くりの日記ヽ(・ω・)/

竹達彩奈さん単推し

レビューも一通り終わったのでデッキレシピのご紹介。
今回はせっかくプロキシ刷って回して遊んでるので、各ヒロインごとのレシピをすべて紹介しよう
かなーと思っています。今のところ。(なおアーシア

一発目はメインヒロイン(なのかな、アニメ見てないのでわかりませんが(??)のリアス・グレモリーを
軸にしたデッキです。

デッキレシピ: ハイスクールD×D BorN『リアス』
http://prememo.net/decks/detail/164361

<デッキコンセプト>
「連パン」です。それだけです。
基本的には相手のキャラを休息状態にすることも相手のキャラの妨害を封じることもしません、
アプローチ数で勝負します。

文章を書くのが面倒になったので画像でご紹介します(???

先攻想定

2016-07-20-22-46-04






初手。
マリガン基準はサーチしにくい019一誠になりますので、今回はマリガンですね。

2016-07-20-22-46-41






残念ながら019一誠は引き込めませんでしたが、各種サーチが一通り揃っているので
なかなか良い手札になりましたね。

2016-07-20-22-49-59






ドロー後先攻1ターン目ですが、5枚サーチのリアスを出してエンドします。
P-003朱乃&リアスと《グレモリー眷属》をプレイしてデッキを圧縮して、次のターンに
019一誠を引き込みやすくするのもありかなーと思ったのですが、今回はやめておきます。
上記の動きをするのであれば《グレモリー眷属》で001リアスをサーチしておいて、003リアスに
レベルアップし、次のターンの最速001リアスLv3を狙います。

2016-07-20-22-50-20






先攻2ターン目。
ドローソースと連パン要員を引くことができましたね。
019一誠を未だに引けていないので、探しにいくために、まず前のターンにしなかった
P-003朱乃&リアス→《グレモリー眷属》の流れから《オカルト研究部》をプレイします。

2016-07-20-22-53-07






幸い、
うまく019一誠をキャッチすることができたので、003リアスの効果で場に出しました。
027一誠&リアス、009リアスをプレイして、このターンは50/50、50/50、60/60×2、70/70×2の
計6回のアプローチでターンを返します。

2016-07-20-22-55-31






先攻3ターン目。
001リアスLv3が完成。場に残っていた009リアスを007リアスにレベルアップして連パンを付与します。
2枚目の009リアスを展開して《ハイスクールD×D BorN》 によりサイズアップしつつ1ドロー。
このターン引いた《グレモリー眷属》のコストとして019一誠を切っておいて、前のターンに確保していた
099アーシアから019一誠を場に出します。
このターンも6回のアプローチが可能ですね。
後先考え無ければ手札の027一誠&リアスをプレイして8回のアプローチが可能です。
また、 019一誠は手札に持っておいて、099アーシアからは2ターン目に切っておいた、025一誠&リアスを
場に出し、019一誠は001リアスの効果での場出しを狙っていくのもありかと思います。
この場合は、最大9回のアプローチが見込まれます。

…とこんな感じで回していきます。ゴリ押しですね(

ついでに小技を
2016-07-20-23-26-502016-07-20-23-27-032016-07-20-23-27-26






019一誠を2枚キャッチできている場合、001リアスの効果と自由登場での圧殺によってさらに
2回分のアプローチを狙っていけるのでぜひ挑戦してみてください。

ちなみに今回のレシピはコンセプト重視なので防御札がほとんど入っていません。
申し訳程度に102アーシアが入っているくらいですね。
あまり防御札を入れると攻め手が中途半端になってしまい、強みが活かせないことも考えての
不採用ですが、《ドレス・ブレイク》《安らぎの場所》といったカードを入れることで、相手の詰めを
躱しての勝ちを狙いにいけることもあるので、どこかに枠を見つけて入れてみてください(投

今回はこのへんでヽ(・ω・)/ 

カードナンバー的に緑より黄を先にしなきゃいけなかったですね。
単純に勘違いというか間違いです(

074小猫
「塔城小猫」であれば誰が退場させても効果が起動するのはいいけど、そのキャラのサイズに
よって変わってくるので殴る順番を考えないと、あまり意味のない効果になってしまう上に
相手の妨害の仕方もある程度予測しないといけないので、結構難しい。
とはいえ、ざっくり言えば「デカいのから殴れ」なので基本に忠実を言えば忠実。
ステータスがAP偏重型なので、Lv3でもDP60な点には注意。

075小猫
今回の最高額SR。
妨害されることがトリガーになる雪ノ下雪乃。
素でアクティブを持っているので使いやすいが、30/30という小さいサイズのせいで
完全に手裏剣。
サイズを上げれば自身の効果と074小猫の効果で3枚のキャラを実質妨害不可にできる。
通されればそれはそれで。
Lv3効果は、上の効果で妨害できなくなったキャラの代わりに相手が出した自由登場を
無効化できる効果なので、自身以外に付与することになりますね。
値段相応の強さがあるのかは、まだわからないですが、入れるなら4枚入れたいので
そういう意味では需要は高そう。

076小猫
最残念ST。
素で40/0でありながら「より低い」とか言っちゃってるので、レベルアップじゃないと40/0も
寝かせられない。逆に言えばレベルが高ければそれだけ寝かせることができる対象も広がるわけ
ですが、077小猫の下位互換です、ありがとうございました。
一応レベルアップではレベルアップ元の状態を引き継ぐという特性を活かして、《ハイスクールD×D BorN》や
087小猫、086小猫でサイズを上げてからレベルアップすればそれなりのサイズを持った状態で出せるので
覚えておくと役に立つかもしれないですね。

077小猫
070小猫の上位互換です、はい。どうしてこうなった。
他のカードでも説明していますが、レベルアップ持ちなので連打もしやすいのでなかなか強い。

082小猫
コンバットトリックとしても強力で、場に出してもアクテイブ60/50なのでデッキの方向性とあっていると
珍しく現実的な支援キャラ。
サイズが小さい075小猫のサポートや、レベルアップしているキャラであれば60/60に+α、078小猫や
自身のような常駐パンプを持っているキャラとも相性が良い。

085小猫
手裏剣。
通りそうなときに投げて、落とされたらそれでいいし、通って場に残ってもたねポケモンとして使える。
これ→110アーシア&小猫→これのようにキャラを寝かせながらパンチ数も増やすということが可能。

088イリナ
さすがにメインヒロインのネームでは出してくれなかった。

089アーシア&小猫
2コスト50/50アクテイブの神原&ひたぎとかやばすぎる。
さすがにこのカードのアプローチ時のみ…。
下の効果は現環境ならなかなか重要。
アーシアネームも自身の2枚目以降や110アーシア&小猫で無理なく満たせる。
ソース1もブロッカーとしては優秀。

122猫又モード
「そのキャラが」じゃなくて「Lv3以上の小猫がいる場合」でダメだったんですかね(

123ドレスブレイク
《安らぎの場所》とお好みでどうぞ。

P-002取り合い
クソ&クソ。
後ろにキャラが1、2枚しか並ばないのに3枚要求。
メイン自分。
ブレイクしても3枚寝かせる余裕がなく使えない。
エンド時。
うーーーーーーん。


次回はデッキレシピをお届けします。
お楽しみにヽ(・ω・)/




 


 【PM】ハイスクールD×D BorN カードレビュー赤
http://blog.livedoor.jp/tear00/archives/52221043.html

【PM】ハイスクールD×D BorN カードレビュー青+α
http://blog.livedoor.jp/tear00/archives/52221224.html


097アーシア
もっさりな上にやってることはうーーーん。

098アーシア
アンブロックテキストはそれなり。
Lv3テキストは凄まじく地味。

099アーシア
どうせ「より低い」かと思ったら「以下」だった。すごい。
SR一誠&リアスのようなテキストは強いながらアクティブがないカードも使いやすくなるし
019一誠も使える。003リアスと違い、捨て札から釣れるのは◯。
近年稀にみる強力なリアニメイト。

101アーシア
貴重なポイント交換ながら、レベルアップでしか起動しないせいで気軽に出張できない。
099アーシアからのレベルアップでなんとか…(ならない

102アーシア
環境的にも全起きはなかなか大事。
アスタリスクで同様な効果を持った刀藤綺凛は、セットで連パンがいるので、なかなか強力ですが
こっちはセットで使える攻撃的なカードがないのでイマイチ感。
しいて言うなら099アーシアで019一誠を出せばそれで連パン、かつこちらはポイント1枚表のオマケが
ついてくるので、099アーシアが基本パーツなこともあり、投入しやすいのかもしれない。

103アーシア
2枚くらい選ばせてくれ(欲張り

105アーシア
使える方の支援。
ルールブック読む限り、支援は「カードのプレイ」にも「使用型テキストのプレイ」にもあたらなそうで
SR矢野エリカ以外には封じられないようなので、実はすごい。
場に出しても強ければ言うことなしだったけど、0コストゆえの除去られやすさと、妨害に参加することが
トリガーなことゆえにそもそも妨害に参加させてもらえないことが多いので、結局手札でしか強くないやつ。
一誠と違って使いまわせる可能性があるとはいえ、デッキ回復まで入れる余裕はなさそうだし、そもそも
そんなに回数使う前にゲームが終わりそう。

108アーシア
場合によっては102アーシアよりこっちを優先することはあるのかもしれない。

110アーシア&小猫
詰めに使うか、防御に使うか。
汎用性はあるので、アーシアか小猫が厚いデッキなら0コスト自由登場の4、5枚目以降の自由登場として。

111アーシア&朱乃
4軽減とはいえ、恩恵を受けられるのが054朱乃くらいしかない。
アーシアか朱乃を軸にするなら、《ハイスクールD×D BorN》を撃ちやすくなるので、4軽減は気にせずに
2コストキャラにつなげて行ってしまっていい。
コンビゆえにレベルアップに使えないので、数値上げて殴るか、てきとーに妨害するしかない。

124安らぎの場所
ブレイクすれば《うたた寝》。
高速環境なので、デッキに入れる択は全然ある。
欲を言えばアプローチ相手がよかった。

127トワイライト・ヒーリング
コスト踏み倒しておいしい高コストがいないのと、低コストなら099アーシアでいいので、わざわざ使う
必要がない。残念。






 

このページのトップヘ