2009年09月

2009年09月30日

なだ万で食中毒

なだ万で食中毒。

吉兆は使いまわしたけど中毒は出さなかったかな。

僕は、フィリピン十日ばかしいたけど、食中毒には今回はならんかった・・。

それにしても、フィリピンの台風の被害が心配。

神戸のなだ万に行く人は、病院にもちゃんといけるから大丈夫。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年09月29日

やんばだむ

『建設中止反対』って紛らわしい!

造る側か、造らん側かでシンプルにしてよ・・。

余計なおせわですけど、代替地に立派な御殿を建ててもらった人のその後って、あんまり幸せな話は聞かないなぁ。
宝くじに当たった人のその後と似ているような話を聞いたりしませんか?しません?・・。

『ダムの造りかけ』が、産業だったんじゃないかな。
どっちみち、出来上がったらそれでおしまいだったんじゃ…。

工事はやり続けるから安定産業なんですよね。無駄は承知。いまは時代の変わり目ということですかね。たしかに、いつまでも無駄ではしょうがないです。

しんぶんし。
たけやぶやけた。
だむはむだ。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 愚痴。 

2009年09月28日

Y150さみしい閉幕

横浜開港150周年記念だそうで、博覧会が閉幕したそうで、当初見込みの4分の1しか入場者がなかったそうで、ホントなにをいまさらって感じですね。

そもそも、150周年でなんかしなきゃってことも含めて、入場料やイベントの内容を考えても、そんなに集客できると考えるほうが、どうかしてると思います。

横浜の人も、関東圏の人も、そんなにレジャーには飢えていません。

イベントの成功不成功についてどうこういう前に、この入場者予測をしたシンクタンクがあると思うのですけど、どんなんだか・・・。

事業プランのどこに問題があったのか、ちゃんと総括して研修すべきだと思います。
計画の段階では、実行にむけて都合のいいような辻褄合わせのデータや資料を用意しがちになるわけです、いったん企画が通ってしまったら、あとはゴーゴー。

入場者収入を想定するときは、最高と最低を考えて、確実なところを考えれば考えるほど、水準は低くしょぼく弱気になるもんです。
でも、実際は最低でも最高でもなくて、その中間に収まるわけですけど、足して二で割って希望を付け加えたような数字ではどうにもなりません。

もし、見込みを下回ったら大変、という気が薄くなるのは、自前のお金でやってないからなんですね。こうやって、公共がからむ事業は、ムダにお金が出ていくわけです。

民間とどうちがうかというと、計画の真剣度と、期間中に善後策を講じるスピードなんですね。

絶対に、市長の責任でかたずけるもんじゃないと思いますね。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2009年09月27日

東京オリンピック

もうすぐ、2016年のオリンピック開催地が決まります。

僕は、生年を聞かれるときに、ずっと「東京オリンピックの時」ということで、話が伝わってきた人生なんです。
でも、厳密にいえば僕は東京オリンピック「後」に生まれ。同学年でも二分されるんですね。僕は「アベベ後」なんです。 どっちにしても覚えてはいないんですけど・・。

ということで、とくに期待もしてはいないのですけど、決まれば盛り上がりそうな、なんか楽しそうなのがオリンピックなんです。
そんなに開催したらオイシイのかという点では、いまだに疑問があるのですけど、招致合戦は大変です。

シカゴ、リオ、マドリード、本来は都市の争いなんですけど、もう国の威信をかけて、10月2日のプレゼンテーションに臨みます。
それって、どういう内容なのか、世界の英知が結集したプレゼンですから、是非見てみたいものですけど、たぶん中継されるのは、結果発表の前後だけだろうなあ・・。

シカゴなんで、ミシェルさんが行くらしいです。日本は皇太子ご夫妻にお願いしたらしいですけど、国内行事を理由にお断りになられたそうで、それはそれで当然のように思います。依頼するほうが筋違いですね。
行くなら、いまこそ元オリンピック選手の麻生さんがよいと思うのですけど、演説に難があるのが問題としても、成功していまさら支持率が上がるとしたら、まさに太郎的尊敬に値します。

さて、どこになるのやら。
個人的には、リオでやって、大失敗してもらいたいです。 北京でもできたのにリオでは無理だった、これが、ブラジルだ!っていういい加減さを世間に認知させるチャンスです。決して、オリンピック社会の常識に迎合することなく・・・。

難を言えば、リオ・オリンピックになったら、ラモちゃんがうるさそうなことかな・・。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スポーツ 

2009年09月26日

作家的自習

オバマさん就任に至る過程で、注目されたスピーチライターってありましたね。

演劇関係者も、考えてみればこの引き受けがあっても良いのではないかと思いました。 有名なところ、あの長嶋さんの引退スピーチを書かれた先生もそうですしね・・。

やっぱり、しゃべってパワーと説得力のある原稿って、お役人では書けないし、任せちゃいけないと思いますね。

そこで、来週はオリンピックの招致演説があるわけですけど、こお原稿を考えてみたら面白いかと思いました。
勝手にですけど・・。

でも、難しいですよね、東京をしっかりアピールする具体的な要素もイrなければならないし、他の都市の違いやネガティブな要素も入れなければなりません。
なにより、誰がプレゼンテーターをつとめるかで、大きく違ってきますよね。

そう考えたら、元オリンピック選手だった、麻生前首相なんて、良いプレゼンターのようで、意外にそうでもないんですね。
(前)首相が元オリンピック選手だからといって、それが開催地・東京の優位性に結びつけることにするのは、けっこう困ります。
僕がIOC委員だったら、「そりゃよかったね」で終わりな気がします。

スピーチライターの修行は面白いかもしれませんね。
僕はかけませんけど、定着すれば関係者の仕事の領域が広がると思うんですけど・・・。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム 

2009年09月25日

どうする、アイフル。どうにかしろ、電電公社

アイフル私的整理のニュース。

サラ金の肩をもつつもりは毛頭ないし、とくにアイフルは、あの犬のCMが死ぬほど嫌いだったので、整理整頓大いに結構、過払いの金利を返還させられるというのは、それで助かる人がいるならさらによし、なのですけどたぶん実際は困る人のほうが多いのではないかと思ったりしてます。
グレーゾーンがなくなると、白になれないものは、真黒闇になるしかないわけですから。。。

過払い返金が一気に来たので整理しなければならなくなったサラ金。
さて、電電公社(NTT)の電話加入権はどうしてくれるんでしょうか。
かつて、これは全員に返金すべきでは?との問いに、関係者が笑いながら
「そうなんですけど、そんなことしたら潰れてしまいますよ〜(笑)」

民営だろ。潰れればいいじゃないか。

資産として課税対象だった電話加入権を返さないで、ユニバーサル料金など請求するとはもってのほか。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2009年09月24日

小沢昭一さん

生ハーモニカが、聞けた・・。

永六輔さんにお会いしたとき並みに感激しました。

まさか、ハーモニカ吹いてもらえるなんておもわなかったので…。

客層、皆さん高齢者の方でしたが、見事な話術に引き込まれてしまいました。

て、ワシも高齢者か…?

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 出来事 

2009年09月23日

佐原でスローライフ

090221s伊能忠敬の故郷、水郷、日本の蘇州、小江戸、お醤油と小豆、佐原に行ってきました。

近場の観光としては最高によい、風情ある街です。
シルバーウィークくそくらえ、の安近短で楽。

名所でもある蕎麦屋さんにはいったのですけど、行列が出来ていても、捌くでなし、相席にするでなし、しかも注文してから30分はかかるノンビリさ。

まぁ、よく考えてみたら、昔の外食はこんなもんだったんですよ。

回転数なんて気にしないのが、チェーン店じゃないよさだね。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) お出かけ 

2009年09月22日

大繁盛

座り込みの若者、行列をなしていて、整理の人が出ている。
発売前の当日券売り場なのです。

これ、秋葉原のゲームソフトの販売でも、著名ミュージシャンのライブでも、スポーツの試合でもなくて、まぎれもなく小劇場の演劇。

東京芸術劇場・小ホールの、野田秀樹さんの『ザ・ダイバー』なんですね。

舞台そのものは、日本でもそれだけ魅力のある分野なンだと思います。
つまり、お客さんが少ないんじゃなくて、供給が過多なだけ。

さらに言えば、実は野田さんクラスに面白い上質な芸術、性別も年齢も超えたもの、そういう演劇が今もたくさんあるのだけれども、どこかで紛れてしまっていて、影にかくれて有名になってないんですね。

何の影に隠れているかというと、あえて言いませんけど、まあ、安いスターシステムとか、のりピーで騒ぐマスメディアによるところは大きいと思います。

チケットがなくてもトイレから忍び込んでも見たいような『出来事』が、もっともっとあるんですよね。それを探さなきゃ。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 芸能 

2009年09月21日

癌になれば痩せるわ

news:発がん性? エコナ油販売自粛

でもこれ、自分の大昔のブログにも書いた気がするけど、発売当初から言われていたことですよね。

化学さっぱりですけど、界面活性剤食ってどうするんじゃ、って思いましたし・・。

トクホの詐欺商法が疑われだすのも、政権交代の影響か・・・。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 出来事 

2009年09月20日

寿司職人

お寿司屋さんの嫌いなところは、値段と無駄に声がでかいこと。

だったのですけど、回転すしが定着したので、とりあえず寿司は廉価でいただけるし、そもそも昔のファーストフードらしく、待たずに短時間でいただけるという点でも普及したものです。

だったら、あの無駄にウルサイのを鮮度のよさに絡めて是とするのも、なんとかならんかと思います。 会話の上手さは、ちょうど聞こえる声の大きさの調整力も、重要なんです。

カウンターの割烹料理屋さんのような、普通の会話ができる落ち着いたお店がよいです。

でも、お寿司屋さんでそういうとこ行くと、出てくる具材が小さいんですね。
またこれが、小さいと高級で上品に見えるんでしょうけど、威勢がいいのに料理がちっちゃいのも、どないやねんと思います。

会話の上手な女将さんと、無粋な職人さんの落ち着いたお店を見つけると、世渡りと仕事疲れのオジサンは、通い詰めるんでしょうねぇ。

そういう隠れ家を開拓して、テレビドラマみたいにシブくやってみたいもんですけど、銭どうするんでしょうね。どうして刑事があんないい店に通えるんだろう。

回転すしのバイトの店員と親しくなって、お皿を任意で数え間違えてもらうようになるほうが、現実的。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 愚痴。 

2009年09月19日

年賀状の連絡事項

ある意味大反省なのですけれども・・

知人に郵便を送ろうと思って、住所を調べようとして、今年いただいた年賀状を繰ってみました。

そうすると、定型文の脇に、メッセージが添えてありました。

今日まで、完全に見逃していました。

だって、こういう個別のメッセージは普通は手書きで加えられるべきところ、地の部分とおなじようにワープロ印字してあるんだもん・・・

・・・ていうのは完全なる言い訳。
年賀状なんて、いかに読んでないかということです。

たぶん元日に山のように届く人は、「どなたからいただいた」というのはチェックするでしょうけど、いちいち読んではいないのではないかと思います。。
そすると、読まれないのに面倒くさい年賀状なんて送る意味あるのでしょうかね・・。



ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 出来事 

2009年09月18日

地方分権、権限移譲

地方分権はよいとして、果たしてそんなに頼ることのできるものなのか、能力があるのか、そんな心配のほうが先に立つのですけど。

千葉県だから申し上げるわけではございませんが、中央のほうが、まだまし、という地方は多いのではないかと思いますが。

むしろ、地方に権限移譲したら、優秀じゃない官僚の官僚支配になるんじゃないかとおもうんですけど、どうなんでしょうか。

そんなに、地方の政治はまともだと信じているのでしょうか。そのまんま・・。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2009年09月17日

号外ゲット

「号外でーす」て配られていたので、受け取ろうとしたら、後ろからカメラが出てきました。

なるほど、必要なのは「号外が配られている様子」の画なんですね。
群がって受け取っている様子が必要なので、あの無料配布に価値があったんですね・・。

ちなみに号外って、なにごとかと思ったら、ノリピ保釈。
んなんわかってるっちゅーねん・・・。そもそもいまさらそんなに注目してますかねえ、世間は…。




ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 出来事 

2009年09月16日

〒しずかちゃん

しずかちゃん、といっても「のび太さんのエッチ!」のしずかちゃんではない亀井静香先生。郵政担当相だそうで。郵政民営化を見直すんだと言ってます。

それでも考えてみたらおかしくないですかね。

2005年は、「郵政民営化」を争点にして選挙して、民意は圧倒的に支持したわけです。
自民党の政権は、これだけは実行したわけです。
そのあと、その多数を使って、「美しい戦後レジームが、あなたとは違う、国営マンガ喫茶の定額給付」をやったりしたのは、こりゃ民意が直接指示したものではありませんから、調子に乗りすぎ。

でも、「郵政民営化」だけは、間違いなく選挙を経て指示されたものです。
これを、「見直す」という争点では、今回2009年の選挙は行われていません。
そのつもりだった、亀井先生の国民新党とは、実際は負けているんです。

選挙で支持されていない政策を、ドサクサにまぎれて遂行させるのはおかしいのじゃないですかね。

ted803 at 23:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2009年09月15日

敬老しろ

9月15日というと、どうも敬老の日のイメージがいまだに強いのですけど、シルバーウィークに紛れてしまっては、なんか存在感が薄くなった気がしますね。

ただの休日。どっちが秋分の日だったか、見当がつかなくなってしまいました。
お彼岸、お墓参りの日と紛らわしいというのは、ねえ・・。

ちゃんと敬いましょうね。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 愚痴。 

2009年09月14日

マスクと消毒

しかしまあ、当たり前のようにマスクして、施設の入り口にはアルコール消毒が置いてあるのですけど、これっていつまでやるの、と思います。

基本的に、人体がもっている機能で対応できないといけないんじゃないかと思うんですけど・・・。

鼻毛と免疫力が退化してしまうよ。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2009年09月13日

W杯予選

しかし、日本が出場することが早々に決まったのはよしとして、ヨーロッパのポルトガルに加えて、南米はアルゼンチンがやばい感じになってますね。

日本代表にはもちろん活躍を期待するんですけど、クリスチアーノ・ロナウドも、メッシも出ないW杯ってどんなんでしょうねえ・・・。


アジアから4〜5国、レベル的にどうなんだろうと思いますねえ、やっぱり・・・

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スポーツ 

2009年09月12日

国家戦略部屋

はとやま内閣の目玉、といわれている国家戦略局、だか室だかともかくそれについて。

それはそれで、内容は良いと思うのですけど、良くないのかもしれませんけど、とっても気になるのが、管さんたちが今年行った視察についてなんです。

6月に英国の視察に行ったときの映像が使われて、「英国ではこういう風にやっている、これを取り入れる」と、言って、これにならって国家戦略局をつくるような流れになってますね。

しかしね・・・明治維新のときじゃないんだから。

いやしくもG8の一員、先進国でしょ。
戦後体制も60年以上やってるんでしょ。

なんでまたいまさら、「英国にならって」なんですかね・・・。
そんなに立派ですかね英国。

じゃ、フランスにならって全部原発にして。
アメリカにならって国民皆保険やめて。
イタリアにならって鳩山さんも愛人作りますか?

ま、管さんはつくってたけど・・。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2009年09月11日

長いネーミング9.11

寿限無とピカソのフルネームは、なんとなく言えるようになったのですけど、そんなもん何の徳木にもなりませんけど、日本で一番長い法律のタイトルって、『平成十三年九月十一日のアメリカ合衆国において発生したテロリストによる攻撃等に対応して行われる国際連合憲章の目的達成のための諸外国の活動に対して我が国が実施する措置及び関連する国際連合決議等に基づく人道的措置に関する特別措置法』というもので、いわゆる『テロ対策特別措置法』とよばれるものでなのですけれども、これは今日9月11日が記念日ということで、あの衝撃的な許し難い出来事を忘れてはいけないという意味も含めて、法律にちなんで長い一文にしました。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム 

2009年09月10日

舞台美術をたずねる

市民向け連続もののワークショップの一連で、今日から舞台美術の巻。

講師で来られたのは、びっくりするほどお若く言える高田一郎先生。なんと80歳。お話をたどると、現代演劇の生き証人みたいな感じでした。

見せていただいた昔の上演台本は、『自由劇場第二回公演・キッチン』と『文学座・欲望という名の電車』。そのまんま歴史です。
キッチンは、翻訳が木村光一さんになっていて、欲望・・のほうは、もちろん杉村春子さんがブランチをやったときのもの。
これらの舞台美術をやられてたんですね、すごいの一言。

終了後、食事しながら「往生」と「往生際」について。
医学が発達したせいか、自分の人生の終わりを、自分でコントロールできなくなってしまったんですね、たしかに。

ゆっくりと下り坂を下っていく自覚があれば、時世の句を詠んだりして、往生際よく死ねるもんです。
「おまえはもう死んでいる」という状態で、長生きだけしているんじゃ、しょうがないですね。

なんてこと、危うく「そのとおりですね!」って同意してしまうことでした。
それくらい、お若々しくお元気な方でした。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 出来事 

2009年09月09日

バロットのモザイク

バロットってなんかというと、東南アジア名物の、ゆで卵みたいなもんです・・・殻を割る前は・・・。

中身は、アヒルの、しかも羽化しかかったもの。ゆで胎児です。ハッキリ言って、エグイです。

殻を割った中身は、頭蓋骨もあれば毛も目も脳みそも、それらしき状態でしっかりと存在しています。 もう一度、かなりエグイです。

これを、先日のフィリピンで、もう流れを止められずに、みんなで挑戦していただきました。まあ、ナイスなサービスだったわですが・・・。

日本人が外国人の人に、納豆をすすめるのと、同じなのかわけが違うのか、とにかく、ゲテ物リストにまた一つ加わったものです。

最初、殻の上部を割って、「スープ」をズルルっと飲むわけです。
何のスープなのか、深く考えないようにすれば、忘れてしまえば、とっても美味しいものです。

ま、美味しくて健康的だから、食品として定着しているんでしょうけど・・・。納豆もそうだし。

そのあと、どうしても食べられない「頭蓋骨」を外して、あとはXXXX。

この写真がなかったので、ネットで写真を探していたら、どこもかしこもモザイクつきになっていました。
本当に覚悟のある人は、別途認証してから閲覧しろとのこと。

なんか、見る気がしませんでした。

ピータンが苦手なのに、バロットを食べてしまいました。
味は、ピータンよりも、ゆで卵に近いものでした。

しかし、考えてみれば、「ゆでたまご」も「刺身」も「焼き肉」も十分残酷なんですけどね・・。



ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 出来事 

2009年09月08日

性質と書いてタチ読む

なんとなく最近、人間の、というか僕のタチってのは、変わらないもんだなあと悟ってきました。

三つ子の魂、百までですね。ま、百まで生きるとも思えんけど・・・。

本質的に変わらないもんだとすると、それを意識して治すように都度注意して生活するか、受け入れるかのどっちかになりますね。

受け入れはじめたら、楽なんだろうなぁ・・・。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム 

2009年09月07日

報酬と責任

やはり、ずうずうしいくらいに報酬はいただくべきだと思いました。

とくに、直接コストのはっきりしない仕事の対価では。

報酬を恥ずかしいくらいに貰わないと、責任も生まれないし、それ以上のクオリティも生まれません。

奉仕作業のつもりで、なんて前置きすれば、仕事の逃げ道を作ってしまいます。

貰うものは貰う、くれないけど貰う、することはする。で、双方に儲かった感があればいいわけです。それは、仕事のクオリティの問題。

「ギャラ、これだけでスミマセンが・・・」といわれる仕事でも、「じゃ、クオリティもこれくらいにしときます・・・」というわけにはいかんのですから、そういう仕事は受けないのも、若くない職業人としては必要な決断ではないかと思いました。

報酬相場を引き上げるのは、先人達の責任です。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム 

2009年09月06日

田中角栄

下から読んでも無駄なダム。(by丸尾さん)

ダムの建設については、そりゃ簡単に白黒つけられないくらい、たくさんの争点があると思うのです。
そのうちのひとつとして、ダムに沈む村のセンリメンタリズムのようなものがあるわけです。

ところが、故郷がなくなって悲しいばかりかというと、そりゃ何にもしないできれいな近代的な家が新築されるわけですから、楽しさだってあると思います。
結局、条件に納得してみなさん新しい生活へと移られる決心をされたのだと思います。

これが、とある前回のオリンピックを開いたお国では、そんなことよりももっと強引に退去させられたように、噂を聞きます。

ダムも、中国も、日本では角栄さんを抜きにしては語れません。
田中角栄さんが総理になられたのは、37年前のこと。
今月から、その田中派出身の総理、幹事長、外務大臣の政権になるみたいです。
方向的には、ダムはダメ、中国は歓迎。

白黒はハッキリつけて、またパンダもらいますか。

ted803 at 15:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経済 

2009年09月05日

メルマガだと

何かしらネットで利用したら、思いっきり独りよがりなメルマガが届いて、面倒くさいと思うことが99.88%、たまにいい情報が0.12%という感じです。

まあ、削除すりゃいいだけのなので、メクジラ立てることもないのですけど、一回泊ったホテルや宿から年中案内よこされても、そんなに旅行ばっかり、同じとこばっかり行くわけじゃないし、どう利用したらよいものか・・・。

昔は、旅館は季節季節に絵葉書とか送ってくれたもんですけどね。
(それはそれで、アバンチュール派には迷惑かもしれんが・・・)

メルマガなんちゅーのは、旅の粋がない。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 愚痴。 

2009年09月04日

ツチノコ

夜は、レクラム舎『逃げろツチノコ・・・』初日を拝見。

作家の丸尾さん、今度出演していただく坂田さんほか、出演者スタッフに知人多数。

そんなことはさておき、おもしろかったです。

ベテランならでは、いい味がなんとも言えませんでした。

小屋も、とても素敵でした。とってもなじんでいました。

そういえば、うちの実家の近所でも、やれツチノコだの怪獣だのとよく騒ぎになるんですけど、 見つかってしまえばこれほどつまらないもんはあいません。
UFOは、未確認だからUFOたるのと同じ・・・。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 劇評 

2009年09月03日

親切なんだ、納得しろ、俺

へんてこなトラブルに見舞われました。

構内で、自動車のカギを紛失してしまいました。
ちゃんと施錠していたということは、駐車してから戻るまでの間の、どこかで落としたことになります。
そすると、行動範囲はとっても限られているわけです。

なので、自分が通った道を、じっくりなんどもトレースするわけです。
そのときの自分の気分や考えていたことを、じっくりと思い出しながら、まるでスタニスラフスキー・システムのトレーニングみたいな感じで・・・。

それでも、どうしても見つからないし、時間は過ぎていくし、日光の照明もだんだんとゲージが下がっていきます。

仕方がないので、警備員さんに事情を話して、明日までこのまま駐車させてもらうようにお願いして、それでも今晩必要な荷物が車内に入っているので、これはJAFにお願いして、開鍵してもらわなければなりません。

しかしそんな時間がないわけで・・・。
こうなりゃ、奥の手だと思って、昔取った杵柄、ハリガネで解錠しようと思いました。(泥棒をやっていたわけではないけど) そして、近くの事務室に寄って、ハリガネっぽいものを借りようと思ったら・・・。

私のカギがあるじゃないですか、目の前に。

「あの、これ・・・。」

と、無事解決したわけですけど、この鍵はどこにあったかと聞いたら、道の真ん中に落ちていて、誰かが拾って届けてくれたんだそうです。

そりゃ、ありがたいのですけど、そのまま放置しておいてくれたら、普通に回収できたんだけど・・・そうすりゃ、こんなに時間がロスしなかったんだけど・・・・いや、それでもやっぱりありがたい、ありがたい。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 出来事 

2009年09月02日

貯金箱の法則

いちばん貯金のできない人のタイプは、まず「貯金箱」を買う人だという説を唱えています。

気に入った貯金箱、目標「○○万円」の大きさの貯金箱、そんなのを買うのがまず無駄。そおお金を貯金しろ、というのが鉄則です。

この手の準備っていうのは、一見必要そうに見えるので、だれも反対しないから、やってしまいがちなんですけど、そこらがダメなんですね。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラム 

2009年09月01日

9月の雨

9月になってしまった。

夏が好きなので、気分的にはやや憂鬱なこの時期のテーマソングは、太田裕美「九月の雨」なんです。竹内まりやもいいけど、やっぱり「雨」がいいです。

♪愛はこんなにつらいものなら、私ひとりで生きていけない〜

この歌よくよく聞いていると、彼女はもうストーカー直前なんですけど、「ストーカー」って言葉が登場してから、ずいぶんと美しいロマンスが排除されているような気がしませんか。

付きまといたくなるほうの気持ちは基本的には変わっていないけど、問題なのは相手がどう思っているかで「迷惑行為」になってしまうわけです。

これ、片思いならともかく、別れ際の二人だと、問題なのは気持が変わってしまった側にあるような気がするわけです。

そんな9月。認めたくないですけど、もう秋です。
ま、今日は台風一過で雨どころか、快晴ですけど。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 出来事