ec0d8dc4.jpg
58ebd945.jpg
9d92e588.jpg
ポカポカ陽気のお天気

上野の東京国立博物館で『手塚治虫のブッタ展』と『能と仏教』講演を聴いてきました。



『手塚治虫のブッタ展』は写楽から比べ人が少なくゆっくりみる事ができました。


シッダルタの誕生から、苦悩、結婚、出家、苦行、成道、涅槃、その後と手塚治虫の漫画と博物館所蔵品をおりまぜ出展していました。

ガンダーラの石仏とかあり、漫画が解説しているような感じ

ブッタの人生よりも、手塚治虫の漫画に興味がわき、
手塚治虫の『ブッタ』を本屋さんで買って帰り読み初めました。
感化されやすいかも

映画も上映始まりましたが三部作すべて見たくなりました。


添付はイケメン文殊菩薩

÷ - ÷ - ÷ - ÷ - ÷

ブッタの映画でブッタのお父さんの声をやり、その関係でこの講演になったみたいで
『能と仏教』のイベント
観世清和氏(能楽観世流二十六世家元)のお話

能の始まりから世阿弥などの作品と特徴
能の所作
お仕舞の話
そして『老松』の一部を皆で唄ったり

盛りだくさんで楽しかった。

特に観世さんが道成寺で舞った録画を拝見してゾクゾクしました。

実際にお仕舞を舞ってくださいましたが、気がみちてα波がでていたと思う


今までは野村萬斎さんや梅若六郎さんなどをみる機会が多かったのですが
観世さんが好きになり、これからは観世さんを見にいこうと思いました。


お能を観る時
世阿弥の『風姿花伝』を思います。

「秘すれば花なり 秘せずは花なるべからず」という一節があり、
舞台を見る珍しさ、そこでの感動が花であり面白さをいいます。

人は意外性に感動するとのこと。

お能は眠たくなるんですが
神を感じる瞬間があり
観世さんはそれを神風と表現していました。

私は神を感じたくてお能を見にいきます。
笛と表現鼓、謡の音が気持ちいい


「秘すれば花・・・」
すごく美しく奥深い言葉ですが、
お能の世界、世阿弥の世界『風姿花伝』を通し
神風をまた感じたくなりました