4月5日、6日と野沢温泉カンダハーコースで都連公認大会の最終戦が開催されました。
今シーズンのポイントが振るわず最終戦にかけている者、大会以外の目的(外湯めぐり?馬刺?スナック??)でエントリーする者、選手の思惑はそれぞれですが、二日とも雲一つない晴天に恵まれ、とても楽しい大会となりました。

今年の目玉は何といっても佐々木明選手の前走でしょう。
佐々木選手はFIS大会のために野沢入りしているらしいのですが
(しかし、スノボなどをして遊んでいた模様)、
前日の夜に前走が決まり、当日、生田選手のノルディカのスキーをもって、
カンダハーコースにふらっと現れ、男女の前走2本を撃速に滑っていきました。選手は直前まで佐々木選手が前走することを聞かされておらず大興奮!!
本当にありがたかったです。(写真は佐々木選手と一緒にリフトに乗ったラッキーボーイもといラッキーおっさん。)


大会は午後1時くらいには全て終了し、その後、試乗会でファットスキーを楽しんだり、コブ斜面にトライしたり、温泉巡りしたり、温泉街を散策したり、ゆったりとした時間が流れるのも最終戦、野沢ならではの特徴。来年はもっとたくさんで参加し、お下品なノリを控えめにして(笑)、にぎやかにやりましょう。

あっ、最後に大会の成績ですが・・・まあ、いいんじゃないでしょうか。
みんなとっても楽しんだってことでImage014
Powered by PICS

P4060219
Powered by PICS