2011年03月31日

選挙が来た

やはり選挙はやるのですね。

都知事選挙なんて、争点は花見をすべきかどうか、って感じになってしまいましたが、くれうれもどさくさにまぎれて、変な人が当選しないことを願います。どこの地方も・・。

変な話、余命一週間程度だった菅内閣が、震災の影響で処分保留。
さらには、何を争点にしたらよいものか、今最大の国家的危機になっている「原発」問題も、原発そのものに反対の人は、自民党ってわけにもいかず、菅政権追認ってわけにもいかず、二大政党では選びようがないんですよね。

しかしある意味、民主党政権になっていたから、今は原発についてまともな議論になっているのではないかと思います。
民主党が野党のままだったら、ヒステリックな廃止論と責任論が、無責任に勢いづいて、滅茶苦茶になっていたかも。

なので、大連立どうぞ。
但し、総理だけは代わってくれないかなぁ・・。

ted803 at 04:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月30日

政治家の作業服姿

民主党の作業服。見事に皆さん、似合わないのですけれども、お揃いで調達したのだそうです。

その費用が800万くらいかかったそうで、それを批判する論調もありましたけれども、しかしなんでも、「その金額を寄付した方がいい」とか「不謹慎」とかという風潮のほうがおかしいのではないかとおもいます。

それじゃ、世の中なんにも出来なくなります。国も産業も弱体化します。と、これは主にメディア批判。

それにしても、作業服が似合わないのは政治家としてどうこう言われないのでしょうけれども、最近の政治家さんは、どうもスーツも着こなせていない人が多いと感じているのです。

むしろ作業着の方が似合う人もいるんですよね。

ted803 at 05:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月29日

避難所生活

地震の日から2週間以上たっても、いまだに避難所暮らしの方が数十万もいらっしゃるそうです。

しかし、体育館や公民館の避難所ってのは、たとえば台風の一晩の避難のものではないですかね。

今の東北の被災者のみなさんは、当分は帰る家どころか町もない状態です。
一日や二日で元に戻るなんて、難しいことです。

ですから、全国の安全で無事な場所に集団疎開してもらわな伽ならないと思います。事情やお気持ちは分かりますが、それこそ強制的にでも・・・。

寒い東北、今、わざわざ野戦病院で苦心する必要もないし、東北の他の件でも関東でも、西日本でも、快適な空き住宅や、かんぼの無駄な宿とかまとめて移住してもらえる場所はあるはずです。

仮設住宅なんて作ったって、仮設じゃしょうがないし。
どこかにニュータウン作って提供するぐらいでちょうどいいと思います。

特に、福島の原発周辺の人達の分は、その恩恵にあずかっていた東京電力の圏内の都県が、3食付きで迎えるべきです。


ted803 at 05:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月28日

募金ねえ

被災者のために出来ること、という意味では、いちばんなのは募金、
邪魔になりませんし。

なので、しっかり募金すればいいのですけれども、まだ1円もしていません。
お金は、お金で気持ちがどんなにこもっていても、額面の金額でしかありません。
ならば、僕らお金持っていない者が、必死で善意を振りしぼらなくても、お金持ちがまとめて寄付してくれた方がよいわけです。
僕らにはもっとできること、その前にしなきゃならないことがあるような気がしているのです。個人的には。

気持ちはだいじなのですけれども、ボヘミアンが、「今、僕らに出来ることです」といって募金箱を差し出すのですけれども、だったらちゃんと働いて納税しようよ、といつも思います。

また、いろんなアイドルや有名人が街頭募金をやっているのも、それなら東京じゃなくて地方にいけよ、と思ってしまいます。

震災を全く影響を受けなかった地域へ行って、各地の人の意識を喚起するなら、おおいに意義があると思います。その節は交通費は自腹で・・。

東京の街頭で庶民から100円ずつ現金を集めなくても、高額な収入がある方は、ご自身で100円x10万人分くらいの寄付していただければ、それで十分です。

庶民はコンビニで募金してますから。

ted803 at 05:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月27日

民放輪番制

プロ野球の開幕のドタバタは呆れるばかりで、論外というか老害というかなんですけれども、節電の必要性から、プロ野球の東京ドーム開催をメディアは避難していました。

けれども、人の商売にケチ付ける前に、民法TV局電力ピーク時の放送を自粛すればよいのに、と思ったりします。

もしくは輪番制。

放送してなきゃ、テレビは見ないし、少子化対策にも貢献するするかも知れないわけです。

それに、もっとまともな番組が今、放送できないものかと思います。

震災報道を通して、一番の敗者というか、問題が顕在化したのは、政府や東京電力よりも、民放各社の存在意義だったと思います。

よく、こんな番組平気で放送出来るなあ、というものばかり。

ted803 at 05:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月26日

震災ネーミング

『2つの震災』問題。

今回の震災、民放とNHKで呼称が違う件ですけれども、「東北関東」といっても、秋田県は東北ですけど死者なし、関東と言っても茨城県とその他じゃ被害の度合いが違います。
「東日本」という呼び方は、JRの分割に基づいているのでしょうけれども、じゃどこから?って感じです。

なので、
『東海岸大震災』でいいんじゃないかと思うのですが?

または
『東部沿岸大震災』で。

著作権放棄してあげるから、統一して使ってください。




ted803 at 05:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月25日

復活してみる

3月が怒涛の大変さで、右を向きながら左に歩いて、後ろの人の話を聞きながら右手でペンを持って、左手でおにぎりを食べながらトイレに向かっているみたいな感じでした。
わけ分かりませんが・・。

まだ、todoリストは残務の山なのですけれども、震災で失った仕事も複数あって、それはそれで複雑な思いです。

前を向く、その前にちゃんと振り返っておきたい一カ月だったので、さかのぼって、あれこれ書き留め直しておきたいと思ったりしました。
特に、表現と表現教育関係のお仕事については、沈黙は別の意味をもってしまうので・・。

これから2011年の2月21日から3月24日までの間、ちょっとづつ穴埋めして、この「揺れる」毎日を記録しておきたいと思います。

ted803 at 11:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月24日

インクの臭い

印刷所にいました。

インクの臭いがいい感じでした。
身体には悪いのでしょうけれども・・。

学生時代に、印刷工場で二度アルバイトしました。
懐かしい臭いでした。
ちなみに空気も悪いし汚いし、うるさい。でも落ち着くんですよね・・。

最近は、全然つながらないiphoneに頭に来ているので、そのついでにいうと、あんなもんで本が読めるなんてダメ。

僕は、本は好きだけれど、それはインクが乗った紙が重なってまとめられているもののこと。

読書は、臭いや手触りも一緒にするのです。

だから読み終わったら愛しくなるのですよ。


ted803 at 05:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月20日

ユニバーサルだと?

なんども言っているのですけれども・・・。

NTTの請求書が届くと、やはり不愉快な項目があります。

数十円の事なんですけど、『ユニバーサル料』というのには、何年たっても納得がいかないのです。

そんなもんを請求するのなら、『電話加入権』は全額返金されるべきじゃないんですかね。

運用金利ももらいたいくらいです。


ted803 at 04:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月19日

相撲は相撲でいい

相撲改革について、なんて言われだすと、改革しないでそのままのほうがいい、と思ってしまうんです。

相撲のしきたりや伝統を、今の尺度で測ってよいものかどうか・・・。

これを公益法人として認めないなら、それはそれでいいのではないかと思うわけです。

お役所に頭下げない欲しいなあ・・・。

女性を土俵に上げない論争だった時に、「そういう世界があってもいい」ときっぱり言い放った理事長は、カッコ良かったなあ。

ted803 at 04:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)