今まで僕は、感動のサービス業などをブログでUPしてきました。
今日は真逆です。駄目出しも駄目出し。
でも最後は、反面教師ということで締めます。

年に一回ほど激昂します。
昨年も今の時期ぐらいだったでしょうか??

今年は今日がその日でした。

以前からカーナビの調子が悪かったので、○エローハットに
見積もり依頼しました。ちなみに4年ほど前のナビゆえ、
値段によっては直すのを止めようと思ってました。


見積もりの結果、レンズ交換とDVDROMも交換した方が
良いということでした。
<実際はここの行き違いが悲劇の始まり>

22000円との事。
DVDROM込みの値段だと思っていました。

だってそういうニュアンスで説明したんだから・・・

だから、DVDROMをキャンセルしに店まで行きました。

ココで店員と僕の中で言った言わないのすれ違いがおき
結果、修理が終わってみれば、レンズ交換だけで
22.000円


(新品で更に性能が良いナビが約9万で売っているのを
知っていたので<レンズだけの値段と知っていたら、
修理依頼は絶対しなかったはず・・・)

店と僕でお互い言い分はあるが、結果、元通りにするのに
再修理に5000円かかるとの事でした。

店舗が出してくれるのかと思ったら、傷み分けという事で
2500円ずつと言われた。もう全く納得いってなかったけれど
仕方ないから、2500円払いました。

痛み分けといってる時点で、お客様に責任転嫁している証拠。

自分的には、納得ではなく説得された感じでした。

<本部のお客様相談室にも問い合わせた末の結果だから、
○エローハットの総意なのだろう・・・>

元の状態に戻っただけなのに。。。


その後、悲劇は起きました。

修理は出しにいった時点では、ナビは作動しなかったものの
DVDも観れたし、TVも観れました。

しかし、手元に戻ってきたら、DVDが観れない状態でした。

今日またまた、○エローハットに行って、その旨を伝えると、
僕<担当者>が確認したのではなく、工場の人が確認したら、
DVDは観れなかったみたいです。。

こっちが修理をお願いしたのは、○エローハットであって、
工場の事なんか知ったこっちゃない

ココで激昂仮面に変身です。

一番最初に、ナビの状況を説明する際に、僕は絶対に
DVDとTVは観れるけれど、ナビだけ見れないと言いました。
だって状況説明するでしょ??普通。

そうしたら、店員は「ROMを読み取らない」としか
仰りませんでした。って。

それはこっちが説明した事を勝手にあっちが、略して
紙に書いたことだろう

って。

イエローハットにはカリスマ経営者と言うか相談役がいます。
鍵山秀三郎氏と言う方が。

今、世の中は掃除ブームですが、そんなブームとは関係なしに
ずっと掃除を続けた方です。そのおかげで、本社移転時に
中目黒の住人からも認められたのだとか・・・

僕の周りには、その鍵山さんを尊敬している人が多々います。

あまりにも腹が立ったので言ってやりました。

もしあなたが、鍵山秀三郎氏でも僕に同じ対応しますか??
って。

そうしたら、「人が違うから分かりません」という小学生
じみた返事が返ってきました。

お宅は、鍵山秀三郎氏のDNA受け継いでるんでしょ??

といったら自信持って「ハイ」って答えてましたけど・・

埒明かないから、本社と対応考えろと行って、帰ってきましたが、
面倒くさいから、電話でもう良いといってやりました。
完璧泣き寝入り状態です。

だから、ブログでストレス発散です<苦笑>


結果として、2500円払って、ナビのDVDが観えなくなるという
サービス<修理前は観えていたのに>を購入しました。

どんなサービスだ??<苦笑>

しかも、客が激昂しながら、DVD観れていたというのに、
無機質な対応をしてくれました。。

あまりにも舐めた対応だったので、サービス業について
少しレクチャーしてやりました。



今回は、反面教師です。
あぁなったらおしまいだと・・・

だって、言った言わないのすれ違いだけど、
明らかにお客様が損と言うか、元あった状態より
悪くなってお金払ってるんだから・・・

自分も店員もお互い言い分はあると思いますが、
ひとつだけいえることは、

もう二度と○エローハットの敷地内に入る事はないでしょう。

あり得ん・・