2007年08月

2007年08月31日

次の官房長官さくらパパ

さくらパパ、横峯良郎さんが大活躍されてます。
そもそも、そんなにいい人だとは思ってないので、ご安心を・・・。

しかし不倫と愛人はともかく、過去の『賭けゴルフ』で辞職したら面白いと思う。 その基準で厳格に議員資格を問うたら、みんな辞めさせられて、国会議員いなくなっちゃいますね。
ウソ発見器も必要でしょうけど。とにかく、『正義とは多数』そういう場合は、罪をなんとかして棚上げしてもらえるんです。
甲子園だって、今回は本来は特待生の問題のあった高校抜きでやるべきでしたけど、それじゃ成り立たんのですよね。そういうもんです、世の中は。『和をもって尊し』とするわけで、正論者が勝るとは限りません。 みんなで渡れば怖くない。
政党問わず議員同士で、『愛人』と『賭けゴルフ』を追求できるとは、とても思えません。 そこは、全会一致。

ところで、さくらパパの不自然な頭髪は、「ヅラ」のコマーシャルにも出てましたので、間違いなく正々堂々と「装飾」を認めてます。
これから頻繁に拝見する、内閣のスポークスマン・与謝野馨さんの場合は・・・・・



・・・正直にね。(by鉄幹・晶子)

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム 

2007年08月30日

渦中の人、高砂親方

渦中の人、結局一番情けない役割になって株を下げた「高砂親方」のお話。

高砂親方といっても、先代の胸毛の王者・高見山の師匠のほうではなくて、前の若松親方です。つまり、二代目朝潮です。簡単にいうと、「大ちゃん」です。 大関になったときは、朝汐でしたけど、途中で先代師匠と同じ「朝潮」に改名してました。それまでは、本名の「長岡」でしたね。
いしいひさいち先生の漫画にもよく登場していて、「赤潮」と揶揄されていたこともありましたけど、当時としては異色の、インタビューにも普通のスポーツ選手のように答える、人気力士でした。

結局、大関にまではなりましたが、期待以上にパッとしないまま引退しました。

現役時代は、北の湖・輪島の両横綱全盛時代で、なぜか輪島には弱く、北の湖には強かったのです。
これは、北の湖vs朝潮戦の仕切りの際、両者が顔を近づけて見合ったときに、朝潮が「中卒・・・」と言って挑発、これに北の湖が動揺したからといわれています。(ウソです) ちなみにその手は、輪島(日大)には通用しなかったので、勝てなかったそうです。(ウソです)

その遺恨からか、北の湖理事長の高砂親方にたいする態度は、厳しくなってますね。関係ないか・・。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スポーツ | コラム

2007年08月29日

闇サイト

名古屋で酷い事件が起こりました。
「死刑」(あるいは殺人の最高刑)になるための、典型例みたいな犯罪です。

どんな犯罪でもそうですけど、この事件は特に被害者の方が浮かばれなくて仕方ありません。ご家族や周囲の方のお気持ち、察するに余りあります。

犯人グループは、どうしようもないヤツらです。日ごろの生活態度は知りませんけど、日頃は立派で聖人君子だったとしても、こんな犯罪しでかしたら許せません。でも、おそらくどうしようも無い、情けない生活してたのだと思います。
そんな、どうしょうもない連中を結びつけたのが、ネットの「闇サイト」だということで、マスコミこぞってそっちに注目してます。

でも、そんなもん(闇サイト)の代表的な事例にしてしまっていいのでしょうか?
基本にあるのは、犯人一人一人の人格的な成り立ちだと思います。 どうして、こういうヤツらになったのか、どんな人生を歩んでどんな暮らしをしてきたのか、そっちが知りたいし、こんな行為を抑止すべき人はいなかったのか、それを考えたいです。

闇サイトが問題なんじゃないんです。
『お金が必要』から出発したとしても、どういう発想のルートを辿っていけば、こんなことをするヤツになるのか、それが知りたいです。

いつも、マスコミの焦点には疑問を持ちます。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム | 出来事

篠塚の山篭りと朝青竜の帰国

昔、たけしさんのネタで、プロ野球のオフに「篠塚(巨人)が山篭り」ってのを、皮肉って指摘したのがありました。 つまり、『山篭り』=田舎で修行らしきもの、といったって、嫁さんまで連れて行って、カメラも報道陣も引き連れて、きれいな景色をバックに素振りしているところなどフォトセッションがあって、それがニュースで報道されて、「どこが山篭りなんだ?!」というもんです。

「朝青竜の帰国」って、必要以上にニュースになってますけど、成田空港に全マスコミが追っかける事自体、どうなんだろう?って思っていたところ、なんでもウランバートルの空港にはすでに日本のメディアが大挙して待ち構えているそうじゃないですか?

これじゃ、治療にならんでしょ?

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 芸能 | 愚痴。

2007年08月25日

おやすみの怒曜日

別に怒っているわけではないのですけど。

大変な土曜日でした。
早朝から六本木でお仕事。土曜の朝の六本木って、ツワモノどもが夢の後・・・的な残景と、いざ週末・・・って活気が混在していて面白いムードですね。

そんな、閉店後の高級キャバクラをお借りして、午前中はあれやこれやと撮影していたのですけど、わたしゃ『夏風邪』で、歩くのも大変な倦怠感と、ひどい下痢ピー。
高級キャバクラのトイレ、随分お世話になりました・・・有難かったです。 すみません。

そんな体調だったので、自家用車で出動しました。
それでなくても高騰したガソリン。加えて高速料金。そのうえ駐車料金・・・どう考えても、足が出てしまいそうなもんです。
 
なんとか元をとろうと、そのまま六本木で白タクを営業し・・・たりはしません。
ちょうど六本木だったので、過日の舞台の宣伝美術でお世話になったヒロヤスさんの個展を拝見しようと思ったら・・・前日で終わってました。残念・・・というより、大変失礼してしまいました。ダウンしてる場合じゃなかった。。。

それでも、自動車移動のおかげで、移動は随分楽。時間も短縮。活動範囲は六本木周辺に限らなくなりました。
余った体力と時間を活用して、断る予定だった知人・つるさんのライブ(=マチネのライブハウスというのもまた面白いモンでしたけど)に伺い、調子乗って夜は別の場所へお邪魔しようと、いざ出発!

これが、まずかった・・・。

結局、車を止めて、横になって、寝る。
移動の途中で、これが最大の目的となってしまいました。
しかし、そういう場所が案外都内にはないのです。
どこで寝ていても、不信がられておちつきませんし、お昼の営業マンとタクシードライバーの定番・公園傍の路上駐車も、いまでは駐禁の取締りが厳しくて、これまた落ち着きません。
さらには、駐車場つきのコンビニもなかなか都心にはないんですね。(千葉は概ね、コンビニの建物よりも駐車スペースの方が広い)

そこで結局、高速道路に乗って、パーキングエリアを目指す問うことになりました。
いいです、パーキングエリア。 トイレも完備だし。
ゴミも捨てられる(・・・ダメよ、家庭ゴミの持ち込みは)し。

結局、夜がどっぷり暮れるまで、車中で寝てました。

川麻世か・・・。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 出来事 

SICK05

マイケル・ムーアはケネディよりも偉大!(意味不明)

アメリカの医療問題を題材にして、貧富格差から民主主義とはなんぞや、自由とは何ぞや、というところまで示唆する。

それでも、アメリカは裕福な国であり、それに比べれば結局フランスもキューバも貧しい。で、アメリカの裕福というのは、ロビイストがキューピッドになって偏った裕福を作っているのだと思う。それでも合計点は裕福だと・・。

日本が、どの位置にいて、どの方向に向かっているかを考えたら、なんかムカついてきました。


ゲバラの娘さんが登場していたのにはビックリ。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 劇評 

2007年08月24日

お大事に

風邪をひいたみたいで。。。

そういえば一昨日あたりから、妙に寒かった気がします。
珍しく半袖を着ていたせいかもしれません。
昨日は、昼・夜と連続して、恒例の本読み会をやりまして、なんか我ながら力が抜けている感があったのです。というよりダルかったです。その後、焼酎を頂いて、深夜酔いが覚める頃には、確実に悪寒が走りまして、さっきまで厚い布団にくるまって寝てました。

お大事に、俺。

ted803 at 23:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年08月22日

タブー抵触の罪

++++「判定に不満」広陵・中井監督が謝罪 ++++
これ、先の甲子園の決勝で、判定に不満なコメントした事について、監督が高野連に謝罪した、というニュースです。

率直に言って、どう見てもミスジャッジだったんですけどね。。。

タブーに触っちゃったことを咎めるようになったら、どんな組織もだいたいオシマイです。 「聖域」とか「タブー」扱いされるもの、そのものに問題があるのではないかと思います。

これも、ミスジャッジの撲滅と審判の質の向上は問題にならないのかと思います。

ほとんどボランティアだからといって、審判の質が落ちることが許されるのであれば、出演料もギャラもなく、放映権もタダ同然で、これだけNHKと朝日の番組作りに協力している学生に、「率直な意見」をコメントするくらい許してやんなさいよ、と思います。

高校野球。丸坊主に整列行進、サイレン、絶対服従。。。そうでなくても、軍隊っぽいのに、これで「言論統制」まであったら本当に戦時中の名残ですわ。


ちなみに、大義名分はいまでも「健全な学校教育の一環」として存在する大会です。



ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スポーツ | コラム

2007年08月16日

株価がたいへんである

177d9458.JPGどうしてか大騒ぎにならないけれども、

株価の下落。

大変なことになっています。

『低所得者向け住宅ローンが焦げ付いた』

経済問題のみならず、あの国の社会を見事に反映している出来事な気がします。

アメリカがクシャミして、風邪ひくのも情けないけど、

尾身大臣にあの顔で、「大丈夫」っていわれても、余計心配になってしまいます。
見栄えだけでも、柳沢か竹中さんだったら、まだ安心できるんですけどね。別の意味で塩爺でも。。。

安いうちに株買っておこうかな。
資金は低所得者向け金融で調達して・・・。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2007年08月14日

閃光の大旅行

d3b3dc3f.jpg線香ツアー=墓参りです。

一家で、ありとあらゆる乗り物を使って、往復2000キロの大旅行をしてきました。

あっち、こっちに行きました。
いろんなとこに泊まりました。
帰省ラッシュを上手に避けました。

そして、本日帰還しました。

これから残務整理とお礼状書き、と撮影があったな・・・。 働かねば。



ちなみに釈迦に説教。
『なくてはならぬ人』しか、この世にはいなんですよ。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) お出かけ | 出来事

2007年08月06日

千秋楽バラード

eb69d97f.jpgおかげさまで無事、『終戦・八月の伝言』千秋楽を迎えることが出来ました。
結局、連日全ステージほぼ満席の状態でした。心配していた平日18時というの千秋楽も、フタを開ければ湯気が立ってました。
なにより、ご来場いただきました皆さま、また応援してくださいました皆様、素晴らしいスタッフ・キャストさんのおかげです。心より感謝いたします。


+++
残務整理も昨日、超高速で処理しまして、これからはじっくりと一人反省会の時間です。 いろいろ自分にダメ出し。

たくさんのアンケートをいただきました。本当に励まされます。
そして、面白いことに気づきました。
各回で、メッセージの内容に傾向があるんですね。好意的なときと(=回収率も高い)、批判的なもの(=数も少ない)。さらには、お客様の言葉が『感動した』と、『よかった』、『面白かった(=今回皆無・・・)』が、それぞれの回で連鎖してるのです。
初日・初回はトーンの低いコメントが多かったです。
最終日は、暖かいコメント、長い感想をたくさんいただきました。
創作側の、初日のバタバタ感や堅さがお客様にも伝わったのだと思いました。そして不思議なことに、千秋楽は役者さんもみんないつもより生き生きしてると感じていました。(おまけに、上演時間も5分延びてたのですけど)

すべての回に、平等な公演をするのが、義務だと思います。 お客様とは一期一会ですから。 でも、これはどんな立派な公演でも、絶対に上演日による多少の違いはあったりします。
今回もその範囲であった事は間違いありませんし、実際は、3ヶ月かけて作ってきたので、初日のクオリティと二日後のそれが変わるはずもありません。
でもなぜか、客席と板上でつくる空気感は、毎回違うものです。面白いものです。

初日には初日のよさが、楽日には楽日の成熟があるものです。
ちなみに、僕は客としては初日マニアです。
初日独特の緊張が大好きですし、それによる少々の粗さは勘弁できたりしますね。

+++

打ち上げの後、都内のホテルに宿泊しました。 といっても、終日駐車場を確保するための最も格安な手段としての宿泊なので、あまり格好いいもんじゃありません。
しかも部屋に帰ったときはもう完全に朝でした。
14階の部屋から見た東京の景色は、当たり前のような大都会そのものでした。ここが焼け野原で死体が転がり、夏には目の前にあるビルにはGHQが進駐していたときのことなんて、連想のしようがありません。
こんなに立派に復興した偉大さを称えるとともに、これだけ広い平野に、どうしてこうも殺伐とした鉱物ばかりの街をつくったのだろうかとも思います。

とにかく、平和がいいです。
戦争ものをやろうとすると、『憲法九条』よく引き合いに出されます。でも、問題はそんなことじゃありません。
政治に求めるのはもっと当たり前のことだと思います。
街に死体や怪我人が転がっていたら、敵を打ちのめす銃を採る前に、敵に土下座してでも薬を調達することです。食料を調達することです。
国民を最後の一人に至るまで守るのが国家の義務だと思います。憲法九条があろうが無かろうが、最も国民に有益な選択をするのが国家の仕事です。

戦争を扱って、左にも右にもよらない作品をつくる、、、、結構難しかったです。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 終戦・八月の伝言 

2007年08月04日

おかげさまで

本日(4日)、初日あけました。

多くの方にご協力いただいて、なによりも無事に開演できて、まずは有難や。
しかも、マチネ・ソワレとも満席で、当日ご来場のお客様も喜び半分、ビビるの半分。完全固定席なので、あと一人てのが増やせません。そんな心配するなんて、しあわせな限りです。

今日は、ゲネプロ含め怒涛の3ステ。

一発目、ゲネプロ・・・忘れましょう。

ニ発目、3時からの公演・・・トラブルが続出して血圧が上がりましたが、なんとか血管が切れる前に無事終了。

三発目、7時からの公演・・・問題なくやりたいことが表現できたと思います。客席で、ちょっと感動してました。

素敵な役者さんたち&よきスタッフさんたちです。
ま、不味いところがあったら、そりゃ僕の未熟さです。

分かりにくいものほど、忘れにくいものです。 
分かりやすいものほど、忘れやすいものです。
意味ワカリマセンね。。。

ちなみに、お芝居が、分かり難いわけではゴザイマセン。 たぶん・・・。

ということで、明日以降のチケットまだまだございます。
日曜日、月曜日、お忙しいとは思いますが、皆さんお待ちしております。

あ、そうだ最大のNGは空調かな・・・。
明日から対策します

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 終戦・八月の伝言 

2007年08月03日

とにかくみなさん

69cfde16.jpg今日で稽古も終了し、あとは本番を待つだけです。

本番は待ってれば来ますが、お客さんは待ってるだけじゃ来ないので、とにかくこの場を借りて再度召集、みなさんご来場よろしく!!!

今週の土曜日8月4日〜6日(月曜日)まで、銀座のみゆき館劇場です。

連日、昼・夜2ステです。
初日、4日(土)のお昼は、おかげさまで完売したみたいです。
その他の回は、おかげさまで、まだ完敗です・・・。

とにかくみなさん、ご来場お待ちしております。




ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 終戦・八月の伝言 

2007年08月02日

ドラマの撮影に

稽古場の打ち上げの瞬間を、舞台監督の西川さんにおまかせ(丸投げ)して、夜の某所でドラマの撮影に行ってまいりました。

朝から、埃っぽい稽古場にいて、そうでなくても暑い中活動してあと、電車で1時間の大移動。どうなったかというと、汗かきます。
メイク部屋で、用意された衣装に着替えるわけですが、今回は時計や指輪の小物から、シャツ、ソックス、靴まで用意していただいていました。が、そんな汗かいた臭そうな自前の汚いソックスを脱いでお預けするのが、滅茶苦茶恥ずかしかったです。

そして、何故そんなにフルセット衣装を用意していただいたか・・・・直後にわかりました。ま、オンエア見ていただければわかります。
オンエアがいつかは、ご縁があれば気がつきます。

ともあれ、夜の港の景色がとても綺麗でした。



ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 芸能 | 出来事

2007年08月01日

そして安倍、居座る

そういえば参院選も終わりまして、予想通りか予想以上か、過激な結果になりました。自民歴史的大敗、民主参議院で第一党に躍進。

わたくしの故郷、岡山県でも『姫の虎退治』ってことで、大御所・片山虎之助氏が民主のおばさま(名前はお姫様)に、よもやの敗戦、となったわけです。
これ、分析します。
今の政府・自民党の流れで、色々とつまらない問題を起こしていて、それによって全国的に大敗しちゃったわけですけれども、岡山についてはちょっと違うと考えてます。
片山虎之助さん個人にNGを叩きつけたわけではなく、或いは自民党そのものにNOを出しただけでもなく、ましてや姫さんに物凄い期待と人気があったわけでもないと思います。ただ、岡山の人は、(島根の例もそうですけど)ずっと『保守王国』『無風区』と言われて、そうはいっても自民天国だったわけです。特に、小選挙区となってからは、非自民では、江田五月さんですらシンドイみたいです。 
総理候補になるような有力議員がいると、なかなかそれにタイマンで打ち勝つ事は難しいですから、どうしても結果は無風になってしまいます。 先の衆院戦でも、あれだけ『郵政の嵐』だったにもかかわらず、自民飛び出した平沼赳夫さんが当選。全国の『郵政の流行』に乗れなかったわけで、全国から見れば『守旧』選挙区に見られてしまったわけです。
世の中の流れがどうなっても、結局当選する人は同じ、では選挙をやっている意味がありません。選挙民が存在感を示すためには、強い意思表示が必要です。『あの片山を落選させる』それくらい強いインパクトが・・・。
今回も、その自民を追われた平沼赳夫さんも片山氏に加勢したにもかかわらず、民主のおば・・・お姫様に敗れたわけです。
選挙民の存在感を示すために、『大それことをしたい』という意志の結果だったと思います。
ニッポンの選挙、よくなってきたと思います。


こうして出てきた選挙結果を受けて、ドラマが起こって欲しいメディアにもショックだろうけれども、アベ総理の判断はどうかと思います。
辞めリャいいってモンじゃないけど、これだけ選挙民が事を起こしたのに、無視かよ・・・。



ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 愚痴。 | コラム