TEAM OZEKI Racing sidecar passenger Blog

レーシング•サイドカー 国内トップ•パッセンジャーのブログ

1994年 夏の鈴鹿サーキット

1994年 夏の鈴鹿サーキット。

この頃は、鈴鹿8時間耐久レースウイークの1週前のイベントとして開催されてました。
ドライバー土屋も、パッセンジャーの私も細身ですね!
今はトレーニングの結果、体重80Kgですがこの頃は70Kgくらいかなぁ。
夏の鈴鹿は、とっても暑くて、コース路面温度はゆうに40℃は超えてましたね。東コースはホントに休む区間がなくて、タイムアップのため必死になってましたね!

この頃かな、土曜に静岡の富士スピードウエイでレースして、翌日は三重県の鈴鹿サーキットに移動してレース、なんて連チャンもありましたね〜。
とにかく、サーキット走行とマシンを仕上げていく事に、時間とお金を使ってましたね!

スポンサーさんの、月星化成 コンバース商品ロゴと共に!

94 SUZUKA-1













94 SUZUKA-4

曲がる という トレーニング

IMG_5642

 











曲がる と いう トレーニング

タイヤ サスペンション アームメンバー ボディ(土台)

アライメント 

2014-2015 シーズンの滑走画像 

2016 SKI シーズン

12088496_925536270852358_8536580599861244229_n


 











2016 SKI シーズン。

ちょいと気の早い予定ですが、2015-2016 シーズン、
もう2ヶ月もすれば始まります。

迎えるシーズンも、石打丸山スキースクールで指導活動させて頂く予定。
詳しく下記リンク先をご覧ください。

体制も変わりますから、何かと忙しくなるんでしょうが、現場対応力でしょうからそれとなく。
思考面での準備はしてますが、マーマー!

個人的な思考ですが、
長らく違うスポーツ界で指導活動してきましたが、
スキー理論はよくわかりませ〜んね〜!

何を〜! でしょうが(笑)
曲がることに対して、指導教程の導きがど〜もしっくりこなくて!
この数年、変えてきたんです、
スキーよりも長く鍛えてきた(鍛えられた?!)
モータスポーツ、自動車が旋回する理論について。
そしたらば、イメージが繋がってきまして。
動きは現場でまたまた確認ですが!

ですんで、スキー理論教程は、ほぼ捨てて(置いといて)ます。

何でか、
自動車などの旋回運動は、構造、サスペンションを始めアライメントを認識する、ハード的な面を人間が操作するには、
ですが、
スキー技術理論は、道具が進化、変わっても、どう動かしていくべきかの書籍が全くもってなく、人間が操作する理論が先なんですね、印象が。

結果、色んな人、体格、性別、運動能力がまちまち、或はバラバラなのに、型にはまった教程論が先にあって、
何か、物理移動のカラクリが逆なような感じがあり、数年違和感を感じてまして!

この視点で、個人的にながら、自身の活動範疇で、
少し指導順序の当たり前!をぶっ壊してみよ〜かな、と考えてます!
面白いシーズンに、
曲がるトレーニングになると良いです。

http://www.ishiuchi-maruyama-ss.com/

https://www.facebook.com/ishiuchi.maruyama.ss?fref=ts

JRSA
JAPAN Racing sidecar Association

AUTO STUDIO SKILL

RacingSuit
プライドワン

The Superside FIM Sidecar World Championship

LCR ENGINEERING

Team OZEKI

michael krauser

effector

Onozuka-Ayana

SIDE PONTOON

モト•ルネッサンス

ラブ•ジ•アース

RT GREEN PEACE

MAS MotorSports

ROB MUZZY RACING

石打丸山写真館

GLOBAL WIFI

Rapid Bike

DigSpice

PIKES PEAK HILL CLIMB

frm free ride magazine

hit - air
記事検索
最新記事
ギャラリー
  • 1994年 夏の鈴鹿サーキット
  • 1994年 夏の鈴鹿サーキット
  • 曲がる という トレーニング
  • 2016 SKI シーズン
  • 1990年 筑波サーキットにて
  • 1993年、筑波サーキットのレーシングサイドカーレース映像
  • 1993年、富士スピードウェイ
  • 1993年、富士スピードウェイ
  • 物体の旋回運動視点で、モーターサイクル スキー運動と類似
  • 日本の初戦レースに熊野さんが訪問
  • 日本の初戦レースに熊野さんが訪問
  • 日本の初戦レースに熊野さんが訪問
  • 2015 PIKES PEAK
  • 2015 PIKES PEAK
  • GOOD LANDSCOPE ISHIUCHI- MARUYAMA
  • GOOD LANDSCOPE ISHIUCHI- MARUYAMA
  • GOOD LANDSCOPE ISHIUCHI- MARUYAMA
  • 楽しき 愉快な スキー指導仲間たち
  • 楽しき 愉快な スキー指導仲間たち
  • 楽しき 愉快な スキー指導仲間たち
  • 東京大学開催学会で、企業側からの発表対応
  • 東京大学開催学会で、企業側からの発表対応
  • 東京大学開催学会で、企業側からの発表対応
  • 東京大学開催学会で、企業側からの発表対応
  • 東京大学開催学会で、企業側からの発表対応
  • 今シーズン初戦筑波リザルト 3位でした
  • 今シーズン初戦筑波リザルト 3位でした
  • 今シーズン初戦筑波リザルト 3位でした
  • 今シーズン初戦筑波リザルト 3位でした
  • 2015 Team OZEKI
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:


RacingSuit
プライドワン
livedoor プロフィール

2014 season TEAM OZEKI ,






2013 U.S. PIKES PEAK

横浜市 YSMC
スポーツ医科学センター

FEDERATION INTERNATIONALE
DE MOTOCYCLISME

Motorcycle Club Federation
of All Japan

Motorcycle Federation of Japan

AVON Tyres Motorsport

PPIHC offical site

RIsingSun Racing


TEAM OZEKI history and Masahiro Ozeki Racing sidecar passenger history.

2001 SUPERSIDE at PhillipIsland ,

2001 SUPERSIDE PhillipIsland Team,

2003 season TEAM OZEKI ,

2007 TEAM OZEKI at OKAYAMA KOKUSAI

2009 TEAM OZEKI at MIYAKE

2010 TEAM OZEKI

2011 TEAM OZEKI

2012 TEAM OZEKI

2012 Risingsun & TEAM OZEKI

2012 TEAM OZEKI

2013 TEAM OZEKI

Hayakawa & Ozeki

Fun Fun Fun

World Team !!!
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ