2015年05月21日

ギリシャに関して、どうやって事態が打開されるのか。確率としては、なにかしら条件は付きつつシナリオ2が95%、シナリオ1が5%ぐらいになるかと。

■シナリオ1:ギリシャ経済破綻
ギリシャがEUに納得感のある緊縮財政案を提示せず⇒EUから資金援助期限切れ⇒IMF等へ返済できない⇒格付け会社デフォルト級ランク格付け⇒国債利回り暴騰で返済不可能⇒国民投票⇒財政政策を自国で実施するためユーロ離脱賛成多数でギリシャ離脱
経済的なインパクト:不安定な状況を嫌いユーロ・ポンド暴落し、安全通貨ドル・円高。リスクオフで一時資源通貨も下落
ユーロ圏株式市場も調整するが、ユーロ安と比較的強めの経済指標から一時暴落後持ち直し

■シナリオ2:EU経済支援再開
ギリシャとEUで妥協し、EUからの資金援助⇒ギリシャ国内での政権不安定になるが、世界的にリスクオン
経済的なインパクト:リスクオンモード全開でバブルにGoで1年ぐらい上昇つづける⇒近々、米国か日本かヨーロッパの株式市場で暴落をトリガに世界的な調整

人気blogランキングへ投票 よ(^ー^)ろ(^o^)し(^ ^)く(^▽^)ね(^ー^)ノ

 2008年10月29日に最後の記事を書いてから、早くも7年弱が経過しました。
その間、色々な出来事がありました。本当にいろいろと。人間としても悩み成長したり、落ち込んだり。仕事もいろいろと環境が変わりました。そうそう、社会人学生として大学生もしてたりします。今年 卒業の予定だったりもします。

 本当に色々なことがあって混乱もしてたりしますが、何だかブログに書きたい気分になりつつあるので、株式のみならず人生のこととかも書いていきたいと思います。いろいろと適当な感じで将来のシナリオに関して、たまに書いていこうと思ってます。

人気blogランキングへ投票 よ(^ー^)ろ(^o^)し(^ ^)く(^▽^)ね(^ー^)ノ

2008年10月29日

拝啓

 思い返せば2004年07月17日から本ブログをはじめ4年3ヶ月の歳月が過ぎました。途中何回も断筆を繰り返しながらも何とか続けられたのも皆様がお越しくださったおかげです。

 最近は市場の混乱や日本株式市場がイカサマであることもだんだんとわかり投資意欲も萎えておりました。今回ブログの有料期間が終了するにあたり、これを機会としブログ更新を無期限にて停止致したいと思います。

 われわれの生きるこの経済が安定を取り戻し、日本の株式市場の規制が進みより健全な形になることができましたら、その際は再起をかけたいと存じますが、それまでは本業に専念することといたしました。

 皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げ お礼かたがたご挨拶申し上げます。

敬 具
テクニクル

人気blogランキングへ投票 よ(^ー^)ろ(^o^)し(^ ^)く(^▽^)ね(^ー^)ノ

2008年10月28日

米軍のシリア越境攻撃を続行 拡大ならシリア応戦も

 もうこんな状況では戦争にしか糸口を見つけられないんでしょう。打つ手なし。唯一あるのは強大な軍事力。そりゃ奪い取るしかない。結論は見えているのかもしれませんが、この動きがイランへ飛び火して、ロシアを巻き込んだ第3次世界大戦のきっかけとならないことを祈ります。北朝鮮よりもたちが悪いアメリカなので要注意です。

第3次世界大戦―最強アメリカvs不死鳥ロシア
第3次世界大戦―最強アメリカvs不死鳥ロシア


人気blogランキングへ投票 よ(^ー^)ろ(^o^)し(^ ^)く(^▽^)ね(^ー^)ノ

 さてさてFOMCが2日に渡って開かれますが、利下げはよいとして他に何か景気のよい話はでないでしょうね。もうすでに利下げは心情的にすこしばかりしかインパクトないんですが。
 今はサブプライムも問題としてはあるんですが、話が先に進んでHFの解約により売り合戦で金融メルトダウン真っ最中。こんな中、金利もくそももう関係ないす。
 それよりこれにともなうドル安は大丈夫だろうか?アメリカは輸入大国であり、スタグフレーションの死のサイクルを引き起こすリスクがたかまるのではないだろうか。。
アメリカ衰退の経済学―スタグフレーションの解剖と克服


人気blogランキングへ投票 よ(^ー^)ろ(^o^)し(^ ^)く(^▽^)ね(^ー^)ノ

 世界中の銀行が色々と話題にあがっていますが、あのドイツ銀行はあまりきかないなぁと思っておりましたら、今週木曜のサプライズにならないよう事前の計画的リーク?がでてきました。
Deutsche Bank Derivatives Loss May Top $400 Million

 まあ株式投資で400億の損失とのことでメガトン級ではないのですが、本当にそれだけで終わるのか、たんなる緩衝材で小ネタをだしただけなのか。まあ、UBSでかなりやられているのでドイツだけが無傷であるわけはないです。
欧州最強の金融帝国 ドイツ銀行


人気blogランキングへ投票 よ(^ー^)ろ(^o^)し(^ ^)く(^▽^)ね(^ー^)ノ

$62.95。かな〜り以前から原油価格の下落を指摘していましたが、とうとう60ドル切り目前まできました。

Oil Falls to 17-Month Low as Recession Concern Intensifies

 今内部で起こっていることは投資家の解約でヘッジファンドがファンドの中で保有している原油関連が売りにだされて本来の価格に戻りつつあるということです。円高といい、原油といいヘッジファンドの解約売りが猛烈に世界を襲っています。ネガティブスパイラルです。

[緊急改訂] 知られていない原油価格高騰の謎


人気blogランキングへ投票 よ(^ー^)ろ(^o^)し(^ ^)く(^▽^)ね(^ー^)ノ

Goldman called Citi for merger in Sept - source

 実は先月、GSがCitiに合併を打診していたそうです。あれぇ?バフェット爺ははめられてるのかそれとも、これはバフェット爺の指図なのか。子の業界は、狐とたぬきの化かし合いなので、正直 どんなディールがあったのか興味深々です。

ゴールドマン・サックス―世界最強の投資銀行


 ところでゴールドマン サックスの株価ですが、94.37現時点ではバフェット爺の購入価格115ドルから20ドルばかり安くなっています。


人気blogランキングへ投票 よ(^ー^)ろ(^o^)し(^ ^)く(^▽^)ね(^ー^)ノ

2008年10月26日

さて、決算の時期ですが、来週以降は下記の用なところが予定しています。

10月30日(木)ドイツ銀行
11月 4日(火)UBS
11月 7日(金)AIG、ファニーメイ、GM
11月10日(月)フォード
11月20日(木)フレディマック

ドイツ銀行はまだ未知数ですのでサプライズ度が高い可能性がありますので、その意味では要注意。その他はストレートに要注意。AIGとか最近の動向をみるにショート気味なので。。


人気blogランキングへ投票 よ(^ー^)ろ(^o^)し(^ ^)く(^▽^)ね(^ー^)ノ

2008年10月24日

 独自通貨を持つ小国はいまや信用問題から暴落中。以前から書いてきた韓国やアイスランド・オーストラリアもそうだけど、今回はあのGDP上位のデンマークでさえ危機的状況です。

 ユーロ加入を急ぐよう政府が働きかけているそうですが、あと1・2年内にユーロの傘に入らないことには通貨価値暴落で国家破綻リストに載りかねない状況になってきました。

 このロジックは一昨日利上げしたハンガリーと同じです。

デンマークが利上げ 通貨クローネの防衛狙う

人気blogランキングへ投票 よ(^ー^)ろ(^o^)し(^ ^)く(^▽^)ね(^ー^)ノ

 アジアの暴落を引き継いで欧州の各Indexも暴落中です。
FTSE 100 -7.51%
Dax   -9.21%
Cac 40 -8.41%

 今日の米国は予算がないこともあり、切れるカードがほとんどないため利下げぐらいしか発信できないんだけども、今となっては利下げはそれほど影響を与えないんです。金融機関は疑心暗鬼で貸し渋りしている状態なので。というか、当の金融機関でさえリーチかかってあと少しでツモ。。

 AIGが再度破綻宣言をする日が近づいてきている。。これがあると、今までありえないぐらいの打撃を世界経済に与えます。立ち直れないかもしれません。まあ、みんなしっているけど怖くて口にできないんでしょうが。。

 そういえば今の株価・為替がつづけば日本の生命保険会社もうほぼ含み損に転落ですね。これは厳しい。。
生命保険の「罠」 (講談社+α新書)


人気blogランキングへ投票 よ(^ー^)ろ(^o^)し(^ ^)く(^▽^)ね(^ー^)ノ

 まあ、そろそろくるかとおもいましたが、今日でした。暴落。
ちなみに為替がえげつない動きです。円の圧倒的独歩高!1日に10円動くとは誰が予想できたでしょうか。。

 ここのところHFの解約に関して書いてましたので、私のブログを読まれている方は既に手仕舞いしていると思いますが、あと何回か大底を目指して膿を出し切らないことには健全な体にはもどれません。でも健全といっても昔みたいな架空のお金(レバレッジ)があるわけではないので、価格は過去とは違うということは確か。ただ、いままで散財してしまった付けをどれぐらいかけて払い続けるか、持ちこたえられるかという問題もあります。。日本の失われた15年とかどころではなく今回は世界経済が破綻するかどうかの桁外れの額です。

 はて今日のダウはどうなることか。
為替がわかれば世界がわかる (文春文庫)


人気blogランキングへ投票 よ(^ー^)ろ(^o^)し(^ ^)く(^▽^)ね(^ー^)ノ

 新聞の広告スポンサーがいないという件ですが、アメリカの大手エリート紙であるNYTことNew York Times紙にもスポンサー不足の影響がでているとのこと。
N.Y. Times to Review Dividend as Ad Slump Continues

 そういえばAIGもゴルフとかのトーナメントスポンサーだったりサッカーのスポンサーしていたんだけど、もう契約打ち切りでしょうね。こうやってプロスポーツなどの経済に対して付随する部分はさっそく削ぎ落とされていくんでしょう。プロスポーツには冬の時代ですね。ただ、これをいい機会に行き過ぎた報酬を見直し健全な体質に回帰するチャンスです。

 何事も中庸が大切。スポーツで生み出す価値が工場で生産活動する価値の何百倍もあるわけがないと考えるのが普通だと思います。
The New York Times Magazineで読む男の言い分 女の本音
The New York Times Magazineで読む男の言い分 女の本音


人気blogランキングへ投票 よ(^ー^)ろ(^o^)し(^ ^)く(^▽^)ね(^ー^)ノ

AIG may need more cash due to restructuring
850億ドルの融資を受けたAIGですが、1200億ドルぐらい必要ぽいす。とのことです。すでに注入された資金は底をつきかけているそうで、日本でもAIG関連の保険は解約の嵐でもうこうなると支えきれないと思います。ただこれがこけると、CDS関連でもう混乱を通り越して内乱が起きそうな雰囲気になってしまうため、米国政府はとりあえず延命のため貢ぎ続けざるを得ないんでしょう。

 当面世界を見渡しても立ち直れるほどおの大きな材料は見当たらないので、真綿に水を含ませていく感じで締められていくんでしょうか。今日は、日本も上げそうですが、来るべき暴落の日は近い。
ソロスは警告する 超バブル崩壊=悪夢のシナリオ
ソロスは警告する 超バブル崩壊=悪夢のシナリオ


人気blogランキングへ投票 よ(^ー^)ろ(^o^)し(^ ^)く(^▽^)ね(^ー^)ノ

2008年10月23日

 さて、ヘッジファンドが解約の嵐でも株の買い手がおらず売れずに特別なマーケットでマッチングさせてかなりディスカウント(大きいときは50%オフ)で換金しているとのことです。

Selling Hedge-Fund Stakes

 年金基金や財団基金には投資先へのルールがあり、ある一定割合以上はヘッジファンドへは投資できないんだけども、少し前までHFも含めて調子が良かったため資産に対する投資比率は同じでも金額があがってたんだけど、ここのところの急落で投資比率がたかまってルール上は売って比率をさげるんだけど、HFはすぐには解約できない(45日ルールとか、年1回・2回とかしか解約のチャンスのないものとかいろいろありますが、換金性は悪いです。)。

 で、そのマッチメーキング市場で投売りされているということです。基金系は資産額が高いのでマーケットへ与えるインパクトは大きいです。
ヘッジファンドの真実 (新書y 185)
ヘッジファンドの真実 (新書y 185)


人気blogランキングへ投票 よ(^ー^)ろ(^o^)し(^ ^)く(^▽^)ね(^ー^)ノ

 ロングテールでお馴染みのアマゾンUSですが、どうも売上がおちて大変みたいです。ECの代名詞でもあり、コストメリットから不況でも強いとされる会社の1つですが、今年の冬は少し違うみたいです。

 金も下落。原油も下落。もう動かすお金がありません。

 アメリカではクリスマス商戦が天下分け目の稼ぎ時なんですが、今年はどうも不発ぽいのでどの小売業者も大変な冬となりそうです。

Amazon.com Lowers Annual Forecast; Shares Plunge

 こういうのを需要と供給のバランスが崩れたといい、この場合は買い手市場で、売り手はかなりなバーゲンセールを余儀なくされるでしょう。1ドル97.68円と半年前ぐらいの予言どおり100円を割ってきました。

■これまでの動き
地価の下落
=>プライムローンの債務不履行
=>銀行の不良資産増大=>さらに地価の下落
=>投資銀行の体力ぎれ(LBなど破綻)
=>CDS兵器炸裂(AIGなど救済)
=>レバレッジの解消=>株価・コモディティ暴落
=>リスク解消=>株価・コモディティ暴落(キャリートレード逆噴射で円高)
=>公的資金投入その他いろいろ世界で協調
=>効果見られず閉塞感=>ファンド解約
=>株価・コモディティ換金売り暴落+円高(今ここぐらい)
と言う流れですが、ここからはどうなるんでしょう。

予想 その1)
=>AIGなど救済しきれず、かなり強引な経済政策発動
=>経済の弱い国のデフォルト騒ぎ及びIMFの無力さが周知
=>ドルの下落
=>!!

さてさて、また次の波がきていますが、また米国でBushさんなどのリップサービスがないとやばそうですね。。神通力は日々失われてもう、マーケットに対するプレゼンスはほとんどない気もしますが。。

2010年資本主義大爆裂!―緊急!近未来10の予測
2010年資本主義大爆裂!―緊急!近未来10の予測


人気blogランキングへ投票 よ(^ー^)ろ(^o^)し(^ ^)く(^▽^)ね(^ー^)ノ

Wachovia posted a $23.9 billion quarterly loss

 ここのところの混乱で損失・損失・損失が相次いでいて、いまいち金銭感覚が麻痺していますが、なんと2兆円オーバーの損失をこの四半期で計上したとのことです。

WIKIによると
ワコビア(Wachovia Corporation)は、ノースカロライナ州シャーロットに本拠を置く、米国の大手金融機関である。
多様で幅広い金融業務を展開しており、一般的な預金のほか、資産管理、コーポレートバンキング、投資銀行業務などを行う。
リテール分野ではワコビア銀行(Wachovia Bank)として、コネチカット州からフロリダ州、西はテキサス州まで、東部を中心とした15州で活動。西部においても、合併・統合処理中のウェスタン・フィナンシャルバンクをカリフォルニア州にもつ。
また、ワコビア証券(Wachovia Securities)は全米、およびラテンアメリカ6ヶ国において、リテールの証券売買仲介業務を行う。
このほか、世界各国に40の支店を構える。

で、問題は貯金流出です。最近は、インターネットバンキングで、わざわざ支店まで取り付けにいくことはないのですが、既に5%が流出中。これでますます加速するでしょう。危ない銀行にお金を預ける義理はないですから。こうなると、疑心暗鬼、淘汰が一気にすすむため、またしても市場は大荒れになりそうな気配です。
Depositors pulled out 5 percent of their money, or $13.4 billion, a massive amount for a bank.

サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践


人気blogランキングへ投票 よ(^ー^)ろ(^o^)し(^ ^)く(^▽^)ね(^ー^)ノ

2008年10月22日

 悪事はばれるもんですね。勝手にFX取引して、予想外の損失。2000億って。。すこし額が大きすぎるとおもいます。

CITICパシフィック(中国語:中信泰富、英語:CITIC Pacific)は香港を拠点に活動するコングロマリット。香港証券取引所(証券コード:0267)に上場。
主要業務は自動車関連サービス、インフラストラクチャー、情報業務、不動産などへの投資。

Hong Kong Securities Regulator Opens Citic Pacific Probe

2000億堪えられるのかな?企業の資産見てないけど2000億の損失が確定ならもう堪えられないと思います。と市場も見ていて今日CITIC Pacificは25%の暴落してました。

ちなみにCITICグループは昔 アセットマネージャーズが必死に関係気づこうとしていました。巨大財閥です。


人気blogランキングへ投票 よ(^ー^)ろ(^o^)し(^ ^)く(^▽^)ね(^ー^)ノ

 先ずは、ハンガリー通貨のフォリントですが暴落中です。韓国ウォン以上ですね。ということでハンガリー当局は非常事態行動で3ポイント利率を上げ11.5%となりました。

Hungary in three-point rate rise

IMFが入ってもどうなるものか。。世界中の小国とくに独自通貨の国は信用問題からリスクマネーが逃げて瀕死です。

ドル暴落から、世界不況が始まる
ドル暴落から、世界不況が始まる


人気blogランキングへ投票 よ(^ー^)ろ(^o^)し(^ ^)く(^▽^)ね(^ー^)ノ