lumo blog
PS+で今月配信されたLumoのレビューです。
自分はPS4版をダウンロードして遊びました。
今作も配信前までまったく知らないゲームでしたが、
雰囲気が良さげだったのでとりあえずプレイしてみると中々面白い。
インディーズの配信で当たりだとやっぱり嬉しいです。

今作はパズルアクションアドベンチャー?
画面はパッと見た感じWiiUのキノピオ隊長に似ています。
画面のスクロールはするものの、回転はすることはなく、ほぼ固定された画面の中でプレイ。
基本的には小さな小部屋が連なっているダンジョンを攻略していく感じで、
ファミコンのソルスティスを新世代ゲーム機やっているような感覚でした。
敵と対峙して戦うなどのことはほとんどないゲームですが、
パズル的な謎解きやアスレチックアクション要素が多いです。
ゲームを進めていきアイテムを集めたりすることで使用できるアクションが増え、
新アクションの入手や謎解きで探索範囲が広がっていきます。
ゲーム開始時はジャンプすらまともにできず、謎解きもシンプルなものが多いですが、
進めていくと少しずつだが複雑になっていき、やりごたえもあり。

画面の回転ができない3Dということで移動操作方法が3種類から選べるようになっており、
プレイヤーのクセに合わせて遊べるようかなり親切になっている。
プレイヤーが遊びやすいものを選べば良いのだが、
もし自分に合っていない操作方法を選んでしまうと地獄を見ます。
しかし、画面回転ができないため、
足場が見えにくい面も少しあり少しわかりづらい部分もありました。

ゲーム本編は短く、残基無制限、いつでもセーブありということで、
簡単で割とすぐにクリアできてしまうのですが、
そういうのでは温いと感じるゲーマーさんのためにのハードモードも用意してあるので、
幅広い層が楽しむことができると思います。アイテム回収などやりこみ要素もあり。
また、レトロゲーム的なネタも多くレトロゲー好きならニヤリとする場面も多いです。
自分の場合はマーブルマッドネスネタが出てきたときにニヤリとしてしまいました。(笑)
最近は綺麗なグラフィックでレトロゲームのような作りのインディーズゲームが多い気がしますが、
そういうのが流行っているのでしょうか?
個人的には大好きなジャンルなので広がってくれるとありがたいですね。(笑)

Lumo ★★★☆☆