星峠の棚田

星峠の棚田

大河ドラマ 『天地人』 のオープニングで登場した棚田がココ星峠の棚田の様です。 ココも二度目の訪問。 日本の原風景が新潟にはまだまだ沢山あります(^^)
もうすぐ数メートルの積雪となるこの地域です。 一般の観光客にとってはそろそろ今年は見学終了となります。 柵も外され、冬支度も始まってますが、観光客用に棚田に水を張ってくれてる気遣いに感謝ですね。 水鏡に映る青空が素敵でした

星峠の棚田

星峠からの越後三山 魚沼山並み

美人林  十日町市松之山

美人林

駐車場から少し歩いて来ると、景色が一変します。二度目の訪問です。 ここは『林』が観光地!
その名も美人林。 たぶんブナ林。 落ち葉のクッションが実に心地よく、サクサクと優しい音を聴かせてくれます。 余計な説明は要りませんね? 僕の汚れたドス黒い心も、この林の中では浄化されるみたい???(笑)

美人林

美人林

美人林 池 鯉

美人林

美人林

美人林

石落し 津南見玉公園

石落し 鐘

何の説明書きのない鐘がぶら下がってたので鳴らしてみました。 予想外にメチャクチャいい音で響くもんだから、周りの人たち全員がこっちを見て・・・赤面(笑)

ドラゴンドラは苗場山東側、ココは苗場山北側、新潟県津南町の見玉公園にやって来ました。 ご覧の通りの断崖絶壁紅葉です。 崖の下には小さな川が流れています。 簡単にいうと、その川が三十万年以上の時間を掛けて削って出来た崖ということです。
崖自体は苗場山の噴火による熱い溶岩が冷えて固まったもので 『柱状節理』 がよく分かりますね。

何だか久しぶりに聞く『柱状節理』・・・理科? 地理?? 地学??? う~ん、どの授業で勉強したんだろ? はい、この科目、僕は寝てたな(笑)

石落し

石落し

石落し

石落し

石落し

ドラゴンドラ

苗場プリンスホテル

冬が来る前に~ そう、冬眠前に出掛けて来ました。 まぁ、このブログは年中冬眠状態ですが~?(笑) ユーミンがクリスマス時期に毎年コンサートを開く苗場プリンスホテルです。
苗場といえばスキーですが、紅葉のこの時期だけはスキー客用のゴンドラが紅葉観光で賑わいをみせます。 その名も『ドラゴンドラ』。 名付け親はユーミンだそうですよ。

『ドラゴンドラ』は、苗場スキー場とかぐらスキー場の田代高原を結ぶゴンドラ! 全長は5,481mで日本最長。 ジェットコースターの様なアップダウンを繰り返す絶叫?ゴンドラ! 絶景紅葉を楽しんで来ました

ドラゴンドラ

二居湖

たしろ高原

たしろ高原 ドラゴンドラ 田代ステーション

苗場山

田代湖

田代ロープウェイ

田代ロープウェイ地上230m

二居ダム

塔のへつり

大内の宿大内宿とのセット観光! 福島県南会津郡下郷町にある国の天然記念物指定の景勝地。 百万年の歳月をかけて浸食と風化を繰り返した見事な景観が売りです。
お土産を買いました。たぶんココで11年前にも同じお土産を購入!?
塔のへつりの手前の道路脇には有料駐車場がありますが、そこは二度目の訪問ともなれば知識は豊富!? 有料駐車場の誘導おじさんの誘惑を断腸の思いで振り切り、一番奥まで車を乗り入れます。 そこにはお土産やさんの駐車場があります。 はい、お土産買って駐車料金は無料~ね。 いくら得って~ 300円。 ううう~ セコイ(笑)
会津銘菓 『大内の宿』・・・これが美味い! 地元の和菓子屋さんが丹精込めて作りました(^^)

塔のへつり

塔のへつり

塔のへつり

大内宿

大内宿

大内宿

つい先日の恒例長岡花火にやって来た友人夫婦のリクエストで、花火翌日に福島県会津地方を一回りして来ました。
まずはタイムスリップした様な江戸時代の町並みを今に残す宿場「大内宿」です。 会津と日光を結ぶ下野街道にある宿場です。 自身、ここは二度目の訪問です。調べたらもう11年前でした。11年前と何一つ変わらない景色です。うん、江戸時代の姿を残しているんだから、11年じゃ~変わらないのは当たり前ですね(笑) まぁ~ 11年前と変ったと言えば、右も左も外人さんが沢山~ですかね。
標高650mほどだそうで、真夏の強い日差しの中でも、心地よい風が吹いております。

大内宿

大内宿

大内宿

大内宿

大内宿

大内宿

大内宿

童子



春まつり

5月は春まつり~! まぁ、何にもないけどね(笑)
山の中腹にある神社からスマホで写真を一枚。神社に登る石段脇には昭和の時代を感じさせる白熱電球と奉納角燈籠が並びます。安物のスマホでも夜の写真がこのくらい写れば十分。これじゃ~デジカメが売れない訳だ~!?
井伊神社

世界遺産 京都 嵯峨嵐山 臨済宗大本山 天龍寺

天龍寺

天龍寺

天龍寺

世界遺産、京都 嵯峨嵐山 天龍寺~!
もう半年以上~ 経ってしまった京都観光レポもいよいよ最終回です(笑)
嵐山竹林の小径から世界遺産・天龍寺へ。
嵐山の遠景を借景にした曹源池庭園の素晴らしさは有名~! まぁ、僕にはよく分かりませんが、家にこの庭があったら、それはそれで大変だと思います(笑)

天龍寺

天龍寺

天龍寺

天龍寺

天龍寺

天龍寺の法堂の天井に描かれた加山又造画伯の雲龍図は必見! 
天龍寺

天龍寺 北門

主役は~ 雪山? ガスタンク? ENEOS? さくら?

開花しました。 写真は一昨日、昨日今日と激寒なので満開はチョッと先のようです。
 春らしいポカポカ陽気には程遠い今日この頃ですが、それでも桜の季節はいいですね

2018 春 桜と守門岳

嵐山 竹林の小径

嵐山 竹林の小径   御髪神社からトロッコ電車の嵐山駅はすぐ隣です。
   その嵐山駅の脇を抜けると景色が一変します。
   楽しみにしていた嵐山の竹林の小径にやって来ました。
   ん? 何だか想像してた雰囲気と違う?
   人が多い、外人さん沢山~ 少々渋滞してます(笑)

嵐山 竹林の小径

嵐山 竹林の小径

嵐山 竹林の小径

御髪神社 (みかみじんじゃ)

御髪神社日本にはいろんな神社があるもんで・・・
ここは百人一首の和歌が詠まれたことで知られる京都の小倉山の麓、小倉池の畔にある御髪(みかみ)神社!
なんと~ 日本で唯一、髪の毛にご利益のある神社だそうで・・・ うん、最近は・・・我が切実な悩みのひとつである髪の量的問題!? 心を込めて参拝させて頂きました(笑)

御髪神社

御髪神社

御髪神社

ブラックマヨネーズ小杉・モト冬樹・中野浩一

常寂光寺 (じょうじゃっこうじ)

常寂光寺~ 次回は是非~(^^)
ココは小倉山の中腹にあり、秋の紅葉名所! 小倉百人一首編纂の地はこの辺りの様ですね。
門から出てきた外国人美女! 何だか外人さんの方が遥かに京都通だな~(^^)
常寂光寺

二尊院 (にそんいん)

化野念仏寺を後に、歩いて嵐山へと向かいます。途中、二尊院の総門前を通過! ここの紅葉はスゴイらしいです 今回は時間の都合でスルーでしたが、次回は是非~
二尊院:本尊は二体並んでまつられてる釈迦・阿弥陀の二如来。
二尊院

化野念仏寺 (あだしのねんぶつじ)

化野念仏寺

お休みを頂いた京都レポ!? 再開です(笑) まぁ、自身の記録としてここに残しておきましょう。
季節は約半年前です。大覚寺から直指庵を巡り、化野念仏寺へ向かいます。 嵯峨野は静かです。
目的地の念仏寺は、京都五山送り火・鳥居形のすぐ脇にあります。

化野念仏寺

化野念仏寺

風情ある参道を上ると別世界の石仏群が迎えてくれます。開創は弘法大師空海、約1100年前だそうで、後に法然上人の常念仏道場になったという歴史あるお寺です。 当方、直指庵同様~ 34年振りの再訪となります。 まぁ、記憶・・・ 殆ど~ ありません(笑)

化野念仏寺HPより:『この地は古来より葬送の地で、初めは風葬であったが、後世土葬となり人々が石仏を奉り、永遠の別離を悲しんだ所である。
境内に奉る多くの石仏・石塔は往古あだしの一帯に葬られた人々のお墓である。何百年という歳月を経て無縁仏と化し、あだしのの山野に散乱埋没したいた。明治中期に地元の人々の協力を得て集め、釈尊宝塔説法を聴く人々になぞらえ配列安祀してある。賽の河原に模して「西院の河原」と名付けられた』

化野念仏寺

化野念仏寺

化野念仏寺

化野念仏寺

化野念仏寺

化野念仏寺

化野念仏寺

このお寺の上にある墓地に向かう竹林の小径・・・。
竹林の小径 化野念仏寺
team34-56h
プロフィール

JPX

最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ