IMG_3550














日本のレーシングサイドカーの歴史を創ったマシン、
矢崎オリジナル F2 マシン
形式YZF。
パイプフレーム
エンジン:SUZUKI GSXR1100 油冷
タイヤ:ダンロップ

画像は、1990 夏の鈴鹿ルーツ ザ レース。 鈴鹿8時間耐久ウイーク前座レース。
製作者兼ドライバーである矢崎氏と、私、大関による走行画像。ダンロップブリッジを駆け上がっていくところ。側車タイヤの接地具合がないコーナリングがよいです。

この時、矢崎氏とは初めてのコンビネーション。

私は丁度このころ、2輪のレースからサイドカーレースを手伝うようになった頃で、丁度矢崎氏のパッセンジャーが鈴鹿で居なかったために、依頼があって出場したと記憶します。

走行方向をみる視線、初めてにも関わらず、奇麗な画像として納まっている構図がよく、記念にしている1枚。
この時期、矢崎氏は40歳後半、年間チャンピオンを獲得し、この鈴鹿でも初めて組んだ私のパッセンジャーでも、優勝に導いた。

矢崎氏のテクニックとして、鈴鹿1、2コーナはほぼフロントがイン側を向き、3輪で慣性ドリフトしながらコーナリングしていきました。記憶にあるのは、そのサイドカー特性を巧みにコントロールするテクニックと、物理的な特性でした。

リアタイヤは、しっかりトラクションを得ていますので、何故かパッセンジャーとして不安はありませんでした。
画像は、そんな挙動の中で少ない走行の中で合わせ込んだフォームです。頭と身体の軸線が、リアタイヤに一直線なっています。

忘れない感覚というのは、誰しもあるものでしょうが、20年経過した中でもこの時の感覚は残っています。
そんな事から、この画像は何故か、いいアングル、旋回性、ポジション、現象が上手く捕らえられている画像。いつも私のデスクの前に飾ってあるのです。

もう、この走りをこのマシンで表現できる選手はいませんが、この時のサイドカーを上手く走らせるのにドライバーとパッセンジャーが考え、合致にた時の速さ、旋回性の感覚に似た事を、我々は伝えていかないといけませんね。


The machine which made the history of the Japanese racing sidecar. 
 
The machine, the Yazaki original F2 machine form YZF which made the history of the Japanese racing sidecar. 
Tube frame
Engine: SUZUKI GSXR1100 oil quenching.
Tire: Dunlop 
 
A picture is the Suzuka "Root The Race"of 1990 summer. 
Suzuka 8-hour durable week opening performance race. 

Mr. Yazaki who is a maker and driver, and the run picture by Passenger Ozeki(me). 
The place which runs up the SUZUKA East-couse Dunlop bridge. 
A cornering without the grounding condition of a side vehicle tire is good. 
At this time, it is a combination with first Mr. Yazaki. 
I remember that there was the request and it participated in the time of having come to help a sidecar race from the race of two flowers recently exactly since Mr. Yazaki's passenger was not exactly in Suzuka. 
the look which sees the run direction -- for the first time -- being also alike -- one sheet which the composition of it not having been concerned but being settled as a beautiful picture is good, and is making commemoration. 
This time and Mr. Yazaki gained the annual champion, and my first passenger this Suzuka or to construct also led them to the championship in the second half of 40 years old. 
As Mr. Yazaki's technique, while the front turned to the inn side and carried out the inertia drift by three flowers mostly, the cornering of Suzuka 1 and the two corners was carried out. 
It was a technique which controls the sidecar characteristic skillfully, and the physical characteristic that it is in memory. 
Since the rear tire had obtained traction firmly, there was no uneasiness as why or a passenger. 
A picture is the form united by Naka of little run by Naka of such an action. 
a straight line [ the axis line of the head and the body / a rear tire ] -- it is. 
Although the feeling which he does not forget is a certain thing anyone, the feeling at this time remains also Naka who passed for 20 years. 
As for such a thing to this picture, why, a good angle, revolution nature, a position, and a phenomenon are the pictures caught well. 
It has always decorated before my desk. 

Although there is no player who can express this run by this machine any longer, do we have to tell the feeling of speed when a passenger considers a driver although the sidecar at this time is run well, and it agrees in it, and revolution nature?