2009年03月

2009年03月30日

おばちゃん

イタリアに行くと気になること。

デル・ピエロみたいな伊達男が標準化している若者イタリアン層と、 レストランで気さくにウインクしてくれるチャランポランで陽気で人懐っこくてハゲていてデブな中年のオッサン層、 イタリア男のイメージはこれに二分されるんです。
どちらもイタリア人なのですけど、その変容の過程はどうなっているんだろうかと疑問だったのです。

北欧とか白人女性の場合は、コマネチがエレーナおばさんに変容する過程(体重が一方的に増えるだけですけど)が、簡単に想像できるのですけど、イタリア男はどうもわかりませんでした。

そういう意味では、最近の日本のアラフォー男女を見ていると、どんどん若さをキープしていて、昔の30代40代50代とはぜんぜん違うことに気がつきます。

つまり、イタリアで同時に見ていたデル・ピエロとハゲデブおじさんも同じで、時代差が生んだギャップということなのかと思いました。デル・ピエロが歳とっても、チビ・デブ・ハゲの人懐っこいおじさんにはならないんだと・・。

そういえば、日本でも最近明らかな中年太りのデブは少ないです。ということは、このままだとわが日本において愛すべき「おばちゃん」が絶滅してしまうことになります。

あの、ときには図々しくて、おしゃべりが止まらなくて、どことなくあたたかい「おばちゃん」がいなくなったら、さみしい気がします。

ま、綾戸智絵と安達祐実のお母さんみたいなのは、若々しくても「おばちゃん」やけどな。飴もってそうだし・・・。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム 

2009年03月29日

千葉県は知事選挙

千葉県は知事選挙なんです。今日が投開票。

ぼくは、いつも期日前投票です。タテマエが厳しかったころの不在者投票の頃から、だいたい事前に投票は済ませてきました。

よって、当日急用で投票できなかったということもなく、成人して選挙権を得た6年前から、すべての選挙にサボリなし。全部投票してます。

投票してしまったのであとはどうなるかしったこっちゃないんですけど、新聞の情勢判断によると、リードしているのは、森田健作・・・先生。
なんか、今月話題をさらった西松建設関連の大騒ぎは、必要以上に熱い県知事という、変な所に効果を発揮してオシマイ、になりそ。

森田健作さんに投票していないことを告白したうえで、各候補を比べた時に、森田健作さんは抜群にスピーチが上手かったです。
正直、期待して投票したほかの候補の方については、まったく下手くそ。これじゃ小さな会社でも社員を説得できないだろう、ましてや知事として海千山千の議会をリードするのはまず無理だろうなあ、と思いました。

森田健作さんの公約をみていると、そのまんま宮崎の知事をイメージさせているようにも感じます。 しかし、千葉は大変なところです。宮崎とは事情がエライ違います。どちらかというと、大阪に近い問題を抱えているところです。

必要なのは、「千葉のセールスマン」よりも、本当の政治家なんです。森田健作さんも、有名人の政治参加のように取られてますが、それでも衆議院議員も務めた政治家ですから、お飾りではなく仕事をしてもらうことを期待します。

ま、どなたが知事になられてもいいですけど、とりあえず剣道が流行するのかなあ。。。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 出来事 

2009年03月28日

日本な年度末

昨日は年度末の金曜日、人事異動の季節、世間さんはお別れと出会いの季節ですね。
そのくせこのところヘンに寒くて、桜も咲いていいもんやらどうしたもんやら、困ってる感じでした。

久し振りに外の空気。朝から桜の綺麗な高井戸の日大文理学部で、本職の先生さんに混ぜていただいて、ワークショップ。いろいろいろと面白かったです。
なぜか、懐かしい顔も知っている方もかなりいらっしゃいました。

懇親会をパスして、帰宅後は、不良中年友・前川さん脚本の『ルパンvsコナン』の鑑賞でした。いや、面白くて好評だったですね〜。

今日は、サッカー日本代表戦、そのあと『ごくせん・卒業スペシャル』だったんですけど、どっちも録画。変な話、なぜか映画『ごくせん』のほうの撮影が始まってまして、本体のTV放送が見れないのですよ。いや、家が調布の日活から近ければ問題ないんですけど、片道2時間ですから、こちとら ・・。

ま、このところの関わりが、日大、日本代表、日テレ、日活と、何かと日本な感じです。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) お出かけ 

2009年03月27日

いい日旅立っていない

気持ち悪い。

この、僕のカレンダーに記載されている3月26日〜27日、終日『研修会、出張』という予定はなんだろう・・・。

まったく、心当たりがない。

てか、今どこにも行ってない。

どこに行くはずだったんだろう。

今、日本のどこかでワタシを待っている人がいるのだろうか。

とりあえず、関係してそうなな人に確認してみたけれど、だれも教えてくれない。ああ、なんだったんだろう。ボツになったにしても、オリジナルの予定があったはずなんだけど・・・。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 愚痴。 

2009年03月26日

日本人はスリムか?

日本女性はなぜ太らない?!秘訣は和食と「腹8分」…

―と、中国人のブログで紹介されていました。 箸で和食をしっかり噛んで食べ、満腹にしないという食習慣だ、という紹介をしています。

でも、そんなことはないのです。

和食を箸で食べて育っても、それでも田舎のおばさんは太っているんです。

和食を食べようと、腹8分だろうと、太る人は太る。

みんな、太りたくないと思っているから、太ってないだけなのです。

そんなことをいえば、中国人だって、痩身でかつては有名で、その秘訣はウーロン茶だ、なんて言われたもんです。

でも、今確実に太ってます。GDPと一緒に脂肪も急成長してます。

つまり食生活じゃないんです。

ずばり秘訣は羞恥心。


また、敵を増やしたか・・・。?

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム 

2009年03月25日

WBCの陰のニュースバリュー

昨日のWBC優勝、平日昼間なのに視聴率30%以上、話題の少ない3月に見事に盛り上がりましたね〜。

TVや新聞を通しても、幸せそうに喜んでいる人たちの姿を見ると、こっちも機運上昇しそうな気がしてきますね。笑顔はプラスの影響を与えるんですね。

ところで、そういう明るいスポットライトには、必ず影があるものです。個人的には応援している阪神タイガースと地元千葉ロッテの選手は、やや可哀想。 藤川は決勝ラウンドでは本業の抑えをダルに奪われた格好だし、岩田は印象としてはコールド勝ちした韓国戦の引き攣った表情だけ。前回主流メンバーだった千葉ロッテから、今回ただ一人の参加だった渡辺俊介は、どうもボールが合わないのか制御不能のまま戦力外。

対照的に広島カープ勢はタナボタ出場。理不尽な『城島退場』で石原も出場できたし、村田負傷で栗原も出場できました。 栗原は、プロ入り当時からひそかに応援していた選手なので、とっても個人的にうれしかったのですけど、美味しい場面で三振2つと併殺打。う〜ん負けなくてよかったよかった。

イチローも結果的はよかったです。もそすごくたくさんの、数字の記録を持っている選手ですけど、考えてみれば『この一打』という印象深いヒットがなかったんですね。伝説の大選手として、あの決勝戦の決勝打は貴重な一本になりましたね。 試合後は珍しくいい笑顔のインタビューでした。

その笑顔のイチローとは逆に、こちらも珍しく涙の記者会見をしていたのが、小沢イチローさん。よかったのか悪かったのか、話題が結構WBCにもっていかれてしまって、議論が盛り上がらなかった感じです。 こっちだって、楽しい話題の方がいいですもんねぇ・・・。

さらに陰に隠れていたニュースが、『朝青竜に土』。
もうこれは、ほとんどスポーツニュースにもなってませんでした。双津竜の裁判と同様、他にニュースがなければそうと騒がれたはずなんですけどね。

WBC優勝して、本来とっても盛り上がるべきなのが野球界なんですけど、安泰でもないみたいです。こういうのって意外と『燃え尽き症候群』になったりして、このあと開幕のプロ野球が盛り上がらなかったりするですけど、さらに今週末にはサッカーの日本代表戦があります。

高揚した国民のスポーツ意識が、ごっそりサッカーにもっていかれたりして・・・。
ま、サッカーはサッカーで、これでバーレーンに負けたらかなり国民にシラケられる事間違いなし、それはそれでプレッシャーですね。


ともあれ、24日にミサイル発射されてなくてよかった・・・。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 出来事 

2009年03月24日

コピーの値段

3ee500c9.jpg久しぶりに戯曲リーディング会を開催。
たまには声出してストレス発散、というわけなんですけど、昨日一番喋ったのは、開始前のWBCワンセグ応援のときと、夜の居酒屋での親睦会だったような気がしますが・・・。

ま、最近は自分の話す日本語が乱れているし、ボキャブラリーも少なくなっているので、いろんな言葉に当たるのは、ええことですな。

今回は(いや、いつも…)、著作権の問題が(たぶん)ない作家中心でした。
お昼は参加者少なめ4名でしっとり近代古典。岸田国士と森本薫。新劇ストレートど真ん中。
お夜は参加者8名で、がやがや生効果音つき。ブレヒトから始まって、最後は新劇アウトロー。

いつも思うのですけれども、娯楽の少なかった時代の戯曲は、人間の興味がそこに凝縮されている気がします。僕が不倫話が好きだというだけではなくて、そういう題材がエンターテイメントしては多くなるんでしょうね。源氏物語だって、言うてみれりゃエロ小説ですしね。

というわけなんですけれども、いつも必然的に大変な使用量になるのがコピーですね。重いんですね、まず。重いので、出来るだけ持ち歩かなくていいように、当日、近所でコピーしたいところなんです。

多少のマシンの性能上のストレスと、周囲の視線を我慢すれば、事務所でコピーすればいいのですけど、コピー機の保守って結構高いのです。
リースのコピー機なんてメンテナンス代がシャレにならないうえに、紙代、用紙代、結局カウンターによる従量制みたいなもんです。
そのくせマシンはどんどん古くなって性能は鈍るので、少量のコピーならコンビニが一番です。

チラシのように大量のときは、ちゃんとソートしてくれて事後作業に便利なセルフサービスのお店を利用するんです。たまにキャンペーンで安い時などは、まとめてごっそりとしておきます。 かつての常連だったのは、Fedexkinkosだったのですけど、kinkosは、『学割』が10%あるので、気持ちだけコンビニよりは安いかな〜と思っていたのにビックリ! いつのまにか 定価が11円に値上げされてるじゃないですか。

で、見つけたお安いお店(キャンペーン価格)

しかし、一枚あいたり3.15円というのは、まとめてコピーしないで一枚ずつ清算したら、永久に消費税分がかからないうえに、スッゲー手間になるような気がするので、いっそ税込3円にしたらどうでしょうかね。 以後、常連になるつもりの客としては、です。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2009年03月23日

探しものはなんですかな

6592fe62.jpg探しものではないんですけど、こういうことってあるもんですね。

帰路、木場のヨーカドーの看板を見つけ、必需品の買い物しようと道を逸れたものの、たどりつく確たる道順がわからないので、うろうろと彷徨っていたら、なんか気になる看板。

これは、今週末のお花見(ではなくて信先生の祝席なのだが…)の、集合場所ではありませんか。偶然通りかかっていました。

しかもこの屋形船の花見。すごく楽しみにしていたのですけど、急きょお仕事のスケジュールが変わって参加できない様子になってます。

忘れたころに見つかる探しもの、ではなくて忘れたいのに事前に見つけてしまいました。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) お出かけ 

2009年03月22日

オズワルドてか

WBCも楽しく盛り上がっています。明日は、アメリカ戦。

先発は日本は松坂。アメリカは “オズワルド” だそうです。

この前、カストロ(本人)が登場して、今度はオズワルドというのがなんとも・・・。

藤川、JFKなんて名乗ってたらやばいぞ。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スポーツ 

2009年03月21日

陽気のせいか渋滞

午前の打ち合わせに向かっていたら、なんと都内は大渋滞。

陽気のせいなのか、ETC取り付けた人がうれしがったのか、おかげでとても間に合いそうにありません。なので途中で電車に乗り換えての通勤となりました。
電車はガラガラ。 これが平日なら立ってられないのですけど、おかしなもんです。

それにしても路上は、普段は運転しない人たちや、遠隔地ナンバーの車が多く、とにかく危険な運転が目につきます。

危険というのは、粗暴な暴走のことではなく、通常の交通の流れにとって不規則な行動なんです。

そうするとやはり、来週からの高速1000円、とっても心配です。
高速道路上も事故が懸念されますけど、行った先々ではみんな不案内。地元の人からすれば信じられない行動をするわけです。

ま、自動車が売れない分、事故して修理増えればそれも経済効果。人命と文化財の破壊にならないことを願います。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) お出かけ 

2009年03月20日

定額給付金差し押さえ

差し押さえ、というか滞納者の納税に振り替えようとした川内村が謝罪してましたね。

定額給付金は、そりゃ盛大に消費したいところですけど、お金は口座に入ってしまったらただ数字。出どころは管理できませんので、必要な出費から順番に充てられます。そのうえで、残っていたら言われんでも盛大に使いますが、僕の場合は、残念なことに、即税金の支払いへと逆流することになりそうです。

しかしこの川内村の対応と謝罪は可哀想な気がします。

定額給付金の趣旨が、「原油価格の高騰等によって物価が上がって困っている人たちへの緊急の生活支援なのでお金持ちはそんなものを受け取るのは矜持の問題でさもしいのだが、そんなことを言っているうちにいつのまにか原油は下がっていて、別のところから未曾有(みぞうゆう)の経済危機がやってきて来て株は最安値なのに円高、景気が一層悪くなり日本の企業が全滅状態になったので、内需を拡大しようということで、同じ内容のまま趣旨を変えて経済対策の目玉としてこれはあるんだみたいなことにして、だったらお金持ちの人もこれを受け取ってさらにお金を上乗せして盛大に使いましょうという趣旨になって、だったら矜持をもって受け取らずに自分のお金だけを盛大に使えばいいだろう!と突っ込まれるのは気にせずに、とにかくさもしくないからみんな受け取って派手に使おう、という趣旨になったはずですが、そうしたら雇用も不安定になったので、やっぱり生活に困っている人もいるので、その支援という趣旨も残っているんですけど、どんなに困窮していても生活必需に充当せずにとにかくみんな盛大に使いましょう」的なのがいかん。

つまり、趣旨がぶれているから、則る方も戸惑うのではないですかな。

そもそも、「定率減税」じゃなくて「定額給付」にした時点で、真面目な納税者をバカにしていると思いますが、その趣旨からすれば確かに村の対応はまずいということだと思います。 

則るべき趣旨が、もともと常識を逸脱しているのですけど。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 愚痴。 

2009年03月19日

ドラゴン、案の定

≪上海エクスプロウラより≫  14日より中国全土で封切りされた映画『七龍珠(原題:DRAGONBALL EVOLUTION)』に観客から続々と失望の声が上がっている。北京晨報が伝えた。 この映画は日本の鳥山明原作の超人気コミック『ドラゴンボール』のハリウッド実写版で、当コミックは中国でもマニアックなファンが大勢いるだけに、原作とのあまりの違いに失望を通り越し、怒りの声すら上がっているという。 北京の映画館における公開日当日の興行成績はまずまずといったところだが、昼の上映が5割、夜の上映も座席は7割程度しか埋まらず、ハリウッド大作としてはさびしい滑り出しとなった。・・・(後略)

僕が一番話題に乗れないのが、ちょっと年下世代の人のアニメ。ガンダムと同様このドラゴンボールってさっぱり分からんのですけど、この実写版については、制作発表のときからおいおいって感じでしたけど、ま別モノとして楽しむのも良し。

というか、中国の場合は読んでいる原作が海賊だったり偽物だったり、そもそも別モノだったりして・・・。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 芸能 

2009年03月18日

狭い世界大会

そのWBCですけど、前回優勝したときの決勝戦の相手が、今回戦うキューバでした。

日本に敗れたとはいえ、にっくきアメリカより上の準優勝となったキューバチームは、凱旋したときにカストロ首相に称えられたのです。

そのときのカストロさんのコメントは、「準優勝は立派な成績だ。マツザカはそう打てるもんじゃない。よくやった」みたいな感じでした。その時、「松坂スゲー、カストロに名指し」と思ったもんです。

なのでかどうなのか、キューバチームは急場凌ぎ。松坂は打てなくても非難されないと思ったのかどうか、今回も見事に不発でしたね。てか、松坂も実際に素晴らしかったんですよね、珍しく玉数少ないし。

ま、ともあれ快勝。次はまたまたまた韓国戦。

しかし『ワールド大会』なのに、ここまでの対戦相手が

1.中国
2.韓国
3.韓国
4.キューバ
5.韓国

その後も場合によっては
6.韓国
7.ベネズエラ
8.韓国

どこがワールドやねん・・・。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スポーツ 

2009年03月17日

エセ・ヒット商品

夕方に立ち寄ったファミリーマートで、Wクリームエクレアが山積みになってましたね。

ブームにもならんかった短命感が虚しいなあ。

味がどうこういうより、電波で話題にしたら商品が売れるという図式を、そろそろ消費者のほうから疑わなきゃ。

商品に実力があれば、口コミで浸透して、ヒットして、定着して、定番になるもの。

人もまた同じ。

上手な宣伝や偶然で得た地位は、ただそれだけのもの。
実力があればいつか勝手に世に出る。
実力がなければ、出ても恥さらすだけ。

それにしても、近所にミニストップがあってよかった。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム 

2009年03月16日

高速道路千円

月末から、とうとう高速道路が千円になるぞ考察。

まず率直にうれしい。
なんせヘビーユーザーだし、該当車だし、ETCついてるし。
ガソリンも安くなったので、金曜の夜から死ぬ気で走れば別府温泉にだって行ける。さぬきうどんを食べに高松にだって行ける。その場合は千円では済まないけど、安いことは安い。

しかし考えてみたら、高速料金が安くなるだけなので、その分が浮いてもいいとこ1万円前後。それ以外の出費は基本的に変わらんわけです。
くわばらくわばら。

それでも、その私たちの出費の増加が経済効果になるわけで、たくさんの人たちが週末お出かけをすれば、観光地も賑わってくるでしょう。
ガソリンもたくさん使ってもらえれば、あれは半分近くが税金ですから、税収も増しますね。

ただ、税金の入れどころが問題で、国道と高速道路でサイフが違ってたからめんどくさい。全く国民の利益不在の主導権争いになっているわけです。
高速道路も国道も県道も農免道路も獣道も演歌の花道も、国民にとっては一緒。全部一般会計でやれって。

ところで、これに必要なETCなんですけど、千葉県はモニター地域だったので、かなり早期からETCが普及してました。ETCってもっとほかの呼び方があってもよさそうな気もしますけど、この前行った中国でもETCでしたから、世界標準なのかな・・・。当初、ゲートの表示にETCと出ていたときは、なんだこりゃ「その他の車か?」とおもいましたが・・。

このETCって専用カードが必要です。で、クレジットカードが作れない人は、つまり破産した人や定職の無い人は作れないのですよね。さらには銀行が嫌いで口座を持ってないと絶対に利用できないわけですね。そうかんがえると、一番もうかったのは金融機関な気がしますけど、土日祝日が完全にお安みな業種でもあるので、せいぜい消費者としてご利用ください。

これでETCが普及すると、高速道路の料金収集のおじさんの仕事はなくなるわけで、特にシルバーの雇用対策としては逆効果な気もします。
高い高速料金を取られて、たくさんのおじさんの人件費にあてられるのと、安くなってシルバー人材の失業者が増えるとの、どっちがいいのかちょっと悩みます。
『機械に出来ることはなるべく機械に』、から『人間が出来ることは人間に』という逆流。逆設備投資。みんながちょっとずつ無駄遣いをして、それで仕事が増えて、社会全体が豊かになるのも、いいんじゃないかという気もしますが・・。

それでも地方の観光産業はうっしっし。定員のある旅館はさておき、レジャー施設やお土産物店はかなり効果期待大。
あとは繁盛しそうなのがJAF。といっても、これも年会費制なので、ただ忙しくなるだけ大変。サービスがさらに低下しそうです。

しかし残念ながら、事故は絶対に増えます。不慣れなサンデードライバーほど、危険なヤツはいません。せめて、大きな事故にならないことを祈ります。すると事故増加で保険会社も大忙し。大忙しといっても、こちらは保険料収入が増えるわけではなくて、出費が増えるだけですから、迷惑な話かもしれません。

ま、ともあれ僕たちは、たちまちは恩恵を被ることができます。
多くの人が外出してレジャーに出費して内需拡大、景気回復、巡り巡って僕らのところにお金も戻ってくる事期待。
・・・というか、もしこれで景気が今まで以上に浮揚するのなら、そもそも高速道路をこれまで有料にしていたのが、経済政策として失敗だという結論になりかねないと思いますが、とりあえず平成20年度の功。

ただし、二年間限定。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム 

2009年03月15日

キャンディーズ解散後

このことろ、キャンディーズ解散コンサートの秘蔵テープをBGMに、確定申告の作業を進めていました。

キャンディーズ解散から、もう30年。なんと30年以上なんですね。

シングルになった曲は、『つばさ』を入れても全18曲なんですけど、全部、それぞれ、なんか・・こう・・よいのだよ。

なんで、今聴いても美しく思えるのかというと、このキャンディーズの皆さんが、現在でもそれなりに、というか年相応に『美しい』ことが大きいと思います。

アイドルはいつまでもイメージ壊さないでいてくれると、ええですわ。
切なく美しい青春時代を一瞬思い出したりした同窓会のようですわ。
これなら今、恋に狂っている青少年も、これなら一生もんの愛を語る気になるでしょうよ。

青春時代がキャンディーズだった僕らは幸せやなあ。

5年早く生まれてたら、エライこっちゃ。・・・白雪姫。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 芸能 

2009年03月14日

脳みそホワイトデー

国分寺の駅前では、まだ日の明るいうちから酔っぱらいを見るのです、たまに。
だいたいは警察学校の関係者なんだそうですけど、大学生の体育会よりも始末が悪いんですね。これ、みっともないったらありゃしません。
こんな大人になったらお巡りさんに逮捕されちゃうよ、と子供をしつけたいところです。 僕でさえ、自主規制で日の明るいうちは酒は飲まないことにしていますが・・。

昨日は東京を離れて、天気予報も別途確認しなければならないほどの遠隔地、ド田舎、通貨も違うんじゃないかという埼玉県某所でお仕事。
しかし こんなところまで、いわゆる『追っかけ』の人たちは来るんだなあ〜、よく調べてるな〜と思いつつ、その『早起き』+『交通費』+『忍耐力』を、分けてほしい気がしましたが・・。

午後、予定より早めにお役御免のなったので、仲間内で慰労とお祝と採暖の祝杯。まずは通貨の使える東京に移動してから、となったのです。といっても午後から開店している居酒屋なんかはなかなかありません。
そこで思い出したのが、昼間から警察関係者が酔っ払っている国分寺。ここなら、早くから開店してるはざうだ、ということで途中下車しました。

で、早から居眠りしながら祝杯。解散はいつもの時間。そのまま帰宅。ばったり。よって今日は、何やっても反応が遅めな、頭の中が真っ白デーでございます。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 愚痴。 

2009年03月13日

バースの呪い

道頓堀川でカーネル・サンダース人形が見つかったそうで、デイリースポーツ的には金賢姫よりも小沢一郎よりも大ニュースですね。

とあるメディアは、24年ぶり『生還』と伝えてましたが、なんぼなんでも『遺体』でしょ〜。それにしても穏やかなお顔でした。

いかに汚い川とはいえ、どうして見つからないのかと思ってましたが、180mも流されていたんですね。 意外に軽かったんですね、カーネルおじさん。
そういえば、昨日今日と御一緒させていただいている生瀬(勝久)さん、昔とあるローカル番組で潜って探索してましたね。当時は芸名違ったけど・・。

これでプレッシャーがかかるのが阪神タイガース。
呪いは言い訳になりまへん。てか、『遺体』じゃ呪いは解けないか。

ちゅーか、不当解雇のバースの呪いは別モンじゃないか。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 芸能 

2009年03月12日

アーティストの表現

奈良美智さんが逮捕されていたそうです。

事情はよくわからんのですけど、これがまたアーティストらしくてなんとも言えません。
『ニュー・ヨークで落書きして逮捕』 ということなんですけど、おいおいブラックユーモアかと思いきや、どうも落書きそのものよりも、経緯と態度がまずかったらしいのですけど、その態度こそがもしかしたら奈良さんが主張したかったことの表現なのか、なんて思います。

奈良さんはもちろん有名な一流芸術家。、そもそも翌日から1か月、ニューヨークの美術館で『奈良美智展』が開かれるのです。

美術館じゃないところで、そんな価値のある絵を発表したら、逮捕されるってのが、なんとも現代アートの総本山・ニューヨークらしくない、らしくないんです。(麻生風)

アートは美術館で、という制限があるとしたら古臭いし、(フルクサスは古臭くない)  落書きは、ここでどーぞ、と公認されたら落書きじゃなくなっちゃいますからねぇ。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム 

2009年03月11日

モナコか・・・

10日の朝、天気予報はとっても良い情報を伝えていたのですけど、なにぶん早朝出勤でしたので、家を出るときはまだ小雨。遠い遠い道のりを自家用車で出発しました。

自動車で移動するときは、万が一のトラブルや事故、渋滞などに備えて、かなり早めに出発します。早く到着しても車があれば困ることは少ないですから。
そうすると案の定、首都高速道路は早朝にもかかわらず、いつもは渋滞しない場所で渋滞が始まっていました。

こういう場合は、間違いなく事故か故障なんですが、ジワジワと前進する途中に、車のパーツが次々と路上に散乱しているのを目撃しました。
たくさん落ちてるなあ〜、とおもっていたら、極めつけは「タイヤ」が一本まるごと落ちてました。

F1か・・。タイヤむき出しで走るフォーミュラーカーならともかく、自家用車でタイヤが落ちるというのはどんなや。と思いました。

もしや、コブラか光岡自動車かなんかで事故したのか、と想像しましたが、路傍の廃車はRX-7(たぶん)のようでした。

こんな事故、急いでいるときに遭遇したら、ものすごくイライラしてストレスになるのです。幸い、早めの出勤だったのでトラブルは回避できました。

そういう僕も、その昔F1本場のモナコの狭い狭い路上で事故やって、大渋滞を作ってしまいました。レンタカーで初めて走る道、地元民にはエライ迷惑で大顰蹙な観光客でした。そのまま地中海にクレーンで撤去してもらいたかったです・・・。


なので、万事明日は我が身。
事故渋滞に遭遇しても『事故を恨んで、人を恨まず』。

ストレスフリーな方が良いです。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 出来事 

2009年03月10日

株が発酵するぞ

またまた株価が大変、らしいのです。

らしいというのも、ここ半年くらいは恐ろしくて株価チェックもできなくて、情報にフタをしているんです。精神衛生上・・。

臭いものにはフタ。まずい情報もフタ。ひたすら、時間が改善してくれることを願いつつ、閉じ込めているのです。

しかーし、ちょっと長すぎるのです。これじゃミイラになるか、腐ってたい肥になっちゃいます。恐ろしくて、さらに見たくなくなってきます。

株じゃなくて蕪なら、発行して千枚漬けの類ができているかもしれないのですけど、電子株じゃ燃料にもならんし・・。

老後あてにしていたお年寄りなんて本当に困っていると思うけどなぁ。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 愚痴。 

2009年03月09日

世論調査は

このところの世論調査が、あたりまえのように小沢ショックを繁栄していますね。

小沢さんがこの数日で『やったこと』は、無愛想な記者会見だけなんですけど、それで支持はおおいに低下。
政治献金規制法違反うんぬんというのは、昔やってたか、やり続けていることで、今に始まったわけじゃなし。つまり、『見つかったかどうか』の問題だったわけです。

政治家のスキャンダルの場合、この『発覚』したことが問題になることが多いですけど、いつも変だなあと思うのです。
だって、反省とか対処とか、そもそも悪い事ならやったときに進んで発表しなさい、って思います。いつも、ばれたらばれた時勝負、というのがどうもおかしい気がするんです。自らの汚点を芸能人の離婚会見みたいに進んで記者発表した例を知りません。 ま、そんな情けない政治家も困りますけど。

しかし、この『発覚』がキーとなってしまうと、そのタイミングと事の成り行きは、今の状態だと『警察』と『マスメディア』がすべての権力を持ってしまうような恐れがありますね。

逮捕=有罪同然という風潮が問題だと思います。実例としてはオウムの河野さんくらいしか、見事に完璧な誤認逮捕はないのでしょうけど、逮捕はまだ警察が疑っているだけの状態です。それを、『どれくらい騒ぐか』というのはメディアの裁量にかかっているわけです。つまり、ことの重大さは、すべて報道するメディアのさじ加減になってしまっている、ということが心配です。

もっと大きな、視聴者が喜ぶ、またはスポンサーがつくニュースか事件があれば、そっちでもよいわけですね。でも、一番われわれ視聴者が喜ぶのは、『糾弾』とかつるしあげなんですね。これはある意味では、(言葉悪いけど)『いじめの快適さ』と同じなんですね。
相手が小沢さんのような政治家など権力に近い人ならまだしも、たとえば不祥事を起こした中小企業の社長さんの場合だと、ちょっと中途半端ですし、なんでも責任追及して追い詰めているのはかわいそう。
時代劇じゃないので、『完全な悪者』なんて、なかなかいるもんじゃありませんから。

これを一番感じたのは、何年か前に北海道の小樽近郊で、トンネルが崩壊した事故。このとき、世間のニュースが枯渇していたんです。なので、大きな事故ではありましたけど、報道は騒ぎに騒いで、とうとう「人災だ!」と、なったわけです。
以後、地震で起きる被害もなにかにつて『人災』あつかいにしたがる傾向があるように思います。

さておき、こういう報道からちゃんとニュースバリューを読みとって、左右されないようにするには、われわれ受け手がしっかりと判断できるインテリジェンスを持っていなければならないわけです。

もともと、『小沢一郎なんて総理にふさわしくない』と思っていた人はともかく、今回の『発覚』と『報道』によって、「ふさわしくない」と変わった人が大勢いるわけです。
また、『麻生不支持』というのも同じで、不支持を誘うような報道をしておいて、それを世論調査で確かめているというのも、言ってみれば新聞・テレビ局の、世論統制の『成績発表』みたいなもんかもしれません。

そういう世の中の仕組が定着すると、逮捕できる『警察』と、それを伝える『報道』に、ものすごい権力が定着することになってしまいます。
これは怖いと思います。

われわれは世論は。メディアの予測をいかに裏切るか、むしろこれを楽むべきと思います。

老若男女、成人したら自分の意見をしっかり持つこと、それが重要だと思います。
報道の誘導に左右されないで、事実から自分の見識を使って判断をすることが、求められます。
テレビ番組をみていると、わかりやすさの演出が徹底して、視聴者に思考・解釈する余地がなくなってますね。

やっぱり「考えること」まで、他人に預けちゃいかんですね。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム 

2009年03月08日

打撃中心

人間って付和雷同するもんだと、ちょっと笑えましたが・・。

昨日のWBCの快勝のせいか、今日は近所のバッティング・センターが2件とも、駐車場に入れないくらい満員大繁盛。
いづれも、お父さんが息子を連れて、というパターンでした。

ぼくも、このところの運動不足解消のために、汗をかく程ひたすら打ちました。バッティングセンターでは『よくバットに当たる日』ってのがあって、そいう日は快適ですが、当たらないとストレスが逆に溜まります。

今日は、『よく当たる日』だったんですけど、ストレスが溜まることが以下3件。

 ‥敍なのかもしれないけど、値段が便乗値上げ。
◆‖子さんに教える隣のお父さんが下手すぎ。理論、間違いだらけ。
 バッティングセンターなのに、ストライクが来ないことがある。

このは、法律的にもどうかと思うんですけど、機械がボール球を投げたら、それは期待されるサービスを提供していないわけで、契約不履行ですから玉数に数えてはいけないかと思うのですけど。
あくまで、打てる玉(=ストライク)を20球投げてもらいたいもんです。

これじゃ、日本の野球少年に『悪球打ち』が定着してしまいます。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) お出かけ 

2009年03月07日

さておきフクアリ

0ccb26e7.jpg千葉市には、マリンスタジアムと福田電子アリーナがあります。
プロ野球チームと、Jリーグのチームがどっちもある町というのは、とっても貴重なことなのです。

JEFがJ1に残留するかどうかという問題はありますけど、『近所にスタジアムがある』という環境は、男の子にとってはこのうえなく幸せなことなのですけど、男の子の興味関心が最近はちょっと違うみたいです。

マリンスタジアムは「酒が飲めるぞー」のオジサン。
フクアリは、「みんなで大声で騒げるぞー」のワカモノ。

どちらも応援はいわゆる『タテのり』。東京ドームと違って、煩い『鳴りもの』や無意味な『声合わせ』はございません。基本的にはゲーム内容を重視。
それはそれとして生のビール・・じゃなくて生のスポーツはとても良いです。
千葉にいれば、頑張れば自転車で通えます。寒くなければなお良いのですけど・・・。

ちなみに、劇場もあることはあります。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スポーツ 

政府高官って

たぶん漆間 巌(うるま いわお)さんのことでしょ?

匿名の意味があるのかどうか・・。匿名が前提の発言だから「政府高官」となるわけですけど、気持ち悪いだけです。

だいたい、政府高官というと事務方の官房副長官のことだそうなんですけど、事務方の官僚が何言っても誰も騒ぐようなことはないんですね。感想みたいなもんだと思えば。

なんで問題になるかといえば、この人は元・警察庁長官の警察官僚ですから、「自民党には捜査は及ばないぜ」は、こりゃやっぱり拙いですね。

日本の場合、「政府高官」なんて言っても、なんかこうシックリきません。やっぱり、政府高官という響きがアメリカの情報筋っぽいものですよね。

それにしても、政権目の前した小沢さんが、ヒラリーに会いたがらなかったり、米軍のプレゼンスに言及した途端にこの有様。おそろしや。なんかやっぱりアメリカはやるね〜、ほとんどゴルゴ13の世界ですね。
日米関係はアンタッチャブルなら、それはそれで結構。 仲良くしましょう。
せめてWBCでは対等に戦って欲しいので、がんばれイチロー。

小沢さんもイチローだけど・・・

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 愚痴。 

2009年03月06日

免許更新

夕方の打ち合わせが流れたので、免許の更新をしてきました。
今は、「中型」って記載が入り、本籍地が表示されないけど、電話番号が伝わってしまうIC内蔵の免許証です。

「司法の判断を無視して行政が市民に不利益な処分をしてよいのか」 と、納得いかないままですけど、違反講習をありがたく受けさせていただきました。
その憤慨ぶりが、見事の免許の写真に露見してます(笑) 今後、身分証明として提示するたびに、『この人、性格悪そ』と思われてしまいます。次回更新までが短くてよかった気がします。

しかし、更新講習はやっぱり必要ですね。今は後部座席もシートベルトが義務つけられている、なんて本気で知りませんでした。講師の方は「新聞やテレビの報道でご存じでしょうが・・」とおっしゃってましたが、僕はホントに知りませんでした。

さらに、更新講習で見せられるビデオも貴重。警察ですから、貴重な資料映像ももっていて、それなりに興味深いです。
他にも、交通事故の状況を教えてくれます。厳罰化ばかりが能じゃないと思いますが、飲酒運転の罰則強化や、シートベルト着用の法制化、それで交通事故の死亡者数は実際に半減しているわけですから、それも評価しても良い気がします。
ただ、このところの死亡事故減少は、実際はガソリン高や不況もあって、市民の「車離れ」が起因していると思います。 首都高速なんて、ここ数年本当に渋滞が減りましたよ、実感として・・・。

そんなときに、ちょうど予算が可決。
今月末から週末の高速道路が『1000円均一』になるんだそうです。
これでまた、利用者が増加して、未熟なドライバーも増えて、事故も増える気がします。

車が売れりゃそれでいいのか。
車社会が維持できればそれでいいのか。

そう思います。

ちなみに、死亡事故第一位は、トヨタの県。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 出来事 

2009年03月05日

コンセルヴァトワール予備軍

来月、東京にやってくるフランスの高校生のDVDを拝見しました。

日本で連想する『演劇やっている高校生』という印象とはちょっと違って、演劇の専門生たちです。今後の進路も、一部は教職とのことですけど、基本的にはコンセルヴァトワールだそうです。つまり、『プロの俳優』さんになるわけです。

『プロの俳優』さんになるには、ティーンエイジャーのときには、こういうルートを通ってきて、それでナンボなんだなあとも思います。

日本の場合は『渋谷でスカウト・即主演・即絶賛』。どないやねん、と思いますけど・・・。

そんな日本の学生さんと、合同ワークショップを企画中。
誰に講師をお願いしようか、もまだ決めてませんけど、通訳も探さないといかんし、結構大変です。

しかし、フランス語ってきれいだなあ〜と、これを聞いているとそう思いますね。

地下鉄ではそうも思わんかったけど。。。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 芸能 

2009年03月04日

礼儀知らずな大人

81dcfe4f.jpg途上国に行くと、やっぱりマナーが悪い気がします。
どんなに経済的に元気なときでも、生活の内面の豊かさという面ではまだまだ未熟、という期間はあるものだと思います。

単純に、エレベーターや電車の「降りる人が先」とか、ファーストカム・ファーストサーヴという順番、年長者への敬意、そういった法律よりも道徳よりも前にあるものは、ちゃんと守ることで社会全体が豊になるもんだと思います。

礼節を重んじてきたと信じている日本でも、やっぱり貧困やドサクサの中では、上品な奇麗ごとは言ってられない、つい最近までそんな時もあって、そういう時代を生き抜いてきた人には、やっぱり『横柄さ』が目立ったりします。そういう脂ぎったおっさんは、若者のマナー知らずや無視よりも厄介だったりします。
男尊女卑や『セクハラ』なんてのは代表的な例ですね。

ところで、僕はお風呂が好きなので、温泉や銭湯によくいきます。
お風呂には、銭湯の『掟』があって、昔の銭湯では、うるさがたのオジサンが、あれやこれやとうるさく『指導』してくれたらしいです。
いまや、日本独自の文化ともいえた公衆浴場のマナーは、壊滅状態です。

この『銭湯荒らし』は、ほとんどの場合は、若者の集団と小学生くらいのキッズによるものです。
いまや内風呂はあたりまえ。ご両親も銭湯なんて通っていない世代ですから、マナーなんて何が正しいのか、そうでないのか不明確です。
考え方によっては、客ですから刺青以外ならなんでもOKというのもあるかもしれません。

明らかに無知なマナー違反や、大騒ぎなどをしているのに出くわすと、僕も含めて周囲の『大人』は、厭な顔をして舌うちしたりします。
でも、面倒だし、絡まれても恨まれても困るので、直接注意するようなことはまずありません。

先日も、そういうシチュエーションがありました。
僕は瞑想して気にしないくらいの対処しかしていませんでしたが、なんと『銭湯世代』昭和一桁(推定)のオッサンが、毅然とアホガキたちに注意をしました。

すると、どうなったかというとそのアホガキどもは、ものすごく素直に言うことを聞いて、お互いに叱咤しながら以後態度を改めました。
そうなんです。話してみれば、とても素直で分別あるいい子だったんですね。

それをちゃんと注意出来ないのは、ちゃんと話しかけようとしないのは、結局『大人』だと思っていた僕たちの世代が、実は本当の『礼儀』ある社会置いうものを、わかっていないからなのです。

作り上げてきた社会の伝統や良き風習というのは、世代間でコミュニケーションをとって、しっかり伝えていかなければいけないと思いました。

ひとつ大人になりました。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム 

2009年03月03日

訃報で知る悲報

ひどい経済状況だと思います。
もともと大病を患っていた人が、治療中にさらに怪我して、そのリハビリ中に徴兵されたみたいな感じで、ほとんど拷問。
これじゃ、経済人は生きた心地がしませんね。

最近のニュースの中に、今年破たんした上場企業のリストがあって、そこに以前お世話になった企業がありました。 僕が社会人一年生ピカピカの時に、訪問させていただいて面会していただいた方が経営人に名を連ねた会社でした。
当時、『会社四季報』に名前の載っている人と仕事でお会いするのは、初めてでした。 立派な応接室、出されたお茶の器にはフタがあって、それをどこにどう置いたらいいもんやら、アタフタ。メモ取りをしようにも、フカフカの応接テーブルとソファだと、机は実際は使用できないし、エライ場違いに困った初々しいころでした。

こういうときに、相手の方が気さくで優しい人。だとよくあるいい話なんですけど、後にも評判にもその方、とにかく横柄なオッサンでエラソーで評判の悪いのです。なので、ぼくも当然『撃沈』。ただ、萎縮するだったのですけど、さすがに相手にもならないとみたのか、最後は優しい言葉をかけていただきました。

その後も、お礼状から始まって年賀状のお付き合いはさせていただいていましたが、翌年のある日、突然就職の打診を受けました。いわゆる『引き抜き』ですね。 

ちなみに、当時バブル最盛期。世間は超・売り手市場の就職戦線。今とは正反対で、企業はどんどん条件を引き上げて人材確保に苦労してました。この例に限らず、有名企業やいいポストでの引き合いが、どんどんと来て絶えない時代でしたよ。
しかし考えてみれば、その時にどんなにいい条件で転職していても、結局今は路頭に迷っているわけですから、なんか世間の潮流は、僕らの小手先の損得勘定の及ばないパワーがありますよね・・。

さておき、あの大企業も倒産するご時世、最近の四季報を確認すると、その方は現在はもう経営陣に名を連ねていらっしゃいませんでした。もう引退されていたのかと思い、ちょっと調べてみると、なんとずっと以前に死亡されていました。 知りませんでした。なるほど訃報なんてものは、相当懇意な人でない限りは、毎日の新聞の訃報欄を細かくチェックしていたないと見落としてしまうわけですね。


何が言いたいかというと、死後数年経った去年まで僕は、年賀状を送っていました。

誰か止めてほしかった・・・。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 出来事 

2009年03月01日

庄内の鶴の湯

792e1f90.jpg映画『おくりびと』の効果で、山形の庄内地方は注目されているらしいです。

冬の山形、庄内も内陸もどっちも雪国の臨場感あって、今頃は訪ねがいがるかもしれませんね。

プチ新幹線つばさのおかげで、山形市はとても東京から便利になりました。
峠越えの不便さもあって、歴史的に財政が乏しかった米沢もその通路、今やとっても便利になりました。

同じ山形県でも、その内陸側とは嶮しい山脈で仕切られている庄内地方は、まだまだやや不便。文化も微妙に異なりましょう。

内陸には斎藤茂吉記念館がありますけど、庄内といえば藤沢周平。そしてアンチ茂吉の佐高信先生も庄内。印象的にも山形はフルーつ、庄内はお米って感じです。酒田はよく火事になりましたが、これも気候の違いですかね。

そのロケ先では、モッくんと笹野高史さんが入っていた「鶴の湯」さんという実在の銭湯が人気スポットになっているんだそうです。

庄内は意外に温泉スポットが少ないのですけれども、スーパー銭湯ならともかく、いまどき普通の銭湯というのはとてもやっていけるものではありません。そこへ観光客が押し寄せるとなれば、映画効果でハッピー・・なんでしょうかね。

写真は、元・人気者のレッサーパンダの風太くんの現在です。
人の関心なんて短命。あっというまに去ってしまいます。
銭湯の前で記念写真を撮ってもらっても、地方の銭湯経営の問題点はなにも解決しないのですよね。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム