2017年01月19日

ドイツ・レクイエム

image
ドイツ・レクイエムを歌わせて頂きました。
「幸いかな、悲しみを抱くものは、かれらは慰められるだろう」(マタイによる福音書)というテキストから始められるこの大曲は、死者の安息を神に願うのではなく、地上で苦しみながら生きる人々への魂の慰めがテーマになっていて、被災地出身者としては東日本大震災を思わずにはいられませんでした。

作品の中で沢山「フロイデ(喜び)」が使われていました。苦しみの中にいるからこそ、喜びを求めても良いのだと改めて思わされ少し安心しました。暗闇の中だからこそ一筋の光も希望の光に感じられ生きる力になるのかもしれません。とても前向きな作品に救われました。

木村康人先生はじめ、東京トリニティコールの皆様の素晴らしい演奏で至福の時を過ごすことが出来ました。聴きにいらした皆様方も含め感謝いたします。ありがとうございました。

リハーサルを聴いた娘。初めてオーケストラを聴いた娘の表情にも考え深いものがありました。

image

teatimediary at 10:43コメント(0)トラックバック(0)ソロ活動 

2016年12月13日

かまいしの第九

image今年も「かまいしの第九」演奏会が終了致しました。心が震える素晴らしい演奏会でした。

今年は、釜石東中学校の皆さんがオーケストラと歌おうに参加。彼らの先輩達はあの東日本大震災で『奇蹟の中学生』と言われ話題になった中学生達で(隣接する小学校の生徒達と手を繋いで津波から逃れ助かった)震災直後、困難な生活の中、「支援して下さった世界中の方々への感謝を込めて歌おう」と第九に参加した素晴らしい子供たちでした。

あれから5年が経ち、再び機会を得た東中学校の生徒達は、当時の東中の全校生徒の思いをもとに作った「いつかこの海をこえて」を生き生きと歌い上げました。歌詞の頭文字をつなけると「うのすまいで生きる、ゆめいだいて生きる」という言葉が浮かび上がるそうです。

彼らの演奏はリハーサルでしか聞けませんでしが、あまりの素晴らしさに感激し涙が出ました。

今年はあの大震災直後と同じく月命日での開催となり、東中学校の生徒さん達ともお会いし、これまでの5年間の「かまいしの第九」を振り返ることができました。釜石高校の体育館での演奏は今回が最後になるそうです。とても貴重な体験でした。

来年は完成するであろう釜石市民ホールへ、また新たな気持ちを持ってのスタートになる事でしょう。かまいしの第九の皆様の益々のご発展をお祈りしております。

imageimageimageimageimage

teatimediary at 17:05コメント(0)トラックバック(0)ソロ活動被災地支援 

2016年11月10日

ロビーコンサート

image無事にロビーコンサート『赤ちゃんに歌ってあげたい歌』が終わりました⭐わが娘も登場させ抱っこをして歌いました。図書館の読み聞かせを聴いて出てきた赤ちゃん連れのママたちも足を止めて聴いてくれたのが嬉しかったです。
(^ ^)

プログラム曲は、実際に家で娘に歌ってきた歌です。4ヶ月の短期間ですが出産後の様々な事を思い出しました。

音楽がいつも側にあったことで私自身が救われてきました。子育てで大変だからこそ音楽がお母さん達の心の支えになると思います。またいつかこんなコンサートをしたいと思います♪

image
image
image
image

teatimediary at 13:25コメント(0)トラックバック(0) 

2016年11月09日

今年度のオペラ講座

image今年度はじめての『おもしろオペラ講座』があり講義をしました。オペラ好きな方が増えてくださる様に一生懸命やります。また自分もオペラのお話しをするのを楽しみます。(^-^)/

teatimediary at 13:18コメント(0)トラックバック(0)オペラ音楽について 

2016年10月12日

仕事に復帰しました!

image昨日、お陰さまでオルゴールの森のステージへ復帰致しました♪産後3ヶ月間の生活が夢であったかの様な別世界からの復帰で、歌える事の素晴らしさを改めて実感致しました(^ ^)
マタニティ歌手から子育て歌手へと目まぐるしい早さで駆け抜けた1年間でした。身体の変化に戸惑う事もありますが、新たな力を娘からもらいつつ、皆様に喜んで頂ける様な演奏を目指し日々精進して行こうと思います。
どうぞ今後ともよろしくお願い致しますm(_ _)m

teatimediary at 00:00コメント(0)トラックバック(0)オペラソロ活動 
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ