Receptパッツンから案内のあった、震災チャリティタイムレースに行ってきました。手作りの大会なので、受付っていっても机もありません。とは言え、呼びかけから1週間で準備して開催した、関係者の努力は立派!エントリー費は全額義援金に、ってことなのでチョイと大人ぶって奮発!いえいえ、ここは金額の問題ではありません。
参加賞の手作りシール、イケてます
メットの主は誰だか、分かりますよね?

NumaHaya

Rush前日の小雨模様と打って変わって、今日は快晴
人数は40人位だけど、長野・新潟の国体選手もいて、何気にハイレベルなタイムレース
ICI石井スポーツ提供のゼッケン着けたら、気分は大会モード




Raceパーフェクターコースは緩斜面から急斜に突入していく、プレッシャーの掛かるバーン。4月の陽光に、刻々とコンディションは変化していきます。
ずっと寒くて、良いコンディションに恵まれてきた今シーズン。4月だから当たり前の春雪に、「やっと会えたね」っていう、不思議な感覚。



Jiro_1なんとジロちゃん、激戦の一般男子で3位入賞ガ〜ンバッタ

本当なら、被災地へ行って何か出来れば良いのでしょうが、なかなかそれも難しい。と言って、自粛ムードに閉じこもっていては、復興に回るはずのお金も経済と共に低迷してしまう。観光業界も多くのキャンセルで大変そうです。スキーヤーに今すぐ出来ることは、いつも通りに滑ること。そしてそれを、更に少しでも被災地支援につなげようというイベントに参加できて、嬉しい春スキーとなりました。

005-1
おしまいにお約束の(?)美味しいネタ。
信州中野IC直ぐそばの農産物産館「オランチェ」。
新鮮な野菜、果物が大概100円。
果物好きの私は、リンゴをゲット。
安上がりで喜ばれるお土産になります
(ふれでぃ)