2012年11月15日

アーロンチェアを購入してみた

DSC_7133
椅子を新調して一ヶ月で背もたれが折れるという惨事にみまわれてしまったので、前々から気になっていたハーマンミラー社(herman miller.Inc)の
『アーロンチェアAeron chair
を購入してみました。

デスク仕事の方々、さらにはパソコン関連ワークの方々から絶大な信頼と満足感を得ているアーロンチェア。疲れにくく、購入した方々からはデスクワークからくる腰痛が無くなったというお話(腰痛に関してはコチラ)までありました。が!問題はそのお値段。椅子としては破格の10万超え!なので欲しくても今まで手を出せずにいました。しかし、アーロンチェアを諦めて購入した椅子がなんと一ヶ月ほどで背もたれ部分が折れてしまうという自体に。一ヶ月足らずで壊れてしまうなんて椅子としてはありえない事態なのでクレームを付けてもよかったのですがそんな椅子は修理しても1年も持たないと思い買い替えを決意しました。
アーロンチェア グラファイトモデル」Amazon


続きはコチラから>

DSC_7091
コチラが前の椅子、「エラストマーメッシュチェアー・BF5892-bk」。
2万円ほどしたので奮発して購入したつもりだったのですが・・・、見てわかるとおり背もたれ部分がバッキリと折れています。背もたれは寝かせているわけじゃないんですよ?これで通常位置です。


DSC_7096
寄りかかっていたらミシミシという音がしていて「まさかねっ」とは思っていたのですが、その後バキッっという音と共に割れました。


DSC_7106
ブラスチック部分が真っ二つ。中からプラスチック線も出てきて刺さって痛い状態に。寄りかからずに座る分には問題ないのでこのまま暫く使用していましたが、椅子としては寄りかかれず不便極まりなかったので、前々から欲しかったアーロンチェアの購入を考え始めました。


DSC_7137
そして本日到着したアーロンチェア。アーロンチェアは大別して2つの種類があり、「グラファイトカラーベース」と「ポリッシュドアルミニウムベース」。後者はフレームがアルミ塗装加工され見た目がより豪華になったモデルで約4万円高。オフィスで使うわけではないし、見た目などどうでもいいのでグラファイトカラーベースにしました。椅子の幅もAモデルとBモデルがあるのですが、Aモデルは女性用という感じなので迷わずBモデルです。(Cモデルというさらに大きなサイズもあるのですが大塚家具では扱いなし)
アーロンチェアには機能を限定したエントリーモデルもありますが、肘掛けやその他の機能が省かれています。


DSC_7140
アーロンチェアの良いところはなんと言っても12年保証。もう購入して壊れるというハメにはあいたくないですからね。アーロンチェアなら最低12年は確実に使えます!

いくら評価が高いとは言っても、こんな高い椅子を実物も見ずに購入する勇気は無いので店舗に実物を見に行くことにしました。調べて見ると大塚家具に実物展示があるというので行ってみましたが、大塚家具は庶民の自分には別世界の店舗だったw まずお客一人に一人の店員が付きそう。疑問要望はすべてその場で答えてくれるシステム。さらに商談は専用の机に座ってコーヒーを頂きつつゆったりと。(まさに家具店のLEXUS!)そんな場所だとはつゆ知らず飛び込んでしまったので内心ビビリまくっていましたが、せっかく店員が付きそうのだからと座り心地、操作方法、仕組み、値段等々あらゆる質問難問をぶつけてきましたw まあ、結果としては店員さんの営業力に負け、 値段以外の問題はすべてクリアーされたので茄子払いで購入してきました。ちなみに大塚家具の方がAmazonやハーマンミラー正規取扱店の「VANILLA」通販より安いので実際に行って座った方がお得です。(安いと言っても元の値段が値段なので大差ないですが)


DSC_7125
店員さんがやたら押していたポスチャーフィット機構。腰を押し出して腰椎が曲がった状態にならないようにする機構です。


DSC_7127
昇降機能は油圧式。


DSC_7124
使い方がイマイチわからず何度も聞き返してしまった「前傾チルト」と「リクライニング機構」。前傾チルトはパソコンなど仕事をする時に打ちやすいように前に傾ける機能の事。これが一旦後ろにリクライニングしてレバーを上げて前傾になるというのがわかりずらかったですw リクライニングは倒れる角度(90度〜112度)を制限する事が可能(チルトリミッター機構)。さらにリクライニングの強さも変える事が可能です。


DSC_7132
実際に座ってみると確かに座り心地は良く、各機能もよく考えられているのですが、これがどうして10万超えるのかなぁ?っというのが正直なところ。 購入した方の感想では使い続けてからこそアーロンチェアの真価がわかるそうなのでこれからが楽しみでもあります。とりあえず前傾チルトはBlog更新作業時にはとても役に立っています!w

参考:「思い切って買って大正解! ハーマン・ミラー社「アーロン・チェア」スタパ斉藤著」

teaoevo at 20:41│Comments(2)TrackBack(0)雑談 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by VIPな名無しさん   2012年11月18日 11:09
アーロンチェアに純正ヘッドレストがあればいうこと無いんですけどねー

ウチはちょうどリーマンショック直後にIT系オフィスがバタバタ閉鎖したタイミングで、中古オフィス家具店から3万円強で一脚買ったクチですが、社外ヘッドレスト付けて大満足な感じですね。
2. Posted by りんつ   2012年11月18日 23:28
VIPな名無しさん>>
アーロンチェアは実用的事務椅子ですからね、寄りかかる事をメインには考えていないかと。 中古とは言え3万円で入手できるとは羨ましい!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字