2006年01月

2006年01月31日

失敗供養3

77656838.jpg大好きな徳川家康さんのエピソードです。

武田信玄に三方ケ原で敗れて、命からがら浜松城に逃げ帰った
ときに、そのときの『自分の思いっきり情けない姿』を描かせて残した、というのがあります。(画像は、その絵)

描かされた画師も根性要ったと思いますが(笑)、敗戦を肝に銘じて、以後の自分の糧としたとの家康公、とても感銘します。

失敗を恐れ、認めず、隠したがる我々現代人。マイナスのセルフイメージは持ちたくないから、都合のいい事だけ記録してリセットする傾向があるかもしれません。
失敗したときこそ、忘れてはならない多くを学ぶべきと思います。そうすりゃ、失敗も成仏しようもんです。
そして家康も、三方ケ原が生涯唯一の敗戦となり、やがて天下人となったわけですね。

ということで、今年は特にダメダメ君の僕、「家康魂」で、頑張ります。天下は取らんだろうけど。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム | 愚痴。

2006年01月30日

警察官のオーラ2

45824073.jpg ところで、自分が絶対にならない(ならなかった)であろう職業の、第一番目はたぶん「警察官」だと思うのです。

 空想の世界でも、いつもは「逮捕される側」が多かったです。
こんな爽やかな犯人はいないと思うのですけどね・・・(ーー)

 ところが先日、幸運にも「本物の警視庁の警察官の方」とご一緒させていただきました。 そこで感じたのですけど、『警察官は独特の雰囲気がある』のですよ。  私服で来られていても、絶対警察官だとわかる「匂い」みたいなものを感じました。

写真は、架空の警察官させていただいた僕。ニッコリ笑顔で低姿勢。
 これじゃ、セールスマンじゃ・・・。(TT)

ted803 at 23:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 出来事 | 芸能

2006年01月29日

東横イン

東横インの社長が記者会見。
またまた、いいキャラが登場したもんだ。
ヒューザー小嶋社長に勝るとも劣らない、ブラックキャラ。
「嘘」「偽装」「粉飾」という流れから、「開き直り」という新局地を開拓してくれそうです。

でも、残念ながらマスコミは「ホリエモン」で手一杯。すでに犯罪者扱いですね。まだ被疑者なんだけど・・。
それにしても、未曾有の不況下で業績を伸ばした「社長」のキャラは、やっぱり突出してますね。

「一夫多妻男」もインパクトはあるけど・・・。
しかし、あれって、あの状況って、「モテる」って言うの?

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月28日

10年パスポート3

8fa07503.jpg10年パスポートがとうとう期限切れ、更新の手続きをするため、写真撮影に行って参りました。

でも、本人変わってないつもりでも、10年前とでは顔つきがやはり違います。自分でもそう思いました。
今日撮ったこの写真の顔も、これから10年お付き合いになるわけですけど、これじゃ、10年パスポートの写真って、正直信憑性が問われますよね。

さらに、3月からはICパスポートに変わるそうです。このまま次の10年も「古い」ic無しパスポートを使うんですかね。

 その偽装写真の思い出のパスポートを見返してみたら、ドイツのスタンプって2色判で、しかも赤と黒。めちゃくちゃ、ドイツっぽくて素敵ですね。今はどうなんでしょね?

 写真はハンガリーの査証。マヂャール語です。
温泉と音楽と建築と酒、とってもいいとこでした。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 出来事 | コラム

2006年01月27日

雪国へ。。。4

b6774d44.jpg
窓を開けたら雪の窓。

電車はボタンを押さないとドア開きません。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) お出かけ | 出来事

2006年01月26日

コヤギのうた4

作者不詳なのですけど『コヤギのうた』の構成力に感服しました。
♪ドレミファソ・ソ♪ソフファソミド〜♪
って「ちょうちょ」みたいに「右手五本指移動なし」で弾けるそのまんまハ長調で始まるわけです。だれでも油断して入りやすいですよね。

そのくせ、途中の展開部ではファ♯が混ざって、ドキッツとさせられ、さらに高音の『シ』と『ド』にぴょこっと手を出すので、とってもイマジネーションが広げられてしまいます。
それでも1オクターブの中に一曲納まっているから、歌うにも演奏するにも決して複雑な曲じゃないんです。

三幕ドラマが一曲のなかで綺麗に出来上がっているというか、「作品に興味を持つきっかけ」と「作品を堪能した後の感想」が異なるというのは、僕の中ではベスト。
目玉商品につられてSHOPに行って、高価な別の品を買ったときの気分になります。まさに、欺瞞の藝術!?

もっと音楽を勉強したいもんだ。

ted803 at 02:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム | 芸能

2006年01月25日

岸田賞に思う。俺、合格?3

今年の岸田戯曲賞が決まったそうです。
ムーミンだそうです・・・そんなわけありません。
でもってその一つは、佃典彦さん作の『ぬけがら』
個人的には予想外ですけど、偶然にも拝見していた作品だったので、拍手拍手。自分にも拍手。

作品は、超常現象ベース(笑)なんですけど、各年齢の『自分』が茶の間に集まって、話し合う、ののしりあうというシーンがあって、面白かったですよ。老いた自分が、若き自分に向かって、
「お前が呑み過ぎたから、今こんなに苦労してんだ。」
とか・・・。 これらをわが身に置き換えて、相変わらず進歩の無い愚公ぶりにを思うとき、固まりそうになりました。

昔、「20年後の自分へ、20歳の俺は合格ですか?」
みたいなCMのがありましたけど、たぶん20歳の僕は合格だったけど、今はどうかな〜。20歳の僕からも、80歳の僕からも罵られるかもしれません。
精一杯、頑張っているつもりだけど、今ひとつ確信がもてません。

でも、犯罪もまだ立ちション程度だし、深刻に衰えは隠せないけど、一応健康だし。

てことで見逃してくれ・・・。


ted803 at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム | 出来事

2006年01月24日

足りないのは修行か、悟りか1

やっぱり厄年なのか、今年に入ってからどーも、やる事なすこと上手くいきません。脳みそも筋肉も内臓も声も言葉も、なかなか思うように制御できなくて、周りの皆さんにご迷惑をおかけしてばかり、ガックリの毎日です。たしかにちょっと、スケジュール的にもタイトだったし、疲れ気味かな・・・。

しかし、それじゃいかん。
これも日ごろの不摂生と訓練不足によるもの。よって、逃げてはいかん。 心入れ替えて出来るだけ試練の場に挑戦しようと思い、あちこちで修行してます。自分自身と戦い続けます!

それでも、人間老いてくるとボケます。
僕は、ボケは免疫の一種だと思ってます。物忘れは自然治癒能力です。このストレス社会では、特にそうだと思います。
その天然の免疫が必要以上に強いのか、僕は最近、感情の揺れ幅が小さくなってきている気がします。「自分は凶悪犯罪者で逃亡中」「警察に見つかりそう」という心境を想定しても、なんかそんなに焦らなくて悠々としてしまいます。

でも、それが現実になったら、思いっきり狼狽するんだろうなあ・・・。

ted803 at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 愚痴。 | 出来事

2006年01月23日

バス旅行5

0cd75c72.jpg週末、「売れっ子脚本家先生と喜び組の旅」(通称=偽称)に参加させていただいておりました。
修学旅行は規制だらけ、社員旅行はヤな奴も一緒、家族旅行は出費が痛い! そんななか、こういう「ブチブチ解放団体旅行」もあり得るものか、ああ日本人でよかった、資本主義国家でよかった、モモヒキ穿いて行かなくてよかったと、感慨深いもんでした。 年齢も仕事もバラエティに富む参加者のみなさん、そのスケジュールやらなにやら考えたら、奇跡的に実現しました。
まずは、主催者である「超・売れっ子脚本家先生」に大感謝。m(_@)v

さて、総勢24人の豪華サロンバス貸切(しかも大型)ツアーともなると、そうれはもう「筋書きの無いドラマ」のような展開です。
(いや、ドラマに筋書きがなかったら、困る人が多く参加してたのだけど・・^^)
いろいろありましたけど、特筆すべきは「雪でスリップしてバスが事故」。このときの運転手さんのプロぶりはご立派でした。

まず、状況としては下りのヘアピンカーブの先に、進路をふさぐ迷走車。ここでブレーキを踏んだら、われらが大型バスごと「遊園地のコーヒカップ」状態になるわけですが、そこはプロ。でっかい車体を巧みに路肩へ誘導して、事故を最小限に食い止めてくれました。
雪道不慣れな運転手さんにして、あのとっさの判断はご立派。

ちなみに、ご本人はその後路上で転倒して、肋骨を骨折。歩行者としては雪道は全くダメみたいでしたが、その骨折も我々に
悟られることなく、解散まで無事任務遂行してくれました。

それにしても、吹割りの滝の雪景色は見事でした。
そして一同、見事に滑ってコけました。肋骨折らなかったのは、運転手さんより若いから?


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) お出かけ | 出来事

2006年01月22日

手袋をまた紛失2

わたくし、傘を持たない人なんです。
少々の雨どころか、どしゃ降りでも、都会ではなんとかなるものです。井上陽水も真っ青です。(わからんか・・・)
その最大の理由は、置き忘れの帝王なもので、買ってもすぐ紛失してしまうので、『もったいない』から。

最近、傘が安いしどこでも売っているから、大事にできないのだと思い、その対策に1万円超の高級傘を買ったことがありました。
んが、やっぱりダメでした。雨が上がったら置き去り。

さて、冬場の手袋もだいたい安物を買って、ワンシーズンで廃棄してたのですが、今年は早くから超寒の冬でしたので、結構なお品を購入してました。 デザインもとっても気に入っていました。
んが、やっぱりダメでした。よりによって、昨日紛失。駅からの帰路に相方が蒸発してしまいました。

しかしヘンな話です。(わりと)高級な奴だったので、これは大事に来年も使おうと思っていたもの。そのくせ、年末の『私服スキー』で使ったり、アイススケート中になんども着氷してヨレヨレにしたりして、そのときはとっても後悔していたのに、紛失した今となれば、『使い倒してやった』感が、後悔の度合いを薄めてくれます。

これも、塞翁が馬ってこと?

ted803 at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 出来事 | 愚痴。

2006年01月21日

雪雪ドライブ3

大雪ですね。
大雪だというのに、所用で高速道路+田舎道のドライブしました。
我が家の車は、歴代いわゆるFR車。私、元A級ライセンス所持者。通称・サーキットのペーパードライバー・・・らしく、走り重視の車です。

がしかし、雪道の運転には最悪なのです。 もちろんチェーンもスタッドレスもなし、そういう場合は、とにかく慎重に慎重に・・・。無理さえしなければ、落ち着いてさえいれば「多少は滑っても大丈夫」 、立て直せます。
僕の駄ジャレやギャグとおなじです。・・・。

おかげさまで、無事帰還しましたが、道中3台の車が『ガーター』してました。うち一台は横転。

過信はだめだよ、若者諸君。


ted803 at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム | 出来事

2006年01月20日

お金を取るIRだってさ(笑)5

29b35973.jpg久しぶりに、現代アーティスト・明和電機さんのアトリエに行ってまいりました。相変わらず、たくさんの刺激と癒しの英知溢れる場所です。

いつもながら感心するのは、アトリエ内の整理整頓ぶり。
やっぱり、ちゃんと整理できる人は作業に無駄がない。整理上手は仕事上手。
ちょっとの手間を惜しんで、大きなロスする自分を責めてしまいます。

また、今年も国内国外、テレビにライブに創作にとご活躍のことでしょう。
写真は3月の「事業報告ショウ」のチラシ。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 出来事 | コラム

2006年01月19日

性格的ドッペンゲルガーの排除2

昨夜、ネットオークションで、ジャンク品を落とす予定だったのに、油断していたら残り2分で逆転されてました。
(今年はこんなことばかりだ!)
逃した魚は大きい・・。

それにしても、あんなもん(ブツについては極秘)、僕以外にだれが欲しがるのだろう?
なんか会ってみたくなったぞ。
でも、自分と同じ趣味・同じ性格の人がいたら、気が合うどころか、意外に仲良くなれない気もしますけどね・・・。

ted803 at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 出来事 | 愚痴。

2006年01月18日

恥ずべきは東証2

02599e20.jpgこの数日起きたさまざまな出来事の中で、日本のことを考えて一番問題なのは、どう考えても『東証』の粗システム。
日本市場の信用失墜、投資家が離れる、って、基幹産業でもなんでもないライブドアがなにやらかしたってことよりも、取引所がまったく『IT音痴』なほうが主原因でしょう。
糾弾されるべき大問題。社長のクビくらいじゃ済まんよ。

むしろ、話題をぼかしてくれたライブドアに感謝すべき。
自民党の某派閥と議員もついでに感謝しなさい。
あとマツモトキヨシも・・。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム | 経済

2006年01月17日

そんな1.173

ホリエモンこと堀江さんのライブドアが《別件》強制捜査を受けようと、耐震強度偽造マンションのヒューザー・オジャマモンこと小嶋社長が証人喚問を受けようと、今田勇子こと宮崎勤に最高裁判決が下されようと、今日は・・・ 阪神大震災の日。

東京のメディアのみなさん、忘れないでくださいまし。

ted803 at 05:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム 

2006年01月16日

年賀はがきの抽選4

「お年玉年賀はがき」 4等・切手セットが7通当たってました。

それにしても、毎年思うのですけれども、郵便局の景品って、狙っているくらいコテコテですよね。
つい最近まで、1等が「テレビ」とかでした。
おいおい、〜Always三丁目の夕陽〜じゃないんだから、いつの時代やねん、と思ってましたけど、今年の商品もハワイ旅行とかですね(笑)。テレビは、ホームシアターセットになってましたけど、なんとなく長閑だなあ・・。
でも、100万分の2の確率の勝利品にしては、しょぼい気がしますよねー。

ちなみに僕、昔は自分が差出た抽選番号を控えていて、それが当たってたるかどうか、だれに送ったか、までチェックしてます。
3等以上が当たったら、お返しを要求しようと思っているのですが、いまだにそのケースに該当したことはありません。


ted803 at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム | 愚痴。

2006年01月15日

筋違い・・・1

珍しく温暖な日曜日でございました。
計画していたスキーも雪崩が怖いので中止。
でもこのお日和、スポーツしなきゃもったいない。

そういえば・・・(回顧)
場面は変わって、約1ヶ月前の都内某所。
バッティングセンターで、ストラックアウトに挑戦。
おまけで表示されるスピードガンの急速が、な、なんと90km!
つい数年前までは、120km/hだったのに・・。この衰えたるやどうしたものか、とショックを受けてました。
ランディ・ジョンソンよりも、工藤公康よりも年下なのに・・・。

場面はもどって、休日の公園。
ちょっと本気で遠投にチャレンジしてみたところ、
《ビッツxxx》

・・・背中の筋を痛めました。

ただいま、日常生活に支障が生じております。
だれか、マッサージして・・・。


ted803 at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム | 愚痴。

2006年01月13日

素振りは空振りの練習?3

本日は、表現教育プログラム作成の一環で、模擬授業をやらせていただきました。
日大藝術学部の学生さん17名にご協力いただいて、選んだメニューを実験。これ、贅沢な時間です。なんったって、日藝の学生さんってことは、「選りすぐられた才能と貴重な時間と優れた指導者と半端じゃない学費」によって磨かれたキンタマ。これを実験台に出来るのは、オイシイ話です。

てことで、急遽プログラムを加筆して、いろいろ新作エクソサイズも実験させていただき、案の定「ボツ」「ボツ」「ボツ」「採用」「ボツ」・・って感じでしたけど、それは想定済み。 それより段取りの再考が急務なんですけど、それ以前に「先生、固いです。」ってダメ出しされてました。 そういや、実感してます。(汗)

ところで、何事ついても思っていることですけど、血液型がO型の人って、リハーサルはもちろん練習ですら、「失敗するような事は、ハナからはしない」傾向があるらしいのです。 ところが僕(血液型はH型)は「練習で難しいことをやる」性格らしく、当然失敗しますわね。 実は、それって物事の習得にはあまりにも逆効果で、日本的な「千本ノック」は愚の骨頂じゃないかと思うようになってます。
成功体験をよりたくさんするほうが、セルフイメージもよくなって本番でもより能力が発揮できる、って気がしてきました。

それでも僕の性格は、4回転ジャンプを試みるのよ。  (受身の練習か?)

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 芸能 | 出来事

2006年01月12日

野菜が高い!1

e57287ca.JPG肉体の90%を野菜の栄養で保っている僕としては、今は大変な事態です。

ついこの前まで、キャベツを棄てていたのはどこの国の話や と思いつつ、この野菜高騰には困ったものです。
特に昨今、中韓食材への懐疑心もあって、信頼できる国産野菜の需要が増しているだけに、これは深刻。

ということで、昨日は東北の農村から背負うほど野菜をハンドキャリー。
いっそ、売ろうかと思うほどの量ですが、近所の八百屋の復讐が怖いのでやめます。
でも、そんなにたくさんあっても、我が家では3日が限界。



ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム | 愚痴。

2006年01月11日

死ぬまで日記4

早朝から、ちょいとドラマの収録ありました。

その早起き疲れもなんのその、夕刻から新宿の焼き鳥屋さんで、オヤジ会議に参戦(^^)v

出席メンバー?は、(実名返礼)丸尾聡さん矢野靖人さん。詳細はそれぞれクリックして頂戴なのですけれども、いわずと知れた演劇人。一応もうちょっと紹介すると団体名は、『世の中と演劇するプロジェクトM 』『shelf』。丸尾さんは劇作家+演出家、矢野さんは演出家。もひとついうと、二人とも代表者なので一番エライ人。
ま、僕も代表だ・・・けど社会的立場も内部的立場も、ほとんど無いに等しいぞ。

それにしても長時間、トイレ休憩も各自一度づつでOK、という若さも確認しつつ、楽しいお酒でした。 「酒の肴で一番は、愚痴と悪口だ」という世の中で、そんなものはぜんぜん登場しなくて、いい酒でした。
丸尾さんは、夏より少しスリムになられてましたね。矢野さんは話すほどに頭の良さが出てきます。芸団協で期間アルバイトしてたのには驚きましたけど(^^)

さらに特筆すべきは、このお二人、酒強すぎ。
べろべろのはずが、丸尾さんは名物ブログ『丸尾の死ぬまで日記』を更新してるし、矢野さんからは翌日早々にメール届いているしで、化け物かと思いましたよ。


おまけとしては、長時間焼き鳥屋にいたら・・・翌日の自分(主に衣服)が臭かったし。


ted803 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) お出かけ | 出来事

2006年01月10日

刑務所に避難する2

仙台市宮城野区の光ケ丘スペルマン病院で起きた乳児誘拐事件、赤ちゃん無事でなによりでした。
 ところで、この犯人の計画、緻密なのか、ずさんなのか、という話題になっていますけど、僕は 『刑務所に入るための緻密な計画』と、推理します。

 6000万円の借金の返済ということなら、万一身代金が奪えても、借金が急に返済できたらその方が疑われますし、まともな借金なら、倒産、自己破産だっていまや一般的などこにでもあること。その後の人生を考えても、『犯罪者』になるよりはよいはずですから。
 
 では何故かというと、たぶん『まともな借金』じゃないからですよね。 つまり、闇の世界の怖い取立てが待っている、ということです。 
 そして、それから逃れるためには、『自分が安全な場所』に非難すること。それがつまり『刑務所』です。

 さらに、家族や親戚も守ってもらうためには、マスコミで取り上げてもらって、世間で話題になるくらいの事件にすれば、裏社会の人間は手出ししにくくなるわけです。

 ところが、この刑務所に入るのは並大抵のことではできません。年間約300万件の犯罪が認知されていますが、その犯罪者のうち、刑務所に入っているのは約6万人。しかも大多数が再犯の刑務所リピーターです。
  つまり、『一発』で、刑務所に入ろうと思ったら、相当なことをやらかさないと無理です。
  
 ということで、『身代金目的の誘拐』は最良の手段?なわけです。
それにしても、赤ちゃんを無傷で帰したことは、とにかくよかった。
情状酌量して、執行猶予つけてあげましょう!

・・・それじゃ、意味ないのか

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム | 出来事

2006年01月09日

松嶋奈々子、52歳3

7f9bddf6.jpg成人の日でしたね。

ところで、いわゆるゲームの類は、ほとんど興味がないのですけれども、
《脳を鍛える大人のDS》ってのに挑戦してみました。
ただいま、CMでもおなじみ。松嶋奈々子さんの脳年齢52歳、ってやつです。
(CMはこれ↓)
http://touch-ds.jp/mediagallery/st25.html

これで、自分の『脳年齢』を測定したら、・・21歳!でした。
「松嶋奈々子さんより年下や」と、自慢したいわけではありませんし、もちろん単純なテストなので、あまり根拠があるとは思えません。
でも、これってそもそも喜んでよいのでしょうかね?

解説によると、「人間の脳は20歳が一番よく働く」とのこと。つまり、僕の『21歳脳みそ』は、結構いけてるってことになります。
そうすると、この頭は無駄に大きいわけじゃないってことで、演出に「右脳が脳死してるね」と言われても、帽子が入らなくて丸井で恥をかいても、これからは胸を張って生きていけるのです。

しかし。。。。

『脳は20歳がピーク』
というのが、僕にはとっても気に入りません。

たくさんの物事を見てきた脳ほど、要領よく情報を取捨選択できるようになるはず。自分の体験も含めて、絶対に20歳の時より、その後のほうが『いけてる』脳みそになっているつもりなのですけどねえ。。。

もちろん、『東海道線の駅を全部丸暗記』的な記憶力は、若いときのほうがあるかもしれないですけど、それが『脳のピーク』で、それが目標ではないのではないでしょうかしら?

どうだね、新成人諸君。

ted803 at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム | 出来事

2006年01月08日

イチローにダメ出し?

いまさら、お正月特番「古畑任三郎」のイチローくんですけど、これはもうご立派でした。

20年くらい前にタイムスリップして、当時の人にこの作品を見せたら、
「この俳優は上手いけど、野球選手に見えない」
とか、
「こんなのが、大リーグで活躍してるわけないじゃないか」
とか、
そんな『ダメ出し』されるのかな?と思ったりしました。


そんなイチロー。
天才とか、影の努力とか、ものすごい才能をもっている人ですけど、やっぱり僕は『強運』の持ち主だと思います。
仰木監督、メジャーリーグ、栗山破局・・、と上手に運が向いてくる人で、成績はイマイチだったこのオフも、こんな見事な評価を得るわけですから。

《才能》はもちろんすごいのだけど、たとえばその才能がもっとありすぎて、ピッチャーのまま頑張っていたら、『オリックスの中堅投手』で終わっていたかもしれません。また、高校野球でトップスターだったら、巨人軍に連れ去られて芽を摘み取られたか、活躍してもメジャー移籍は叶わなかったでしょうから。

つまり、失敗も含めてすべてが『好転』する運の持ち主。

こういう人に、リーダーになってもらいたい。社長に、総理大臣に・・・。
世の中、運とめぐり合わせの勝負ですからね。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム | 芸能

2006年01月06日

また、靴を借りる3

4fd0ac30.jpg冬休み最後の日、近所にできたスケートリンクへ行ってまいりました。
ミキティ&真央ちゃん効果か、大変な混雑でした。

もちろん、マイシューズ持参。 な、わけねぇだろ・・・
レンタルシューズでしたけど、
「競技用はないですか?」
と聞いてみました。ダメもとですね。

すると、スタッフが持ってきてくれたのは、フィギュアスケート用の靴。
「こちら販売になりますが・・」
っておい、  僕が今から銀盤を舞う夢みてスケート始める少年に見えるか?

でも、ある意味今はブームみたいなもんだから、そういう子供とか多いのだろうなあ・・・と推察しつつも、あきらめて普通の靴(写真左)を借りましたとさ。
(水虫を移されてませんように・・。)

ちなみに、競技ちがいですけど、アイスホッケー用のシューズは、レンタルしてくれるそうです。

さて、明日から仕事や。はりきっていくぞ。

ted803 at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) お出かけ | 出来事

2006年01月04日

福袋の中身を知る方法

b73d8b72.jpg初売りで売れ残った『福袋』を購入しようと思いました。
中身は見られないように、テープと針で厳重に梱包してありました。
う〜ん、最近は「福袋に損はない」というけれども、「売れ残りの福袋」ってのはどうなんだろう、と疑いの首は右45度・・。

ま、おみくじ代わりの運試しと思って、レジに持参しました。

すると、福袋の細長いタグのバーコードを、店員さんが上から下へピッピッピッ・・・。 その度に、

『アイスエイジDVD』
『ディズニー・ヌイグルミセット』
『XXXオベントウバコ』
『ギフトタオルセット』
『ブランドタンブラー』
  :
てな具合に、レジ画面にに表示されていくのであります。
そのガラクタの羅列ぶりを見て、思わず
「すみません。やっぱりそれ、返品で・・・」

まだ、購入前だもんね。(^^)
POSシステムの商品管理には、思わぬ欠点があったのであります。


ted803 at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) お出かけ | 出来事

2006年01月01日

まだ元旦。5

4796b23a.jpg明けましておめでとうございます。

お正月は、帰省の旅費に餅代酒代、さらにはお年玉と出費の総額不明。
神社にも行かにゃならんし、明日からしばらくは財布がツライ!

年賀状、これから拝見しますけど、年賀メールもありがとうございました。
ドッグイヤー、ですけど、のんびりゆったりが目標です。
本年もよろしくお願い申し上げます。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム | 出来事