2019年01月02日

格闘技で盛り上がった大晦日もそのまた昔になりましたが、色んな意味で注目を集めた去年のライジン。

全カード一般層が知らないカードで、視聴率をメインの話題性にかけた今大会。

個人的には全盛期は過ぎたが、お互い背負うもの背負って対決した北岡🆚川尻戦、いい意味で勝敗より生き様対決。

スピードも落ちに落ちてましたが、お互いの意地が見れていい戦いでした。

ところでメインの試合についてネットでは色々かかれてますが、結果メイウェザーがエンターテイメントに徹してくれてよかった!

ネットでは天心がメイウェザーを本気にさせたとか書いてますが、あのクラスが本気でパンチを当てにいったら間違いなく事故レベルでしょう⁉︎

ビックネームですが、現役選手ではないしウォーミングアップもなしでやったので、勘が狂ってたんでしょうね!

軽く当てたつもりやったのに天心が倒れたので当人もビックリしたと思います、、、

結果、メイウェザーを地上波で観れたしよかったけど、このRIZINてイベントヤバいですね‼️
恐ろしいのは、主催の人間が『競技を全くやるつもりはない。』って言いきってるとこですね。
ほな、堀口選手の試合もカンナ選手の試合もなんやったんや?と。



前は肘なしのK-1ルールでも強い日本人選手が集まってたのでワクワクしましたが、今は団体が沢山あってルールもバラバラで個性があって強い選手が少ないのがキツい。上手な選手は沢山いますが…。

そこで今、飛び抜けてるのが那須川天心の存在。こんなイベントに出ないといけないくらい相手がいないのはわかるが、潰されてほしくないなぁ〜。


あくまで私の見解ですが、、、
最後に今回について1番思うのはセコンド陣営はよくOK出したな。と。


以上


kick-styleは地道に日本チャンプクラスを育てて行きたいと思います…



kick-style


nishikawatdsnskw1977 at 00:27│コメント(0)キックボクシング | 箕面mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字