社労士 行政書士 ブログサイト

就業規則、助成金、公益認定申請など 社会保険労務士と行政書士のお仕事のブログサイト。神奈川県 藤沢市 社会保険労務士・行政書士小林哲朗事務所が運営。

 「1」のゾロ目の日。

 世界情勢も大きく変わろうとしといます。今後はますます激動の世の中となるでしょう。
 以前も書いていましたが、ブログは、今後事務所たよりという形式はやめて、法改正、制度改正などのお知らせ、情報提供サイトとします。
 最近では、SNS等における注意喚起の文書も発出されました。ネット社会が進展したからこそ、安易な書き込みは避けるべきと考えます。最近は、法改定、制度改正も頻繁に行われるなど、士業者として、取り組む事項は非常に多岐にわたります。
 今後も当事務所をよろしくお願いいたします。

 

 今年の銀行営業日も終わりました。

 年末にきてから体調を崩していました。昨年、実はマイコイヤーだったのでかなり警戒していたのですが、診断はそこまではありませんでした。しかし、療養の年末年始となりました。
 世間的には今年がマイコプラズマの流行警戒年だったようです。しかし、今年は胸のすく思いで、というのは冗談ですが呼吸が苦しいことはありませんでしたが、目にきました。なんと23年に眼科にかかって以来でした。結膜炎まではいかなかったですが、自分で既往症を書いたところ「血模炎」と書いたのはご愛嬌でした。
 体調が悪かったから今度は目にきたのかなと思います。見事に4年ぶりでした。病臥しておりましたが、だいぶよくなりました。昨年と比べると今年は回復が速かったです。が、昨年に引き続き療養となります。世のなかに年末年始の休みがあって救われました。
 株価予想もしばらく行っていませんでした。今年のはじめは今年は株価が下がる要因はあまり無い。国際情勢の影響はあるくらいかと書いた記憶がありましたが。書いた記事がありません。自分で書いたつもりで妄想していたようです。ただ中国の影響は想定外でした。それでも当初の予想の18000円くらいを大きくこえて二万円のときもありました。今年も長期的には国内では株価は上がるでしょう。消費税の駆け込み再需要もあります。専門家の人はもっと強気の予想でくると思います。21000円くらいでしょうかね。比較的好景気といわれていますが、ただ実際の仕事では株価ほど景気はよくないです。自分の身の回りで考えると急激に減速感が強いです。
 以前から指摘していましたが、ブログもほどほどにします。とうとう記事で炎上のニュースもあったようです。私はFBもツイツターも行っていません。思ったことを書けばよいわけではないので、学生はよいとして、仕事で使用する場合は業界情報、ニュースなど限られた用途での使用が適当かもしれません。

 

 今年の官庁御用納めの日も過ぎました。以前は「官庁御用納め」のキーワードで検索されることもあったこのブログですが、現在では検索されることは無くほとんどアクセスがありません。
 年末このまま放置しておくわけにはいきませんので、書き込みをしたいと思います。せっかくの石田氏(仮名)からの指摘もありましたので再開をします。
 が、年末にきてから、またまた体調を崩しました。昨年はもっと悲惨でクリスマスの前週くらいから体がだるくて胸がゼーゼーする状態がしばらく続きました。昨年は仕事納めの日が曜日周りの関係で早かったので27日の土曜日にやっとのことでお医者さんにかかりました。
 が、驚きの100人待ち。かかった医院のお医者様は一人、患者さん一人の診察時間を逆算すると3時間以上まつ計算でした。午前中に受付をして実際に終わったのは午後4時を過ぎていました。昨年は寒かったのでかぜも流行していました。実は昨年がマイコイヤーだったので内心おびえていましたが、気管支炎との診断でした。
 今年はあまり寒くなく、かぜも流行しないかなと思いましたが、年末にきて急に寒くなったせいか。体調が崩れました。じつをいうと、目の調子がおかしくなりました。今年は。そして、体調が急激に悪化していきました。
 28日は悲惨でした。体温は前日よりは下がったとはうえ、37度どころではありません。もっとありました。体中が痛い。御用納めの日とあってこの日のうちに出しておきたい書類もありましたし、アポもありますので、はいつくばってでも行かねばなりません。書類届出といっても給付申請など期限にかかる書類は前の週のうちに処理していたので幸いでした。ギリギリだと何か不備があって出直しになるといけませんからね。もっとも電子申請しておけば年明けでも補正はききますが。
 お医者さんは29日も診察していたので受診してきました。薬の処方を受けてだいぶよくなりました。が、一日たっても万全には回復はしていません。だるさは無くなりましたが、どこか力が入らないなどがあります。

 

このページのトップヘ