おかのうえからみわたせば

仙台の辺境で夜な夜なTCGに勤しむ集団、チーム丘の上の運営するブログ。 Z/X、ディメンション・ゼロ、MTGが主体。

ベース、ベース、ベース。補給。
《大巨人ウートガルザ・ロキ》を投下、《アイスドラゴン》。
《大地の緒》。《融解戦鬼灼熱王》。


「ファッティ」というデッキタイプはいつしか補給による大型生物の展開を指すようになった。2013年5月の北最においてじょん氏が《大地の緒》の可能性を呈示して以降はより顕著だろう。
《大巨人ウートガルザ・ロキ》が、《再改造手術》が、《貴婦人の微笑み》が、他の同質のカードに比して高いパワーを有する故の淘汰であろう。いや、すまない、ちょっと《スクラップ・ファクトリー》は座っていてくれ。


2013年から2015年初期において、ファッティは巨人を投げつけるために全力を出し、ビートダウンは《貴婦人の微笑み》に対抗するために全力を出した。そういう構図であった。


ファッティ界隈の補給一強体制を打ち破ったのが筑波ターボである。レダ氏と清書氏が作成したそのデッキは補給を用いず、専ら「《フレイム・フライ》と《バイオ・サーバー》」とガイアロードのサイクルというユニット由来のエネルギー加速手段を用いるデッキであった。

厳密にはファッティという括りに入れていいものかどうかは悩みどころではあるが、エネルギー差をつけて《〝閉封世界〟苦諦》や《神龍》を降臨させる風景が一般的なわけで、まあ、いいだろう。ユニットがエネルギー加速を担っているからファッティに見えない、という要因もありそうだし。


さて、筑波ターボがファッティ、ひいてはD0の環境に投じた一石が「ユニットでエネルギー加速」というのはいいが、それは2つの意味を持つ。

ひとつは「エネルギー加速手段がそのまま止めを刺しに来る」、ということだ。
ベースはスマッシュを入れられない。しかしユニットでありさえすれば、ひ弱な《フレイム・フライ》であってもスマッシュを叩き込むことは可能なのだ。
冒頭の補給ファッティ恒例の7点フレーズはむしろベースに加速を頼る欠点から生まれた殺戮手段と言えよう。細かい打点を持たない悲哀が生み出したフィニッシュである。

そして、もうひとつが「ユニットは火力になる」ということだ。
ベースはユニットにぶつけられない。まあ、除去ベースはあるが、使えば補給は遠ざかる。しかも置き溜めできない。ベーススクエアはいつだって3つしかない。
一度でも敵軍に到達できた《フレイム・フライ》や入れ替われた《大陸アルドのレプラコーン》は、ベースと違って地に足の着いたエネルギーをもたらしてくれる。役割を果たせば相手の生物と「道連れになれる」。一石二鳥の活躍じゃあないか。
《〝棄国の皇子〟玖珂 白陽》でお手軽火力に変換することもでき、骨の髄までおいしくしゃぶりつくせる。ユニットでエネルギーを増やすというのはそういうことだ。


その2つのメリットは今や界隈に広く知られることとなり、一般的な知見として認識されている。本日お届けするのは、2つのメリットを新しいカードに適用した、見慣れつつも新しいデッキだ。
続きを読む




ビッグアイという隊列召喚はその費用対効果が本当に高く、2コストで中央に直接6000スマッシュ2が出現する上にメリット能力が付与される。
ユニットが縦に3体並ぶというのは移動エネルギーを考えると本来効率の悪い行為で、それを補って余りあるメリットを用意した結果だと僕は考えている。

ここで史上最も活躍したビッグアイは誰か?と問うならば、《料理長コック・ハワード》を挙げる人も少なくないだろう。しかしやはり、《ガン・ドリアード》こそがその座に相応しいのではないだろうか。
ユニットを出し、進み、隊列をし、エネルギーを増やし、ユニットを出し……と、ユニットとエネルギーの色たる緑の長所を存分に活かし、「新世界の呼声」登場時からセット落ちまで緑のビートダウンを華々しく飾っていた。

V1の《ホウキ・ドリアード》はそのリメイクとも言うべき存在で、彼女は隊列ごとにエネルギーを重ねる量的パワーと引き換えに任意のエネルギーをセットできる質的パワーを得た。どちらが上位ということもないが、リメイク後のホウキは実績をしてやや大人しげだ。


スラッシュ・バックスラッシュ。V2で登場した新たな(といっても7年前のことだが……)隊列召喚は、縦並びのデメリットを背負うビッグアイに対してラインをずらせる点でメリットであるが、3ライン選べる自由性が消えており、結果として相手が受けやすい(3ライン全てを睨む必要がない)形になっている。

そのピーキーな配置・リスクに対して用意された4種類のカードのうち《ペルセポネ》と《大陸アルドのパラディン》はやや力不足という評価が固まっており、実質的には《大陸アルドのウンディーネ》の一人勝ち状態といって差し支えないだろう。
そもそも青緑、次いで赤がスクエアを駆けやすい色である以上、白黒はハンデを背負わざるを得ないのだが。

さて、緑の《大陸アルドのフラワーナイト》は、《大陸アルドのウンディーネ》に比すれば地味な能力であることは間違いない。《ガン・ドリアード》単発分。
別に《シニスターマインド・スピリット》が飛び出るわけでもなく、エネルギーが1枚増えるのみだ。世間の声は色よいものとまではいかない。


隊列召喚を有するユニットはそもそも大型であり、隊列召喚をしたいデッキはそれができないときに無駄な札として抱え落ちするリスクを持つ。
ユニットがよく動けるビートダウンで使いたい。ビートダウンでは隊列召喚ユニットはうまく動けない。枚数は抑えられがちになる。

なぜこんな湿っぽい話をするのか?そりゃまあ、此度の東北最の準優勝の座に着いたデッキとして紹介するのが、《ホウキ・ドリアード》に《大陸アルドのフラワーナイト》というやや可哀想な位置づけともとれるこの2種類を6枚フル搭載した緑単ビートだからに決まっているだろう。
続きを読む




「D0は4色」という揶揄を耳にしたことはあるだろうか。ファースト・センチュリーというD0の幕開けの時代において、ある色が不遇であったことを端的に示していた言の葉である。

その色こそが白。《花束を捧げる乙女》や《犬闘士フェンリル》の尽力、《機械竜グラシア》の奮迅の時まで、白という色は静かに静かに座すことを強いられた。

幽霊屋敷のお供に、青白遅延のフィニッシュに。白という色は徐々にその活躍範囲を広げたが、しかしそれでもなお、到達できなかった領域があった。それが軽量ビートダウンである。

華々しき赤緑、ややこじれた青に黒。各々が個性を放つビートダウンを成立させてゆく中、白は「堅守」たる色の役割をまさしく「堅守」していた。

その堅守っぷりは長きに渡って維持されており、《ブル・ショット》や《エヴァンジェリカル・エンジェル》を得てなお白のビートダウンは隆盛しなかった。スターロードはちょっと毛色が違いすぎるし。



その呪縛を放ったのがV1、「覚醒の刻」である。《聖騎士ホーリー・クレイモア》によって得た機動力、アンチカードのピンポイント運用を成立させた《白銀の衝撃》、そしてD0の攻めの難しさ、駆け引きを過去にした《忠実なる闘士フェンリル》は、ビートダウンに向くがデッキとしてまとまりきれないカードプールを1つの武器へと磨き上げるに至った。

V-1グランプリでは《B-tan博士》をタッチして優勝を飾り、2013年全最では禁呪10という最悪の燃費を誇りながらフレアロードという燃費最強の相棒と共に筑波最を制し、あの禁呪解放345レギュレーションにおいてはビートダウン唯一のアンチ《アイスドラゴン》の立場に。……まあ、これはさすがに相手が悪すぎたが。


しかし、白単ビートダウンを語るに際して重要なのは、実績よりもむしろ環境に与える影響そのものだろう。《タクティクス・グラビティ・フィールド》。白単を、そして今のD0を影で支えているといっても過言ではないベースだ。

どれほどのプレイヤーがTGFを使うか?そしてどれほどの《大巨人ウートガルザ・ロキ》《融解戦鬼灼熱王》がスクエアに顔を出すのか?メタゲームの読み合いはここからスタートする例も多かった。これからもそうなる……のだろうか。カードプールに残り続ける限りはそうなるのだろう。

環境警察であることを宿命付けられた白単は、手を変え品を変えメタゲームを監視し続ける。メタを読むことに長けるプレイヤーが操れば、逮捕できるデッキタイプの数は飛躍的にその数を向上させる。




歴史を語るとどうも前置きが長くなってしまう。さて、ご覧頂こう。全最2016優勝、2015秋3位入賞の「MatMaker」レダ氏による新環境初手の白単だ!
続きを読む

このページのトップヘ