2007年10月

2007年10月31日

カルメンに苦戦

今シーズンは出演させていただく舞台もないので、秋のオペラシーズンは気合い入れて制覇しようと企んでます。

ちゅーか大人なので、いい音響でいい生歌聴きたいし、妥協なき舞台美術と照明、踊り、生オケのゲージュツ鑑賞して目を肥やしておくつもりです。

が、多忙なうえ油断してたら、『カルメン』のチケット完売してますね…。

いろんな意味で、鵜山さん演出のカルメンは興味深いのですけど…。

sevilla
(セビージャ大学の門にて=カルメンの舞台となった王立煙草工場跡)

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 芸能 

2007年10月29日

石破防衛大臣の疑惑

石破防衛大臣の着ぐるみって、どこに売ってるのかな…。

中にはどんな人が入っているのだろう…。


気になる…。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年10月28日

運動会撮影の是非を問う

今日は台風一過の晴天の下、各地で秋の『運動会』行われたようです。

こういった愛息令嬢の大イベントでは、とにかく親御さんは撮影。そして、そのハンディカメラの大群は、すごいモンです。撮影の学芸会、水泳大会、発表会もまた同じ。ほとんど子供数と同じくらいカメラの数が会場を取り巻きます。
しかし、私が主張したいのは、撮影の為に頑張ってよい映像を撮ろうとすれば」はっきり言って周囲の人にとっては邪魔、なにより肝心なお子さんの頑張る姿を狭いファインダーを通してしか見れませんし、必然的に拍手もできません。困ったモンです。

 よって運動会なんて撮影禁止にしてしまうべきです。絶対に禁止してしまうべきです。今日、録画したビデオは全員消去してしまうべきです。福田内閣には、テロ新法にも、証人喚問にも、薬害問題にも、年金問題にも先駆けて、本日分に遡って『運動会撮影記録の徴収検閲』をしていただきたいです。
 さらに、運動会を盛り上げようとする、教員だかなんだかの実況中継、あれも禁止です。やってはいけません。あんな質の悪いスピーカからの大音量、静かな日曜日を過ごしたいご近所まで迷惑です。しかもこの個人情報保護の時代に、デッカイ声で名前を叫ぶなんて、信じられません。あってはならないことです。取り締まらなければなりません。




私は、本日、



フィナーレのリレーで・・・コケました・・・・。

(今ごろ各家庭で笑いネタ)


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 出来事 | 愚痴。

2007年10月27日

徹夜で・・・?

昨日まで、徹夜が二夜続きました。

昨日締め切りの原稿、今回は珍しく余裕を持って計画的に進めてたのですけど、やっぱり徹夜。

とはいえ、一日目の徹夜は、午前様帰宅の後、妙に調子がよくて気がついたら朝になっていた、というだけです。
反動で薬丸くん登場くらいの時間から撃沈、大遅刻しました。

そんな二日目の夜は、やらなきゃいけないのに体力がダメダメ。気持ちは徹夜でも、電灯付け放し&寝床に行かなかっただけで夜通しうとうと〜…居眠りです。

徹夜で居眠り?

誠意は見せたってことで許して下さい。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 愚痴。 | 出来事

テント生活しようかしら

思えば、先々週は『中野坂上』という所へ、4日連続通った。しかも、毎日違う用事、違う行き先なのに…。


そして今週は、吉祥寺・三鷹・武蔵小金井また三鷹と、東京のくせに電話《03》じゃないエリアに集中している。 ちなみに狛江は03、狛江市のくせに・・・。

で、とうとう昨夜は三鷹に泊まった。だって今朝早かったし…。

遊牧民か狩人みたいな生活。


そう言えば、今朝あずさ2号を見た。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) お出かけ 

2007年10月25日

さあ、次

次、のプロジェクトがスタートしました。

昨日は、顔合わせ・本読み・うだうだ・親睦酒(=いつものパターン)
はじめて使う九段の稽古場、隠れ家みたい快適でした。

前作、夏のキャストは全員女性。今回は全員男性です。
むさくるしいです。
さらに、声でかいです。

面白い台本なので、出演者で参加したかったなぁ・・。
ま、実力至上主義さ。品質本意。期限切れオヤジは再利用したりしません。

これにあわせて、その次のプロジェクトも平行して開始しなきゃならんのですけど、・・・また無駄に忙しくなるなぁ・・。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 出来事 

2007年10月24日

ドライ・アイ

へぇ〜。

ふ〜ん。

10秒間、目を開けていられなかったら、『ドライアイ』だそうで、眼科医にイラッシャーイとな。

私、まさにこれです。該当者。

病気ねぇ…。

治療しますね、 ドライアイとドライ愛


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 出来事 

2007年10月23日

相手の気持ちになって

このところどうも風向きが悪く、何事も上手く噛み合わない日々です。
簡単に云えばツキがないって感じなので、こういう時は柳の心。成り行きに身を委ね、安全牌切って勝負は機を待つ。そう、無理は禁物。

人と争わない・比べない。そうすると、急に優しい気分になります。

あんまり関係ないですけど、今日『時計回りに』と指示されて、当然右回りに動いたのです。 けれども考えてみれば、時計さんは

『あたしゃ必死に左に回してるのに…』

って思ってたりして、下らねーことですけど、他人の立場で物事を考える余裕が生まれてきました。

なんじゃそりゃ…。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 出来事 

2007年10月22日

赤福とお福

北海道の『白い恋人』につづいて、伊勢の名物『赤福』が、エライことになってます。 いや、エライことになっているのではなくて、エライことしてたのがバれて、『無期限の営業停止』中。亀田パパみたいなもんですね。 白も赤も信用できないです。

この件、『赤福』のそもそもの問題点は、300年も歴史があるのに、生産調整のサジ加減というものが、恐ろしく出来ていなかったことだと思います。つまり、大体シーズンや天気や世の中の動向で、『どれだけ売れるか』を正確に判断できていれば、原料の仕入れから流通販売までの間に、無駄が生じないわけです。『売れ残り』自体、あり得んのですわ。
業種や歴史の浅い会社ならともかく、『赤福』くらい商品数も少なくて、歴史もあればそれくらいの数字は把握できていなけりゃ、江戸時代でも成り立ちません。商人の経験と勘、力の見せ所です。
安易に『再利用』なんていう、巧い誤魔化し方に頼ってしまって、そろこそ本来の努力を怠ったわけです。老舗の看板の上に胡坐をかいて、居眠りしてたら、オシッコ漏らしちゃった感じです。

そういえば、伊勢の本店前で買った『赤福』は、(あたたかくて)柔らかくて美味しかったです。明らかに、名古屋の駅で買ったのと、違う食品だった気がします。気のせいかもしれませんけど・・・。

ところで、伊勢方面にはもうひとつ『御福』という餅があるのですけど、この『御福』、かわいそうにこれまで『類似品』『パチもん』扱いされがちでした。
まあ、商品はパッケージまでソックリなので、『ニセモン』扱いされても仕方ないのですけど、実はこの『御福』も、赤福には劣りますが100年以上の歴史のある老舗だそうです。
しかし、この『御福』をお土産に買って帰る、「やっぱり、ニセモン」とか、「味がちがう」「赤福じゃなきゃ〜」とか、「安モン」「阪神の地下で買ったの?」「ホンマ、はどこ行ってきたのか白状しろ!」とか、酷い目にあったりします。

そんなに崇高だった『赤福』独自の味は、『腐りかけ再利用の逸品』だったのですよ。迂闊に食品にコメントしてはいけませんね。

「あー旨い! やっぱ、比内地鶏は違うな〜」 とか・・・


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 | コラム

2007年10月21日

中国産

『比内地鶏』にもビックリしましたけど、食べてしまえば証拠隠滅、なのが食品の特徴なんですけど、目に余ります。
先日、ニセ『三輪そうめん』の業者が逮捕されましたが、中国で作って輸入して包装紙だけを張り替えて、本物の奈良の『三輪そうめん』とは無関係。商標と信頼を二重に侵害してますね。

しかし町の声をきいていると、『けしからん』理由として『中国産の農産物は汚いもんだ、使用することは悪いことだ。という前提で話されてます。  まぁ実際その通りなのですが、少し中国人に対して失礼な気もしてます。町の人ならともかく、キャスターや政治家までそういう本音で話だしたら、また良からぬ国際感情の問題にならんかと心配です。

ところで、天津甘栗とか鉄観音茶も、やっぱり国産が優位なんでしょうかね。
肉まんは、ダンボールが入ってないと偽物だそうですけど…。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム 

2007年10月17日

性教育

最近は学校では『性教育』ってやってくれない傾向だそうです。
『最近は・・・』といいましたが、昔もそうだったようにも思います。僕、そんな授業受けた記憶は、あんまりないです。 もっぱら実地訓練に頼ってます・・・。

しかし、これは真面目に大変な問題で、どのタイミングでどうやって教えるのがよいのか、それが問題です。
世界中の子供たちに、『サンタクロースはいつまでも信じていてもらいたい』という類の願いと、『現実の正しい知識を伝えておかなきゃならぬ』という義務感の、両方をもっているのが大人だと思います。
スウェーデンのように、全〜部オープンにしてしまうのも方法、但しニッポンの土壌には馴染みません。(たぶん)  それでも、あやふやな形で伝えようとすると、必ず誤解が生じて、それは不幸な結果に繋がります。

正しい知識を得られずに、間違った解釈をしてしまうのは、ほとんど思春期までに吸収した情報の解釈に間違いによるものです。そんな情報を青少年に与えているのは、メディア各位なんですけど、正しい情報を正面から教えていないこと、これが大問題です。 現代は、避妊はもちろん、性感染症とか性犯罪とか、様々な問題が潜在してます。

ニーズはあるのに、学校も家庭も、きちんと教えてくれないなら、ここらで一発『塾』でも開こうか!と思ったりしてます。 結構、ヒットするかもしれません。

『男と女、出会いから出産まで』という教則ビデオを作って・・・さあ、誰に出演してもらおうかな。



ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム 

2007年10月16日

富士見市

新宿で一仕事終え、遠路1時間、そんなに遠いとは思っていなかったのですけれども、埼玉県富士見市に行って参りました。
富士見市というところには、たぶん初めて踏み入れたと思います。
ここも東京のベッドタウンなのでしょうか、住宅と生活店舗がたくさんあって、住み心地のよさそうなところでした。

僕としては、『富士見』というと酷い産婦人科の事件が未だにインプットされています。 不名誉なことです。不名誉な事件を起こす場合は、こういう市民共有の名称を使っちゃいけませんね。他の例としては『水俣病』とか、最近だと『松本サリン事件』とか、戸塚ヨットスクール・・・は、地名じゃないけど戸塚区が迷惑してます。あの、産婦人科さんのせいで、僕みたいに『富士見』のイメージがいまだに悪くなったままの人もいます。

ところで、ここからでも、富士山が見えるんでしょうかね?
世の中に、というか日本中に『富士見』っていう地名はたくさんあるんですけど、付近の建築や環境の変化で、見えなくなっちゃったとこもあ
るのです。
それでも名前を変えないのは、『富士見』って何が起ころうともニッポン人には価値ある名称なんでしょうね。

『富士見は不死身』っていう、語呂も縁起がいいのだそうですけど、『不死身』って、シアワセなんだかどうなんだか・・・。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム 

2007年10月15日

私、先程すっごい素朴な疑問を発見しました。

鏡で顔を見ますよね。正対して。

鏡って、どうして左右反対に映るのに、上下は反対にならないんですかね?


まあ、いいや・・・。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム 

2007年10月14日

台湾流通卸売りセンター

久しぶりに台湾に行くプランが発生しました。
丁度、用事が出来たので渡りに船、時間のあるうちに懐古&新発見ツアーも兼ねて、たぶん15年ぶりくらいの台湾へ! と思っておりました。
そのつもりで計画しようとしていたら、ここのところあれこれと急にバタバタ忙しくなってしまいまして、とりあえず今日の時点では出発していません。
そもそも、トラブル続出でいつ落っこちてもおかしくない『中華航空』に乗るのも怖いのですけれども、なんとか他の飛行機を選ばないといけません。やや時間的に不便で、高くつきます。

そのうえその壱。何を思ったか先週『軍事パレード』なんぞやらかして、このご時世中国を刺激してくれたりしてます。物騒です。

そのうえその弐。なんですか南部では『テング熱』が大流行だそうで、その軍隊も蚊の撃退に駆り出されているそうです。

それでも、なんとしてでも伺わねばと思っております。新幹線も通ったことだし、行動範囲も広がります。 目的は、お仕事+リサーチ+旧交あたため+・・・なんだ? 遊びはほとんどなし。なんちゅーても『中華料理』ほかB級グルメと「乾杯!」一気呑み。  そうだ、YUKIYAさんもいるし。(たぶん)

ま、農協のオッサンじゃないので、イカガワしい目的ではないのは確かです。

ちなみにタイトルの『流通卸売りセンター』の意味は、Taiwan Republic Of China のR.O.C.をいじったのです。 呼称に困る国連非加盟国、というか国として認められていないし、ニッポンと国交もないのですけれども、『チャイニーズ・タイペイ』よりはマシ。



ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2007年10月12日

打算と誤算

12日は、都内小学校でワークショップ。大騒ぎ。分裂した孫悟空。 
今回は、ほとんど期待していなかった『子供からインスパイアされる』という、僕の収穫が、予想以上にタップリありました。 100人の子供と大人(自分含む)、それぞれの心裏を勝手に推察するだけで、もうドラマティックが止まらない。一番つまらないのは僕の脳みその中だな、と思います。

給食を(山盛り)教室でいただきました。
学校訪問した総理大臣の気分でした。
でも、急いで山盛り食べたので、『ギャル曽根』扱いされました。

相方・ひかり先生はギッ●リ腰。(機密事項ですが)
僕、本日筋肉痛。 がんばれ東京オリンピック世代・・・。

夕刻、オペラシティに打ち合わせに向かう途中、新国立劇場の看板を発見。そういえば、今年ももうオペラシーズンです。僕は二日後の『タンホイザー』が皮切り。ずっと前からチケット購入して楽しみにしていた公演がもうすぐ・・・

・・・と思いきや。一晩眠って状況は一変。

今になって、よんどころない事情が重なり、これから来週までバタバタ。あたりまえのように観劇などできなくなってしまいました。キャンセルです。今更チケットも転売できないし、ああもったいないやら悔しいやら・・・。こういうケースでいつも思うのですけど・・

〜僕の隣の席の人はゆったりしていいだろうなあ〜
〜荷物なんか置けたりして〜
〜後ろの席の人もいいんだろうな〜
〜見晴らしがよくて〜

今度から『満員完売』の公演で空席があると、来れなかった人の事情を想像して楽しむことにします。

ted803 at 23:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 出来事 

2007年10月11日

特等席

さいたま。彩の国芸術劇場にて、蜷川『オセロー』を拝見してきました。
決して蒼井優ちゃん目当てではありません。前々から決まっていた予定です。
上演タップリ4時間。 交通費だけでも高いのですけど、チケットも立派なお値段です。そこまで長時間を過ごすなら、この際『特等席』で快適に…と思いS席を発注しておきました。 しかし現実はここがS?って感じでした。

いつも思うのですが、ニッポンの劇場って、席を大別しすぎですよね。大劇場でもS・A…あってBくらいしかないし、一階最後列まで Sばっかり。
今回も、蒼井優ちゃんのツバかかる席もS、オペラグラス必要な席もS。これじゃ不公平です。 この点だけは、大相撲を見習って欲しいとこ。オペラ座並みにしてほしいです。

そんな4時間の後、ご挨拶もそこそこに、急いで夜は赤塚で『二神』こちらは2時間。こちらの題材は日本の古典。至近距離でいい音色でした。
しかし赤塚、遠いようで近くで便利でした。綺麗で快適な劇場。こちらは全席自由。仮設の席なのに椅子の配置に余裕があって、雛壇になっているので助かります。バカボンのパパも喜びます。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 劇評 | お出かけ

2007年10月10日

恥の多い生涯を送って来ました

下山すると現実の生活が待っているわけです。
本日は、元・体育の日。 予想に反して好天だったみたいです。

朝から、パソコンが起動トラブル。出発が遅れ、お昼の打ち合わせには準備不足で駆け込みでした。 なにより、『お化粧』ができていなかったので、頭ボサボサの無精ヒゲでは余りにも失礼と思い、床屋さんに行きました。
美容院(いわゆるパーマ屋さん)でない、剃刀を使ってくれる『散髪屋』さんに行くのは10年ぶりくらいです。あのトリコロールの看板に誘われて、前屈みの洗髪を受けてまいりました。

ところが、そんなこと以前の問題で、いろいろと予想に反する展開、お仕事そのものも今回はボツ。ま、場違いとはいえ、恐れ多い貴重な体験をさせていただきました。

しかし考えてみれば、何事も『貴重な体験』と思って喜んでいても、考えたら残りの人生もたっぷりあるわけではありません。たしかに世の中、未知のことばかり。まだまだいっぱい吸収しなければならいことだらけなのですけれども、そろそろなんらかの収穫も意識しなきゃいけないのです。

どうも最近、自分の座標軸のがわからなくなってきました。
裏目。つまり、このところ後悔する決断が続いているのです。おかげでこの秋はお仕事がなくて、当然、積極投資するには先立つものもなくて、ヒマになってしまいそうなのです。ヒマだと哲学者になってしまいます。ヒマは不幸なことです。

『このままヒマが続くと、堕落して行ってしまいそうです。 人間失格!』


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム 

2007年10月09日

山は死にますか?

09c29762.jpgせっかく久しぶりの信州は松本。 松本盆地は上品な街並み、(しゃべらなければ)知的な人たちが暮らす教育先進土地、なにより遠景に癒されます。

ということで、一泊して森林浴と温泉浴を強行して参りました。
(なぜだか)知り尽くした温泉に低温火傷するくらい浸かった後、(いつもより)早起きして、季節はずれの『上高地』遠足です。道中、歩きながら、頭の中でBGM・・・・

おしえて〜ください〜 
この世に生きとし生けるもののすべての生命に限りがあるのならば〜  
海は死にますか〜 山は死にますか〜  

・・・って、そりゃ『二百三高地』だが・・・。

しかし、この手の音楽は一日中頭から離れません。
よって、なんともまあ自殺でしそうな辛気臭い表情で、街着でピクニックしている、変なオッサンになってしまったわけです。
ともかく、覚悟していた雨も不思議と上がって、色づき始めた山はしっとり美しかったです。探せばキノコもたくさん発見できたと思います。そう、僕は自称『奇跡の晴れ男』。是非是非、楽しいイベントには同伴してやってください。テルテル坊主よりも役に立ちますぞ!

久しぶり、束の間の、休日。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) お出かけ 

2007年10月08日

夜光虫

夜中にお遣いを頼まれました。
それだけじゃ悔しいし、昼間はデスクワークだけだったので、近所の24時間スーパーまでジョギングしてきました。
オヤジ狩にでも遭うのではないかと心配しました。
まあ、もし、オヤジ狩りの若者がいたら、叱りつけてやるつもりでした。
「誰がオヤジやねん!クラッ」って・・・。

それはともかく、ビックリしたことに道中お仲間が多いこと多いこと。皆さん、深夜にジョギングしてるんですね。 完全装備のジョギングスタイルでした。ただの部屋着の僕も、仲間がいて安心しました。日課にしようかな・・。

でも僕の場合、お遣いなので復路はお荷物つき。
さらに、一歩走るたびにジャリ銭がチャラチャラうるさいです。



ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 出来事 

2007年10月07日

藝術の秋

先日の勅使河原三郎・コンテンポラリーダンスに続いて、指輪ホテル『EXCHANGE』(←鏡文字で)を拝見。眺める⇒見入る、といつの間にか上手に引き込まれてしまいました。 まいど、絶妙に挿入されるワンフレーズが刺激的、かつ分かり易くて素晴らしい。
ちなみに、初日・神楽坂に伺いました。

この『指輪・・』さん、この後、全国を回られるみたいです。
今、秋ですのでこれから各地で芸術的行事が多いです。
こういうときこそ、実は『年一度の大行事』として気合の入っている地方都市で、いいイベントを企画していたりします。

てなわけで、まず明日から松本。そして郡山。何があるのか、調べるだけでも楽しみです。
その後は、動かないものも見てみたくなります。 地方に行かなくても、フェルメールの『牛乳を注ぐ太った女』は、ご上京いただいているので、これもまあ見ておきたい気もします。 でも、人が多そうなのでどうも。。。

ニッポンの美術館、はもちろんデパートの特別展とか、いい企画展は多いのですけれども、来場者多すぎで、何見てんだかわからなくなります。
それに、入場料高すぎ。お金かかり過ぎ。

そういう意味でも、『指輪・・』リーズナブルでした。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 劇評 | 芸能

2007年10月06日

C#大江千里な男

久しぶりにバイオリンを弾きに行きました。
防音室に行かないと弾けないんです、都会じゃ近所迷惑でね。
上手けりゃいいんですけどね・・・。

ヘンな話、区民施設なんかの音楽室だと個人では貸してくれないのです。なので、団体で借りてスカッシュでも出来そうなくらい広い部屋を、ないしょで一人で使うしかないのですけど、今回は楽器店の個室スタジオを利用しました。
ホームサウナみたいな小さな部屋です。 実際、暑かったです。

そこで発見したのですけれども、最近の優れモノ、おじさん感激。
それはチューナーです。
チューニング用に貸して頂いたのですけれども、勝手に音を拾って至近の音を表示してくれるのです。(たぶん僕が知らないだけで今ではこれが常識なんだろうけど)
ピアノの音と格闘しながらチューニングするつもりだったので、こんな楽なモンがあるなんて、驚きです。これぞ文明の利器、竹内力です。

ところが途中で気がついたのですけれども、このチューナー。僕の話す声にも反応してるんですね。つまり、今の言葉はドレミのどれか、計測してくれるんです。

これって、人に好感を持たれる人の声とかは、やはり綺麗に『ド』だったり『ラ』だったりするのでしょうね。 標準的な人は『レ』がベースで日常会話されているって話聞いたことがあります。
ちなみに、僕はC#からちょっとズレタあたりが多かったです。

どうやってもどなたとも、不協和音です。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 芸能 

2007年10月05日

秋休みと通知表

二学期制の小学校では今、秋休みに入りました。

ですから、通知表(とも成績表とも今は呼ばないんですけど)みたいなものも、ここで半期分を受取るわけです。
でも、これを保護者に見せる緊張の帰宅、ってのはあんまり無いみたいです。だって、5段階評価とかではないので、明確に成績なんてワカリマセン。学業の成績のみならず、素行や態度についても、◎○△じゃ、よくわかりませんわね。相当問題があれば、既に個別に呼び出されてますし。

先日、お邪魔した都内の小学校でも、秋休み前ってことで校舎は穏かな空気が流れていました。しかし先生方はお忙しそうで、確かに授業以外の雑務の多さ、ってのは大変そうです。 考えてみれば『残業』がない職業って、あんまり存在しないですよね。残業しなければ期限までに終わらない場合、やるしかないわけですよね。社会保険庁以外は・・・。
そりゃともかく、先生は受け持った子供たちの素行や様子を良く観察していらっしゃいます。考えてみれば、親よりも長い時間接していたりするわけで、子供の本質も公平な視点から見てくれています。
だいたい『この親にしてこの子あり』なわけですから、クラス内での子供の評価は、そのまんま社会での親の評価。と、素直に受け止めるつもりでいると、『通知表』は受取る親のほうが、ビビリます。

それでもって秋休み。
最近、どうも運気が逃げがちなので、どこかで気分転換でもしたいところですけれども、こちとらそうもいかんのですよね〜。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 出来事 | コラム

2007年10月04日

秋葉原アメリカンシティー

ニッポンのサブカルチャーについて、外国人がどう思うのか、というフォーラム形式の番組かなにかあると、「信じられナーイ」という外人さんの反応にもって行くことが多いです。

でも、先日秋葉原の町を歩いていましたけど、よく考えてみれば、アニメだの、コスプレだの、コレクターだの、ついでに大型家電も、全部アメリカ人的じゃないですか?
20年くらい前に、ハロウィンがニッポンに浸透し始めたことろにも、この習慣は「信じられまへ〜ん」な、幼稚なものだと思いましたし、たかが野球の使用済みボールに数千万も値段が付くコレクター天国、アメリカンこそ、とってもアキバ系な国民性であろうかと思います。

秋葉原、週末に行くと歩道は人種のルツボです。すっごい人ゴミです。
アジアの町って感じです。
アメリカンでもアジアンでもいいけれど、治安だけが心配です。



ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム | お出かけ

2007年10月03日

沢尻エリカ

いや〜寒いです。寒かったです。
郵便局が不便になった山間地は物悲しい初秋の空気です。

そういえば『麦秋』って映画がありました。
小津安二郎監督、原節子、杉村春子、笠智衆(若い)・・・これに淡島千景さんも出ていらっしゃいます。この前拝見しました。長生きです。歴史です。
個人的にも、桜よりも銀杏の方が癒されますので、良き祖国の秋の入り口。よき季節です。
そんな、郵便局はバラバラになってもマイナスイオンだけは溢れる山間地の渓谷、冷たいとはわかっていても、澄んだ川の浅瀬は足突っ込みたくなるくらい気持ちよさそうです。

てな前フリを、ここらで強引に持ってくると、こういう穏かな場所が「沢」なわけですね。ここで取れる蟹は沢ガニ、ここに田んぼを作れば沢田、ここでキックボクシングをやれば沢村・・・。

話題の「エリカ」様は『お尻』なのですけど、そんなことはどうでもいい。 (どうでもよかったんだ・・・)  不遜な態度とその原因が話題になってますね。

クローズド・ノートは特に興味は無いんですけれども、試写会を見られた著名な評論家の方のコメントで、エリカさんボコボコでした。
周りの俳優(竹内結子さんとか)が素晴らしいのに比べ、主演なのに喰われっぱなしでxって事でした。
それが気に入らなかったのかどうかはわかりませんけど、そもそも20歳そこそこの才能じゃないですか。なにやっても好評だったら宗教になってしまいます。 数回の成功で自分の枠決めつけてどうする、酷評くらい今後の活動で取替えしゃいいのよ。でないと、淡島千景さんにはなれないですよね。

ニッポンのメディアって、デビュー作とか、若い頃優秀なら「天才」としちゃって、一生天才扱い。 逆に、最初でコケたら後に上手くなっても評価しない傾向がありますよね。

だから、やってる方もマイナス意見にはナーバスだし、失敗は必要以上に恐れる。

成長はおろか、才能の現状維持だって、転んで起きて転んで起きて、ドロドロにやんなきゃ出来ないと思うのですよ。

転んでナンボ。 それで、凹むな。


ところで、前の総理が言っていた『再チャレンジ』、どうなったんだろう? ご本人が自分で自分に言い聞かせたのか?


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 芸能 

2007年10月02日

戸塚宏と時津風親方

news《時津風親方 協会に暴行認める》


なんで逮捕されないのか? 
戸塚ヨットスクールと、どう違うか?と思います。

ちなみに、戸塚宏校長は監禁・傷害致死の容疑で逮捕され、6年の実刑を受けていたと思います。
ビール瓶で頭を殴る行為が、『かわいがり』。そんな稽古がありますか?
守らなきゃいかん国技の伝統は、そんなとこにあるわけじゃないだろう、と憤ります。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スポーツ 

2007年10月01日

地震のときは

今日から『緊急地震速報』の一般提供がはじまりました。

3秒でなにができる? と問われると、かなり厳しい気もしますが、初動のアタフタがないだけでも、かなり助かるでしょう。
実際、1秒ってとても長いです。小さい子供なら抱えて移動させるくらいの事は出来ますから・・・。

ところで今日の未明に、結構大きな地震があって揺れたのですけれども、夜更かししてエクセルと格闘していても、この『速報』入ってこないんですよね。
つまり、現状では一晩中テレビかラジオでもつけておかなければダメなのでしょうかね?
(ま、そもそも今朝の地震のときはまだサービス提供前だったそうですが・・・)

これによって、各地で避難訓練も行われたみたいです。
劇場だとどうなのでしょうか? 以前に東京で大地震があった日にも書きましたが、誰がどの判断で公演を中断してお客様を避難誘導するのでしょうか?
これからの舞台監督さんは、ラジオを聴きながらステージサイドに控えてなきゃなりませんかね。 そして、劇団も俳優さんも、くれぐれも『地震が来ても上演を中断しなかった』ことを自慢するようなことのないようにしましょう。

そんなことを芸術性のバロメーターにしないでくださいまし。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム