2006年03月

2006年03月31日

モーニングセット下さい。

阿佐ヶ谷で朝だがや。
・・・。

『・・・こすもす』公演初日終わりました。
大先輩にお誘いいただいて、楽しく厳しく(笑)飲んでいたら終電逃してしまいました。
でもって、コンビニでメイク落しのお泊りセットを買って、『ビジネスホテル』泊。
『マン喫』でないところが若者でなく、
『カプセル』でないところがオヤジでない、

そんな僕の朝です。

初日も満席、今日・土曜昼公演は完売だそうです。
エイプリルフールかと思いました。
みなさん、どうもありがとうございました。
ビックリしました。

でも、土曜夜・日曜昼夜は、スカスカです。
寝て、は無理でも足伸ばして観れます。
葉桜の花見みたいなもんです。 (意味不明)
満開の桜は誰でも楽しめるけど、心の豊かな人は葉桜眺めて霞を食っても宴会できるのだ!

・・・ちょっと疲れてます。よって、ゆっくり寝れて良かったかもね。

以上、葉桜オヤジの朝でした。


ted803 at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年03月26日

さくら3

660ed27b.jpg禁酒中でもありお花見はしていないのですけど、目黒川沿いの桜がきれいでした。五分咲きくらいですかね。七分咲きかな? ぼく、やま咲き(くだらん)

物事を動かすには、『量』が必要だと思ってます。
桜も、たくさん咲き集まっている場所が名所になっていますよね。美しく儚い薄ピンク色の花を、浴びるように見ると、ひと時の幸せを感じます。
宴会もしたくなりますよね。

そんな桜の樹の太い幹に、ちょこっと咲いていた花の写真。
位置的にも自分の目線にあったのでとても印象に残りました。
いつかは大きな枝となって沢山のひとに見上げられるのかどうか・・・。今のこのひっそり慎ましい感じと、上品さがまさに日本人の心なんだろうなあって。

『量』で喜ぶなら、ナイアガラの滝にはかないません。
でも、水道の蛇口から流れる水を見ても感動しませんから、滝は一部だけではこんな感動は与えられないでしょう。

さくらの美しさは、一つ一つの美しさ。かな

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム | 出来事

2006年03月23日

私が国会議員になったら、2

ラーメンが不味いということは、犯罪として処分する法律を作ります。

そしてこのラーメン法は、立法も調査も判決も全部僕がやります!

でも、万人が不味い、と思うような店でも、立地がいいと流行ってるんですよね〜駅中の『粋●』とか・・・。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 愚痴。 | 出来事

2006年03月21日

お彼岸でしたね4

住んでいた時もそうでしたけど、お墓参りシーズンの京都は部分的大渋滞。そりゃそうです、僕みたいにたいして縁もゆかりもない人まで墓参りに来るんだから・・。
ご先祖様を敬う伝統と風習はそれなりに大事にしたい文化だと思いますけど、それにしても『墓参り』とか『法事』ってなかなか移動が大変です。

まあしかし、おかげさまで梅を見逃さずにすみましたし、桜のつぼみも確認できました。

春ですね〜。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 出来事 | お出かけ

2006年03月19日

おことわり5

はっはっは。

僕は、ボランティアなぞ、やってませんから〜(^^)v


↑* いったい、いつ、何人の人がわかるだろうか(笑)
種明かしはまた今度



ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 出来事 | 芸能

2006年03月17日

ただの金縛りですけど・・1

今朝、死ぬかと思いました・・・。
まだ、やり残したことがいっぱいあるのに・・・。
でも、いつかこんな日がくるのかもしれません。意識だけはしっかり
有るのに身体が動いてくれない、そんな
難病になったら、死ぬより辛いだろうなあ・・・。
うちのみなさん。そのときは早めに楽にさせてね。



ted803 at 11:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 出来事 | 愚痴。

2006年03月16日

続・たんこぶ4

たんこぶのその後ですけど、約1日で隆起物はなくなり、痛みは3日でほぼ無くなりました。
新陳代謝、まあまあだな・・・。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 出来事 | 愚痴。

2006年03月15日

TOYOTA考2

 自動車というのは、『進む曲がる止まる』という道具ですよね。  
でも実際に感じたのは、自動車ディーラーで薦められるのは、ほとんどが電気製品インテリア。エアコン、ナビ、DVD・・・。『進む曲がる止まる』の部分だけなら、たぶん安いものだし、いまやかなりのローテク。
もはや『進む曲がる止まる』だけでは有難くもなんともない時代、ブレーキよりもカーナビのほうが価値があるわけです。
・・・・つまり食玩みたいなものです。で、自動車はラムネ・・・。

 また、修理というのは、原型を残しつつ不具合を調整することだと思うのですけど、部品まるごと新品に取り替えるだけの作業を修理と言えるのか? それに国家資格を要する技術が必要なのか? と思います。
必要なのは在庫と配送能力。それじゃヤマダ電機。

 さらにメーカーという日本語は、美しきモノ作りの象徴であると同時に、借金経済の象徴。手形商売とキャッシュフローの現実格差、利益は出ても次の仕入れのために自転車操業、よってなかなか給料やボーナスや配当がされにくくて、ああ羨ましいのは金融機関、っていう職種をあらわしています。僕の解釈では・・・。


 さて、TOYOTA
この日本を代表する企業は、自動車メーカーと呼ばれていまするけど、「純正」という名目の競争にさらされない電化製品と、優秀な部品メーカーを取り揃えた、会員(ユーザー)限定の金融機関と申し上げたいのですちょんまげ。

だって、電気製品の満載で価格を高騰させて、このゼロ金利時代に10%近いローンで売るわけですよね。(・・使わなければいいのだけど)すると、『走る曲がる止まる』部分よりも、電気製品部分の売り上げ、さらには元手の要らない(であろう)金利収入、それらのほうが貢献してそうです。
 さらには、それらの電気製品の故障のために、保証の掛け金を置くサービスがあるのですけど、これは損害保険の領域、やっぱり金融機関かと・・。


 。。。実は何が気に入らなかったかというと、先日、修理と整備を依頼したら、いまどきなんと
 『自社発行のもの以外、クレジットカードでの支払いが出来ない』といわれまして、このなんという時代逆行ぶり
僕は、スーパーで97円のガム買ってもカード払いな人なんですよ。
いまどき、手数料をケチってか、一般のクレジットカードを拒否する大手企業は信じられぬ。ありえないぞTOYOTA



ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム | 経済

2006年03月14日

まっ白デー

3月14日
睡眠不足のくせに、雪崩に追っかけられているような一日でした。

朝、通勤電車に揺られて新宿。で、その後は近所へ移動するも、タクシーのオッサンが場所間違えて右往左往・・・。

いつも思うけど、道間違った場合のタクシー料金の超過分、なんで客が負担するのでしょう? 時間もかかってしまっているし迷惑してるのに。
さらに今回は、『つり銭切れ』だってことで、コンビニで両替させられました、のど飴買って・・・。平日の昼間くらい、つり銭切らすな!

その後、人生初めて(たぶん)ジャージで地下鉄。ヤンキー気分ですね。
さらに帰宅のラッシュにも重なって、車窓から外が見えない私鉄沿線。

で、その頃気がついたのが、「あれっ、食事してない・・」ってことです。常備しているブトウ糖を摂取してしのいできたのですけど、ここらで燃料切れ。完全にレベルメーターEMPTYです。さらに睡魔も襲ってきて体温上昇。だら〜ん。
なのに終電まで真面目なお話を肴にいつもの安い酒。

そんな、ホワイト・デーでした。
当然、たくさん移動すればたくさん女性もいたりします。ホワイトデーの男性出費が
バレンタインデーの女性の義理チョコ出費を超える未来が怖い・・。
今年のホワイトデーの贈り物は、入浴剤(ショボイ!) 名づけて『義理風呂
余ったらご自宅用です。 最初から自宅使用目的?

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年03月12日

たんこぶ1

帰路。

夜道。

暗い。

自転車。

路肩走行。

街路樹。

いい枝っぷり。

よそ見。

激突。

頭。

たんこぶ。

痛さ<恥ずかしさ=平静

何年ぶりだろう。
何日で治癒するものか、どうしても思い出せない・・・。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 出来事 | 愚痴。

2006年03月11日

追い出し茶

e4d4ece1.JPG月末公演のWEBに載せるアンケートで、
「あなたを喫茶店メニューに例えたら・・」
というのがありました。
数案提出しましたが、ボツにしたのが 、通称『追い出し茶

喫茶店で粘っていると、40分経過後くらいにサーヴされる、あの『お茶』です。 梅昆布茶だったりします。

この意味するところは、いまだに不明ですが

『コーヒー一杯でいつまで居座るんじゃボケ!はよ出て行くか、追加注文せんかい』
といういわゆる追い出し茶説と、

『お飲み物ももうなくなったでしょう。粗茶ですがどうぞ』
という親切サービス説が、真っ向から対立しています。

どうなんでしょうかね・・・。
というか、今そんな喫茶店少なくなりましたね。
僕のイメージだと、喫茶店はタバコとコーヒーとスポーツ新聞なんだけど・・
スタバには全部なし



ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 芸能 | コラム

2006年03月10日

気がついたら1

体温、38℃ありました・・・・。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 愚痴。 | 出来事

2006年03月09日

美しい日本語

 人間国宝・野村萬さんから『狂言に学ぶ・・・』っていう貴重な経験の講座でした。もちろん、ちょっと触るだけしか出来ないのですけれども、これがもう、興味深い箏ばかりで、すぐ『おなかいっぱい』になってしまいました。
とにかく、知らないことを沢山知った、素晴らしい時間でした。長時間の正座以外は・・・。(その内容は別の機会に)

 その中で、講座の本筋とはあまり関係ない余談の中ですけど、師匠から 「正しいフランス語、きれいなフランス語は、劇場へ行けば聞ける」という引用がありまして、印象に残りました。

 ところで、さて『正しい日本語、きれいな日本語』は、どこで聞けるのでしょうか?
たぶん、『正しい』の方はNHKのアナウンサーでいいのかもしれませんけど、『きれいな』のは、やはり劇場に行くべし、と言える気がします。
『きれいな』の定義は難しいと思いますけど、決して標準語が一番でもないし、文法が正しいことが絶対条件でもないと思うのです。
 なんというか、音楽的な、歌もしくは楽器の音色としての日本語は、そもそも美しい要素をもっていて、それをちゃんと人体が伝えていれば、『きれいな』言葉になるのに、日常会話では注意してないのではないかと・・。  

 そういえば確かに、フランス語でも、意味はサッパリ分からなくても、劇場で聞いてたものは、トルシエの話と比べれば、純粋に美しいリズムと響きに感じました。なんとなくですけど・・。
やっぱり、劇場は『正しくなくてもきれいな日本語』を聞かせるところじゃないとダメですね。そう思います。

 それにしても、民法TVの正しくも美しくもない言葉を話すアナウンサー(なおレポーター)はどうにかならんか・・・な。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム | 愚痴。

2006年03月08日

あみだなきっぷ3

 ちょっと昔、夫婦でラーメンを食べたくて、その間乳児をコインロッカーに預けた(放置した?)事件がありました。
 もちろん、犯罪に該当してしまうので、ニュースにもなったのですけれども、これを聞いたときに僕は、夫婦の正当性を感じた、というか合理的じゃないかと思ってしまいました。

 この夫婦も、パチンコ屋で車内に放置するとか、全く親としての面倒を見ないとかではなくて、ちょっとラーメンを食べている15分間、寝ている子供をそのまま安全に預けておくための、グッド・アイデア(電球)と思ったみたいです。もちろん、窒息の恐れもありませんし。

 ここに、『人権』なんてもを持ち出したら、とんでもない話なのですけれども、単純に子供のためには、一番いい選択のような機もします。夫婦が、ラーメンを我慢すればよいのですけど、15分の一緒のラーメンすら我慢しなくてはならないようなストレスを、両親が持っていると、しかもその原因が自分だとなると、子供にとっても良くないと思うのです。


 そんなこともあって、過日、新幹線で見かけた親子のお話。もちろん、乳児ではないのですけれども体力のまだ乏しい幼児が、疲れた旅行帰りの満員電車で座れずにグズっていました。
寝むくて仕方ないのですけど、寝る場所がない。お母さんもとっても困ってました。抱っこするには大き過ぎますし、泣くので周囲からは迷惑がられるし・・・。

 そんなとき、車両内の空間を見渡したら、確かに椅子や通路は満員なのですけれども、空いているんです、ザ・網棚
網棚といっても、今はほとんど『網』にはなっていないのですけど、かなり大きな荷物までそこには入るのです。しかも落ちないように傾斜がついているのです。
 《この網棚に寝かせてはどうか》  このとき、この親御さんはそんなことは考えもしなかったでしょうが、もし実行していたら、どうなったでしょうか?

 周囲の客からの批判に曝さらさたでしょうか、逮捕されたでしょうか、それとも堰を切ったように真似する家族が出てきたでしょうか。
 間違いなく言えることは、『JRは絶対に許可しない』ということです。 人間は荷物ではないですし、最悪大人まで真似しかねません。そしたら、戦後の混乱期とか、中国の列車みたいでみっともないです。・・・それはないか、誇り高き総ブルジョア日本人だし。

 でも、指定席を取るには有料になってしまうし、一番手のかかる幼児は、ほんとに居場所がありません。また、自由席だと、この《正当な人数分の料金を払っていない子ども連れ》が、席を占拠してしまってます。
 だったら、この『網棚スペース』を有効活用して、荷物だけは無料で快適で無料で居座れる場所から、『人間』もいてよい場所という、決め事を作ってあげればどうかと思います。

 寝ている乳児を、そのまま安全に15分間だけキープしてくれて、何かあったら(泣き出したら)すぐに駆けつけることのできる場所を、300円で見つけた夫婦。それが、コインロッカーという捨て子の総本山だったために、社会から糾弾されたわけですけど、『子どもの安全への配慮』については、なんの実質的な落ち度はなかったわけです。
 JRの立派な網棚を、ベッド代わりに幼児が利用すれば、とても合理的な話だと思います。何も、新たな投資が必要なものではなく、合理的なものです。問題は社会の『人権』意識。
 JRが、網棚きっぷ売り出してくれれば、それで批判する人は少なくなるのでしょうに・・・。 

 人間的には窮屈なスペースだろうけど、そんな疲れ果てた非常時、お父さんは、普段からカプセルホテルってとこに泊まっているのです。そんなにわるいとこじゃないし・・・。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム | 愚痴。

2006年03月07日

日生劇場3

日生劇場で「夏ノ夜ノ夢」を観せていただきました。
「夏の夜の夢」は、とても人気のあるシェイクスピア喜劇です。人気があるといっても、お客様にというよりは、制作者にとって、やりがいがある作品ということだと思ったりしてます。色づけ出来る幅が広いので、挑戦してみたくなるのだと思います。 よって、よく上演される演目ですよね。

そういえば、先月はロンドンで、RSC(ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー=どうせ書くなら略すな・・)の、同作を拝見したばかり、まだ春も来ないのに二度目の「夏夢・・」

今回の上演は、小池竹見さんの脚色だそうで、原作を踏まえつつ、オリジナリティあるキャラクターになっていました。南アジア風ってとこでしょうか? 内容はまさに松竹梅。?。 歌舞伎界から主演、脇に小劇場で見かける役者あり、アイドル系タレントあり、重鎮ベテランあり、初舞台あり、マイケル富岡あり・・・ま、そのあたりからご想像ください。 決して不出来な公演というわけではありませんが・・。
題目の「夏ノ夜ノ夢」の『の』がカタカナの『ノ』になっているという、先代貴乃花のようなこだわりも、見逃してはなりません。

ところで、この「夏夢」。
僕としては、後半のどこかで、5分から10分居眠りできるのが最高の演出。 ちょうど、うとうとした自分の脳みそに妖精の話が熔けこんでくると、とってもその世界観に浸れます。たぶん、そのために休憩時間に上手に酒のませるのでしょうね。なんじゃそりゃ。

というわけで、日生劇場。
背もたれがちょうどいい具合に後頭部をサポートしてくれ、とってもよく眠れます。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 劇評 | 芸能

2006年03月06日

たまごっち二世

7ad0d437.jpg お土産として、スペインの玩具屋さんで買った『たまごっち』です。鮮やかなペインティングですね。
 といっても、中国あたりで売られている『偽造品』ではなくて、バンダイ純正品(中国製なのだが・・)です。
 解説書の内容がサッパリ分からないのですけど、10年前の初代『たまごっち』と比べると、新しい能力や結末も加わっているみたいです。

 スペイン版オリジナルキャラの有無は確認中ですが、こいつ、夜更かしして朝寝坊なのです。これ、まさに過日のスペインの印象。 だって、深夜までパブで子供づれで乾杯〜とかやっているし、健全なフラメンコのディナーショーも23時開始、ということもありました。反面、月曜の朝7時30分、街はまだ薄暗く、人通りもまばら。日本だと午前5時30分の風景ですね。ホテルのフロントも真っ暗、守衛さんがポツンと座ってました。

 ところで日本。10年前は、アムロちゃんが起爆剤で、高校生あたりが核になって爆発ヒットしましたけれども、今の『たまごっち』は、小学生の女の子対象みたいです。 アムロちゃん世代がお母さんになっているってことですね。

ぼくらは、じいさんか・・・?



ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム | 出来事

2006年03月05日

Jリーグあと87年構想4

昨日の【ガンバ大阪vs浦和レッズ戦】を観戦しました。

いやいや、夢中になりましたよ。
失礼ながら倭人蹴球、こんなに上手かったっけ? 面白かったっけ? このレベルアップ、いつの間に・・・!って感じでした。

ガンバとレッズは、考えてみれば、現チャンピオンチーム同士。いつの間にか、今の日本のトップ選手が集まっていて、ナショナルチーム並みですね。(松下だけに『ナショナル』チームてか・・)
この両チーム。それぞれ母体企業が人命に関わる不良品で陳謝してきたという共通点も見逃せませんが、Jリーグ的には変な問題もあります。

ガンバの『大阪』は大阪『府』 (市は含まない)
レッズの『浦和』は、いまや行政『区』

つまり、自治体のレベルで合わせるなら、門真vs浦和 ?

そりゃともかく、フェアだしスリリングだし、ミス少ないし、展開が早いし、ぜんぜん飽きないゲームでした。
これなら少々寒くても、競技場に見に行くべし。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スポーツ | コラム

2006年03月04日

夢芝居・・。3

bfe88a3e.jpg♪稽古不足を幕は待たない〜

でのがありますけど、この一週間の僕の心境としては、

♪睡眠不足を朝は待たない〜
または
♪稽古帰りは幕(張)まで持たないzzzzz (字数が合わんが・・)

て感じです。

眠いです。
辛いです。
周囲に迷惑かけてます。

ええ。 お恥ずかしながら、見事に『時差ぼけ』。しかも長期化、まだ治りません・・・。睡魔がきたときのテンションの低さ、体のだるさ、踏ん張りの効かなさ具合、これは若いときには絶対になかったこと・・・。

こんなところで、歳を感じてしまうのでありました。

そんなこんなで、お誕生日になっちゃいました。


ted803 at 01:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 愚痴。 | 出来事

2006年03月03日

続・こまとま考

駒大苫小牧・野球部(バスケもなんだが)が、またまた不祥事事件みたいです。この件、当該生徒の身分は、現役学生かOBか、ということで団体への処分に影響するみたいです。
 つまり、卒業『式』をもって卒業したとみなすのか、学校に籍のある3月末までは学生である、とするのかの問題ですね。

 これ、自分にも経験があります。 高校時代、危うく処分されそうになったところを、数人の先生の『卒業式=卒業説』に救われました。 
 僕の場合は、とてもお話できるような立派な罪ではなくて、カワイイ校則違反なので、まあそんなにその後の人生に影響はなかったと思いますが、『卒業式=卒業』という既成事例を後輩に残してやれました。僕の功績です。なんじゃそりゃ。

 でも、そりゃそうですよね。でなかったら、いわゆる『お礼参り』は、4月を待たなければならないですし、制服のボタンも後輩にやれません。

 しかし、今回の『こまとま』。 内容が飲酒と喫煙と馬鹿騒ぎなので、そもそも適用されるのは校則よりも、高野連規則よりも、お国の法。 さらに、OBか現役かという問題よりも、そもそも、

卒業式後に、

居酒屋に直行して、
 タバコを吸って
 集団で騒いでいた』

連中ってのが、この日の卒業式後に、

は・じ・め・て 
酒飲んで、タバコ吸って、集団で大騒ぎをした』

と、考えるほうが、不自然な気がしますけどね。

夏の甲子園は、暑いですからね。生ビール旨いんですよ・・・。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム | 出来事

2006年03月02日

私の名前は2

0b2e227b.jpg山形、岡山、山梨、山口、山・川・豊の『山』に、
長崎、もしくは宮崎県の『崎』でございます。
県名に使われている、ごく一般的なものだと思います。

ところがみなさん、信じられないかもしれませんが、領収書をお願いすると、6人に一人の割り合いで、『誤字』やってくれます。ほんとです。

今日も出ました。
しかも、どう考えても最高学府を卒業してるであろう職種の方。 たまに山『埼』さんてのはあるけれど、今日のはとっても新鮮な創作文字でした。(写真)「大へん」にもう一回「大」を書いて、「可」・・・。んなもん不可じゃ!
分からんかったら、『聞け!』。

そんなに堂々と間違えるなら、間違えられても恥ずかしく無いように『栃潟媛阜』に改名しますよ。どう読むかは知らんけど・・。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 愚痴。 | 出来事

2006年03月01日

情報です。

ca5352b0.JPGProject ONE&ONLY The Trial#01 〜Actors from The PIT
『 南口2丁目銀座 純喫茶こすもす』
作:白土硯哉
演出:三田健二
2006年 3月31日(金)〜4月2日(日)
於: ミュージアム東京 (荻窪2分)

「廃れることがわかってるとこに、
 わざわざ戻ろうなんて人はいませんぜ」

どこの街にもある”銀座”。 人なつこいマスターのいるその純喫茶に、
いつものように商店街の面々、歯に衣着せぬ姉貴分、たまたま紛れ込む訳ありカップル。
ちょっと面倒、でもあったかい、街と人と思いのおはなし。

舞台美術:寺岡崇 照明:佐久間淳子 音響:吉岡英利子 衣裳:真島米梨和 
舞台監督:小沢真史 広告デザイン:北見大輔(beam-up)制作:薄田奈々子(beyond)
 
出演: 三川二三   かどままどか 岡武司 池澤夏之介 石橋正浩
 つつみその子 越地れい 大川智三郎   山崎哲史   柳鶴英雄 
  
製作総指揮:渡辺博哉

☆3/31(金)19:30〜 ☆4/1(土)15:00〜・19:00〜 ☆4/2(日)14:00〜・18:00〜

ご予約・チケット ¥2500 info@ted803.net まで


ted803 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 芸能 | 出来事