手汗の手術を行った多くの患者さんが、積極的にもっとなれるようになった、とか仕事の効率が上がったなんてうれしい声が、術後は寄せられるそうです。また、手術によっては手術後には縫合する必要もなかったり傷跡はほとんど目立たないものもあるようで、特に若い方が多い多汗症で悩んでいる患者さんですが、傷跡が残らないことは大変大きな利点でしょう。しかし、もちろん欠点もあるわけです。どんな手術にもどうしてもあるのですが、それは代償性発汗というデメリットです。それは、手術後に手の汗はとまっても、今度はお尻、太もも、背中などの発汗が多くなってしまうものです。これに対する有効な治療法は今のところないといわれています。手掌多汗症の手術を受ける時には、自分は本当に手の汗が多くて日常生活に支障があるのかどうか、また代償性発汗になっても本当にいいのかをよく考えてから決めることが必要です。予想される合併症を知らなかったでは、公開してしまいます。