TDRYOのblog

ラーメンとDISNEYとDCTが好きな鹿島サポ "TDRYO(リョウ)" のblog

July 2006

【第16節】C大阪戦,2006/7/29

祝!!3連勝!!
3連敗の後の3連勝は調子が上向いている証拠だろう。

この日はワケあって後半からの観戦となってしまった。
なので、前半に関してはTVで録画したものを観た上での感想を。

鹿島がリーグ戦の通算成績で負け越しているチームが2チームある。
清水と今回対戦したC大阪である。
特にC大阪に関してはここのところとにかく相性が悪い。
昨年は確か一度も勝てなかったような・・・
昨年の序盤好スタートを切り、敗け無しで突っ走っていたが、C大阪にリーグ戦初黒星を喫してから歯車が悪くなった。
あの試合が昨年の優勝を逃したターニングポイントのように思える。

過去の話はこの辺にして、今節の話をしよう。
正直『辛勝』だと思った。
苦手意識のせいか、点がなかなか入らない。
前半のヤナギのシュートがGK正面にいってしまったのがこの試合の象徴。
C大阪に攻め込まれるわけでもなく、終始鹿島のペースで試合が進んでいった。
にもかかわらず1点が入らない。
前半に1点取っていれば、もっと楽に試合を進められただろう。

後半から篤人に代わり本やん投入。
これが攻撃にイイ変化を与えたと思う。
前半よりもさらにボールを支配していた。
守備陣も相手のパスを面白いようにカットしていた。
特に良かったのが新井場。
カットしてそのまま持ち上がりシュートまでいったシーンが何度かあった。
もう一つ新井場が良かったのは、篤人が抜けた右SBに新井場が入り、左SBにファビオサントスが入り、右サイドから攻め上がったコト。
新井場は器用なヤツだ。
さらにヤナギ→野沢、ファビオサントス→中後を投入。
中後が右SBに入り、新井場が左に戻る。
アレックスミネイロと本やんの2トップになる。

それでもなかなかこじ開けられないC大阪のゴール。
あっという間にあと5分。
何とかしてくれ〜という鹿サポの祈りが通じたのか、後半42分にようやく待望の先制点が生まれる。
新井場からグラウンダーの縦パスが左に開いた野沢に通る。
そこに本やんがDFのマークをウマく外しゴール前へ。
打ってもいいシーンだったが、ここで本やん振り切ったDFがすぐ後に付いていたこともあり、ヒールでマイナスのパスを出す。
そこに走りこんでいたのはフェルナンド。
どフリーでパスを受け落ち着いて左足で決めた!!
やっと入った〜!!というのが素直な感想。
落ち着いて決めたフェルナンドはもちろんだが、アシストした本やんも完璧!!
新井場→野沢→本やんもパスのつながりも良かった!!

いずれにせよ勝利を確信!!
こうなると『トドメを刺してしまえ!!』と思うのが鹿サポ。
相手は当然攻めてくるが、今日の守備陣は安心して観ていられた。
ロスタイム2分。
まぁもう1点は贅沢かな〜と思っていたら、カウンターから本やん→アレックスミネイロに完璧なパス。
スピードに乗ったアレックスミネイロは右足でJ2行きの引導(まだ早いか?)を渡すゴールを決める!!
程なくして試合終了となった。

1点がこれほど遠い試合は久しぶりだった。
あっ!!前節もだ・・・
もっと早い時間帯に先制点が入っていれば、あと3点位は入っていてもおかしくなかったと思う。
22本シュートを打って最後の2本が決まってもね・・・
勝ったからいいようなものの、ハラハラさせ過ぎだよ・・・

リーグ戦は2週間中断に入る。
その間代表戦があるが、鹿島は中国に遠征する。
アジアとヨーロッパの計4チームがトーナメント戦をやるのだが、そこに出場するのである。
親善トーナメントのようなものだが、今の流れを切らないようにしてほしい。
中断明けは8/12,アウェイでの磐田戦の後、8/19,ホームで浦和を迎え撃つ。
この試合に勝って首位に立ったら最高。
5/7、さいたまで屈辱的な敗北を喫した借りをきっちりと返してほしい。
今の鹿島なら返せる。

このまま連勝街道を走り続けよう!!

【第15節】新潟戦,2006/7/26

祝!!リーグ戦2連勝!!
しかもアウェイでの連勝は大きい!!

試合を実際に観ていないのであまり細かくは書けないのだが、フェルナンドのFKは見事だったね〜
ニュースで観たけど、ポストに当っていた・・・
あと何cmかズレていたらスコアレスドローだったかもしれない・・・

実は新潟のホームで勝ったのは今回が初めて・・・
俺が一昨年新潟行った時も敗けたしね・・・
新潟は前節アウェイで大敗したけど、ホームでは4連勝中だったから油断はしてはいけないと思っていた。

久々にフェルナンドが決めた意味は大きい。
フェルナンドが怪我で戦列を離れた後、FKは満男が蹴るものだと皆思っていたし、実際もそうだった。
でもフェルナンドが戻ってきたことによって、FKの威力も戻ったと思う。
GKは迷うだろうね。
実際、フェルナンドのゴールも新潟のGKが満男の『蹴るぞ!!』というフェイントに引っ掛かってくれた。
満男の存在が大きいからこそ生まれたゴールだと思う。

これで連勝をしてホームへ戻ってくるわけなのだが、明日の相手はここ何年か相性が悪いセレッソ大阪・・・
だがチーム状態は天と地。
セレッソは昨年の勢いはどこへやら。
大久保が復帰したとはいえ勝てず、ダントツ最下位にい
る。
最下位のチームに敗けるわけにはいかない。

優勝争いに残る為に、取りこぼしは許されない!!
2連勝の前は3連敗している。
明日も勝って勝ち点を積み上げていこう!!

【旅日記】松本編

先日の松本遠征の記事があまりにも長いので、試合以外のところを旅日記にしておこう・・・

今回、松本へ行くかどうか迷った。
ここのところの大雨で長野に行くのは少々不安だった。
しかしながら、気がつくとチケットを買っていた・・・

早朝に出ようと思ったのだが、このところの疲れのせいか爆睡してしまい、出発が朝9時近くになってしまった。
まずは国道50号線をひたすら走り、12時過ぎにようやく高崎を抜けた。

saku1_1本当は一般道で行くつもりだったのだが、一般道での山越えはかなり時間がかかりそう・・・
仕方なく松井田妙義IC〜佐久ICまでは高速を利用した(写真1枚&2枚目は佐久IC降りた後)。
saku2_1群馬を走っている時は霧が深かったが、長野に入り佐久ICを下りた14時過ぎ頃には快晴だった。
しかも気温31度・・・ 暑い・・・

国道254号線をひた走り、松本市内に入ったのが16時少し過ぎ。
そこから裏道も使い、17時少し前には何とかこの日の会場である『長野県松本平広域公園総合球技場(通称アルウィン)』に到着する。

http://waka77.fc2web.com/studium/24Nagano/02alwin.htm

しかし予定通りに到着したものの、ここからの道のりが辛いモノとなる・・・
目の前のアルウィンを通り過ぎ、車の流れ(ノロノロ)に付いて行くコト約40分。
↑のURLをクリックして一番下の地図を見てもらえば分かるが、一応同じ敷地内(?)だが、かなり離れた所にある陸上競技場の裏に停めさせられる・・・
そこから小走りで約10分!!
ようやくゲートに到着!!もう疲れもピークである・・・

そんな疲れも久々の『オブラディ・オブラダ』で吹っ飛んだ!!
勝利の味を噛み締めた後、駐車場までの道のりは軽やかだった。
しかし駐車場とその周辺は大渋滞・・・
仕方がないので車の中で友人とメールをしつつ時間を潰すことにした。
試合が終わって2時間近く経ってからようやく動き出す。
おかげでスムーズに松本市内に戻れた。
せっかく長野に来たので蕎麦屋を探したが、残念ながら見つけられず、仕方がないので(?)ラーメンを食べる・・・(このラーメン屋については後日)

食事を取った後、『松本温泉 遊ing』というスーパー銭湯で汗を流す。
25時近くにここを出るのだが、帰り際受付カウンターに警察官が4人もいる・・・
年配の従業員が『金髪で短い髪…』などと言っている。
強盗でもあったか???と思いつつ帰路につく。

東京経由で帰るつもりだったので、国道20号線(甲州街道)を目指す。
tsutakijuku_1先日の大雨で被害が大きかった岡谷市も抜け、山梨県の少し手前にある道の駅で睡魔に耐えられず爆睡zzz
翌朝7時前に目が覚め再び走り出す(写真3枚目は道の駅で目覚めた後に撮った風景)。

山梨に入ると間もなく韮崎市。
nirasaki_1韮崎高校と言えば中田英寿と深井正樹の母校ではないか!!
という事でちょっと寄り道をして、高校を外から眺めてきた。
さすがに中には入れない・・・

甲府市内のコンビニでスポーツ紙を購入し、昨夜の戦評を読む。
帰りはひたすら一般道。
相模湖畔〜高尾山を抜け、FC東京の本当のホームである味の素スタジアムの脇をそそくさと通過する。

都内で品川区内の某ラーメン店で1時間待ちで一杯啜る(これまた後日)。
途中柏で睡魔を取り除き、水戸に着いたのは19時を過ぎていた。

走行距離、約720km。
お疲れ〜!!

【第14節】FC東京戦,2006/7/22

久々の遠征!!
松本でのFC東京戦の観戦日記!!

http://waka77.fc2web.com/studium/24Nagano/02alwin.htm


試合開始が18:00〜なのに、ゲートをくぐったのが17:40・・・
必死で席を探す・・・
前の方は取れないかな〜と諦めつつもゴールやや右側中段位に席発見!!
『ここ空いてますか?』と聞くと『多分空いてますよ〜』との嬉しい一言!!
迷わず着席!!
落ち着いたところで気付いたのだが、アルウィンはピッチが近く、改築前のカシマにどこか似ている気がした。
この時間になると気温も下がり心地よい涼しさになっていた。

で、いよいよ試合開始なのだが、開始前に先日の大雨で亡くなられた方々に黙祷を捧げた。
ご冥福をお祈りしたい。

alwin1_1前半から攻めろ!!
というサポの思いとは裏腹に、ボールを最終ラインで回してばかりで、動きも少なくボールが前にいかず、カットされて攻められる非常にイヤ〜なムード・・・
イライラが募り始めた33分、PAのすぐ外からルーカスのグラウンダーで速いミドルが決まってしまう。
確か大岩が付いていたはずなのだが、余裕を持たせてしまったか・・・
これで少し目が覚める。

前節に続き先制を許す嫌な展開・・・
何とか前半のうちに追いついてほしいと思っていたがロスタイム突入・・・
その時ファビオサントスのヒールパスが右SBの篤人へ。
篤人が入れたクロスを満男がヘッドで決めて同点!!
後半へ良いリズムで入れそうだ!!

後半から野沢がヤナギに代わって入る。
後半は前半とは別なチームかと思う位動きがよく、前へ前へと攻める。
後半2分、PA外、ゴール正面の本山から右の篤人へパス。
ワントラップから豪快に右足を振り抜くと、相手DFに当たり少しコースが変わったが、GK土肥が一歩も動けずゴール左隅にミドルが突き刺さり逆転!!
今の鹿島であのミドルを打てる選手が他にいるのだろうか・・・

しかし後半14分、今日はさらに追加点で引き離せ!!と思うサポの気持ちを落胆させるゴールを決められてしまう・・・
またしてもルーカスがPA外(恐らく25m位はあったのでは・・・)からゴール右上にミドルを決める。
この時は岩政が付いていたが、前半の教訓を活かせず詰めていなかった事が失点の原因ではないかと思う。

前節と同じような展開だったが、この日の鹿島は攻めていた。
守備陣も耐えていた。
後半21分にファビオサントスに代わり深井投入!!
深井のスピードはこの時間帯からは効くだろう。
何とか勝ち越したいと思っていた後半29分、満男のFK(写真下)を土肥がクリアしてCKにされるが、そのCKを野沢が蹴り、走り込んだ大岩がヘッドで決めて勝ち越し成功!!

alwin2_1勝ち越し直後の後半31分に本山に代えて中後投入。
残り15分はFC東京も猛攻に出る。
しかし鹿島の守備陣が必死で守る。
何とか凌いで、後半ロスタイムに入る直前、相手スローインをアレックスミネイロ(?)がカットし中後にパス。
その中後が相手に弾き飛ばされながらもアレックスミネイロに繋ぐ。
そのボールをワンタッチで中央に走り込んだ深井へ!!
深井は落ち着いてゴール左へダメ押しゴールを決める!!

そのまま試合終了。
前節とは逆のスコア、4-2で勝利しリーグ戦の連敗を3で止めた!!
失点は頂けないが、それを上回る攻撃を観せてくれた。
今日は勝とうとする気持ちがFC東京よりも強かったと思う。
それが結果に繋がったと感じた。

心配なのはヤナギ・・・
このままではスタメン落ちも免れない。
周りを活かそうとするプレーは良いのだが、ヤナギ自身がゴール前に突っ込む姿をもっと観たい。
前半だけで交代させられる選手ではないはず・・・
早く復活してもらいたい。

満男・篤人・大岩・深井、どのゴールも良かったが、今日は満男の同点ヘッドが大きかったと思う。
前半のうちに追い付けた事は鹿島を勢いづけ、FC東京には大きなダメージになったに違いない。
あのゴールが後半開始直後の篤人の逆転ゴールに繋がったと思う。
点は取れるようになってきた。
あとは守備陣が完封する事が重要だな・・・

次は26日にアウェイ新潟戦。
ホームでは4連勝中の新潟だが、今節の大分戦では4-0で完敗している。
勢いは誰が見ても鹿島にある。
新潟のホーム連勝を止め、鹿島が連勝しよう!!
そして、さらにその後の土曜日にあるカシマでのセレッソ大阪戦に繋げよう!!

【第13節】川崎戦,2006/7/19

少々遅くなったが、川崎戦の感想を。

堅守鹿島よいずこへ・・・

前半23分に新井場がPK献上して先制を許すも、31分にゴール前の競り合いに勝ったヤナギが落としたボールをアレックスミネイロがノートラップでゴール右隅へ決めて同点とする。
当たりは弱かったが、コースが良かった。
しかしながら、41分にフェルナンドがこの日2枚目のイエローで退場・・・
これが痛かった・・・

後半に入り12分、アレックスミネイロのPKで逆転したところまでは良かった。
しかし逆転したのもつかの間、14分に谷口に豪快ミドルを決められる。

この日の鹿島にはその後失点を許さず、勝ち越すだけの力が無かった。
その8分後、再び谷口に決められ勝ち越しを許す。
さらにその9分後にはチョンにミドルを決められ万事休す。

この日は試合の主導権をほとんど取れなかったのが敗因だと思う。
そして1人減ってしまったことが、後半の失点に繋がった。
フェルナンドと曽ヶ端が戻ってきた事は嬉しい材料だが、試合感が戻っていないように感じた。
攻撃に迫力が感じられず、あれだけ攻められたらヤバい・・・
今の川崎は10人では勝てるチームではなかった。

これでリーグ戦は3連敗・・・
首位との勝ち点差は『7』に広がってしまった・・・
リーグ戦再開の初戦を落としたのは痛い。
しかし、まだまだ挽回できる差であると思う。
新加入のファビオサントスは周りとの連携不足の感は否めないが、時折ドリブルで打開しようとする姿勢は良かった。
あとPKは篤人が突っ込んで倒されて得たもの。
他の選手にも思い切りのよいプレーを観せてもらいたい。

気持ちを入れ替えて、今夜のFC東京戦は絶対勝利!!

読者登録
LINE読者登録QRコード
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
Please click here!!


人気ブログランキングへ
Please click here!!


FC2ブログランキングへ
Please click here!!


プロフィール

TDRYO

記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード