自然体でいこう!

〜エンドウ工務店・スタッフブログ〜 山梨の工務店で家づくり・縁づくりをしている女性建築士の日常ヽ(^o^)丿

2018年 あけましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます。

今年もさわやかに新年を迎えることができました。

年末、家族で年越し蕎麦をいただいた後、
近くの氏神さまに旦那さんと初詣。
その足でお寺にもご挨拶に行きます。
毎年変わらぬ我が家の風景。
娘が成長して年越しを友人と過ごすため、そこにいないことが最近ちらほら。

年末年始のお休みは何やら忙しいですよね。
大掃除から親族間の挨拶で
迎えたり出かけたり。
でも日頃ご無沙汰しているので話は尽きなく楽しい時間でもあります。

会社はもう少しお休みなのですが、だんだん頭を仕事モードに変えていかなくては。

今年もお客様の笑顔がいっぱい見たいな!
陰に日向に走って行きます〜!
どうぞよろしくお願いします。

ではまた。塩澤 (^o^)丿
「いい家・いい暮らし」
enduo(エンドゥーノ)・エンドウ工務店 http://www.ie-endo.co.jp/

現場より…憩いと営み、叶う夢・小石和の家

師走です。12月になりました!

はりきっていきましょっ!

4日の日、
憩いと営み、叶う夢・小石和の家では
お施主様と塗り壁作業がありました。

ご本人様にも言ってしまいましたが、
ご主人様の塗り始めは、コツをつかめず、
どうなることか…と思いましたが、
やはり半分位に、なってからコテ使いにもなれ、楽しくなってきたようでした
^_^ヨカッタヨー


楽しい思い出になったのなら、うれしい限りです 。

IMG_7530



IMG_7535



IMG_7542


これから建物はどんどんお化粧され、キレイになっていきます。
お楽しみに。(*'▽'*)

ではまた。塩澤 (^o^)丿
「いい家・いい暮らし」
enduo(エンドゥーノ)・エンドウ工務店 http://www.ie-endo.co.jp/

【アフター】にて。最近のトイレ

注意:お食事していないときにお読みくださいませ。


先日、お引渡し後1年のお客様より、ご連絡がありました。

「便器の水が流れきれない...」  ということで
急ぎ訪問。

便器には汚物はなく、水を流すとクルクルと水流はあるものの
イマイチ水がすっきり排水されない。
かといって、あふれるわけではなく、すこしずつ排水されている様子。

吸引器でスポスポしてみますが、様子は変わらず。

便器の機器の不具合か?とメーカーに電話して症状を言って
言われたことをお試ししましたが、改善せず。

「症状は、機器ではなく詰まりのようすなので、もう少し根気強く吸引してみてください」
とメーカーに促され、また吸引。
でも、なぜか真空になる感覚がなかったのでした。

私ではダメだ!!と設備やさんに登場してもらい、
まずは吸引。。。。。改善せず((+_+))
もー、便器をとってみました。

設備やさんいわく、
「長年いろいろ見ているけど、初めてみたよ!」
と、言う症状を見せてもらいました。

オーナー様から離乳食が始まっている赤ちゃん〇〇を流してからおかしい。
とのお話の通り、
排水管の半分に〇〇がべっとり張り付いておりました。

だから、すこしづづ流れていて、吸引では引張りきれなかったんだ。

今回は、機器の不具合ではなかったので、説明しご了解いただきましたが
設備やさんの出張費と便器を再設置後のコーキング工事の料金が発生してしまいました。


便器のつまりはまれに起こってしまいますが、
生活の中で少し気をつけていただくことで
起こりづらくすることができると思います。

最近の便器は節水型なので、

・こまめに流す。。

・朝いちばんで〇〇を流すときは、排水管にはりつきづらくするために
用を足す前に、1度流してから座る、、

・トイレットペーパー以外のものは流さない。
 (設備やさんに言わせると、クイックル〇〇〇とかもいっぺんに流さない方がいい。
 ならばじゃ流さない方がいいそうです。)

・水量は 大・小 それなりに使用すること。
 (大なのに小のボタンで流す、、とか)

・トイレに流せるペット用の砂?とかもあるようですが、
 これも長い間にはよろしくないとか。


我が家も娘が保育園の頃、詰まりの経験あります。
あふれそうな便器を前に、聞くと
おしりを何度拭いても色がついてたから、、、とトイレットペーパー半分くらい
を拭いては流したみたいです。

笑える思い出ですが、みなさんはご注意くださいませ。

いつもありがとうございます♪ではまた。塩澤
「いい家・いい暮らし」
enduo(エンドゥーノ)・エンドウ工務店
http://www.ie-endo.co.jp
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ