2019年05月12日

★シカゴ大豆チャートに見る米中通商交渉の行方


米国産大豆の上得意先は数十年に渡り

中国であり、米中通商協議が首脳陣が

コメントを繰り返した通りに順調ならば

こんな動きにはならない。

急騰し2018年の高値を軽く上回って

いたことだろう。




シカゴ大豆

MINKABU・Win-Station使用


なぜならばこの時期は中国が交渉使節団を

送りこみ大量に制約をする時節だからだ。

まして、4−5月と言えば豊作の年で

冴えない相場の年でも年間高値を

出しやすい季節。

しかしながら3月に陰転した。

中国が米国産大豆を成約していない事を

意味する。

この事は何度かUPしてきたがね。



technical_crachers at 04:42│clip!穀物 | 独り言
まぐまぐ
メルマガ購読・解除
 
友人サイト