TOPGUNスペシャル

伊勢湾仕様のライトジギングロッド最終プロトも自分の納得出来るモノとなり、いよいよ市販に向けて動き出しました!
20151120_133507
このロッドのテストを頼まれるにあたり、
正直、私はプライベートで遠征とか全く行かないので(笑)

自分のホームグラウンドで「魚との勝負」が間違いなく有利になるモノのみしか興味が無い(゚∀゚)アヒャヒャ
その一点のみに拘って意見を出しながらテストを重ねて来ました。


「他 所の海ではこういうタイプのロッドが良い」とか「日本の市場を意識して当たり障りのないライトジギングロッドを発売する」とか、メーカー側にそういう観念 があるのならば、私が意見を言う必要も無いだろうと思っていたし、そう言ったロッドをTOPGUNに来てくれたゲストさんに勧めるのも気が乗らない(笑)
20151120_133503
そういう意味で、ここ数年、一つのメーカーに拘る事もしませんでしたが、
今回、ゼロドラゴンさんからお話しを頂いた時に、ナリケンの欲しいロッドをのみの意見を全て採用してくれると言ってくれたので私も協力する事にしました。




お陰でプロトタイプを何本も作らせてしまい、きっと制作経費が嵩んだ事でしょう(笑)





前回のプロトタイプも、かなり良かったのですが、私はジグを操る時に高速タダ巻きを多用するので
魚の活性により、弱いバイトを弾いてしまう事が何度かありました。



かと言って低弾性にすると吸い込みが良くなり弾かれる確率は減りますが、「ボヨヨ~ン」って感じの感度の低くて操作性の悪いロッドになる・・・

20151120_133515
バスロッドのようなシャキーンとした振り易さと、他の人が感じれないようなショートバイトも感じれる感度の良さ、それでいてショートバイトの時にも食い込み確率を上げる柔らかいティップを持ち合わせ、なおかつ10キロクラスのブリにも十分に対応出来るロッドが欲しい!


あと、私はノットが電車結びオンリーなので、ガイド径が小さいとリーダーとの縛り目がトップガイドにアタリ易いから、「ガイド径は小さくないモノにして!」とか、使い方が荒いので細かい部分のパーツの耐久性を上げて!とか
(レンタルタックル用に使ってる安いロッドは、ガイドが外れたり、リールシートが壊れたり等の細かく面倒くさいトラブルが多いんですよ)


そういう、わがままな理想を高次元でかなえれた、
本気で納得出来るロッドだと自負しています。







もう一つ、
私自身はイマイチ興味の無い部分ですが、仕上がりがとても美しい。
金掛かってますね(笑)
20151120_133507
「釣り具は漁具ではない!そのロッドを持つ者の所有欲を満たす事も重要なんだ!!」
と言わんばかりの美しい仕上がり。



まっ、私は漁具にしか思ってないのでイマイチ興味がない部分ではありますが、アマチュアの頃の気持ちを思い出して考えてみると、凄くわかります(o^∇^o)ノ




それで、
最終プロトや初期プロトをゼロドラゴンさんから頂いたので、私の船のレンタルタックルにしました(笑)


市販モデルのプロトもあるので、試してみたい人は一声掛けて下さい。
プロトタイプも一緒に使って、違いを見比べるのもイイですよね。





それと伊勢湾仕様のジグのテストもしていまーす。
20151123_164811
こちらは乞うご期待!

タックル

私は基本的に高価な釣り道具は持ちません。


だって壊れると修理代が高いから(笑)


これは釣りを仕事としているからであって、趣味の頃はリールはステラで揃えたり、バスロッドも全部メガバスでした。




今は、お客さん用のレンタルタックルを兼用で使っていまして、使用頻度が高過ぎる上に、使用後に水で洗うとか、グリスを注してメンテとか面倒臭いからやらないので(笑)



壊れたら使い捨てするから、安いリールを使っています。




これは仕事として捉えている私だからであって、大切な趣味として捉えている皆様を否定している訳ではありませんよ。



週一、いや月一で楽しむ釣りならば、自分のお気に入りのタックルで釣りをする嬉しさ、心地よさと言うのが必ずあります。昔の私もそうでした。


釣り具は漁具ではないのです。





それを踏まえ、「安いのに意外と使いやすいな~」ってリールがあります。

商品名は忘れたけど(笑)
天狗堂の上杉君とこで大人買いして使ってみたら、大物相手でも全然OKですね!


http://clubten.jugem.jp/?cid=2


衣浦マリーナのパイレーツにも時々売ってます。
http://ameblo.jp/kinuura-marina/




確か5~6千円だったかな(笑)

安いのにハンドルもしっかりしてるのでジギング初心者には最適でしょうね。


耐久性も高価なリールと全然変わらないのですが、私のリールは使用頻度が高過ぎるのと、全くメンテしないので、全部調子が悪いです(爆)



調子が悪くなったら捨てればいい(o^∇^o)ノ
安いから、そんなに痛くない!






そんな安物使いの私ですが(* ̄∇ ̄*)エヘヘ



最近、「ゼロドラゴン」のロッドを使わせて貰ったら!
http://zerodragon.jp/metaljig.php
メチャメチャ気に入りました!


流石に安いロッドとは剛性感が違いますね!
硬い、柔らかいの話じゃありませんよ(笑)

ティップが柔らかいロッドなんだけど、大物が掛かっても余裕で勝負出来る。
「EJ6041が私の好みです。
EJ6041
対戦の主導権は魚ではなく、人間にあるって感じがハッキリと分かります。



このロッド、電動リールを装着してやるのが主流のようですが、高価なリールは壊れたら痛いので私は使いません(笑)


先に紹介したリールでやってまーす☆







以上!私のタックル紹介でした。



さて、久々にココを更新したし、今からゲームでもやるかな(^_^)ニコニコ


オレのプレイ動画続編です。
 


PS4・ID「BAY-SPORT-S21」
私のIDは自分の乗ってる船の名前でーす。




因みにヨッシーさんの動画も!

勝手に貼り付けたから怒られるかも(笑)

ロールアウト

TOPGUNのタイラバが完成しました☆

ヘッド形状を考え、シルエットが小さめなのに重量があるので、沈みが早く引き重りが少なく出来ました。


とにかくバラシを極力減らす事を考え、「誘導式」を採用し
フックセッティングもテストを重ね煮詰めました。




最後尾のフックを大きめのカケバリにしたので、マダイの口と顔の両方にガッチリとフッキングする事が多いです。
水中で首を大きくふってハリを外そうとするマダイですから、口と顔の両方にフッキングする事により、しっかりホールドしますよ。

タイラバの弱点でもある「バラシ」の多さを極力減らす!
誘導シンカー+カケバリセッティングは釣果に大きく貢献するでしょう。



時にはカケバリが口に掛る事もあるけど(笑)

釣り上がるのなら、何でもOKですよね(o^∇^o)ノ



このタイラバを作ったキッカケは、「TOPGUNに来るゲストの釣果を少しでも上げる!」ですから、是非使ってみて下さい。

完全ハンドメイドなので、数が限られます。
衣浦マリーナのパイレーツ(ヨッシーさん)か私(ナリケン)にお問い合わせくださいね。

  • ライブドアブログ