大好きな香りを感じた
今は
遠くの君が
いてくれた