大変遅ればせながら、10/10の分

10/10、
“2018 Jリーグ YBCルヴァンカップ”
横浜FMとの準決勝
聖地カシマでの第1戦
結果は1-2で敗戦
公式戦10試合ぶりの敗戦
勝機を逸してしまい、
悔しさだけが残る負けだった

スタメンはGKソガ
DF篤人,犬飼,町田,安西
MF永木,レオ,ヤス,充孝
FW聖真,セルジーニョ
サブはスンテ,脩斗,大伍、
稔也,満男,金森,山口

川崎F戦から、
スタメンを6人変更
守護神はソガ
右SBには篤人
CBの一角には町田
ボランチの一角には永木
2列目左には充孝
2トップの一角には聖真
控えには稔也と山口が入った
優磨は休養となった

気温21.8度,湿度81.0%
天候は曇
入場者数は8,421人
川崎F戦から一転、
湿度は高めだが、
やや肌寒さを感じる陽気
ただ、選手たちにとっては、
プレーしやすい陽気となった
平日の夜ということもあり、
入場者数は控えめだった

19:03
鹿島の勝利を祈りながら試合開始

試合序盤は横浜FMが攻勢
開始早々、
PA右角外でFKを与えると、
DF山中に直接狙われると、
左ポスト直撃
かろうじて失点を免れたが、
不安な立ち上がりとなる

その後も積極的な横浜FMが攻勢
守勢を余儀なくされ、
我慢の時間が続いていく
反撃は前半19分
カウンターから、
敵陣中盤左サイドで、
篤人がボールを持つと、
中央へ狙い澄ましたスルーパス
聖真がスライディングシュート
しかし、左ポスト直撃
先制のチャンスを逃す

その後も守勢の時間が続くが、
集中した守備でゴールは与えない
そして程なく、
この試合のターニングポイント
前半34分
敵陣中央のセルジーニョが、
前方へ絶妙なスルーパス
抜け出した充孝が、
PA内で倒されPK獲得
キッカーは聖真
GK飯倉の逆を突くが、
今度はクロスバーに弾かれる
この日の聖真は、
運に見放されていた

その後は一進一退
激しい攻防が繰り広げられる
前半終了間際にも、
セルジーニョが決定機を迎えるが、
飯倉に阻まれゴールならず
結局、前半はスコアレスのまま終了
互いにチャンスを逃し、
スコアは動かなかった

気合を入れ直して後半へ
後半も激しい攻防
せめぎ合いが繰り広げられる
そんな中、
アクシデントに見舞われる
後半17分
充孝に代えて金森を投入
交代の直前、
相手と交錯した充孝
足を痛めてしまい、
交代を余儀なくされた

金森は最前線に入り、
聖真が2列目に入る
前線を入れ替えて、
攻勢に出たいところだったが、
その後は再び守勢の時間
ボールを奪っても、
迫力のある攻撃を繰り出せず、
我慢の時間が続く
後半29分
ヤスに代えて大伍を投入
大伍が入って程なく、
良からぬ展開が待っていた

後半32分
ペナルティーアークの外、
ほぼ中央の位置で金森がハンド
MF天野に決められ先制ゴール献上
やや距離はあったが、
割れた壁の間を通されてしまった

アウェイゴールを献上すると、
再びアクシデント
後半35分
篤人に代えて脩斗を投入
篤人も足を痛めてしまった
大怪我でないと良いのだが・・・

脩斗は左SBに入り、
安西が右SBへ
反撃に出る鹿島だったが、
試合はアディショナルタイムへ
このアディショナルタイムに、
予想外の展開が待っていた

後半45+3分
左CKを得るとキッカーは永木
鋭いボールを送ると、
中央の犬飼が2人挟まれながら、
ヘディングシュート
ゴール左に押し込み同点
打点の高いヘディングだった

残り時間はわずかだが、
逆転を狙う鹿島
しかし、最悪の展開が待っていた
後半45+5分
自陣中央左、
距離があるところでFKを与える
キッカーは山中
強烈なシュートを見舞われると、
ソガが弾いたこぼれ球に反応したのは、
FWウーゴ・ヴィエイラ
素早く押し込まれ失点
ソガはキャッチにいったが、
弾いてしまった

程なく試合終了
先勝どころか、
屈辱的な敗戦を喫してしまった

まず守備だが、
アウェイゴールを2つも献上
いずれもミスから
1失点目のミスは、
危険な位置での金森がハンド
そして壁が割れたこと
2失点目はソガのキャッチミス
弾いたこぼれ球に対して、
反応が遅れたこともミスだ

無失点に抑えたかったが、
ピンチが多すぎた
天野,山中という、
直接決められる選手がいる中、
FKを与えすぎた
結果的には、
そこが直接的な敗因
必死に守った結果だが、
FKは与えたくなかった

他のピンチは凌いでいただけに、
とても残念な2失点
ファウルは仕方ないが、
2失点は自滅に近い
やはり自陣のゴール付近では、
激しくもファイルの一歩手前で、
FKを与えない守備が求められる
難しいことだが、
同じ過ちを繰り返してはいけない

第2戦では、
激しさの中にも、
慎重に守ってもらいたい
危険な位置でFKを与えないよう、
十分注意してもらいたい
時間は少ないが、
課題を改善を願いたい

攻撃の方は、
残念ながら1ゴールのみ
チャンスはあったが、
決めきることができず
犬飼が一矢を報いたが、
勝利に必要なゴールは奪えなかった

やはり前半の聖真がポイント
左ポストとクロスバー直撃が、
良からぬ結果につながってしまった
本当に残念でならない

第2戦では、
2ゴールを奪わなければならない
鹿島が本来の攻撃を繰り出せば、
必ず奪えるはず
チャンスを逃すことなく、
アウェイゴールを取り返すこと
迫力のある攻撃を繰り出し、
横浜FMの守備を崩してもらいたい
攻撃陣の奮起を祈る

全体的に横浜FMの方が積極的
疲労のせいか動きが重く、
篤人と充孝の負傷交代も痛かった
攻守ともに空回りしていた
気持ちでも負けていた
勝機を逸して、
負けるべくして負けた
本当に悔しい・・・

この悔しさは、
第2戦で逆転して晴らすしかない
決勝進出の条件は2-0での勝利
もしくは3点以上獲っての勝利
細かな課題の修正をして、
全力で戦ってもらいたい
ただし、空回りしないこと
気持ちで負けないこと
必ず逆転してもらいたい

アウェイでの第2戦は10/14開催
中3日での試合なので、
リカバリーを優先すること
可能な限り疲れを取って、
コンディションを整えること
良い準備をしてもらいたい
第2戦での逆転を祈る

最後に選手,スタッフ、
聖地カシマの鹿サポの皆さん、
お疲れ様でした

T.A君&S.A君もお疲れ様
魂を預かってくれてありがとう

Yさんもお疲れ様
M.S君&T.K君もお疲れ様
A.K君もお疲れ様
R.W君もお疲れ様
H.H君もお疲れ様
Y.S君もお疲れ様

皆、ありがとう

第2戦で絶対に逆転しよう

オフィシャルHP/マッチレビュー
PC
スマートフォン/試合結果
スマートフォン/マッチレビュー

【了】

いつも応援をしていただき、
誠にありがとうございますm(_ _)m
お手数ではございますが、
以下のバナー
もしくはTOPページ左上のバナーを、
それぞれ一日1回“click”
していただければ幸いです
皆様のclickが励みになります
皆様の清き1-click×3を、
ぜひよろしくお願いいたしますm(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
Please click here!!


人気ブログランキングへ
Please click here!!


FC2ブログランキングへ
Please click here!!