team_ohsaki

チーム オオサキ

『全ての動物が幸せに暮らせる社会を願って・・・』をスローガンに 2014年8月立ち上げました。

静岡県ホームページ
(犬)予防ポスター  ほしい物があります
静岡県HP迷い犬情報バナー

里親さん募集してます!!
譲渡犬画像 イーラ画像

*****************************

23 1月

にゃんにゃんの日(ワンコも)♪

                                                                                           

にゃんにゃんの日!

(ワンコも♪)

保健所に収容される犬に
長年携わっていると
嫌なことやイライラすることが多い。

何で法律で決められた
鑑札済票を着けないのか?


この子は私の犬!
という証(鑑札)を着けてあげれば
嬉しいだろうに・・

狂犬病予防注射
してもらってる証(済票
を着けてるから
安心して触って!

って主張出来るのに!

鑑札済票無敵のダグ!


毎日こんなこと考えてるが
この日ばかりは
笑顔になれる!!!



猫は
不妊手術の証「さくら耳

犬も不妊済そして
鑑札」と「済票」の
2つが着いてます。

もちろん犬も猫も室内飼いです♪


さて、今回の写真は
写真をクリックすれば拡大
レア
レア ちゃん


こむぎ
こむぎ ちゃん

たーちゃん
たーちゃん ちゃん

まろ2
まろ ちゃん

プリオ
プリオ ちゃん

ポップ
ポップ ちゃん

どんちゃん
どんちゃん ちゃん

大橋
大橋 ちゃん

Mまろ
まろ ちゃん

もも3
もも ちゃん

レオ
レオ ちゃん

堀川ハナ2
ハナ ちゃん



本当に!本当に!
ありがとうございます ♪♪♪


は鑑札・注射済票の装着!
は完全室内飼いと
不妊をしましょう!



22 1月

山口県周南市の野犬

  


譲渡仕方らんのか


1年前に
山口県周南市の緑地公園にいた野犬2頭
が静岡県内にやってきた。

羽田まで空輸され
荷物として里親さんに手渡った。

しかし、里親さんが逃がして
最終的には2頭とも死亡する
悲惨な結果となった。

こんなの譲渡とは言えない!
里親希望の段階で
犬を見せて書類で説明をする。

里親希望者の飼育環境確認を行う
遠方だから出来ないのは理由にならん!

しかも首輪も着けず
鑑札も着けていない状態で
譲渡説明書や契約書もなかった。

野犬を助けたい!
という意識は尊いと思う。

それなら
里親さまがどのような環境で飼うのか?
野犬を扱うことの注意を
せずに空輸?

対面販売が義務付けられてる
ショップやブリーダーでさえ
行わない空輸だけでの
引き渡し。

物じゃないんだよ!!

結局は首輪も無しのまま
里親さんは逃がし最悪の結果となった。

里親さんは悪くない!
こんな譲渡とは言えない譲渡を
行ったボラの責任!


さて、2~3日前に
ほぼ同じことが
静岡県で起きた。

同じ山口県周南市緑地公園で
収容された2頭が
「ペットのおうち」に掲載され
それを見て可哀想に思った
県内の人が希望を出した。

そして羽田まで空輸され
書類無しの状態で受け取った。

首輪無しは改善され
里親さんの連絡先が入った
迷子札は付いていた。

しかしリードを付けて
外に出そうとしたところ
豹変し、首輪が外れ、里親さんの手を
酷く噛んだのです。
山口県周南市元野犬山口県周南市元野犬2


なんなんですか!!
首輪が外れる装着の仕方は!

首輪を2つ、しっかりと締めて
逃走に備えないと
こうなること分かってるはずでしょ!

こちらも飼育環境確認もせずに
物として空輸しただけ。

同じ人が関わったと思われます。



止めてください!
こういう譲渡をしていては
余計に不幸を増やすだけ。

可哀想だけで
横流しのような犬の移動。

噛まれた方は
狂犬病の恐怖から
暴露後ワクチンを接種することになった。

返したいと申し入れしたそうだが
「返せば保健所に戻すだけ」
と答えたとか・・

犬を扱う覚悟もなければ
可哀想に付け込むだけの
本当に最悪のボラですな!

1年前と今回の一件
どちらも周南市緑地公園の野犬

野犬化して公園にいることが
問題であり、行政は対策に苦慮しているはず。

ボラが餌やりを行い
行政の捕獲に反対しているとか。

気持ちは分かるが
去勢や避妊を行っていないから
子犬が産まれて、また増える。

棄てるヤツがいたから
野犬化して、その子供は
完全に野犬となる。

その根本に改善がなければ
狂犬病予防法に基づき
収容しなければならない。

人の命が最優先の法律。

収容=殺処分ではないのだから
引き出してちゃんと譲渡手順を踏んで
里親さんに繋げる。

これが出来ないなら
安易に関わるな!!!

そんなに甘いもんじゃない。

鑑札と狂犬病予防接種「済票」無し
当然狂犬病の疑いとみなされる
犬を他人に渡す。

犬の行く末と人の命に思いを至らせない
こういう行動は許し難い!

1年前は黙っていたけど
2回目は怒り心頭!!

登録して鑑札を着ける
狂犬病予防を行って済票を着ける。
去勢・避妊後に譲渡。

そんな暇とお金がない
と聞こえてきそうですが
ないならやるな!

これを省いて譲渡するのは危険!
扱うボラだって危険!
命がけでやるのはボラの勝手だけど
譲渡先にまで危険を及ぼす行為は
止めてもらいたい!!!
肝に銘じて欲しいよ!

暴露後ワクチンを接種しなければならない
今回の里親さんが可哀想。

譲渡に関わった人に
これが届くかどうかは分かりませんが

届かない場合は
里親希望者が理解して欲しい。

鑑札と済票が未装着の犬を
引き受けてはならない。


補足です。

登録は里親さんが変更届けを
お住まいの役所に届ければ
新しい鑑札を発行されて
元々着いていた鑑札は返納するだけです。






本当の飼い主に戻すこと』
 殺処分を減らすために


犬は鑑札・注射済票の装着不妊
 猫は完全室内飼い不妊をしましょう!



19 1月

良い業者って?

  


業者の見分け方


みなさんが馴染みのある
動物取扱業者は

ショップやブリーダー
トリマー・シッター・ホテル
動物園や獣医さんなどでしょう。
(第一種取扱業者といいます)

私もシッターと訓練で許可を受けており
業者の端くれです。

それぞれ専門の知識と経験が必要で
資格が必要です。


さて、良い業者って?

たいていは
「信頼できるお店」と言われますね。

だけど信頼できるって言われても
よく分からないですよね。


①目立つ場所に許可証が掲示してある
★掲示してなければ無認可です

②掃除・清掃が行き届き清潔である

③ショップ・ブリーダーでは
犬に鑑札と済票が装着されている
★装着されていなければ
狂犬病予防法違反の疑い。
★マイクロチップがあるので安心
というお店も「眉唾」です。
どこがどう安心なのか
説明できるかどうか・・です。

ショップ・ブリーダーでは
生後49日未満は展示できない。
★良心的な店なら56日以降(8週齢)

⑤顧客への説明時に
鑑札済票装着義務について
詳しく説明する

①~⑤は動愛法および狂犬病予防法で
定められた内容です。

なお、犬の場合に
保護団体などから入手するケースも
多くなってきていますが
譲渡会で鑑札と済票が装着されてれば
法を守る良い団体。


可愛いから・可哀想だから
だけで選択してはイケナイ!
法律をしっかりと守っているかを
冷静に判断する力を
飼い主が持つようにしましょう。


感じが良い・親切という選び方もありますが
①~⑤の内容がなければ
飼い主さんとペットを
本当に大切に・・

とは考えてないお店。
お金のことだけということです。
良い業者ではありません。


①~⑤を毎年の
動物取扱責任者講習で
業者はクドイくらいに説明を受けてます。

顧客への説明義務があるにも
関わらず説明を怠る理由が
客に嫌われ売上が減る


でもね~

なんで教えてくれなかったの!
とお客に言われたらどうするんでしょ?

今回の取扱責任者講習では
災害時のペットとの同行避難
鑑札済票の未装着は
狂犬病の疑い」として扱われると
示唆されました。

つまり保健所に収容される可能性がある
ということです。

飼い主が連れてきているのに
鑑札がないだけで「飼い主不明
済票がなければ「狂犬病」の疑い
で収容される!

これは他の動物と人間の
生命と安全を守るため
やむを得ない処置でしょう。
(法的根拠は狂犬病予防法第6条)



本当の飼い主に戻すこと』
 殺処分を減らすために


犬は鑑札・注射済票の装着不妊
 猫は完全室内飼い不妊をしましょう!