ぬるいブログ

雑多なことをつづる覚え書き

2009年08月

FCR見学

しばらく前の、8/16のことですが、富士スピードウェイで行われた富士チャンピオンレースの見学に行ってきました。

FCR01

 

 

 

 

 

 

 

 

FCR02

 

 

 

 

 

 

 

 

FCR03

 

 

 

 

 

 

 

 

FCR04

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとまず、こんな感じで楽しかったです。

1800が・・・

昨日、富士チャンピオンレースの事を書きました、いつか出てみたいのだと。で、想定しているクラスは、ナンバー付きのN0なわけですが、N0にも1600と1800の2クラスあります。まぁ、それぞれNAとNBがあるので、N0の参加車両として4つの可能性があるわけです。

で、僕の手持ちのロードスターはNB6なわけで、素直に考えるとNB6クラスへの参加を目指す、ということになります。でも、僕のロードスターは吊し状態のどノーマルなので、N0とはいえレースでサーキットを走れる使用にするにはそれなりの金額が必要になるわけです。

で、某ガレージのYさんに相談したところ、レースに出るならNB8の方がいいと思うよ、とのこと。手持ちのNR-Aはノーマルなんだから、いじる前に売ってしまって、出所のはっきりしている程度の良さそうなNB8を探すのがいいよ。うん、そうだ、心当たりがあるから探してやるから、みたいな話になりました。驚きの急展開です。。。。

とはいえ、懐具合などなど諸事情がありまして、すぐに「はい、NB8に乗り換えます。」とは言えず、いまのところはNR-Aに乗り続けています。でも、将来的にはNB8に乗り換えて、ちゃんとサーキットを走れるように練習して、N0レースに出てみたいなぁ。。。

興味有り

 最近、というか、しばらく前から(某ガレージにお世話になり始めてから)なんですけど、富士スピードウェイ(FSW)で開催されている、富士チャンピオンレース(FCR)に興味があります。ロードスターにはN1クラスとN0クラスがあって、N0クラスでは、1800ccと1600ccの2クラスに分かれて開催されている(今年から分けられたそうです)。で、将来的には参加してみたい、と思う今日この頃。まぁ、小さい頃からの夢みたいなもんですね、車でレースするの。F1 GPも開催されていた国際格式のサーキットで、自分の車でレースが出来るなんてすばらしい。

 とはいえ、すぐにFSWのライセンスを取って練習しよう、ってなわけにはいかないので、今週末はチャンピオンレースを見学に行ってこようと思います。お盆休み最終日に、東名高速に乗るなんて、どんな結末になるのか分かりませんが、いろんな意味で楽しみです(^^;)

ルカ・バドエルに

 マッサの代役がシューマッハーになる可能性が高いとの情報で、ここしばらくの間、かなり盛り上がっていたわたくしですが、世の中やっぱりそんなに甘くないのですね。改良が施された新しいヘルメットもできあがっていたのだが。

 シューマッハーは、2月にバイクで転倒したときに、状態がかなり悪かったようで。その怪我は完治しておらず、F2007をテストしてみたら首が痛くてどうにもならなかった、と。まぁ、そんな感じでバレンシアGPへシューマッハーは出場できなくなり、結局、ルカ・バドエルが出場することになったそうです。バドエルが最後にF1レースを走ったのはいつのことだろう?? 全く記憶にないのですが・・・

ロードスター 20周年

ROADSTER 20th ANNIVERSARY

ロードスターの20周年記念サイトが出来たようです。また、20周年記念車も発売されるようです。レカロのシートは良さそうですね。背もたれと座面がアルカンターラで、しっかりホールドしてくれそうです。白い外装に赤い内装色は、イギリスのLWSの基本文法である、とこの本に書いてありました。今回も、その文法に則っているわけですね。オプションとかも含めると、立派な価格になってしまいますが、いじらずに長く乗れる人なら良い選択かもしれませんね。

出会った頃の・・・

FW11B_FW14B

 

 

 

 

 

 

 

 8/5より、サークルKサンクスWILLIAMSの歴代F1のプルバックカーを、缶コーヒーに付けています。以前のWRカーの時には、1缶に1台付いていたのですが、最近は、2缶に1台になっております。で、飾っておく場所もないし、知らんぷりしておこうと思ったのですが、ついついゲットしてしまいました、2台も。

 お目当ては、当然、ウィリアムズホンダ時代のFW11B(1987年)。ターボエンジン時代で、ホンダパワーが炸裂し、フジテレビのF1放送や、中嶋悟のロータス入りなどの話題も相まって、かなりF1が日本でも盛り上がっていた頃だと思います。Tスクエアーのテーマ曲が懐かしい。僕が、F1に出会って、はまったのもこの頃からだったかな、小学生高学年の頃かと。昔は、「赤いペガサス」とか読んでたなぁ。

 で、このFW11Bには、ピケとマンセルが乗っていて、応援してました。もちろん、ホンダエンジンだったからだけど、どちらかというとピケを応援していたような気がします。理由は・・・ なんでだろ。今考えると、マンセルの方が熱いし、見ていた楽しかったようなきもするんだけど。優勝目前の最終コーナーでガス欠、とかポカも多かったけどね。ターボ時代のF1には、確かブーストボタンなるものがあったはずで、ホンダの場合はスリップに入ってなくても、ボタンを押せばそれで追い越し完了、みたいな異次元の強さでした。ホンダは1,500馬力くらい出ていたんじゃないか、と聞いたことがありますが真相や如何に。雨のシルバーストーンの1,2,3,4フィニッシュ、とかもありましたね。レース後のインタビューで、桜井監督が泣きながら「1,2,3は予想できたんですけどね、中嶋は予想してませんでした。」みたいな事を話していたと思います。その時には「なんて正直な人なんだ」って驚きました。

 で、中嶋とセナはロータスホンダだったわけですが、ロータスと言えば、やっぱり黒のJPSカラーが格好よかったなぁ、などと思っていました。カラーリングといえば、マクラーレンがマルボロカラーだったころ、2台を2色に塗り分けて出走していたことがありましたよね。赤がプロストで、金色のマルボロライト号に乗っていたのは、ケケ・ロズベルグだったと記憶してます。そう、いまをときめくニコの父ちゃんですね。でも、ケケが速かった記憶はあまり残ってません。

 そんなことはさておき、もう一台は1992年のFW14B。この時には、ホンダエンジンはウィリアムズから去って、マクラーレン、ロータス体制になっておりました。1992年は、第2期ホンダ最後の年ですね。なので、あまり興味の無かった一台でしたが、この車をゲットしてきた理由は、デザイナーが今をときめくエイドリアン・ニューウェイだったから、ということです。今年も、シーズン開幕当初はレギュレーションの解釈違いのこともあり苦戦していましたが、レッドブルのマシンでは困難なのではと予想されたダブルデッカー化を早々にやりとげ、大活躍しています。ここの短い解説を見ていて思い出しました、この車、アクティブサスペンションを採用していたんですね。ちなみにマンセルが初のチャンピオンに輝いた車だそうです。

 で、もう1台、ゲットしておこうかな、と思うのは、1994年のFW16。言うまでもなく、サンマリノGPでセナが亡くなったときに乗っていたのが、このロスマンズカラーのウィリアムズルノーでした。今宮純さんがフジテレビの解説をしていたんだよな。番組の終わり際、とても不安そうな声だったのを覚えています。

 話は全然変わってしまいますが、ロスマンズカラーというと、僕の場合、2輪のWGPのホンダワークスのイメージです。もっと言えば、250ccと500cc、2クラス制覇してしまったF・スペンサーのイメージなんですね。その後のワイン・ガードナー、って線もありますが、やっぱりスペンサーなんです。特定のスポンサーカラーには、イメージの強いドライバーやライダーっていますよね。

PASSAT + ECOPIA その後の燃費

パサート_EP100_燃費_090803  ブリヂストンさんから、モニターをさせてもらっているECOPIA EP100の燃費の結果をアップします。前回からしばらく間が開いてしまいましたが、7月分ということで。

 6/13からの走行距離は、1,229km。子供が生まれたこともあって、あまり出歩かなかったので走行距離は伸びてませんね。で、燃費がどうなったかというと・・・ EP100での平均燃費が8.11km/Lに悪化してしまいまいした。その原因は、アイドリングしながらエアコンを多用せざるを得なかったためです。産後一ヶ月を過ぎてからというもの、子供を連れて買い物に行ったりしているのですが、その道中で愚図ると、駐車場で授乳したり、ミルクをあげたり、おしめを替えたり、と結構な時間を使います。気候が良ければ、もちろんエンジンストップ出来るのですが、最近は大抵30℃オーバーなので、エアコンのためだけにアイドリングをしている結果がこの有様です。これからも、こんな感じの燃費になってしまうと思うので、しばらくの間はタイヤの燃費比較が成立しないと思います。ちなみに、7/27分を除いたECOPIA EP100の結果は、総走行距離5098.4kmで、平均燃費は8.30km/Lです。Primacy HPの8.21km/Lと比較すると、ほとんど変わらない数値となっております。子供も生まれて近い条件での比較が困難になりましたが、とりあえず、1年間はEP100を遣ってみようと思っています。

続きは、また一月後くらいに。

六ヶ所村 核燃料再処理工場

数日前、六ヶ所村使用済み核燃料再処理工場に関して、asahi.com記事が掲載されていました。全国規模のメディアで、「六ヶ所村の再処理工場に反対している人々がいる」という報道を見たのは初めてだったので、大きな驚きを感じました。皆さんの地道な活動が、だんだん大きな流れになってきているのだと感じるし、出来ることから始めなくちゃ、とも思います。

Archives
livedoor プロフィール

てつろ

パサートヴァリアントR36(2009年式)とNB ロードスター S(2002年式)になりました(^^)

Recent Comments
  • ライブドアブログ