2006年10月10日

スタア&オレスカ

ザ・ブロードキャストショウ、プロデュース公演「スタア」
昼の部を観に一心寺シアター倶楽へ。
係員が言うには満席。
前日、ディズニーランド隣りのライブハウスで
アカペラユニットのライブをしてきた
ポーキー久保さんは、先日、声優の堀内賢雄さんとも
仕事をやってらっしゃるが(笑)、
今回はピンクのジャケットを着た作曲家役。
まァーどんな姿でも似合います。
客席から見えない舞台袖奥から
みんなで笑うシーンでも、一番目立つ声、ですね。
うーん、羨ましい〜。

で、演目は、う〜ん…。
冒頭の男性役者さん、喉が悪かったんでしょうか。
女優さんは生声なのに、彼はピンマイク。
このアンバランス。冒頭から没頭できず。ちょっとダジャレ。
博多華丸似の主役の方が出てきてから
楽しくなってきたけど、ピンマイク登場で、またう〜ん…。
休憩あっても2時間半は長い。
ダブルキャスト制度が、僕は馴染めない。
計8公演なのに、どうしてあれほどの役がダブルキャストになるのか。

Osaka翔Gangsが出ていた。
Osaka Queen Recordからデビューする、女子12人のダンスグループ。
まだ誰が誰かわからないので
いつかちゃんと名前を覚えられたら…。


堺へ瞬間移動。
ROLLING堺というイベント。
はじめにきよし オレスカバンド と知ってるバンドが2組も。
他の出演は、我那覇美奈、YO-KING、175R、イナズマ戦隊
おそらく、僕の座席の横、おばちゃま集団はオレスカのお母さんだった。
中学の先生が挨拶に来たり、
練習ばっかりで勉強せーへんわ、
とか言ってたし…。
はじきよは終演前に会場を出たようで会えず。
オレスカも、それほど僕は関係が濃いわけではないので挨拶に行けず。

残念ー。

Posted by teampeke at 01:23│Comments(0)TrackBack(0)ライブレポ 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/teampeke/51201484

コメントする

名前
URL
 
  絵文字