2013年10月05日

ワンダーフェスティバル2013夏に行ってきた(個人ディーラー11)

DSC_0085-3
年に2回のガレキの祭典、国内最大の造形物即売会イベント
『ワンダーフェスティバル2013夏』
個人ディーラー11です。

長々と引っ張ってきたワンダーフェスティバル2013夏のレポートもこれで最後となります。初夏に開催されたイベントのレポートが終わったのが秋も深まる10月とかどんだけ・・・。


続きはコチラから>

【エポキシパフェ】
DSC_0054
GJ部、天使真央


DSC_0057
ガールズ&パンツァー、生徒会のOVAキャンプファイヤーverですね。


【make plus】
DSC_0061
神裂火織


DSC_0063


DSC_0064

DSC_0067


DSC_0065


【Light Stuff Product】
可愛らしい表情のフィギュアを作成されるディーラーさん。このまま製品化されたらいいのになぁ
DSC_0068
化物語・羽川翼


DSC_0069


DSC_0071
劇場版公開も間近な魔法少女まどか☆マギカ、巴マミ


DSC_0074

DSC_0075
白か・・・(ぉ


DSC_0077
暁美ほむら


DSC_0080
アルティメットまどか


DSC_0082


【flat☆flan】
DSC_0085
モバマスから城ヶ崎莉嘉。
ボークスからドール化されるモバマスキャラでひとりは渋谷凛で決定しますが、もう一人はこの城ヶ崎莉嘉じゃないかと予想。


DSC_0087


DSC_0091
台座もかなり凝ってます。


【RUMKANDIS】
DSC_0096
こちらも城ヶ崎莉嘉。


DSC_0092
菊地真。ボーイッシュで売っている真のビキニ姿って貴重かも・・・


【俺のッ!フィールド立体形】
DSC_0101
元961プロの3人を765プロ衣装で制作。


DSC_0102
倉橋 莉子 我那覇響


DSC_0103


DSC_0105
星井美希


DSC_0107


DSC_0110
四条貴音


DSC_0109


【ないとめあくりえいつ】
DSC_0113
まさかまさかの鮟鱇衣装をデフォルトで再現w


DSC_0115
セイバードレスコードver


【剛本堂】
DSC_0120
初音ミク。色々な派生ミクが出ていますが、コチラは原画を忠実に再現。


DSC_0122


【ちぇりっしゅ】
DSC_0126
projectDIVA衣装のミク。


DSC_0128


【有限会社アミエ・グラン】
DSC_0131
一騎当千・孫権仲謀


DSC_0133

DSC_0135

DSC_0139


【S-MIST】
水着姿でギリギリのエロを表現するこのディーラーさん。毎回新作も多く発表されるので楽しみにしてます。
DSC_0144
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の仲良し3人を水着化!


DSC_0146


DSC_0149
千石撫子。S-MISTさんには珍しいスク水以外のワンピピース型水着。


DSC_0150


DSC_0151
四宮ひまわり。期待通りひまわりちゃんも制作してくれましたw


DSC_0154
胸のボリューム感がすごいw


DSC_0157
境界線上のホライゾン、葵・喜美&浅間・智


DSC_0164
同じ構図で御坂美琴&白井黒子


DSC_0159
フォトカノ・新見遥佳(至福私服ver) これが私服ですと?w


DSC_0161


DSC_0168
柏崎星奈


DSC_0169
初音ミクまでスク水に!


【甘夏屋】
DSC_0171
初音ミク、ボーカルver


DSC_0172

DSC_0173
カ、カメラマンミク?


【8BEAM&Poifull】
DSC_0175
TVアニメ版の水瀬伊織&我那覇響&高槻やよい。


DSC_0178
で、どうしてやよいだけスク水?w


DSC_0179


DSC_0183
projectDIVA 鏡音リン「桜月」


DSC_0184


【OZ骨】
DSC_0189
魂魄妖夢。
背景も含めて存在感のある魂魄妖夢。魂魄も骸骨頭になっていて細部まで凝ってます。


DSC_0192


DSC_0195
単品じゃなくて、このジオラマ(?)ごと飾りたいです。


【雨の日 晴の日+ice9】
DSC_0196

DSC_0198
体のラインが綺麗に再現されてます。


【エビシャビシャン】
DSC_0201
ドルチェ


『ワンダーフェスティバル2013夏』レポートでした。
延々と2ヶ月もの間引っ張ってきたワンフェスレポートですが、今回で終わりになります。ここまで見てくださっている方が居るかはわかりませんが、毎回80枚を超える写真を掲載してもなお10回以上かかっていることを見てもワンダーフェスティバルというイベントの規模の大きさがわかっていただけるのではないかと思います。何度も言っている事ですが自分の目についたのだけを撮影していて、かなりの数のディーラーさんを飛ばして撮影しているので(ひとつひとつのディーラーさんを撮影していたらとても1日じゃ終わらない) 出来る事なら是非現地に行ってワンフェスというイベントを体感してもらいたいと思います。


teaoevo at 03:24│Comments(0)TrackBack(0)フィギュア | 行ってきた

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字