Bossの独り言

2014年02月13日

2月セミナー

■□■□■                 ■□■□■
□■ ━━ TEAM-T’S E-MAIL NEWSLETTER ━━ ■□
■□■□■                  ■□■□■

       【2014 vol.1発行元 Team-T 編集長 今柳田】
        

┌◇┐━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇■◇  Team-T News Letter
└◇┘━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【お知らせ】
携帯用のメルマガはPC版と違い、セミナーのお知らせのみの配信でした。
弊社フェイスブックページにてメルマガ配信後PC版を掲載しています。
尚、フェイスブックに登録されていない方でも見られるように設定しております。

www.facebook.com/TeamTakao52

『Team-T Presents コメディカルのためのスポーツメディスンセミナー 2014 機
は、2月23日(日)です。
今回のセミナー内容は『診断する。決断する。と言う事!』をテーマに行わせて
頂きます。
お忙しいとは存じますが、身近にいらっしゃる、熱い想いをお持ちの方にも
お知らせ頂いて、多数のご参加お待ちしております。

それではメールマガジンをお届け致します。
*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*

∽∽∽---- index -----------------------------------------∽∽∽

■1.2月のセミナーのお知らせ

■2.Bossの独り言

∽∽∽----------------------------------------------------∽∽∽
■1.2
月のセミナーお知らせ
ご紹介したいドクターがいます。
あの、行岡病院の史野Dr.が、最後の教え子と敬愛したドクターによるセミナーです。
コメディカルの皆さん!岩橋先生の人柄に触れてみませんか?

★Team-T Presents コメディカルのためのスポーツメディスンセミナー 2014

※事前申し込み必要です。
メールにてお申し込みお願い致します
info52@team-t.jp

皆様のまわりで熱い思いで取り組まれている方にも是非当セミナーをご紹介下さい。
  
  テーマ:『診断する。決断する。という事!』
       できれば当日までに解剖「骨学」を確認しておいて下さい。

  日 程: 2月23日 10:00開始 9:30受付  
  講 師: 岩橋 武彦Dr.
  受講料: ¥3,000(税込)当日徴収します。
  会 場: 岩橋クリニック
       大阪府吹田市山手町2−6−6
       http://www.iwahashi-clinic.com/contents/map.html
  対 象: 柔道整復師、鍼灸師、PT、スポーツトレーナー
        及び目指されている方
  条 件: スポーツ現場・医療現場でプレーヤー・患者さまに対して熱い思いをお持ちの方。

■2.Bossの独り言

 ☆┓
Topic Space From Boss
 ┗★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━………
ソチオリンピック
若い彼らすごいですね。
でも、少し悲しいことが・・・
メダルと騒がれていたアスリートが届かず悔し涙を流していますね。

『空気を読む』ことが得意な国民性では、プレッシャーに負けるようです。

ワールドカップで勝ち出すと、マスコミが騒ぎだす。
『オリンピックで、勝ってくれんと取材無駄になる!コッチは出世掛かってんねんから!』
なんて、言われなくても、多過ぎる取材を受け、徐々に空気を重くする。

一人に群がり同じニュースを垂れ流す。
結果が悪いと、インタビューでは、泣かせたモン勝ち。

注目して無くても勝った瞬間、押し寄せ、差別化を図るため、『涙』や、『生意気』なシーンを撮れるように仕掛ける。

アスリートは注目されてナンボ。だから、有難い事やから打ち勝たなアカンねん。
なんて、プレッシャーを受けたことない。or 受けても勝った事のない周りの大人が言う。

また彼らは、そう思い込まされる。
本心ではなく、自身でもそう思い込まされる。
勝てないアスリートを育てる国民性。
そして、潰す国民性。

集団で、ヒーローを作り上げ、芽を摘む。
魔女狩りのように
メディアだけでなく、私も期待し過ぎていないか戒めます。

━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ │メールリストからの削除・変更について
━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ◇◇◇◇削除について◇◇◇◇

・このアドレス(info52@team-t.jp)宛に【件名】に【削除】と記入の上
ご返信下さい。

          ◇◇◇◇変更について◇◇◇◇

・このアドレス(info52@team-t.jp)宛に【件名】に【変更】、
メール本文に旧メールアドレス、新メールアドレスを両方ご記入の上ご返信
ください。

========================================
配信元 :Sports Medicine Team-Takao
お問合せ: info52@team-t.jp
Team-Tホームページ: http://team-t.jp/
Team-Tオシシャルブログ: http://team-t.jp/blog.html
Team-T FBページ: https://www.facebook.com/TeamTakao52
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼── Copyright(C)2010 Team-T All Rights Reserved. ───▼


teamt52 at 09:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年12月14日

「 依頼 」

今柳田です。
サボりすぎております・・・


先日、本当に嬉しい事が有りました。
私の人生の中で、最も尊敬する方から、
「腰も痛いし、いつ行ったら良い?相談も有るし。」
「じゃぁ、◯◯日の◯◯時ごろどうでしょうか?」
「ほなぁ、その日の朝に電話入れるわぁ。」

年に1〜2度、腰痛で顔を見せて頂いております。
今回も、年末に向けゴルフのためにと思っておりました。

腰の動きも良くなり(そんなに悪く無かったので)、
「これで、ゴルフ行けるわ。で、相談やねんけど・・・」

『心の奥底では、何でも行って下さい。何でもしますから!』
 って叫んでました!


sensei


先生からの相談なんて初めてで、依頼を受ける事も初めてで、
それだけで、感動しました。
本当に嬉しい日でした。
こんな感覚初めてかも知れません。

teamt52 at 13:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年09月30日

ストレッチ = 予防?

日本における英語教育
戦後、GHQが調べたところ、『読み・書き・そろばん』を日本国民の9割以上ができる国に英語教育をすると将来的にアメリカ自体が、支配される。
教育するも使えないような単語・文法の教育に固執したようで・・・
戦略通りですね。

その昔、江戸から明治にかけて、日本人の体力は、驚異的なものがあったようですが、西洋文化を無理矢理入れる事で、落ちて来たようです。

パプアニューギニアでは、炭水化物のみの栄養にも関わらず、男性は、皆、腹筋バキバキです。
イギリスの学者が、発見したようですが、体内に炭水化物をタンパク質に変える酵素をもっています。

ストレッチを予防と考える事。私も昔は、そう思ってました。

ハリウッドセレブは、ジョギングから、エアロビクス→ウエイトトレーニング→ヨガや、ピラティス・・・
有酸素運動→筋肉(筋力)→柔軟性・・・と、移行しています。
素早い動きと、しなやかな動きを両立させ、見た目の美しさも兼ね備え得るには、筋肉の柔軟性を高めることに他なりません。

関節の動きには、メインになる主導筋と、その反対の拮抗筋のはたらきがあります。
上腕二頭筋(腕の前)のトレーニング=アームカール(肘を曲げる)を行うと、自然に拮抗筋の上腕三頭筋(腕の後ろ)は、ストレッチされています。

逆に、上腕三頭筋のストレッチ(肘を曲げる)をすると、上腕二頭筋のトレーニングになります。

勿論、主導筋がメインになるのでストレッチをメインにした場合、トレーニング効果が落ちます。
逆に、トレーニングをメインにするとストレッチ効果が落ちます。
と、いう事は、今まで、ストレッチを主導にしていなかった分、素早い動きや、しなやかな動きから遠ざかっていても気付いていない事があります。

トレーニングを、3日サボると、筋肉が落ちるなんて、聞かれた事無いですか?
一週間もサボってしまうと・・・

それって、脅し文句ですよね。

トレーニングをサボっても、ストレッチをハナからしていないから、筋肉は落ちて行きます。
一度、レジスタンストレーニングと言われる、筋力アップのトレーニングを中止し、ストレッチや、ヨガ・ピラティスなどの柔軟性を高めるトレーニングを入れてみて下さい。
3週間で、イヤ、2週間で身体の変化が感じますよ。

軽さ・しなやかさ・急停止の安定感・スタミナ・ジャンプ力・レスポンス・フォームの維持・・・
全てアップしています。

日本では、予防に時間とお金を掛けない文化で育って来ています。
予防の為のストレッチを軽視してしまいます。

あなたのパフォーマンスは、そんなモノではありません。
ストレッチは、ケガの予防ではありません。

  ストレッチ = ハイパフォーマンス

勝利への最短距離
さぁ、ストレッチ

teamt52 at 15:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年09月19日

お知らせです!

清泉クリニック東京でセミナーが行われます。

加藤先生は、フットボールのサポートをする為に東京に行かれたような先生で、患者様に情熱を持ち日々診療されている先生です。

土日祝祭日は、ゲームドクターとして、高校・大学・社会人アメリカンフットボールや、BJリーグと飛び回っておられる熱い熱い先生です。

プレーヤーの思いを第一に考えるドクターです。
必見です!

残念ながら、試合サポートのためサポートの為、私は伺えませんが、是非、皆様に言って頂きたいセミナーです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


                       平成25年9月5日
                       運動機能研究会
                    代表世話人 立原 裕之

     第1回 運動機能研究会 勉強会のお知らせ

先生方におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
表題につきまして、下記のとおり勉強会を開催致しますのでご参加
下さいますようお知らせ申し上げます。
 今回は腱板損傷、肩関節周囲炎などの肩関節の変性疾患を中心と
した診察法と題しまして午前中に整形外科医の加藤敦夫先生に肩関
節の診察法をご講演頂きます。午後は理学療法的アプローチと題し
まして前半は「肩関節の局所的アプローチ」を古谷英孝先生、後半
は「全身的アプローチ・脊柱を中心に」を新野浩隆先生にご講演頂
きます。
お忙しいとは存じますが、多くの先生方のご参加をお待ちしており
ます。

              ―記―

・日 時 : 平成25年10月13日(日) 受付9:30 〜
       (勉強会 10:00 〜 16:00を予定)
・場 所 : 清泉クリニック 東京
       〒167-0051
       東京都杉並区荻窪5-28-13 荻窪駅前ビル3F
       TEL 03-3220-1936
・演 題 : 変性疾患を中心とした肩関節の診察、
       肩関節への理学療法的アプローチ
・講 師 : 加藤 敦夫 先生
       (清泉クリニック東京 院長・整形外科医)
       古谷 英孝 先生
       (苑田会苑田人工関節センター・理学療法士)
       新野 浩隆 先生
       (清泉クリニック東京・理学療法士)
  (注) 当日のビデオ・カメラでの撮影はご遠慮下さい。

・予定参加者数 : 40名 程度
・勉 強 会 費  : 2000円(学生は無料)
・申し込み方法 :メール、FAXにて桜 接骨院 立原まで
         お申し込みください
   申し込みに際しまして氏名、所属、資格の記載を
   お願い致します。
  (e-mail h-tachi1970@j-wave.net 、FAX 03-3304-9171)

件名、表題に「運動機能研究会 勉強会」と必ずお書きの上
お申し込み下さい。

・締め切り日 : 定員になり次第締め切らせて頂きます。


teamt52 at 11:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年08月21日

20130821「 なぜ、日本だけ? 」

ヨーロッパ柔道界では、死者は出ません。
日本では・・・

  甲子園の決勝後の表彰式、準優勝のチームの方が拍手が大きかったり・・・
  ケガした。プレーヤーに「大丈夫?」「いける?」と、しか聞けなかったり・・・
  便利さを追求するあまり、全てを自動化する事で、コミュニケーション出来なくなったり・・・

携帯の世界でガラパゴス化が・・・
何年か前の春高バレー男子決勝で、第1セット後半、キャプテンかブロックミスで、左足着地しながら、左から振り返りボールを目で追う事で、膝崩れがおき、立てなくなり、ベンチではなく、ロッカールームへおんぶで、担がれて行き、第2セット前半に、テーピングを巻いて、ベンチに。
引きずりながら、試合に戻り1プレー目、ブロック、ミス、ボールを左から追い膝崩れ、完全にOUT

本人も、プレーヤーの家族も、監督も、コーチも、トレーナーも、チームメイトも、応援席も、視聴者も、試合への復帰を熱望。

    復帰すると大きな拍手で向かえられる。
    
    最悪な事態になって、初めて全員が引く。

   『 希望 』という名の『 責任の十字架 』を プレーヤー本人に簡単に預けて。

「大丈夫?・いける?」に対して、「ダメです。」なんて答えられると「えッ!」って、タイガイの無責任な大人の対応。
「ハイ、大丈夫です!」って答えろよ。ってプレッシャーを子供達に問いかけている。
だから、この国のプレーヤー達の答えは、

「ハイ。」
     「大丈夫です。」
             「やります!」
                    「お願いします!」

倒れて、意識が遠のいていても。
医者に聞かれても。

「ダメ」 ・ 「無理」 ・ 「出来ません。」

を決して口にしてはいけない環境で育てています。
我々大人が、それが正しいと信じて来たガラパゴスだから・・・

我々大人から、『 何かおかしい 』と感じないと!
                 見直さないと!

責任の十字架は、大人が持たないと!
ね!

逆に何かに打ち込んでいない人は、すぐに、「無理」・「出来ません。」って言うみたいですけど・・・

追伸:
今月のセミナーは必見です。
是非、お申し込みを!
http://team-t.jp/newslecture4.html

teamt52 at 10:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年08月10日

Advantages and Disadvantages

Advantages and Disadvantages
数年前テレビで、教習所の話しをしていました。
厳しい教官から、かわいらしい女性教官まで。
当初、優しい・かわいらしい教官が人気が会ったようですが、厳しいくても、しっかり教えてくれる教官に人気が集まったようです。
(まッ、テレビ的にはそう伝えたかったのでしょう。)

少人数のクラブでは、退部者を少なくするためには、厳しめの練習をさせる方が、と、心理学の本に書いていたような・・・

婦人科を探す女性は、女医を捜すようです。
男性のDr. ? ・ 女性のDr. ?
『 イザ 』となった時は、腕の良い先生のようですね。

以前にも書きましたが、チャーハンなら、味と値段で、店を選べますよね。
指名制の教習所なら、次から変える事が出来ますよね。

でも、Dr.を変えるのは、大変そうに感じませんか?
特に同じ病院で、同じ科のDr.を変える事って。
でも、Dr.は、移動や、学会などで変わる事は、よくありますよね。

かわいらしい教官でも
かわいらしい教官なのに
かわいらしい教官の割には

接続詞によって、悪いイメージにも良いイメージにもなるようです。
Advantagesから始まる文章は、更に上回るAdvantagesを出すのは、難しいようです。
逆に、Disadvantagesを先に出すと、Advantagesに繫がるようです。

もちろん、良いとこだらけの方もいれば、悲しいかな悪いとこだらけの奴もいるのが現実です。

偉い人と思われてる人の方が大変そうですね。
アホで、良かった。


8月27日(火)21:30から、ステキなアホの仲間が熱く語って頂きます。
必見です。お申し込みお待ちしています!
http://team-t.jp/newslecture4.html


teamt52 at 13:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年08月02日

我々は、先人から学ぶ事しか出来ない愚か生き物です。

先日、新潟の高校で、遠征の2チームと総当たりの試合でした。
2試合目、サポートさせて頂いてるチームが勝利し、お昼ご飯で、プレーヤーは、部室へ、我々も体育教官室で食事の準備と、しばしの休憩です。
しばらくして、女性の声で、先生を呼ぶ声が。
奥にいた私は、上手く聞き取れず、コーチの先生が慌てて、職員室を出て行かれました。
そこにいた他の先生方と目が合い『溺れた?』と聞き直し、慌てて私も向かいました。

プールあったっけ?と、先の先生に付いて走り出すとグランドの裏口へ
グランド外の車が二台と折れるほどの道の向こうに幅2〜3mの側溝があり、そこに次に対戦するユニフォームをのプレーヤー達が叫んでいました。
1人が、片方のスパイク・レガース・ソックスを持ったまま。


私が付いた頃には、既に10分ほど経過していたようで、彼のチームメイトも道の向こうまで声をかけている状況の中、消防車が装着、
彼のチームも神奈川から、バス1台・監督1人での遠征でした。
監督は学校へ、保護者へ連絡しながらも、消防からの事情徴収
40分ほどで、レスキューが到着するものの、水量・濁り等の問題で救出に向かえないとのこと。


無力。


グランド周囲は2,5mほどのネットと、重なるように高すぎるほどのネットで囲まれたおり、側溝は、策に覆われ入れないようになっていたものの、
ボールがグランドの2つのネットをタイミング悪く抜け、車二台分のアスファルトで跳ね、フェンスを乗り越え側溝に落ち、流れて行ったようでした。
それを1人の1年生が、追いかけネットを越えボールを取りに行ったようです。
側溝を横切るように道が通るため、雨で水かさが増し丁度ボールが浮いて止まっているような状態だったようで、
側溝の淵に腰掛け、スパイク・レガース・ソックスを脱ぎ、雨で水かさが増し浮いているボールに足をのばし、落ちたようです。

グランド脇に車を止め、試合を見に来ていた方が、溺れていたのに気付き近寄った頃には流されたようでした。

日帰り予定のチームメイトは、宿泊先を確保し、移動し出した6時間後、水かさも減り、道を隔てた反対側から救い出されたようです。
ご両親が、神奈川から新潟の病院へ・・・


ボールは、大事、でも・・・

みなさん!
先生・コーチ・監督は怖いですよね。
道具無くしたり、壊したりするとボロカスですよね。
でも、なぜ、腹が立って辞めようと思わないのでしょう?
そこに信頼関係があるからではないでしょうか?

指導者は、あなたを試合に出したくない。負ければ良い。なんて思ってません。
引退しても、一人の社会人として戦い続ける事が出来るように!
人の痛みがわかるように!
人や環境に感謝できるように!
また、
上手くなるように!
勝負強くなるように!
プレッシャーに負けないように!
そして、
チームが勝つように!

全ての指導者は、あなたに対してそう考えています。

もっとサッカーもしたかっただろうに。仲間と熱く。
恋愛も、親孝行も・・・

まず、命を優先順位の誰も触れる事の出来ない最高位に位置づけ、一生懸命&一所懸命暴れてください。
みんなが伸びて、良すぎて、誰を試合に出せばいいのか?って指導者を悩ましませんか?
好きコトを大好きでいるために、先人から学びましょう。

teamt52 at 11:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年07月26日

陳腐化?

昨日、FileMakerのスキルアップワークショプ(@表参道・南青山会館)行ってきました。

募集30名でしたが、すぐに定員オーバーになったようで、こられた方が口々に「知り合いの方が、もう、定員一杯で、申し込めなかった。」と仰ってました。

参加者は、FileMakerを使っているヒト、会社への導入検討のため責任者、もしくは、上司の命令で・・・ 老若男女情熱を感じる場所でした。

私より一回り以上先輩も3名ほど来られてました。
ホント、60オーバーで、眼が輝いています。
カッコいいと、素直に思いました。

お伝えする機会が増え、教えて頂く事は刺激となり、ついついニコニコしている自分に気付かされました。

こんな機会を自ら追い求めたいと、つくづく感じている今日この頃です。
ホント『デン』して返ってきました。
ドMなのでしょうか?

さて、先日のコースワークは、72名もの多くの方にお集り頂きました。
ご参加頂いた皆様ありがとうございました。
また、講師の鶴池 先生有賀とございました。
『 肩甲骨の下部線維 』本当に大事ですよね。
次回(8/27)も、お楽しみ!
http://team-t.jp/newslecture4.html

teamt52 at 19:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年06月19日

いつ、ドクターに診て頂きますか?

病院に付き添った時、たまに、「コレは、大丈夫!問題ないよッ!」って 言って頂けます。
プレーヤー共々、一安心です。

問題ないと確信が無い限り、ドクターに診て頂き、確信を持ち、復帰へ向けて進みだします。
万が一の保険の為に Hedge Againstですね。

ドクターが、問題無しって言って頂いたら、問題無しです。
荒っぽい言い方ですが、責任転嫁です。
ドクターのみが、診断できるのですから!

不安があれば、直ちに安心を得る為に他院のドクターに診て頂きます。
それを繰り返すと、判断材料が増えますし、患者様・プレーヤーに選択肢が増えます。

1週間たっても、2週間たっても緩和されずに治療を続けるなんて不安が募る一方ですよね。

王将と、帝国ホテルどちらのチャーハンを食べますか?
帝国ホテル王将




       王 将          帝国ホテル

一緒に食べる方にもよるでしょうし、予算、記念日など、条件をつけて、答えを出します。
国民皆保険ってことで、基本的に大学教授も新人ドクターも定額です。

病院選びも、Dr.選びも難しくなります。

診断ののプロに診て頂くのは、患者のプロのみなさんです。
引け目を感じる事があっても、聞くべき事はお聞きしましょう。
メモしておく事もオススメです。


次回は、受診メモについてお話しします。

teamt52 at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年06月18日

成れの果て・・・

学生スポーツを見ていると、明らかなミスジャッジに、ついクレームを口走ってしまった監督に対して、協会?副審?が、押さえにかかる。

レフリー3














「いや、明らかにおかしいでしょ!」
「下がってください。」
「いゃ、どう見ても・・・」
「これ以上なら、退場になりますよ」

なんてよくある話しで・・・
誰のために?ナニの為に?

ナニを守っているのか?

ついこの前、あるアメフトの大学生に、こんな話し、
スポーツって、プレーヤーが一番大事で、ケツ割りの成れの果てが、トレーナー。
まして、ジャパンでも、何億も稼ぐプレーヤーもいれば、宿泊交通費自腹のプレーヤーもいる。
アメフトなんて、ケツ割りの巣窟、だから、勝ちやすい。
競技人口も少ない。もっと努力しないと。なんて、話してました。

そうです、ケツ割りが、サポートしています。
誰も偉くないです。
アメフトに、スポーツに恩返しをしたいのです。
守る立場なんてありませんよね。



おふくろが言ってました。
「悪い事したら、先、謝り!」って
で、
「タイガイの事は、謝ったら許してくれる!」って


ミスジャッジは、早よ謝って、彼等の過去の努力と、将来に光を当ててください。



戒めです。




teamt52 at 21:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
Team-T's Facebook page
Boss's twitter
Team-T's Twitter
Recent Comments