2008年02月04日

ブログを引っ越しました

今週担当の岩切です。

 

【尾山台だより】を引っ越ししました。

 

新しいブログはこちらです。

 

ティーイーシーコンサルティング通信 

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

  
Posted by tecconsulting at 12:29Comments(0)clip!今日の出来事 | 尾山台だより

2008年01月31日

メディアとお金 

株式が証券市場で取引されることによって、株価は【現実的な株式会社の価値】ではなく、【投資家の判断】によって決定されてしまう。


よって短期的に利益を期待すると、投資家は自分以外の投資家がどう考えているか?を判断して株式の売買をしなければならなくなってしまう。


かと言って、投資家個々の考えを知る術など、どの投資家も持ち合わせてはいない。


よって、判断に使用する情報は、よりマクロ的なものとなってしまい。

 

そのような背景で、メディアが経済的不安をあおるような情報を流すと、投資家は我先にと株式を売却したがるのである。

 

残念なことは、日本の報道番組でコメントするキャスター、アナウンサーには、そういった知識さえも欠落しており、視聴率を稼ぐためだけ(と言ったら言い過ぎだが…)に感情表現豊かな不安喚起コメントを連発してしまうことである。

 


つづく

  
Posted by tecconsulting at 13:38Comments(0)clip!ファイナンシャルプランナー 

2008年01月30日

メディアとお金 

住宅ローンで貸し付けた資金が回収できなくなる…


本来これはありあえないことです。


土地や建物を担保(抵当権設定)にするローンが住宅ローンです。

その金額はもちろん担保価値の範囲内。

 

返済が滞る場合は、抵当権を行使して担保を回収する。


担保資産を現金化するには、更に手間がかかりますが、
とにかく決算書が傷つくことはない…のが原則です。

 

しかし、今回のサブプライムローン問題では、多くの銀行が損失処理を行いました。


損失が出る理由はただひとつ。担保資産の価値が、未回収の金額を下回ったから…ということになります。


つまり貸付を実行する際の担保査定に問題があった…ということになりますね。

 

この責任は当然ながら経営陣にあるわけなんですが…【サブプライムローン問題】を口にする報道番組のほとんどが、そこについて追求しません。


ただ大変だ!大変だ…と騒ぎ立てるのみです。

 

ここでもう一度整理しますが、この問題で損失を受けるのは3者です。


【サブプライムローンを扱った銀行】
【その銀行の株主(利益権利者)】
【証券化した債権に投資した投資家】


ではなぜここまで大きな問題として扱われ、
世界的な株価下落の要因とされているのか?

 

つづく

  
Posted by tecconsulting at 17:58Comments(0)clip!ファイナンシャルプランナー 

2008年01月29日

メディアとお金 

本題に入る前に…


サブプライムローン問題は、『何が問題なのか?』。


その答えは、【あるお金を貸した人】が【ある理由でお金を返してもえら得なくなった】。

そして、その金額は【とても多額】。

 

つまり【あるお金を貸した人】=【米国の銀行】が回収できなくて困っているというもの。

 

ただ金融の世界には証券化というものがありまして、【ある権利】を証券として売買することが出来るんですね。

 

ここで【お金を返してもらう権利(債券)】を【証券化】して、【誰か=不特定の投資家】に売却しているとすれば
困っている人は米国の銀行にとどまらない…

 

(・_・;)さあ!いったい誰がどれだけ損してるのか?

 


( ̄д ̄;)誰だか…分からない…

 


(゜д゜;;)大変だっー!

 


…とまあ簡単に言うとこんな感じで騒いでいるのです。

 

 

そして、ニュース番組は【視聴率を取る】のが仕事なもんですから、この問題がどういうものか?なんてことはほとんど報道することなく、金融の知識もないようなキャスターが『とんでもないことが起こってしまいましたっ!』って競うように話しているんですね。

 

でも本当に大変なんでしょうか?

 

つづく

  
Posted by tecconsulting at 23:08Comments(0)clip!ファイナンシャルプランナー 

2008年01月28日

メディアとお金 

(゜д゜;;)アァッ・・・・

 


こんにちは。
今週担当の藤原です。

↑あれは、今週がブログ当番だということをすっかり忘れていて、
連絡を貰った時の私です。

 

(ToT)実は前回と同じ過ち…同じ出だし…

 


年が明けて早1ヶ月が経とうかというところ…

 

講演で『講演内容に限らず、なにかお金に関する質問ありますか?』と聞くと、必ず帰ってくるのが【サブ・プライムローン問題】です。


その度に私が答える回答は、


『(^^;)あれ、気にしないで、放っておいてください』

 

です。

 

(--;)マスコミ騒ぎ過ぎ…

(--#)経済番組と称している番組のキャスターまで騒いでいる…

 

メディアを通して著名人が騒ぐと、大衆がどう反応するか?分かってやってるのかしら???

 

今週は、【サブプライムローン問題】を例にして、メディアとお金について解説しましょう。

 

つづく。

  
Posted by tecconsulting at 14:01Comments(0)clip!ファイナンシャルプランナー 

2008年01月25日

Wii

今週担当の松金です。

今朝、何気なく新聞を見てみると、

「任天堂、営業益倍増」
との文字が飛び込んできました。
CM等でもおなじみの「Wii」「DS]が売れているとのこと。

ですが、我が家にはどちらもありません。
そういえば、妻に

「家もWii買おうよ〜。」

妻「・・・。」

私「Wiiがあればみんなでわいわい遊べるよね〜。」

妻「自分のお金で買えば。」

私「・・・。」

といったやりとりを何度したことかを思い出しました。
今年はWiiを買える(買ってもらえる)ように頑張ろうと思った私でした。

またまた1週間中身のない内容ですみませんでした。
お付き合いいただいた方々、ありがとうござました。
来週は藤原が担当します。


Wii

  
Posted by tecconsulting at 18:50Comments(0)clip!今日の出来事 | 日経新聞より

2008年01月24日

政治とは

今週担当の松金です。
今日は昨日とはうって変わって、抜けるような青空でしたね。
(風は非常に強く、昨日より寒さが増したように感じましたが。)

本日のニュースから。

「自民党の一部有志議員は24日、緊急の経済・金融対策を首相官邸に提言した。日本株の急落に対し、日経平均株価が1万8000円台を回復するまでの緊急の税制措置などを求めるとともに、首相官邸から海外市場へのアピールの強化が必要だと指摘した。」


との内容。

これを見ての私の感想は、

‘経平均が18,000円を超えたあとはどうなるの?
18,000円に設定する根拠は?
18,000円を超えるのにどのくらいの期間を考えているの?
い海譴辰得治家のポーズ?

と?マークだけがつのっていきました。

あまり、政治の批判とかはしたくないのですが、小手先(目先だけ)の選挙対策じみたことをせずに、国の将来をしっかり考えた行動を政治家の方々には期待したいものです。


国会議事堂

  
Posted by tecconsulting at 17:41Comments(0)clip!今日の出来事 | 尾山台だより

2008年01月23日

世界同時株安


今週担当の松金です。

昨日は世界同時株安と言う状況がおき、日経平均株価も大きく下がり、およそ2年4ヶ月前の水準まで達したとのことでした。

そして、昨晩アメリカのFRBが0.75%の利下げを実施しましたね。
ニュースを見ていて少し違和感を覚えました。

今回の株安の発端である、サブプライムローン問題はすべて解明できたのだろうか。

ことの全貌が明らかになっていない、疑心暗鬼の状態だからこその株安なのに、その状況下で金利だけを下げて事がおさまるのだろうかと。

取り敢えず、本日の日本の株式市場は反発してますが、ニューヨーク市場の動向が気になるところです。

折りしも、日経新聞の「私の履歴書」において、年初からグリーンスパン元FRB議長が執筆されています。

非常に興味深い内容で、株式市場の見方が少し変わるかもしれませんよ。(現在投資されている方々はそれどころではないかも知れませんが・・・。)

株式市場

 

 

 

 

 

  
Posted by tecconsulting at 17:48Comments(0)clip!日経新聞より | 独り言

2008年01月22日

喫煙から


今週担当の松金です。
本日の日経新聞から。

「たばこカード 義務化」
年齢識別 7月から全自販機に

との見出しが。

今年の7月以降、たばこの自動販売機において、ICカードで成人かどうかを見極める年齢識別機能の導入を義務付けるとのことです。

このICカードは成人にしか発行されず、未成年者が自動販売機でたばこを買えなくするためのようです。

この記事を読んで、(時代に逆らうように愛煙家の私にとって)これから自販機でたばこを買うには、いちいちICカードをかざさないといけないのかという面倒臭さを感じたのと、

もう1つ。

未成年の方はたばこも吸えないんだなぁということです。

大きな声では言えませんが、高校時代に夜中にこっそり家を抜け出して、自販機でたばこを買い吸っていたのを思い出します。

当然、未成年者が喫煙をしてはいけないのは知っていました。
あの頃は、たばこの味もよく分からず、ただ大人の真似事をしていたのだと思います。

同じような経験をされている方は、結構いらっしゃるんではないでしょうか?

色々なことを経験して大人になっていくことの大切さもあるのではないかと思います。

未成年者(子供)に対して、なにもかもにも蓋をしてしまうと、逆に隠れてもっともっと悪いことをしてしまうのではないかなぁ、と思ってしまう今日この頃でした。


たばこ自動販売機

  
Posted by tecconsulting at 16:40Comments(0)clip!日経新聞より | 独り言

2008年01月21日

寒い日

今週担当の松金です。
皆様、1週間のお付き合いをお願いします。

19日・20日で大学入試センター試験が行われましたね。
毎年言われているように思うのですが、この時期になると寒さが増し、例年雪が降ると。

今年も例に漏れず、寒さが増し、関東でも雪が積もると天気予報でも言われていました。

実際は、寒冷前線が上にあがってこれず、どうやら平野部では雪が降らないようですね。
(車の装備に関して、雪対策をまったくしていない私にとってはありがたいことなのですが・・・)

ですが、寒さは厳しいもので、昨日の寒さのおかげで風邪をひいてしまい、意識がもうろうとした中でこのブログを書いております。

皆様も風邪にはくれぐれもご注意くださいね。


雪

  
Posted by tecconsulting at 15:01Comments(0)clip!今日の出来事 | 尾山台だより

2008年01月18日

タバコを止めてみて

本日が当番最終日ですね。
最後ということで健康に大きく関連する「タバコ」について書いてみます。

加藤は昨年2月にずっと吸い続けていたタバコを止めました
ある日、途端に止めました。
そうです、こういう習慣性のものは用意周到にして行なうものではないと感じていたからです。
そうでないといつまでも踏ん切りがつかなくなっていくような気がしたのです。

そもそも「止めようかなぁ・・・」と感じていたのは事実。
喫煙の環境はどんどん悪くなっていく一方でしたから。

「止めた」ことを周りに告知して、あとは自然に任せるだけ・・・
あぁ、そう言えば「ニコレット」はひと箱分使いました
自分にとっての保険のようなものでした。
離脱症状と真っ向から戦うつもりはなかったのです。
どちらかと言えば、ガム感覚で日に2個程度を噛み、そのうち1個、そして終わり次第それもお終いにしました。

何だかんだでこの2月で1年が経とうとしています。
完全にタバコとは決別してしまったようです。

その過程では「脂肪太り」なども経験したりしましたが、やはり止めて良かったと感じます。
加藤の場合、40代の半ばということもあり「生活習慣病予防対策」としてタバコを止めたのですが、こういったことに関係なくとも止めたほうが良いかもしれませんね。
肺活量など、ドッグの数値にも明らかに反映されてきています。

現在では、飲み会の後やタバコ可の会議の後などに、自分の衣服に付くタバコ臭にビックリしています。
(今まで気がつかなかったことにむしろビックリしてます)

タバコを止めればすべてOKかと言えば、まるっきり違うかもしれません。
実は喫煙以上に身体に悪いことをしているかもしれません。

しかし少なくとも「百害あって一利なし」と称されるものを嗜好することから身体を解き放つこと、は重要だと感じます。

ちょうど禁煙約1年を迎え、キリがよいのであくまで私見を述べてみました。


今週一週間、お付き合いいただきありがとうございました。
来週は松金がお送りいたします。

それでは暖かくなった頃にまたお会いしましょう。

 

 

 

 

  
Posted by tecconsulting at 12:02Comments(0)clip!生活 

2008年01月17日

今回の風邪で感じたこと

さすがに寒い日が続いていますね。
今週は病気の話が中心になってしまいました。

加藤が今回風邪を引いたときに感じたとことは・・・
そう、「とにかく足腰の冷えがスゴい」ということでした。

ゾクゾクと寒気が走っているときに、何とか寝ようとベットのなかに入り込んだときのことです。
なかなか寝付けないわけです、そう寒くて。
特にそれがなんですね。

もともと男なのに冷え性なものですから、さらに足先が冷たいのです。
この冷たさがもっと酷くなっていたのです、まるでのようでした。
きっと身体の中心に血液が集まり、発熱のために機能しようとしていたのではないでしょうか・・・?

私も素人ですので詳しいことは判りませんが、その冷たさは尋常ではありませんでした。
当然、寝付くことが出来ません。

本来布団の中の温度はヒトの身体によって約25〜30度くらいになっているのだそうです
ところが加藤の場合、はるか低温であったのだと思います。

寝返りを打つばかりで寝られません。
で、最終的には今流行の「湯たんぽ」を使ってみました。

いやぁ〜、これが実に快適なんですね。
(加藤は最新のゴム製を使った。氷枕のようなもの)


自力で暖まることが出来ないところに湯たんぽが入ると、これが「グッと身体が落ち着く」んです。
もちろん寒気は治まりませんが苦しさが半減ぐらいするんではないでしょうか。

そんなこんなで寝付くことが出来ました。

風邪の治療はいろいろありますが、とにかく「安静」が基本ですよね。
ところが、それ以上に環境を作ることがもっと重要だと感じました。

故に・・・風邪の場合は「安静・休養」はもちろん大事なのですが、「安静・休養の環境をどう作るか?」によって「治り」に差が出るのだろう、と痛感しました。

まだまだ風邪のシーズンです。
風邪を引いてしまった際に何をすべきか?という点では「薬を飲む」とこより、こういったことが肝心なことかもしれませんね。


どうぞ参考までに・・・。

 

 

 

  
Posted by tecconsulting at 11:52Comments(0)clip!生活 

2008年01月16日

パンデミック・フルー

本日も昨日に続いて病気の話・・・

つい先日、NHKで大変興味深い番組を放送していました。
NHKスペシャル「新型インフルエンザの恐怖」という番組です。
見た方も多いのではないでしょうか。

そう「H5N1型新型インフルエンザ」のことです。
これが世界的に流行するとなることを「パンデミック・フルー」というのだそうです。
パンデミック・・・世界的な病気の流行
フルー・・・・・・インフルエンザ

という意味です。

地球上ではその昔「ペストの流行」もありましたし「スペインかぜ」というものもありました。
これらは全て「パンデミック」といわれるものです。

その原因となる「H5N1型新型インフルエンザウィルス」は鳥→鳥に移るものですが、突然変異で鳥→人、さらに人→人と進化することが仮説で見込まれるそうです。
この進化してしまった瞬間から「パンデミック」が起きるのです。

いやぁぁ・・・怖いですね。
見ていてゾクゾクしてしまいました(風邪ではない)

しかも致死率は圧倒的に高く、ワクチン生成までに多くの犠牲者を出すことは確実だとの見解です。


実はもっともっと恐ろしいのは「日本という国自体が意外にその対策を強固に行なっていない」という部分です。
NHKスペシャルでは米国を例に放送していました。
いやはや、実に深い部分にまで対策を講じているのが判ります。
パンデミックが起きた場合を想定し、通常システムから緊急システムに切り替える訓練をしていました。
また助ける人間の優先順位まで決めてあるのです。
本当にビックリしました


その一方で我が国はその中心となる医師等が尻込みしている、こんな状況でした。
もちろん「感染のリスクが高い」のがその理由です。
また機材・薬が整わないのもその理由でした。
あまりの温度差に愕然としました。

加藤は最近風邪を引いたこともあり、この番組が発しているメッセージを真剣に受け止めました。
米国での定義づけは「パンデミックはテロ・戦争行為に匹敵する」というものらしいです。

年金問題・医療問題等々問題は山積ですが、目を向けると日本の緯度の下方には新型インフルエンザの発火点と予想される地域があるのです。

アジアの盟主を自認する我が国では、もっともっと真剣にこの問題にも取り組むべきであり、多くの人々が認識を新たにする必要があるなと感じます。

そんなことを思いながらNHKスペシャルを見ていました。

 

  
Posted by tecconsulting at 18:10Comments(0)clip!生活 

2008年01月15日

年末年始で病気

新年あけましておめでとうございます。
今週当番の加藤です、今週一週間よろしくお願いします。

さて年末年始、皆さんはいかがお過ごしでしたでしょうか・・・
加藤の場合、見事に体調を崩した年末年始でした。

まずは12月になったとたんに「感染性胃腸炎」(おそらくノロウィルスですね)にかかってしまいました。
*検査によって断定されればノロウィルスですが、そうでない場合は感染性胃腸炎とされるらしい

朝目が覚めたとたんに下痢&吐き気に襲われ、生涯でNo1のベットとトイレの往復をしました。
3日ほどで治りましたが、全快するには2週間ほどかかったようです。
熱も出ましたし、体重も3キロ減りました。
(水分を補給したらあっという間に戻った)
年末は毎年この病気が流行りますね、注意しましょう。

それでも大晦日あたりには回復していましたので恒例の年末イベント等は参加したりしていました。

 

で・・・・お正月

年末から続く夜更かし&深酒がたたってか、箱根駅伝の終わりとともに喉がヒリヒリと痛み出し、フツーに風邪を引いてしまいました。

あいにく新年会が入っており参加したのですが、喉が痛くまた体の芯から止めどもない寒気が襲ってきていました。
とにかくスゴい寒気でした。
インフルエンザかと思いましたが、熱はしばらく出ません。
その後2日目からようやく熱が出始め、どっぷりと風邪に漬かってしまいました・・・

寝込むこと2日半、いや〜辛かった。
しかも今回は熱がドドンとと出なかったのが原因か、薬で無理やり下げたのが原因か、37度近辺の微熱がずっと続いたのです。
これも辛いですね。

行きつけのスポーツクラブでランニングマシンを使ってもすぐに息が上がってしまう状態に。
やはり風邪は体力を消耗するんですね、スタミナがすっかり落ちてしまいました。


とにかくこの年末年始は体調を崩す時期となってしまいました。

日頃から健康第一と思っていてもこんな事もあるものです。
今週は寒さのピークだそうです。

皆さんもぜひ気をつけてください。

  
Posted by tecconsulting at 10:59Comments(0)clip!スタッフ 

2008年01月11日

住宅ローン10年固定金利 ずばり比較!! 2008年1月

今週担当の松浦です。

 

銀行今日は20081月の『住宅ローン10年固定金利 ずばり比較!!』について書きます。

ランキングは金利の面から独自に計算していますが、その他の要因もありますので一概に優劣はつけられません。また11年目以降については推測での計算となっています。

※今回計算方法を若干修正したので前回と順位がかなり変わった結果になっています。

 

当初10年固定タイプの比較20081月11日時点)

 

1位・・・新生銀行通常タイプ

     当初10年2.70%(0.3%優遇)/11年目以降0.7%優遇

2位・・・三菱東京UFJ銀行ずっと優遇タイプ(自己資金20%以上)

     当初10年1.95%(1.7%優遇)/11年目以降1.0%優遇

2位・・・中央三井信託銀行ずっと優遇タイプ

     当初10年2.25%(1.3%優遇)/11年目以降1.3%優遇

4位・・・新生銀行キャンペーンタイプ

     当初10年2.20%(0.8%優遇)/11年目以降0.4%優遇

5位・・・住友信託銀行ずっと優遇タイプ(ネットで仮審査)

     当初10年2.30%(1.2%優遇)/11年目以降1.2%優遇

6位・・・ソニー銀行ずっと優遇タイプ

     当初10年2.54%(0.9%優遇)/11年目以降0.9%優遇

7位・・・八千代銀行ずっと優遇タイプ

     当初10年2.40%(1.2%優遇)/11年目以降1.2%優遇

8位・・・住信SBI銀行ずっと優遇タイプ

     当初10年2.55%(1.3%優遇)/11年目以降1.3%優遇

9位・・・三井住友ずっと優遇タイプ

     当初10年2.55%(1.0%優遇)/11年目以降1.0%優遇

10位・・・住友信託銀行最初に優遇タイプ

     当初10年2.10%(1.4%優遇)/11年目以降0.7%優遇

10位・・・みずほ銀行ずっと優遇タイプ

     当初10年2.60%(1.0%優遇)/11年目以降1.0%優遇 

12位・・・りそな銀行ずっと優遇タイプ

     当初10年2.65%(1.0%優遇)/11年目以降1.0%優遇

13位・・・八千代銀行最初に優遇タイプ

     当初10年2.10%(1.5%優遇)/11年目以降0.7%優遇

14位・・・住信SBI銀行最初に優遇タイプ

     当初10年2.35%(1.5%優遇)/11年目以降0.7%優遇

15位・・・中央三井信託銀行最初に優遇タイプ

     当初10年1.90%(1.65%優遇)/11年目以降0.4%優遇

16位・・・みずほ銀行最初に優遇タイプ

     当初10年1.90%(1.7%優遇)/11年目以降0.4%優遇

17位・・・三井住友銀行最初に優遇タイプ

     当初10年2.05%(1.5%優遇)/11年目以降0.4%優遇

18位・・・りそな銀行最初に優遇タイプ

     当初10年2.15%(1.5%優遇)/11年目以降0.4%優遇

  

※保証料がいらない銀行(事務手数料が2.1%の住信SBI銀行を除く)は0.2%引いた内容でランキングしております。それ以外の諸費用については一切考慮していません。

 

初めて新生銀行がトップになりました。金利は高く優遇幅も大して大きくありませんが、保証料がないのと、基準金利の設定が他行より低い関係で1位になりました。金利優遇幅が何故か11年目以降の方が大きくなっています。

 

金利水準は前回よりも下がっています。借りる人には良いことですが、景気が後退しているようでそれが心配です。

 

取り上げたのは10年固定金利タイプですが、ご自身のライフプランにあわせてフラット35等の全期間固定金利タイプや他の固定期間も検討してみると良いです。融資手数料や保証料の有無は十分に確認して下さい。

 

一週間お付合いありがとうございました。

  
Posted by tecconsulting at 23:59Comments(0)clip!ファイナンシャルプランナー 

2008年01月10日

重要文化財に指定された美しい橋

今週担当の松浦です。

チョット(かなり?)古い話題になりますが、先月までTEC CONSULTINGのコンサルティングルームのあった東京都中央区にある3橋が国の重要文化財に指定されました。

尾山台便りのタイトルとも、TEC CONSULTINGの業務内容とも全く関係ない話ですが、松浦が中央区に住んでいるので、勝手に宣伝します。

重要文化財に指定された橋は、上流から順に「清洲橋」「永代橋」「勝鬨橋」の3橋になります。全て隅田川に架かっている橋で、都道府県が管理している橋では初めての指定だそうです。

このことは中央区のHPにもトピックスとして掲載されています。11月3日には記念式典も開催されていたようです。

清洲橋は昔、明石家さんまさんのドラマで使われていたとても優しい感じの橋です。

永代橋は、ライトアップされるととてもカッコイイ橋です。車道が全部で5車線あり、時間帯によって上下線の数が変わります。

勝鬨橋は、橋の中央が開く(跳開方式)珍しい橋です。残念ながら今は開きませんが。現在隅田川の最も下流に架かっていますが、近い将来更に下流に橋が一本新設される予定です。

橋オタクではありませんが、この3橋はどれも素敵で河岸の遊歩道からよくボーっと眺めています。

橋みなさん、ロンドンブリッジにも負けない中央区の美しい橋を是非ご堪能下さい。

  
Posted by tecconsulting at 23:36Comments(0)clip!人形町便り 

2008年01月09日

セミナーの講師

今週担当の松浦です。

 

今日は、今月開催予定のセミナーについて宣伝です。

 

2008年1月26日(土曜日)に

 

セミナー

『確定申告シーズン到来!

自営業者の基礎知識 

不動産の権利関係&税』

 

 

のセミナー講師をします。

 

何か難しそうなタイトルですが、この内容は同じセミナーで講師をする松崎希実子さん(フュージョン・インスティテュート代表)の内容でして、松浦は主に不動産の選び方について、FPとしての視点で話す予定です。

 

耐震偽装マンションや欠陥住宅をつかまない為の知恵や、販売業者の特徴など、知っておいて得する情報を沢山提供したいと思います。

 

主催はSBIホールディングスで、場所は六本木一丁目の泉ガーデンタワー20F セミナールームになります。

 

(泉ガーデンタワーのエレベーターって、何か凄い豪快ですよね!気に入っています。)

 

詳細はSBIセミナーをご覧下さい。

 

みなさんの参加をお待ちしております。

 

  
Posted by tecconsulting at 23:52Comments(0)clip!セミナー 

2008年01月08日

今年の日本は明るいか!?

今週担当の松浦です。

2008年の株価は何とも不安なスタートとなりました。

 

評論家やエコノミスト達は「海外投資家が日本を投資対象にみていない」とか「サブプライムの影響」などと自由にコメントしていますが、本当の原因はどこにあるのでしょうか?

 

5年前の2003年年始は日経平均が8000円程度だったので、それに比べれば今の14000円台は悪くないかもしれませんが、1年前は17000円程度でしたらから、それに比べればお寒い状況と言えます。

 

FPとして顧客に資産形成の話をする時は、短期の相場に一喜一憂することなく、明確な目標を持って長期で運用するよう話していますが、そうは言っても、時電卓価を計算してしまうと元気なくなりますよね。

 

我慢我慢ってところでしょうか。

 

でもそれよりも、日本の今後が心配ですよね。

 

問題山積みなのに、国民を引っ張っていけるリーダーが不在のような気がします。

 

あわせて、我々国民も一人一人がもっと賢くなっていかないといけませんね。

 

ファイナンシャルプランナーもその一翼を担っていく必要を感じています。前を向いて頑張っていきましょう!

 

 

  

2008年01月07日

楽天野村監督のいい話

今週担当の松浦です。

 

2008年早くも順番がまわってきました。

年末年始くらいはのんびりしたかったのですが、のんびりする前に今日を迎えたような感じです。

 

今日の話題は、テレビ番組でみた楽天野村監督についてです。

番組内で、野村監督の指導方針の特徴として、前古田ヤクルト監督が次のように言っていました(若干捉えかたがずれていたらスミマセン)。

 

「無視・称賛・非難」

 

野球23流の選手は相手(無視)にしない。もうひと頑張りの2流選手に対してはよく褒める。1流選手に対しては決して褒めない。」

1流選手はできて当然だから褒めることはないとのことです。

そう言えば新人田中選手に対しては称賛のコメントが沢山ありましたが、岩隈選手には厳しいコメントばかりだったような気がします。

 

フムフム。なるほど!

 

そして、監督業は気づかせ屋さんとのこと。

ん〜、ファイナンシャルプランナーにも通じるところがあるような気がする!

 

ついでに、野村監督は照れ屋だとのこと。

ん〜、松浦も照れ屋です。

 

スタジオ観覧に来ていた企業管理職の人たちが一生懸命メモを取っている姿が印象的でした。

 

新年早々、松浦も野村監督に何かを気づかせてもらったような気がします。

今年もみなさんお付き合いをよろしくお願致します。

 

 

  
Posted by tecconsulting at 23:55Comments(0)clip!今日の出来事 | 独り言

2008年01月04日

本日はハワイノース地区の写真です!

ハワイ虹この写真、わかりますかね??

虹が出てます(^^♪

そう、ハワイが虹が出ることでも有名です!

そしてこの虹を見ると良い事があると言われております!

虹もこの写真は1本ですが2本、3本同時に出ている場合があるんです!!

今回も訪れて初日に見ることが出来ました(^^♪

 

ノース

ノース地区の写真です!

ここ、ノースはサーフィンのメッカ!

世界中から多くのサーファーが訪れたり移り住んでいる場所です。

かなり、波が高く、風も強い為、初心者には厳しいところですが、世界大会も開催されるなど、この時期はサーファーにとってはまさにパラダイスな時期になるんです!!

 

ノース2

WAIMEA FALLS

ここはノースのパワースポット!ハワイには気を与えてくれる多くのパワースポットが存在します!

ここは公園になっていて、色々な国の植物が生息しています。

日本の小笠原諸島の植物もあるんです。

森の緑に囲まれた自然豊かな場所で、気持ちを癒してくれます!

ハワイ3

そしてここには滝があります。

あいにく雨上がりの為かなり水がにごっていて綺麗に感じませんが、ここでは泳ぐことも出来るんですよ!!

日本の大きな滝とは少し違いますが、何か癒される空気を感じる場所です。

 

 

普段、ハワイって言うと、どうしてもお買い物やビーチって感じになりますが、ハワイにはこういったパワースポット&ヒーリングスポットが多くあります、もしもハワイに行く機会があれば一度、こう言う所にも訪れてみてはいかがでしょう!!

 

さて、今週も今日で終了です!

来週は松浦が担当します!

 

どうぞ、今年1年、またティーイーシーコンサルティングを宜しくお願いいたします。

 

 

 

  
Posted by tecconsulting at 00:00Comments(0)clip!今日の出来事