではありませんでした。検査の結果、逆流性食道炎になった痕はあるものの、きれいになっている、と言われました。薬を服用している間に、症状がよくなっていたようです。 子どもが生まれて、毎日が育児で慌ただしく、自分の食事はよく噛まないで早く済ませていましたから、それが原因だったようです。とにかく早食いはよくないと言われました。それからは、食べる時は、よく噛むように気をつけています。逆流性食道炎と診断されてから、2年がたちますが、胸やけは起きやすいものの、今のところ再発はしていないようです。

40代・男性です。 私が逆流性食道炎になったのはまだ30代のころでしたがあの時の事はまだ鮮明に覚えています。初めは食後に妙にげっぷが出たり、なんとなく胸のつかえ感のような症状があったものの仕事も忙しい時期だったのでしばらくは放置していたのですが、胃の痛みも出るようになったのでかかりつけの内科に行って症状を話すととりあえず検査の予約という事で上部内視鏡検査の予約とそれまでの間の胃の酸を抑える薬が処方されました。 その時の症状としては酸っぱい酸が胃から上がってくるのがわかり胸焼けもひどく、特に夜の睡眠時に突然胃酸が逆流してくるのがわかるくらいの勢いで逆流してくるのでひどい胸焼けや食事のつかえ感などもひどくなっていました。 内視鏡検査で自分でもわかるような炎症を起こしたような胃の状態や胃の上部付近の画像でしたので何か良くないものという感じでした。念のために細胞検査なども行いましたが、胃炎と逆流性食道炎との診断になりましたが、潰瘍の後などもあったようでとりあえず、禁煙と禁酒は絶対と言われ、夕食も野菜スープや温野菜を少々くらいでしばらく食事療法とガスター20などの処方薬で様子を見る事になりました。当時は今ほど逆流性食道炎という病名は知られていませんでしたがたまたま医師が消化器専門医と内視鏡専門医だったので診断から治療までの流れがスムーズになりました。 しばらくは、通院をしながら治療にあたっていましたが、この病気はあくまでも食事療法や生活習慣の改善が大切で、薬によるものは治療というよりはあくまでも対処療法になるので比較的長期間の通院になると言われました。 半年後に久々の内視鏡検査でしたが、あきらかに前回とは違う胃や食道の様子で検査中に医師もだいぶ良くなっているようだとの診断をしてくれました。ただ逆流性食道炎も胃炎も薬をやめるとすぐに症状が出てしまうので完全に状態が良くなるまでは薬を飲み続けなくてはならないと言われ少々落ち込んだ記憶があります。 完治と言えるかはわかりませんが、薬を処方されなくなり定期的な検査になるまでは2年半くらいかかりましたが、それまでは薬による対処療法と生活習慣や食事内容の改善などで治療を続けてようやく薬を飲まなくでも大丈夫な状態になっても夜の食事は控えめでできるだけ少量で野菜中心という食生活が続いています。禁酒と禁煙をしたのも良かったのだと思いますが、やはり夜中に症状が出やすい病気なだけに就寝前や就寝時の対応は特に気を使う事が多かった記憶があります。 逆流性食道炎は元々は胃酸の多さが問題になるケースが多いので胃炎などがあると当然良くありません。禁酒禁煙はもちろんですが、コーヒーやカレーなどの刺激物も控えめにすることで症状が軽減されるので自分の生活改善が最も重要な対処方法になると言えます。

私は神奈川県川崎市在住の41歳男性です。私が患っている逆流性食道炎について記します。 私は転職してから毎年12~1月頃に会社の定期健康診断を受診しています。転職したのが30代の前半ですが、希望すれば胃カメラによる胃の検査を受けることが出来るため、胃の状態が不安である私は毎年受けています。 初めて逆流性食道炎と診断されたのは転職前だった気がしますが、明確に持病として自覚するようになったのは昨年1月と今年の1月とで連続して指摘されたためです。しかも今年の状況の方が昨年よりも良くないとのことでショックを受けています。去年はそこまで自覚症状は無かったのですが、今年に入ってから顕著に感じる症状は食後1時間くらい経過してから起こる胸焼けです。胃のすぐ上のあたりに不快な感じが長時間続きます。この不快な感じが続くのが精神的に不安になり辛いです。 私がこの病気で不安になる要素は他にもあります。昨年から同時に「食道裂孔ヘルニア」と「バレット食道」と診断を受けていることです。「食道裂孔ヘルニア」は胃の上部の弁が老化などにより開いてしまって、胃酸が逆流しやすい状況にあるとのことでした。実際に胃カメラを飲んだときの撮影写真では確かに胃と食道のつなぎ目がやや不自然なようにも見えました。そして「バレット食道」については食道が胃酸の攻撃を守るためか胃の粘膜と同じ成分に変質してしまった状態を指すらしく、食道がんのリスクを高めてしまうそうです。昨年、逆流性食道炎と同時にいきなり「バレット食道」と診断され、しかも一度なってしまうと治ることが無いと医師から告げられたため、将来のがんのリスクが飛躍的に高まったものと悲観的に捉えています。 治療法については色々と調べましたが、西洋の薬であればプロトンポンプ阻害薬を服用すると胃酸の分泌を抑えることが出来るとのことでした。しかし、今現在まだ手を付けていません。私は薬自体が決して体に良いものだと思っていないのと、この病気はその薬を飲んでも単に胃酸を出さないように抑えているだけで、根治にはつながらないと判断しているためです。つまり服用を一生続けることに踏み切るだけの気持ちが持てません。 今の私の治療方法はたまたま旅行先でご縁の有った老舗の店の漢方薬を毎日服用することです。胃炎や咽頭炎には効果あるということで食道炎は効能に記載されていませんが、販売員が食道炎にも利くということで購入して半年以上飲んでいます。しかしながら胃酸の逆流自体を抑えることができないため、多めに飲まないと効果は弱いとのことでした。この薬は価格が高いため、あまりたくさんを飲むことは経済的にできません。今のところ劇的な症状の改善を感じ取ることはできていませんが、寝る前に飲むと、少し胸焼けの症状が緩和されます。 あとは私が試しているのは生活療法です。ストレスが非常に良くないそうですが、私は気が短い性格で、仕事でもプライベートでも強いストレスを覚えることがここ数年続いています。逆流性食道炎になった主因はストレスかもしれないので出来るだけ怒らないように努めています。また、夕食後は出来るだけ3時間以上空けて寝ることを心掛けていますが、仕事の帰りが遅く、睡眠時間が不足気味なので却ってよくないかもしれないと考えています。また、運動が大切なことは自覚していますがもう少し必要です。おなか周りがメタボだと腹圧が高まって胃酸が逆流しやすいそうです。 今年に入ってから食後の胸焼けがずっと続いているため、いよいよ本格的に西洋の薬を飲み始めなければならないのかと逡巡しています。その前に逆流性食道炎に最も利く漢方薬が無いかどうかを消化器系の病気の漢方を扱う専門医を探してヒアリングしてみたいと今は考えています。

私は、大阪に住む20代の女性なのですが、逆流性食道炎になってしまいました。最初の異変は、家族で回転寿司をいつものように食べていたのですが、量はいつもと変わらないのに急に気持ちが悪くなり、それ以上食べられなくなってしまいました。 それからもいつものように毎日変わらない食事を摂っていたのですが、だんだん食欲がなくなったり気持ちが悪くなったりしてきました。食べ物をみただけでも吐き気がするようにもなってしまいました。一日中、車酔いをしているような感覚でした。それが、あまりにも毎日続くので病院に行くことにしました。 病院で相談すると、先生は「これは逆流性食道炎の可能性が高いね」と言われ、お薬をもらいました(胃酸を抑える薬と吐き気止め)。それからしばらく処方された薬を飲んできましたが、2か月程たっても症状があまり変わらなかったのでもう1度、病院に行きました。そして、検査することになりました。 検査は、鼻からの胃カメラでした。以前は口からの胃カメラでとてもつらかったのですが、今回は鼻からということでずいぶん楽だったと思います。まず、鼻に麻酔を入れて管を鼻に入れました。女性は、鼻の中が細い方が多いので少し痛みを感じる人が多いらしいです。私も、細いと言われたので少しは痛かったですが、口からよりはずいぶんマシでした。 そして、結果はやはり逆流性食道炎でした。病院からはタケキャブ錠という胃酸を抑える少し強い薬と、以前よりは少し強い吐き気止めを処方されました。 結果をきき、食生活もだいぶ気を付けるようになりました。先生に牛乳や消化に良いものなどを勧めてもらい、そういった逆流性食道炎に良い食べ物をとるようになりました。消化に良いものが良いらしく、油ものは控えたほうが良いです。油ものを食べた日はすこしむかむかしました。寝る三時間前には夕食をすませておくと、ずいぶん効果的だと思いました。とても、辛かったのですが初めのことを思うと随分楽にになったと思います。

このページのトップヘ