今夜も手放し運転

子宮応答せよ! 〜太賀麻郎Fan Blog〜

カリスマ袋2010

菊乃です

太賀さんの激動の半生が描かれた「AV黄金時代」(必読です!!)

AV黄金時代 5000人抱いた伝説男優の告白 (文庫ぎんが堂)AV黄金時代 5000人抱いた伝説男優の告白 (文庫ぎんが堂)
著者:太賀 麻郎
イースト・プレス(2010-05-30)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



この「AV黄金時代」に引き続き、太賀さんの本が発売されるということで、その中に収録される座談会に参加しました。(ハルミさんは欠席でした)

ひさかたぶりに会った太賀さん
image
























ご自分のキャッチコピーが自然と背後にあるという奇跡を起こしていました。
image2





















カリスマとしか言いようがないですよね。

私は途中から参加だったのですが、空いている座席に座ると、目の前にモヤシだけ残っているステーキ皿(木の板の上に黒い鉄板が乗ってるやつ)がありました。おそらくハンバーグかステーキが乗っていたもので、そこに供えられていたモヤシだけ残してお肉だけ食べたのだと思われるお皿です。誰かの食べ残しと思われ、謎でした。ずっとそこにありました。他の料理が来て、邪魔だったので「これは下げてもいいですか?モヤシ食べないんですか?」と太賀さんに聞くと「モヤシは噛めないから」という返答を賜った。確かに、モヤシは繊維が豊富な食材で、歯の具合が悪い時には食べられない食べ物です。太賀さんは前歯を紛失されているので、モヤシを残していた。これは鉄板の上にモヤシが乗っていることの、歴然とした理由になります。私は納得しました。そして店員さんに下げてもらったのです。
太賀さんは肉食男子と見えて、実は草食男子でもあることを以前のブログに書き殴りました。そのことを象徴するような鉄板の上のモヤシ。本来は草食である(女に対してガツガツしていない)けど消極的理由(モヤシが咀嚼できない)によって野菜を食すことができない(草食男子でいることができない)。
女から寄ってきてしまうために肉食にならざるを得ない、太賀さんの複雑性。それを証明する鉄板の上のモヤシの写真を、なんと撮り忘れました。大変に悔やまれます。


カリスマ太賀麻郎の机上。

image3
























おしぼりの裏側にオレンジ色の斑点がやたらありました。おしぼりまで火照(ホテ)らすとは…。
手前にある黄金の棒が見えますでしょうか。なんですかこれは。
image4
























今年流行った携帯電動歯ブラシでしょうか。
あの、ブインブインと震動するモノをOLたちが歯ブラシということで購入しやすくなり、しかも広告は亀梨クンが意味深に唇に当てている、あの話題の商品「ポケットドルツ」でしょうか。
eea74607d43c1ad25bcfcb622f59fe4e












さすがカリスマ、最先端です。

と思いきや、
image5










image6










老眼鏡でした。
カリスマに、小道具はいらない。

続いてカリスマのケータイストラップ。
image7


















何故か浅田飴のミニチュア。

image8










アサダーメ。改めて発音してみると、外国で開発された新しい体位の名前かのような麗しい響きであるような気がしなくもない。

そしてお待ンたせいたしました。
カリスマ太賀袋2010です!!!!

image10

【参考】カリスマ袋2007についての記述


image9



































2007と同じ、太賀さんが自分のモノを貸すときにそれを入れるために持ってきた袋でした。色は違うものの、2007と同じ素材の袋。同じようなカリスマ加工が施されており、感動を止めることができない。

image11


















取っ手は、2007の「EXPERT FITNES FLASH」ほどの年季は感じられないものの、引きちぎられたであろうその風合いに表れる野生と本能。


引きちぎられた先に残る、ねじれたビニール部分がこれだ。
image12














ほどよく変色したセロテープに引き止められ、そこに残っていた。
人は誰でも過去への執着が断ち切れない時がある。「だけど、それでいいんだよ」取り残されねじれたビニール部分が、そんな風に言ってくれているようなそんな気がするような気がしてこなくもないような気がする。

image13














写真を縦にすると、垂れ下がった男性器を模した状態になっている奇跡。
image14


















かなり使い込んでいるタイプのペニスを思わせます。5000人と腰を合わせてきた太賀さんのジュニアの心象風景がここに。
更にこれを自分の第3の目で見てみると(飛び出す3Dイラストを見るときみたいに寄り目っぽくする)、亀裂(ヴァギナ)にも見え、更にこのピンク色が色っぽく感じられるのでした。
ただの袋をもお色気に変化(へんげ)させる、まさに麻郎奇跡(あさおマジック)、2010も健在です!

時代を先取りする男〜新しい男子の提案〜

1984年から88年にかけて、俺は2億近い金を稼ぎ、5000人を超える女を抱き、十数台好きな車に乗ったが、次の10年をかけてその全てを失った。―「AV黄金時代」より―

wikipediaによると、バブル景気という名前がつけられたのは1987年とされる。太賀さんがバブリーな生活をスタートしたのはそれより3年ほど早い。
そしてバブル崩壊は1990年頃。太賀さんは既に「失われた10年」に突入し、2年が経っていたところだった。

太賀さんは時代を先取りする男である。

「AV黄金時代」によると、「いんらんパフォーマンス」で太賀さんはサッカーで言うとゲームメイカー、日比野達郎さんはストライカー、速水健二さんはゲームメイクもストライカーもどちらもやるマルチプレイヤー、というようなことが書いてあった。

太賀さんは物事を混乱させる力がある。ドキュメントAV「名前のない女たち」で真咲ぴぃ子の心を開かせようとして、逆に太賀さんとのセックスを拒否し、監督の中村さんに「私が明日自殺してしまったらどうする?」と言って現場を修羅場に変えたり、「恋愛できないカラダ2」でつかもと.友希にプロポーズするも、なぜかつかもと.の精神状態は悪化させたりしていた。このように太賀さんは稀代のゲームメイカーなのである。

でも、ゼロ年代の成果主義の価値観は、「結果を出さないと(解決しないと)意味がない」という意識が強い。
昔の余裕のある(結果を出さなくても面白ければ良かった)時代にフィットしたゲームメイカーには、今の時代は窮屈かもしれない。

なんか太賀さんて時代のちょっと先を行く人だと思う。ブレイクした時代ってバブルのちょい前な感じだしやはり先取りだなって思った。リーマンショックも先取りしてたよね。

「AV黄金時代」を読むと、太賀さんは女性に優しく、自分からではなく女性のほうからセックスを求められるような草食系男子だったということがわかる。20年位は先取りしていた。

そして今、前歯のほとんどを紛失中にも関わらず、肩書きは「5000人の女を抱いた男」。草食系とは真逆なのに、肉食系とも違う。

また時代が太賀さんに追いつくかもしれない(翁系男子)。

ほんとに「時間軸が普通じゃない」

今日は、今発売中の「AV黄金時代」の感想についてブログを更新をしようとハルミ・菊乃が集まりました。
しかし、2007年に発売されたあけぼの映像「恋愛できないカラダ2」をなぜかこのタイミングで鑑賞し始めてしまい、あまりにも重要なシーン(プーさん、風呂につかった瞬間の翁、ミルフィーユもしくはミルクレープ)が多すぎて何度も巻き戻したり再生したりを繰り返しているうちに、あっという間に3時間が経過してしまいました。しかも菊乃は昼間に既に見ていたのにです!

「AV黄金時代」の感想はまた次回アップします。

時間軸が普通じゃない

ついに「AV黄金時代」が発売されました!
菊乃はamazonで事前に予約注文するも届かず。
さすが太賀さんの本。一筋縄ではイキません。
ハルミは発売日である5/30(日)に大型書店に電話をし、在庫があるかどうかを確認。その時点では「入荷がいつになるかわかりません」とのこと。発売日なのに手に入れられない!
翌日、ハルミの携帯に「入りました!」と本屋から連絡があり、受け取りに行きました。と書きましたが、実のところその日は書店の営業時間までに仕事が終わらす、受け取りにいけませんでした。
結局、手に入ったのは次の次の日であり、たっぷりジラされました。

感想は近日中にアップします。
AV黄金時代 5000人抱いた伝説男優の告白 (文庫ぎんが堂 た 2-1)
AV黄金時代 5000人抱いた伝説男優の告白 (文庫ぎんが堂 た 2-1)
クチコミを見る

間違えました

先ほど更新したメッセージは、完全に間違いであることが判明しました。
正しくは、「AV黄金時代」(イーストプレス)の出版にあたり、太賀さんがAV業界で一番尊敬しているという代々木忠さんからのメッセージを転載してほしいとの要望だったのでした。

以下、転載します。

    


1987年作品 いんらんパフォーマンス・【恋人】

 作品の主人公は、東京に憧れ青森から一緒に上京してきた男と女。

 2人にとって東京の生活は予想外に厳しいものだった。
資格を持たない男の就職は決まらず、時が流れる。

 男は資格を取得するために専門学校に通う。
女は男の学費と生活費を稼ぐべく、AV女優の道を選ぶ。

 男は、迎えに行った撮影現場で、男優に抱かれ、本気で腰を使う女の姿を見てしまう。
頭では割り切っていたつもりだが、男の本能と感情はそれを許さない。

 当然のこととして、2人の間はギクシャクしはじめる。

 女の提案でビデオ出演を決意した男と、その提案者でもある女がカメラの前に座る。
いんらんパフォーマンス・【恋人】は、人生の迷い道に入ってしまった2人の話を聞くところから始まる。

 一通り話を聞いた私は、撮影の内容とその段取りを2人に説明する。

 女には男優と、男には女優と、それぞれカップルを組んでもらい、数日間別々の部屋で生活をしてもらう。
当然、アダルトビデオなので2人には、男優、女優とのセックスもあるし、その様子は互いにモニターを通して
見ることになる。

 残酷な恋愛ゲームだが、そのプロセスで何らかの結論が出るのではないか?
荒療治ではあるが、私はそんな提案をした。
この提案は、苦悩する女が考え続けて得たであろう、結論めいたものとも合致した。

 男は、しぶしぶ私の提案した条件を受け入れ、撮影日程を決めた。
私はこのとき、男優は太賀麻郎で行こうと決めていた。
 
 数日後、ペンションを借り切っての大掛かりな撮影はスタートした。

 当時22歳だった青年太賀麻郎の中には、欺瞞に満ちた大人社会に対する
怒りの様なものがいつもあった。
俺と同じ匂いがする・・・。麻郎と接するたびに私はいつもそう感じていた。
 
 作品の中で太賀麻郎は、現代人が失いかけている自己への信頼の大切さを、
圧倒的な存在感を持って私達に訴えかけてくる。
『自分の心に嘘をつくな! リスクを恐れるな! もっと自分を信じて生きろ!』

 太賀麻郎の心の叫びにも似たメッセージが画面から迸る。
いんらんパフォーマンス・【恋人】はそんな作品に仕上がった。

 結局、男と女はこの撮影を切っ掛けに別々の人生を生きることになるのだが・・・。

 特に印象に残っている麻郎の言葉がある。
『野性があって理性があるんだぜ、理性だけってのはおかしい。それは嘘だ!』と・・・。
何事も理論で処理しようとする男に麻郎が言い放った言葉だ。

 これ言っちゃうと、これやっちゃうと絶対墓穴を掘ると分かっていても、麻郎は決してブレーキを踏まない。
真正面から向き合う男、麻郎には男独特の色気がある。

 テクで女をイカせる男優は大勢いたが、麻郎はセックスで女を幸せにしてしまう男だった。
セックスにおいて、心と心のつながりが如何に重要であるかということを、私は当時の麻郎から教えてもらった。

1989年作品。いんらんパフォーマンス・【姉妹】で麻郎に感じたこと。

 主婦兼AV女優、香(かおり)は一児の母。
この女の生き様と性を通して、太賀麻郎と加藤鷹の2人が、女の業の様なものを焙り出すのが
当初の作品の趣旨だった。

 夫も子供もいる身でありながら、旦那以外の男に股を開き、それを生業とする女。
当時の私は、その女の深層心理を覗きたいと思いながらも、男としては複雑な気持ちで現場に臨んだ。

 撮影の初日、麻郎と加藤鷹の二人は、あるべくして在る人間の本能の営みを
道徳的な理屈で抑えることは決して出来ないのだということを、見事にあぶり出し、見せ付けてくれた。

 香のお付きとしていつも撮影現場に来ている妹の詩織(18歳)は、
撮影中、モニタールームで姉の子供のお守りをしていることはよく知られていた。

 幼児期から自己主張の強い姉の陰で、常に自分の本心を押し殺し生きてきた妹、詩織。
遊びたい盛りの年頃であるはずの詩織が、姉の奔放な生き方につき合わされ、
自分の青春を犠牲にしているようにも映るその姿は、いじらしく、男の心をくすぐる。

詩織に強い興味を抱いた私は姉の香に聞いた。『妹がOKしたら男優とセックスしてもいい?』と。
姉は即座に言う。『私も見てみたい』。

 撮影班はカメラを一台増やし、二組のカメラ・チームで姉と妹を追う。
加藤鷹が詩織にちょっかいを出すが軽くいなされてしまう。

 何事も無かったかのように子供をあやし、姉のセックスをモニターを通して見続ける妹の詩織に、
麻郎も強い関心を持つ。 詩織も麻郎にまんざらでもない様子で2人の間で会話が流れる。

 雑談中の詩織の一言で、格好よく揃った口ヒゲと顎ヒゲを麻郎はいとも簡単にそり落としてしまう。
麻郎と加藤鷹とではアプローチのしかたが全く違う。

 加藤鷹は女の股を開かせようとさりげなくタッチから入るが、
麻郎は女の心を開かせることを優先している。
麻郎は内面に入り込む術を持っていると私は感じた。

 撮影二日目、スタッフのまえで麻郎と詩織がじゃれ合うような光景がめだってきた。
互いの中に何か共通するものを感じ取ったのだろうか?

 幼い頃から母親に無視され続けた詩織は、オヤツもそうだが、消しゴムやノート一冊買ってと
母親に言えなかった事など、子供時代のことを語りだす。カメラの横でじっと聞き入る麻郎。

 『詩織は母に嫌われていたからね、親に言えなく、よくノートとか万引きしたりしてた。
親の感心を引こうとしてたんだと私は思うよ』と、姉の香が後ろで笑って言う。

加藤鷹がちょっかいを出しても一切応じなかった詩織が、
撮影後半は、麻郎に纏わりつき甘え、しまいには自ら体を開いていく。
もちろん、想定外の出来事である。
幼児のように甘える、詩織という女の全存在を受け入れ、身の丈の自分で向き合う太賀麻郎を私はそのとき見た。

麻郎はこの作品で、自分の人生を捨ててしまった様な生き方をしてきた妹、詩織の心を見事に開かせた。

 いんらんパフォーマンス・【姉妹】は、太賀麻郎の持っている独特の世界観によって、
当初の趣意とは全く異なった作品に仕上がった。

潔さと慈愛を内に秘めた感性の男、太賀麻郎を私は敬愛して止まない。    代々木忠


カリスマ太賀さんの出世作

5月に太賀さんがらみの本、「AV黄金時代」(イーストプレス)が出るそうです。
出版にあたり、太賀さん本人から重要なメッセージを当ブログに転載してほしいという依頼がありました。

以下、転載します。

    


水槽設置作業を続けております
さっきまで手伝ってくれてたあさぎも寝ちゃって一人寂しく格闘しています。

海水水槽を移動したんで、それの載ってた棚をバラす。
これが中々大変で、ポールが抜けない抜けない
海水の塩害で、塩の結晶にて固着してしまってるよう。

ゴムハンマーでぶったたいてもビクともせず、仕方なくムキを変えようと狭い空間でやってるので、色んなものにポールが干渉して、物が落ちてくる
アレコレやってぶったたきを繰り返し、ようやくハズれてくれた。

んでもって、90×45以上のスペースを確保しなければならないので、又悪戦苦闘。
パワーフィルターやらラピッドプロやらなんやらかんやらをどんどん風呂場に一時避難。

やっとこさ空いたんで、今度は超重かった水槽台キャビネットの梱包を剥ぐ。

デケ〜
こりゃ重いわ

分厚い木製のキャビネット。
水槽台にも色々あって、俺が持ってるスチールの角パイプフレームでできたアングル台や、スチール製のキャビネット、木製のヤツ、トビラがついてるタイプとついてないヤツ、トビラはついてるけど、後ろがスカスカ(パワーフィルターのホースや、オーバーフローの配管をする為後ろが開いている)のヤツ、背板がついてて、そこにホースなどを通す為の穴が空いてるヤツ。
コイツはトビラ付き背板ありの一番重いだろう種類だった

この重いもんをただでさえ狭いここで組み立てにゃあならん
とりあえず地板を置いてスペースの確認。

・・・入らない

仕方なく、小さい海水の水槽が載ってる棚をずらそうとするが、天井に火災報知機があって、ちょっとだけはずらせない
ちょっとでイイのに、ホント、先っぽだけ

イケず。

天井まで伸びている4本のポールのネジをゆるめ、そーとずらす。
しかし他のモンを動かさないと容易に動かせない

それほど狭いのじゃ。
それもクリア。

それでなぜこんな日記書いてるんじゃ?  
はよ終わらせちゃえばよかろうもん。

バット!
組み立てに手こずっちょるんよ

だって、90×45以上のもんを、90×45ちょっとしかないスペースで組み立てるっつーんだから
しかも設計図には、ひっくり返してとか書いてあって、そりゃあ広いおうちの方はイイざんすよねえ〜おほほほほ・・・

俺がひっくり返るっちゅうねん!

それがデキない為に、一人で横にした天板にネジをキコキコ、一人で板を支えながら、キコキコ、段々腰がゲコゲコ
とりあえず休憩しております。

今日は生保に行って、収入報告とかして、午後に母上様に呼ばれ、こないだイケアで購入したイスとテーブルの組み立てをしてくれと言われて作ってきたんで、握力が弱ってます。
ネジ回しって手が疲れるんですよー

確定深刻もしなきゃだし。

・・・挫折?

いや、ボクちゃん頑張るモンね!

病院でも手放し運転  後編

インタビューが終わり、フロアのエレベーターのところまで行くと、談話室みたいなところでTVの相撲中継を見ている若い男性患者が2人いました。

「あさおさん、若い女の子連れてますね」
「若くないよ。君らより年上だよ」
「そうなんですか。で、屋上で何してたんですか?」
「パイズリしてたの」
「いいな、ムラムラしちゃいますね」

隔離入院中の彼らは女に飢えているのに、太賀さんは屋上でバコバコハメているし、パイズリはしないものの女達が絶えず訪ねてくる。
ちなみに彼らはオリエンタルラジオ風の今どきのイケメンであった。
ちなみに太賀さんは歯がなく、自らの顔面をクリトリスに見立てた女性器ジャンパーを着用した中年である。
女性はちゃんと中身を(チンコも)見ているということだろう。
あらためて太賀さんの凄さを目の当たりにした。

「もうマスク取っちゃって平気だよ」
帰り際、エレベーターに乗ったとき太賀さんに言われたが、私たちは勇気がなくてマスクは取れなかった。結核菌は空気感染すると言われている。にもかかわらず、病棟に来て患者(太賀さん)とハメる女性達。感染というリスクを負ってまで…本当に太賀さんはすごいよなぁ。

菊乃からのお知らせ

太賀麻郎ファンの皆様こんにちわ
今夜も手放し運転メンバー、菊乃です!

私はエロ本の漫画家・ライターをしているのですが、自主制作で「むだにびっくり」というノンフィクション本を作っています。

その2号に、太賀さんについて書いた部分があるので、太賀麻郎ファンの皆様にお知らせいたしたく思います。太賀さんのカリスマ伝説といいますか、なんといいますか、私のこのエピソードの中の太賀さんははずせませんでした。というよりも、エピソード内に太賀さんがネジ込んできたというか、ああ…もう…全部入ってきちゃうんだからン…と言いますか、太賀さんと初めて介した「子宮が反応した日」(2007年4月7日)の番外エピソードになっております。
このエピソードはこちらのブログに書く予定だったのですが、ある意味奇跡といいますか、偶然と怠惰と野望が重なり、こういう形での発表になりました。

文中では表現の都合上「T氏」と表記してありますが、我らが太賀麻郎氏のことであります。

自主制作の本でリトルプレスのため、手に入れるのが若干お手数ではありますが、是非、お手にとっていただければと思います。

「むだにびっくり 出会い系篇」 田房永子
田房永子(たぶさえいこ)は菊乃のペンネームです。

【表紙】※画像をクリックすると、オッキクなります…
むだ2【裏表紙】
むだ22











【解説】
出会い系で男たちが“ヤレる女”を探している時、レッスン教室で
自分を磨いた女たちは“デキる男”を求め、婚活に勤しんでいる。
東京の繁華街にひっそりとある出会いスポットや、引きこもり期に
入り込んだネットの世界で見た「出会い」と「始まり」にまつわる
ノンフィクションリポート

【収録内容】
第一章 がんばるウーマン
▽セレブな女になる教室 ▽アナウンサー教室
▽メイドキャバクラ ▽フェミニズム講演会
▽レズビアンパーティー
▽女子大生 読者モデルオーディション

第二章 出会いを求める男たち
▽高収入男性限定 お見合いパーティー
▽一斉送信男 ▽レキシタンおじさん
▽芸能プロデューサー ロミオ
▽インターネットで私を通りすぎた男たち
チャH2/チャH3
10万円の男/ぜつりんの男
小さい「つ」が打てない男/仙台の男
▽画面の上の蜘蛛
 
【100ページ収録 定価500円(税別)】

【購買方法】
中野ブロードウェイ内「タコシェ
西荻アンノンレコード
現在、2店で発売中
タコシェでは通販もできます。
タコシェ通販ページ
ご来店いただいて品切れの場合もございます。通販のほうが確実と思われます。

【即売会参加】
以下のイベントで販売いたします。お越しのご予定の方は、是非お立ち寄り下さい。

2009年5月5日
コミティア88
「アックス meets COMITIA 〜瓢箪からマグマ祭〜」ブース内 物販コーナー

2009年5月10日
第8回文学フリマ
ブース「E−03」 サークル名「むだにびっくり 田房永子」


それではよろしくおねがいします!
田房永子ブログ

病院でも手放し運転 フォトライブラリー編

【W指マンの話】
W指マン






「昨日見た夢にハルミ&菊乃ちゃんが出てきて、3Pしてたんだよね。2人を両脇に立たせてこうやって手マンしてたら2人がずーっとイキっぱなしでさ」
と、ジェスチャーを交えながらおもむろに語リ出す太賀さん。
ハルミと菊乃は、自分たちが対象となった下ネタは嫌いです。
W指マン カメラ目線







【具がグゥ〜】
グー











2008年の流行語大賞であるエド・はるみの「グゥ〜」よりも何年も前から「具がグゥ〜」というギャグを言っていたらしい。
女性の締まり具合及び湿り具合を誉める意味で使用する言葉。
ちなみに太賀さんはエド・はるみのことをこの日まで知らなかった。

【君をオカズに…】
ユー アー サイドメニュー






ある女の子が見てる前でほかの女の子とセックスする機会があった。その子はお堅い子だったから結局3Pにはならなかったが、一人に手コキをしてもらいながら「じゃ君をオカズにしてヌクよ」と言いながら射精し、文字どおり太賀流精神的3Pを果たした(果てた)。
そのときの再現写真である。
こんな風に面と向かってそんなことを言われる機会なんてめったにないだろう。女性にとっては意外とグッとくるセリフかも知れない。

【カリスマの尻元】
しなり






女性だけにとどまらず、ベンチまでもをしならせる太賀さん。

【ブレスレット】
ブレスレット






別れた奥さんや昔付き合っていた女性、セフレ、子供(女の子2人)からもらったすべてのブレスレットを今もつけている。2008年11月の時点で8種類。
ここでも太賀さんの博愛ぶりが伝わってくる。
ちなみに指輪も25年間装着し続けているが、銀色に美しく保たれた状態である。指マンによる愛液摩擦でピカピカになっているのかと問うと、指フェチの女の子が黒ずんだ指輪を見るに見かねて、みがき布で勝手に磨いて帰っていったそうだ。

【麻郎かく語りき】
かたり











「mixiは、すごい。」
と語る太賀さん。プライベートセックスの相手の大半はここで出会っているらしい。出会い目的でmixiを始める男性はたくさんいるが、実際にセックスまで持ち込めるケースは少ないはず。太賀さんの場合は100%女性のほうから会いに来るとのことなので、mixiがすごいと言うよりは太賀さんがすごいのでは?


もだえ











もだえ











もだえ

病院でも手放し運転  前編

先月のことになりますが、太賀さんが、結核で入院しているという情報をmixiで知りました。最低2ヶ月間は隔離病棟に強制入院させられるとのこと。
これは一刻も早く清瀬市の病院に向かわなければ…!! 
しかし何故か時は過ぎ、私たちが病院に到着したのは、太賀さんが退院する日の3日前だったのです。(そのときには、すでに太賀さんの体から結核菌はなくなっていたのです!)

結核治療で有名な病院の入り口に着くと、大仰なマスク自動販売機が目に付きました。マスクを着けずに病院内に入ると、結核菌に感染する恐れがあるのです。50円の普通のマスクと、200円の金属が入ったマスクが売っていました。私たちは迷わず200円のほうを身につけ、太賀さんの待つフロアーに急ぎました。
マスク






(金属入りの重たいマスク)

エレベーターを降りると、目の前にすごい格好の長身の人が現れました。何者?!
それは太賀さんでした。
登場シーン 足元






登場シーン
1日の8割くらいを病院の屋上で過ごしているという太賀さん。私たちもそのフェイバリットスポットに案内されました。




この日は珍しく秋晴れのポカポカした日でした。
ベンチに座って、お見舞い品のタバコ(ウィンストンの赤)のカートンを渡しました。

ファッショナボー
*今日のファッション*
黒色のスポーティーな上下に足元は緑の蛍光色のラインが入ったハイテクスニーカー。なんと、その上にエレガンス&アマゾネスなジャンパーを羽織る。

太賀さんと1年ぶりの再会。毎回、太賀さんのファッションには驚かされていますが、今回ほど度肝を抜かれたことはありません。



ファッショナボー
見てください。襟元のビラビラ具合、毛(ファー)のあしらいがまるで女性器のよう(頭部がクリトリス)。このジャンパーコートを着こなせる男性は、5000のヴァギナを制覇した太賀さんだけと言っても過言ではないでしょう。

「これ、前の奥さんが買って置いてったやつ。200万円もしたんだよ。ほんとの毛皮なんだよこれ」(太賀さん談)



さて、お見舞いに来て、太賀さんに聞きたかったのは、院内でのSEX事情。太賀さんは、国指定の伝染病での隔離入院中にもかかわらず、女性とセックスやペッティングをしているそうなのです。しかも複数の女性と!
私たちの感覚でいくと、夫や恋人であっても、病人との性交渉には、抵抗を感じざるを得ません。
ところが、このカリスマ太賀麻郎。そんなリスクをものともせずに、入院中でも女性たちに彩り豊かな性生活を提供しているのです。

そしてその中の一人に恋までしちゃったそうです。
その人は、ネットで知り合ってお見舞いに来た女子大生。一目ぼれして、ついにはキスや触れチン(チンをズボンの上から指でチョンチョンすること)をされたそう。まるで大学生のキャンパスライフのようです。隔離病棟なのに。

ほかにも別の女性と生セックスを屋上でしたそうです。
このように立ちバックで
立ちバック再現










女性から「中で出して」と言われたけど外に出したそう
膣外証明











(証明写真)

しかもその女性との結核屋上セックスは一度だけでなく、毎週行われていたらしい。(女性のほうから毎週通ってくる)

病院でも手放し運転の太賀さん。すごすぎる…!!

【病院でも手放し運転 後編に続く】


*オマケ*
太賀麻郎公認 立ちバック再現GIF
立ちバックGIF
太賀さん関連link
AV黄金時代 5000人抱いた伝説男優の告白 (文庫ぎんが堂)AV黄金時代 5000人抱いた伝説男優の告白 (文庫ぎんが堂)
著者:太賀 麻郎
販売元:イースト・プレス
発売日:2010-05-30
クチコミを見る




Recent Comments
Profile
訪問者数



カウンター高速バスフットサル場

美容整形SNSブログ カウンター富士山デトックス
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ