座考

気になるアレやコレや、ちょっと座って考えてみよう

カテゴリ: 痛風

・大阪府 ・50代 男性 私は自慢ではありませんが、まったくお酒が飲めず居酒屋の前を通るだけで気分が悪くなるほどです。ですから痛風という病気は知っていましたが、まったく無縁なものと思っていました。ただし、ヘビースモーカーな上に野菜嫌いのお肉大好き、砂糖入りコーヒー大好き、脂っこいもの大好きで来ていました。 30歳になった時、ある日の朝何の前触れもなく右足首の激痛で目覚めました。あまりの痛さに歩くこともできず、「これは寝ぼけてベッドから落ちて足首を骨折したに違いない。」と何とか起き上がり、タクシーを呼んで近くの整形外科に駆け込みました。 骨折は経験済みだったので、ここまでの痛みは骨折以外考えられませんでしたが、医師は足首を触って一言、「これは整形外科の分野ではない。痛風です。内科へ行って下さい。」と突き放されました。 痛みがどうしようもなかったので、そのまま近くの内科クリニックへタクシーで向かい、血液検査をしたら明らかに尿酸値が高くて、内服薬(ナイキサン)を処方されました。自分の中でこれほどの痛みが薬で治るとも思わなかったので、痛み止めを要求しましたが湿布で対応されてしまいました。 それから三日ほど寝たきりでしたが、薬が効いて仕事にも復帰できましたが、食事に気をつけるようになったのは言うまでもなく、半年ほど通院して何とか尿酸値は正常値まで下がりました。 その後も生活習慣が悪かったのか、今度は血糖値が高く糖尿病になってインスリン注射に追い込まれてしまいました。そこで初めて自分の食生活に向き合って、たばこ、肉類、甘いものを絶って100kgあった体重を5年で60kgまで落としました。治療の甲斐もあって血糖値は下がって今はインスリン注射とは縁が切れました。 ただ、年齢と共に体質が出てしまうのかここ数年健康診断で毎年尿酸値の高さを指摘されるようになりました。お酒はもちろん、コーヒー、肉、糖分のすべてを制限していますが高めで推移しているので気をつけています。お酒を飲まないからと言って痛風とは無縁とは思わないで、尿酸値が高い人は早めに食生活の改善を行いましょう。

私は千葉県の男性でただいま65才です。まだ今より若い45歳ごろ、毎日殻付きのピーナッツを食べながら、缶ビール500一本を飲でいた時代の経験談です 症状の初めは、突然「くるぶし」からの痛みからはじめ、知らぬうちに足首を「くじいた」のか?と言う感じで、シップを貼って見ましたが、日ごとにくるぶしは腫れ上がり痛みは強く、夜は眠る事が出来ないほどの痛み、一週間でもう足を引きずるまでになってしまいました。お医者へ駆けつけ血液検査の結果、尿酸値が7.5と言う事で痛風であると宣告され、即痛み止めの薬を処方していただき、薬のお陰で痛みは翌日には薄らぎ仕事に復帰いたしました。 しかし、数か月で再発してしまい、またお医者へ駆け込む。そして前回同様に、食べ物もプリン体の多い食品は避けるようにとの指導を受けて、痛み止めの薬を出して頂き、事なきを。 こんなことを2年ほどの間に数度起きていたが、経験を重ねると痛みが来ると言う前触れが何となくわかってきました。なんと言えばよいのか「もにゃもにゃ」「ちりちり」「ぴりぴり」と言うのか、そんな感じです。また痛みは尿酸値の数値とあまり関係が無く、痛みが出ておりました。この痛みの辛さは、じーっとしていても痛い、寝ていても痛い、歩けなくなる。又痛みの起きる季節は、なんとなく寒い時の方が多かったような気がします。 まぁ、痛みは発症してから約一週間目が山場と言われておりますが、僕の場合はそこまで我慢が出来ず、お医者に駆け込んでいました。検査は血液の採取だけでしたが、そこで尿酸値の値を調べ7.0㎎/dlを越えると痛風と判断されるようです。 数度の経験で、わかったことは尿酸値が高いからと言って必ず痛みは起きるものではないと言う事。治療と言う治療も痛み止めの薬を3日分出してもらって終わりでした。 まぁ、日頃の食生活の注意ですが、僕は何でも食べ何でも飲みます。ただし何事も「腹八分」で止めており、現在では発症から20年ほどたちますが、薬とウォーキングとで、なんの痛みも有りません。 最後になりますが、普段から処方されている薬の名前は「クレストール」と「ザイロリック」の2種類ですが、現在もこの薬のお世話になっております。

痛風が発症した当時は、主人の仕事の都合でアメリカに住んで3年目でした。 日本では痩せ型体型だった私。アメリカに住み始めた当初は、ボリューミーで油っこく肉ばかりの食事がまったく受け付けず苦労したのですが、1年も経つ頃には体が慣れてしまいました。日本に帰った今思えばおかしいのですが、毎食ビールやコーラと一緒にご飯を食べていました。そしてそんな生活を続けて2年経った頃、バーベキューパーティーが4日連続で続いた日がありました。毎日毎日肉、肉、肉。それをビールで流し込む日々。 四日目の朝、急に親指の付け根が痛くなりました。最初は外反母趾かと思ったのですが、だんだん腫れてきて、ほんの数メートルでも歩くことが困難に。痛め止めも気休め程度にしか効きません。慌ててかかりつけのホームドクターの元へ行ったところ、私から話を聞いたり症状を見て、痛風であると診断されました。 私はどちらかというと痩せ型で、しかも女性。痛風って中年男性がなるイメージがあったので、その診断をされた時は「まさか、なんで私が?!」という感じでした。確かに日本では女性がなるのは珍しい病気と思われがちですが、アメリカでは男女比は3:1とのことで、女性がなるのもそんなに珍しくはないそうです。また、私のように急に食生活が変わった人はなりやすいとのこと。尿酸の検査と、痛み止めの薬をもらってその日は帰宅しました。 痛風になった方はわかると思うのですが、一度発症してしまうと、再発の恐怖から「一体今日から何を食べていこう。」と思われると思います。私もそうでした。食事を必要以上に気にしすぎてちょっと情緒不安定になってしまったり。お医者様からも言われたのですが、あまり神経質になってもしょうがないので、「なんちゃってベジタリアン」くらいの気持ちで過ごすことを提案されました。ストイックにベジタリアンになるのではなく、できるだけヘルシーな食事を心がけるようにしながらも、時々はジャンクなものも少し食べちゃう、みたいな感じです。 何割かの方は再発するようですが、私は今のところ再発していません。日本に帰国したら、普通に生きているだけでヘルシーな食生活になりました!

痛風の発作は本当に激痛です。何もする気が起きなくなったり酷い場合には寝ることすらできないこともあるくらいです。私の経験で最も酷かった時は2週間痛みが引かず、歩くこともままならなくなりお尻を付いて移動していました。 そんな痛風が発覚したのは25歳の時。最初に何かおかしいなと感じたのは仕事で仙台本社から東京支店にヘルプで3ヶ月ほど行った時で、歩いたり爪先を曲げると左足親指の付け根に違和感がありました。それから1週間ほど経つと腫れてきて靴を履くにも苦労してしまう状態になり、さすがにどこか体に異常があると感じたので病院で診てもらいました。その時の尿酸値は8.0を超えていて基準値を大きくオーバーしていたので痛風と診断されたのです。 痛風になりやすい原因として「男性」「肥満」「高カロリー食」「お酒」「がっちり体型」「ストレス」があるようなのですが、お酒以外は自分そのものとしか言いようがありません。もともと体育会系で筋肉質、仕事柄深夜残業や徹夜が多く座りっぱなしで運動どころか歩くこともほとんどない生活。さらには時間がもったいないと食事は早食いになり、仕事の合間の間食も多く、深夜2〜3時に夕食を摂るという「高カロリーからの肥満」に一直線でした。こんな生活だったのでストレスは溜まる一方、20歳で就職して発症するまでの5年間で10kg以上太ってしまったのです。 とにかく治療をしなければいけないのですが、病院からは尿酸の生成を抑える薬を処方されただけでした。多い時で年に2回は発作が起き苦しむことになるのですが、結局薬だけでは限界があるので根本的に生活習慣を改善しなければどうにもならないということなのかもしれません。 現在44歳になり痛風歴も19年と年齢の割にベテランの領域に入った感がありますが、ここ数年でやっと体質改善に成功して尿酸値の数値も基準値内で安定するようになってきました。薬は現在も飲んでいるのですが、一番問題だった肥満を解消できたことが大きいのではないかと思います。食事の見直しと運動というシンプルな方法なのですが、自分にベストな内容を見つけるのにはかなり苦労したこともあり効果はバッチリでした。2年かけてゆっくりと体重を落としトータルで20kg近く減らすことに成功し、尿酸値も6.0台と20年近く見ていなかった数値になることができたのでした。 このように長年付き合ってきた痛風も数値的には問題がなくなったのですが、医者曰く一度発症してしまった場合には基準値内でも発作は起きることがあるとのこと。そのため現在行なっている体質改善と薬での治療はしばらく続けなければいけないでしょうね。

山口県に住む30代の男性です。30代とまだ若いのですが、痛風を発症して痛い思いをした経験があります。 私は福祉に関係する仕事をしているのですが、時々足首付近が痛むようなことがありました。しかし、痛みはすぐに治まるため全く気に留めてはいませんでした。しかし、自分が勤務する施設のイベントの準備で無理をした翌日、足がはれあがあり痛みで動けない状態になってしまいました。どれくらいの痛みかというと足に荷重をかけることが出来ないため、布団から起き上がるときやトイレなどに歩いていくのにも激痛がはしります。この痛みのせいで当然ながら仕事に行くことはできず数日間休むことになってしまいました。 会社を休む以上は医師の診断が必要とのことで整形外科を受診しました。レントゲンでは異常はありませんでしたが、足の腫れと私の歩くときの痛そうな動作に先生も心配してみておられるぐらいでした。血液検査を行うこととなり、結果は数日後にわかるとのことでした。痛み止めのシップと内服薬をもらいその日は自宅へ帰りました。 幸いなことにシップや痛み止めが効いてくれて翌日からは徐々に腫れがひき痛みも軽減していきました。その後の血液検査の結果で尿酸値が高いことがわかり、初めて自分が痛風なのだと知ることになりました。 治療は内服薬によって体内の尿酸を排出するというう方法です。基本的には決められたときに薬を飲むだけなので治療の負担はありません。実をいうとその後も何度が痛風の発作を経験しました。現在では痛み止めの薬を常備するようにしており、発作が出そうなときにはすぐに飲んで炎症をおさえるようにしています。薬をはやめに飲むと発作がおさまることも多いです。 食生活についても改善するようにしています。野菜中心の食生活を行なうようにして、肉や魚は少なめにしています。特に魚卵などの珍味は尿酸値が高くなるので控えるようにしています。

このページのトップヘ