2009年11月

2009年11月30日

燃えないストレス

もう、自分が東京に来てから長いのですけれども、最初のころは、大阪と比べて客商売のサービスの低さに、首をかしげることが多かったことを記憶しています。

今もって、それは不満なのですけど、まあ、他の国、たとえばフランスよりはマシかなあって感じです。

今日も、庶民サウナで読書をして、岩盤浴読書をやろう・・・と、思っていたら、閉店の「蛍の光」タイムです。そして、閉店時間のアナウンス。

しかし、閉店時間まではまだ30分あるので、もうひと風呂サッパリいてから・・・・と思ったら、従業員はもう次々と「お片づけ」タイムへ。サウナ室ももう熱源を絶ってしまいました。

これが納得できないんです。
営業時間内は、ちゃんと営業してもらいたいのですけど、閉店時間=従業員も仕事終わり、というのがまかり通っていますね。

ガラガラで快適な閉店間際のサウナが好きなのに、ひと汗、かき損ねました。 逆にストレスが増えてしまった感じです。

ミカンのほうは、本番まであと一週間。

計画と予定は大きく変わって、毎日積み残しばかりで試練のような現場でしたけど、このあとは変更不可。 量的な積み上げだけなので、エラーは削減できるでしょう。 時間は十分あったので、せっかくならもっといろいろと試して楽しみたかったもんだと、それが残念。
ま、この後できるだけ、繊細なところを深めていきたいもんです。

無駄な時間とロスが多かったもんなあ・・・。
一人ひとりが、相互の貴重な時間を提供し合っているんだと思えば、『体育会』的な統率も合理的なのかと思いました。

そんなとこも、サウナで燃えなかったストレスの原因。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月29日

いるのに不在

やってもうた・・。

スケジュールをすっかり忘れてしまって、日曜の朝なのでゆっくり寝ていたら、電話がかかってきました。

わたしの「おはようございます」という、私の精一杯明るい、よそ行きの、晴れた空のようなトーンとは裏腹に、先方の声がとっても重いのです。

急きょ出動、平謝り。

まさに、ギャラ泥棒。これじゃ、仕分けられても仕方なし。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月28日

稽古。

「稽古場で稽古するな」との一見矛盾する指摘は、つまり「リハーサル」も「トレーニング」も稽古って呼ぶ日本語の問題なんですね。

つまり、自分のトレーニングは自分でやってきて、リハーサルではそれを使ってみんなと創作しようぜ、ということです。

考えてみれば、マイケル・ジャクソンのバックダンサーが、「リハーサル」で基礎練習はしていないとおもいます。

リハーサルは、プロ同士がみんなと合わせて調節する場、準備不足の個人が練習する場ではありません。

プロかどうかは、まずもって意識の問題。
技術がどうか、専業かどうか、そんなことは二の次。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月27日

古いノート

日焼けするくらい古いノートが出てきたので、ちょっと読み返してみました。

10年以上前、バブル経済が崩壊後、混沌とするなかで(それがいまだに続いているとは・・)次のような指摘がありました。

戦後、日本はサラリーマン向きの社会化しすぎて、80%以上が結局のところサラリーマンという状況になっている。
これは、60%くらいまで落とさざるを得ない。つまりは、その20%の中に、無駄な雇用がある。役に立たないけど、雇用されている状態の人。
これは、早かれ遅かれ、解雇されるし、どこにも再雇用はされない。
そして、サラリーマンではなくなってしまった人が、ナニクソと思って奮起するか、堕落してしまうかは、その人次第。

ナニクソ、と思う人が少なすぎるんじゃないかと思います。
人のせいにしすぎです。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月26日

オッサンの日本語

夕方の再放送枠が、東野英次郎さんの「水戸黄門」なので、永久保存すべく連日録画してます。
今は深夜の友達がわりに、テレビをつけても、(笑えないけど)お笑いタレントのトークばかりでつまらないので、撮り貯めです。

なにせこの、初期のころの「水戸黄門」かなりいけてます。
なによりも、シナリオがとにかく今と違って素晴らしくて、ストーリーに重みがあって、積層した人間ドラマに感動。
いま、揶揄されるようなワンパターンなんかじゃなくて、このところの3回で「印籠」を出したのは、一回だけ。あとは、それぞれ深みのある形でオチをつけています。
良いモンでも不幸にも殺されちゃうし、ご老侯ご一行でも敵にやられちゃうことはあるし、失敗もするので、リアリティもあってハラハラします。

最近の水戸黄門は、味方はスーパーマンで絶対勝つし、ピンチは魔法のように先手を打ってあるし、エンディングまでも完全にワンパターンで、そりゃ面白くもクソもありません。

(笑えないけど)お笑いタレントさんの場合は、それでも会話のなかの「間」のとりかたとか、話の広げ方とか、空気の読み方とか、現代の実生活でとても参考になるスキルをもっていらっしゃるので、見ていれば自分のコミュニケーション能力のアップにはつながるとは思います。

が、やはり初期水戸黄門の、協力俳優座の、主役から悪役、脇役に至るまでの
重厚なオジサン役者さんの台詞回しには、ほれぼれします。

たまたま夜は、NHKでこれまた懐かしい「刑事コロンボ」。
話は全部知っているので、じっくりとは見ませんでしたが、小池朝夫さんと日下武史さんの日本語吹き替えが、また素晴らしかったです。

最近のアニメや絵画映画の吹き替え、キャスティングを憂うよ・・・。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月25日

あの、亀山房代?

年下の方の訃報は、複雑です。

交通事故や、癌ではなくて、心筋梗塞というとさらに堪えます。

ご冥福をお祈り申し上げます。

今年は、たくさん逝きすぎです。


news【お笑いタレントの亀山房代さんが死去 元漫才コンビ里見まさと・亀山房代で活躍】

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月24日

開運のおまじない

「今日はアンラッキーな日です」と、油断していると聞いていもいないのに、よけいな占いを押し付けられてしまいました。

街中、占いにあふれています。

そして、そんなアンラッキーな僕への開運のおまじないは・・

「虹を見たら、縁を深めたい人の名前を三回呼んで」

って普通、虹見れるかっ?

その時点で、不運な日、決定。

そもそも、縁を深めたい人って誰や?

縁を切りたい人ならいるけど・・・。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月23日

EKIDEN

恒例と言えば恒例、惰性といえば惰性なのが、「国際千葉駅伝」です。

フジサンケイグループの頑張りがどうも孤立している感があります。

ヌデレバが今年も来る、と思ったらフルマラソンを一週間前に走ったばかり、なんじゃそりゃ・・。

去年から、男女混合レースになって、簡単にいえば事業縮小、なんか運動会みたいな感じになってしまいました。

エキデンなんて、ほんとうに日本の文化。ロードレースのリレーなんて、なかなか開催が難しいものです。いいノウハウを持っていると思うのですけど・・。

そのワールドカップみたいなもんだし、どんな国の人でもできるスポーツなので、世界的なイベントとして、いいコンテンツだと思うんですけどね。
千葉でなくてもよいですけど、成田空港があって、ホテルがたくさん余っている千葉は、国際レースにはピタリ。

でももう、風前の灯。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月22日

大人と子供

大人と子供の二分法は、合理的ではないと思います。

まあ、社会人になってからは、やれ遅刻をするなとか、人に迷惑をかけるなとか、マナーを守ろう、規律を守ろう、約束を守ろう・・・そういうことはいちいち指示したり、罰則をつけたり、注意したり、怒鳴ったりしなくても、「大人だから」で済むようになります。

20歳前後のあやふやな歳の人たちと接するときは、「大人扱い」してあげて、その代り自己責任を求めるようにしています。
それは、未成年であっても同じこと。必要以上に規律を求めても、お互い気分を害するだけで、メリットはないのです。

非常識なことをしたら、怒っても、叱っても、脅しても、その場限りの効果しかありません。長い目で見ると、集団の利益にも、どの個人の利益にもなりません。

なので、そういう場合も「許す」ことが、プラスになるんです。

と、仕込まれて、ずっとそんな感じで仕事してきて、(もともとは大失敗から始まっているのですが)比較的、若い人たちの現場ではうまくいっていたのですが、この「大人扱い」っての何なんだろうと思います。

「大人」って、たぶん常識人という意味だと、ある水準をクリアした人のことではなくて、ある領域にいる人のことだと思います。

年齢だけの問題ではないですけど、

子供→大人→無法者

未熟→成熟→腐朽

大人を通りすぎちゃった人が、多すぎます。
歳とれば、みんな自由が増えるし、周囲も文句をいわなくなるから、どんどん増長してわがままになってしまいがちです。

大人をキープできるようにしなければ・・。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月21日

お国の機密費

政府が使途を不明にできる『官房機密費』ってのを、前政権が選挙に負けた後、政権交代が確実で、なんにもすることのない9月1日に、まとめて2億5000万円引き出していた、という件。

なんか、国家とか政治家とか政府とかにしては、あんまりにも、小さい話で、おかしくなってしまいますが、まあ平和なんでしょう。

公表によると、毎月定期的に1億円が引き出されていたということで、なんか、そんな定期的に定額の機密というのも、なんか夢がない感じです。

ゴルゴ13への依頼でも、3億円が必要ですから、毎月1億という額だと、まあ、どんな機密なのかと思います。

使途を明らかにしない機密費は、あっていいと思いますので有効に使ってください。

それと、30年後とかに、その使途は明らかにするという法律とルールだけは持っておいてほしいです。

僕が死ぬころに、麻生内閣の機密費の使途が知りたいです。
大笑いして死にたいので・・・。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月20日

不毛どころか

急にたくさんのアクセス、驚きました(笑)

でも、ありがとうございました。

(たぶん)『不毛地帯』からのご検索かと拝察いたします。
はじめまして。
ここで、こんな感じで勝手なことを発信して、ストレスを発散しています。

ご質問?のメッセージもありがとうございました。
とても励まされました。

今後ともよろしくお願いいたします。




ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月19日

残念な感じ

雨、もいい感じで演出してくれる、本日のトホトホ。

そもそも、わざわざ休業にして、早朝から一日予定をつぶす羽目になった木曜日、結構小さなことでツイていない、ガッカリ・デーでした。

いま、忙しいんだけどなあ・・・。

だいたい、早朝出勤で、周囲の人のゴホゴホゴホが気になって、マスクを持っていたので不快感は逃れましたが、ずっと息苦しいまま。

午前中は、期待以上のよき収穫がありましたが、倉庫だったので、雨降り出して寒いのなんの。
てか、そもそも調布。幕張→国領 遠いって・・・。

お昼に、トイレ借りるついでに入ったエスニックレストランが、これまた「ハズレ」。もたれるだけ。

午後からも、幾重にも想定外。そんなはずはない、そんなはずはない・・。
ドッキリカメラかと思いました。そろそろヘルメット被った野呂圭介さんが現れるんじゃないかと・・・。

たまたま夜が早めに時間が空いたので、昔の忘れ物を取りに、賑わう銀座のとある飲食店へ立ち寄り。立ち寄ったら、タダでは帰れないし、だれも付き合ってくれないのでトボトボと退散。

その他もろもろ、期待はずれ、というか、宝くじの下一桁がはずれたような、必要以上に残念な感じの一日でした。

まあ、そんな小さな不幸は、大きな不幸を連れて去って行ってくれているもんだと思うことにして流せ長瀬。

今は辛抱の時。
今って、いつまでだろう。
だんだん、楽しみを失って、歳だけとっていくなあ・・・。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月18日

予定通りにはいかないもので

朝からスケジュールが大きく狂って、あれやこれやとバタバタ。

今、終わっているはずのことができていなくて、明日でよいはずのことを朝からやって・・・と、考えて走り出したつもりが、やっぱり走りながら考えている毎日です。
たぶん、そういう性質なんだと思います。

『あのミカン畑でつかまえて』も、今振り返ると、9月に作っていた演出プランがまあ、見事に手つかず。放置。
あれやこれやと予想外のことが多くて、随分と切り捨てと変更をしなければならない感じになっています。

それでもまあ、考えてみれば何事も予定通りにはいかないものだし、それはそれで好いこともあるかもしれません。
いまのメンバー「ならでは」ってものを探してみたいと思います。

雇われ人は、クライアント満足に奉仕すべし。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月17日

アニソン紅白

news 2010年をアニソンで迎える キングラン アニソン紅白2009開催決定


これは、「裏紅白」としては、絶対に強くて面白い企画だなあ、と感心しましたのです。

しかしBSとはいえ、NHKが放送ってことは、なんかアニソンが表紅白に対して影に扱われているのが、ちょっとなあ・・。ある意味で、NHKのライバル・コンテンツつぶしかもしれんし。
なんなら民法各局相乗りして、アニメの著作権もあるでしょうから、合同イベントにして、紅白を敵に回して地上波でやってもらいたいもんです。

ところが、内容見たら、水木一郎さんと堀江美都子さんが、「ビデオ出演」になってるじゃないですか・・・残念。
それじゃーなー、中途半端だなー、見ないかなあ


と思っていたら、出演者リストのトップが石原さんだ。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月16日

てめぇ、仕分けるぞ!

あれこれと『仕分け』の対象になっているワタクシですが、受け入れてナンボ。公的助成に依存していては衰退してしまいます、何事も。

行政刷新会議で、演劇関係で今、仕分けられそうになって復活しているのが、児童演劇の巡回公演に対する助成だそうです。
変な話、一旦廃止に決めたけど、民主党にはその「族」がいるのか、復活しそうだとのことですが・・。

これを良く見てい見ると、出元の監督官庁は、「厚生労働省」なんです。 
ほう、シアター活動が、芸術だの教育だの文化だのではなく、子供の健全育成ということで「厚生」分野が助成しているというのも、なんだかなあーとは思います。

事業の内容は
名称:優良児童劇巡回事業等 補助金
事業の目的:児童厚生施設における児童健全育成対策の推進
具体的な内容: 優良な児童劇等を全国の児童館において巡回上映するとともに、児童厚生施設などで児童の遊びの指導、子育て支援等に当たる児童厚生員等の資質の向上を図るため、テキスト等の製作・配布、研修会を実施する。
公益法人の名称: 財団法人 児童健全育成推進財団

見るところによると、3億円くらいのお金を、4千万くらいの人件費と管理費をかけて配っている見たいです。公益法人かなんか知りませんが、外部団体でやらんでもいいだろうというのは、当然な気がしますが・・。

助成している対象は年間で200イベンツくらいなので、一公演あたりは100万円の助成ということになります。 劇団関係への支出が一番多くて、1億3千万程度。

まあ、知人関係者の収入源に文句をつけるわけではないですが、

?優良な児童劇 とは何か? ほんんまか?
?国が助成するものか? 

という点で疑問。
「中央から、優秀な劇団が来てくれて、見せてくれて、指導してくれる」というモデルというか前提が、疑わしいし、そんなもん地元でやんなさい、ということです。

しかも、国家規模で、これが「子供の健全育成のため」だというのであれば、たったの1億円2億円を、(たぶん)児童劇団にばらまくだけでは中途半端です。 やるなら、ダム作るくらいの投資をしていただきたいし、「ちょっといいかも」程度で、一回100万円くらいの助成金を、(たぶん)特定の数団体にだけ、毎年配布するのであれば、市町村レベルで十分。

国が機構を作って、ビル借りて、四千万の人件費・管理費を使ってやる事業じゃないです。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月15日

田舎の家屋

d9bc2c1f.JPG

12月公演の座組みは、老若問わず今回は都会育ちのエレガントなみなさんになりました。

でも、扱うのは「田舎の農家の昭和」です。

港区の財団の主催なので、お客様も、東京ど真ん中の皆さんが中心です。
すると、あの田舎の農家の家屋を、中小表現で再現するのが結構難しくて、面白いです。

簡単に言うと、入り口が明確に決まっていません。
カギもしません。
玄関もあってないようなもので、大体にして「夏」の風通しを基本にして作られている家ですので、壁は全部解放可能です。

ツーバイフォーじゃなくて、大黒柱が支える家ですから。

てなわけで、美祢社会復帰促進センターへ伺ったときの写真再登場。
農家ではありませんが、こんな家です。ちなみに、森鴎外記念館。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2009年11月14日

プロのみ可、プロは不可

覚せい剤や大麻は当然ながら、痴漢なんかの軽犯罪、脱税とかの事件の場合は、有名人には特に厳しい気がいます。

どっちみち、良くないことなので、厳しくて当たり前ですけど、大騒ぎすれば一般人への教育的指導の効果が期待できますよね。

のりピー騒動で、たくさんの小学生が、「覚せい剤はダメ」と、わかったことと思いますから、下手なポスターのモデルになるよりも、よほどよいのが反面教師。 のりピーも、裁判員のドラマよりほっぽど、社会に貢献したと思います。

なので、お上もそこにロックオンするのは、得策なんですけど、昨日ニュースの、「篠山紀信さんの路上、および霊園等での撮影」これは違うでしょ。こと芸術に関してですから・・・。

僕らがやれば間違いなく軽犯罪でお縄、で結構ですけど、芸術と猥褻との境界線でこの20年もしのぎ合ってきたんでしょ?

どこまで芸術か、ということを考えるとき、篠山紀信が撮れば、芸術でしょうよ。自称でもなんでもない第一人者なんだから。

まあ、無許可であったとはいえ、許可を得たらそれだけで出ない雰囲気だってあると思うんですよね。それを僕らが主張しても通らないのはともかく、大御所がやったら、すべて芸術なんです。

墓石にまたがったモデルさんも、そりゃ高いプロ意識がなきゃ、できませんよ。 墓石に無断でまたがられた遺族はたまらない、という意見もありますが、墓石にまたがられた本人は、喜んでいるかもしれませんし・・。

ま、いまどきなかなか写真集って売れないのに、売り切れってのがご褒美ですね。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月13日

仕分けされる

完全公開で体育館で蓮舫が見られる、のはともかく、行政刷新会議の「仕分け」は、いろいろと面白いし、考えさせられますし、抵抗も多そうなだけに応援し体ともいます。

もっともっと、ずっとずっと、継続してやってもらいたい感じです。

国民として、納税者としてはそうなんですけど、僕らの生きているカテゴリーでは、この「仕分けされる」ほうで、あれやこれやと随分お世話になっています。

ですから、このあとかなりのダメージを実生活で受ける恐れがあります。

ですから、無駄も、そりゃどれかにとっては無駄ではなかったりするのですけど、でも無駄は無駄です。

これだけ切り詰めても、まだまだ楽にならないというのは、本丸は何なんだろうと思います。

JALと一緒に国家も整理。



ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月12日

陛下即位20周年

さすがに、EXILEもグラサンは無しだが、それも新鮮。

森元首相の「天皇陛下、万歳!」は、なんとも、なんとも・・。
じゃ、誰が音頭をとればいいのかと考えたら、やっぱり森さんが適任かも。

「神の国」

かつての失言も怪我の功名。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月10日

話題にすると、現実に。

そういえば、マイケル・ジャクソンが死んだニュースも、たまたまマイケルの話題で呑んでいた翌日だったのです。
なんで、いきなりいまどきマイケルの話題になったんだろうと思って、不思議な気がしたものでした。

今日はそんな奇怪が二つ重なりました。

まずは、森繁さんの訃報。
ちょうど、ご年齢を話題にしていた折でした。
謹んで、ご冥福をお祈り申し上げます。

さらに、その前にはたまたま「市橋」の名前を出してみたりしたのですけど、そいつもとうとう逮捕されたみたいですね。

しかしこの市橋の事件。振り返ってみたら、どう考えてみても、

 千葉の警察の超ミス 

でしょ。 懸賞金は、自腹で払ってもらいたいもんです。

ただ、それだけで、この市橋も必要以上に不幸になった気がします。
早く逮捕されていたほうが、ヤツにとっても絶対良かったともいます。
最初が肝心なんだと思います。

さておき、どなたの人生そもそも問題だらけ。
なので今日のところは、老弱男女が集まって、好き放題しゃべって、割り勘1250円の安い居酒屋でストレス解消して、それでよし。

明日はいい日になる。
来年はいい年になる。

そう発言しておけば、きっと福が来るのですよ。

ted803 at 15:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月09日

事後、原作を読む。

『不毛地帯』も結局、いまのところ昨日で5回目の撮影でした。

予想以上にクビにならない役柄で、それこそ時代劇なら斬られて死んだらもう出番がないわけで、もうそろそろお役御免だろうと思っていたら、あと、一回はあるようなないような・・。

そうすると、そもそも役柄がストーリー上存在するのがいつまでか気になってきて、いまさら原作小説を読んでみました。

といっても大作なのでナナメ読み、 のつもりが文体の快適さと面白さと、大阪の繊維商社という設定の身近さから、すっかり読みふけってしまいました。

小説ってひさしぶりに読みましたが、面白いなあ。
老後の楽しみにしたいもんです。

どうやらもうすぐご主人さま(唐沢さん)はニューヨーク転勤なので、そこで出番おしまいです。 OAだと来週くらいまで? 
いろいろと思い残すことは多い現場でしたが、大作にお邪魔できて幸せでした。

これで安心して、『毛』伸ばせます。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月08日

不用品の維持費

久しぶりに郊外(千葉のさらに郊外)の、借りている倉庫に行きました。

衣装やら書類やらをストックしているところで、久しぶりにのぞいてみました。

まあ、いろいろあるわあるわで、忘れていたものもあるのですけど、一度リストにしておかないと、どこに何があるのかサッパリわかりません。

そのあと、お仕事だったので、ほこりまみれになるわけにもいかず、ちょっと掃除して切り上げ。

しかし、数年間一度も使わないモノを、こんなところで保存しているのはいかがなものか。経費もバカにならないし・・・。

なので、年末くらいには、捨てようかとも思いますので、倉庫のある関係者の方、物色して持って行ってくださいまし。



ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月07日

ウィーク(弱いほうの)・エンド

このところの毎週末『不毛地帯』のお仕事なんですけど、この日は控え室がホテルの一室だったので、長い雨で待ちぼうけの時間が快適でした。

論文書くには最適の環境なんですけど、さすがにそこまでリラックスできる身分ではないので、おとなしく景色眺めてました。

なにもしない、雨だけを見ている時間が、日常の諸々の悩みごと、考え事を整理する脳内スペースを作ってくれたような気がします。

最近、考えることが多すぎます。バカなのに。

今日は、スタッフさんがいつもより多くて、楽させてもらいました。

あんまり面倒みてもらってたので、帰りのエレベーターでボタン押しわすれて、扉が開いたら、元の階でした。

過保護に慣れると、ろくなことはありません。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月06日

溜飲下げて、自分も下がる

まあ、いろいろと不満というか文句というかはあるのですけど、

どう考えても間違っているのは相手のほうだとおもうのですけど、

それを追及しても、その先はどうなるものでもないので、自分の中で握りつぶしてしまえば、いいのだとおもいます。

論破して、恥をかかせて、自分の主張を認めさせて、相手をグロッキーさせても、結局のところ自分の気分が済むだけで、嫌われるだけ損です。

溜飲を下げても、自己満足にすぎないことがほとんど。
だから見逃してやるのさ・・・。


そういえば、今日も仕事場のBGMは国会の予算委員会だったわけですけれど、 西田なんとかさんという税理士出の議員さんが、鳩山、小沢の会計問題を追求していました。

「国民は注目してるんですよ!」

って、たしかに無関心じゃないけれども、税理士のオッサンは帳簿の付け方がきになるんでしょうけど、そんなことは、のりピーのゴシップ強と同じ程度のもんです。

昔のゆに、賄賂性が極めて高いことをごまかしているならともかく、大金持ちの帳簿がどんぶり勘定でも、しかたないです。

毎年、確定申告の締切日にどうして行列ができると思います? みんな、そのまえに必死に帳簿整理して、帳尻合わせてるんです。

そんなもんです。

鳩山さん、小沢さんに問題があるなら、後で別の場所でピリッとお灸をすえるか、4年後の選挙でまとめて責任をとらせてやればいいです。

ハトヤマさんがぐったりしても、国民は溜飲下がって気持ちいいわけではありません。

安心して、うまいビール呑んで、溜飲下げたいです。
それが、できないから、なんとかしようとするのが国会でしょう。

税理士出の参議院銀のオッサンの溜飲下げても仕方ありません。
ある意味で、とっても期待していた今回の臨時国会だけに、とっても残念。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月05日

巨人の梅干し

松井のMVPにいたく感激して、その反面インタビューアーの下手くそさに腹が立ったのですけど、松井の表情の変化がみられて良かったです。
あれ、記事やラジオでは伝わらないですから、テレビの有難さです。

ただ、スタジアムの臨場感はイマイチで、歓声やヤジ打球音など、現場の音を抑え過ぎです。NHKが悪いのかどうかは知りませんが・・・。
観客のMVPコールなんて、感動モノだったのですけど、ほとんど聞こえませんし、優勝決定の瞬間も、静か過ぎてがっかりでした。

それにしても、日本人選手がワールドシリーズのMVPなんて、素晴らしすぎます。
僕ら、「巨人の星」世代ですから、メジャーリーグの選手は、別格で、日本人相手なら空振りすらしないもんだと植えつけられていましたから・・・。

「日本一」の向こうがわに「世界一」があるのと思っていたのですけど、日本一の中にも世界一があるんだと思いました。

ま、松井がエライだけで、僕が偉いわけじゃないけど。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月04日

お別れの秋

久しぶりに大学に顔を出してロンブー、じゃなくて論文の言い訳、じゃなくて説明するのに財力、じゃなくて体力使いました。

そもそも睡眠不足だったので、帰宅後はとにかく寝て、溜まった雑用は、早起きして働こうと思っていました。

そしたら、懐かしい方からの、寂しいお便りが一通。

いろいろな人にお世話になって生きているわけですけど、たくさん出会い場、たくさんお別れもあります。

本名でなんて呼んだことのない人に、様つけたお手紙書いて、これから届けます。少しの餞別も用意したいけど、失礼にあたりそうだし。

人それぞれ、いろんな道があるわけで、必死で生きていくわけです。
いつまでも変わらないものなんて、そうはないんだんなと思います。

僕、会った人のことは、結構覚えていて忘れない人なので、いつかまたどこかでお会いできればと思います。

ま、元気でな。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月03日

文化祭

学園祭というものにまともに行ったことがないのですけど、今は学園祭の機関らしいです。頑張る人は頑張っていると思います。文化系の学生は特に頑張らんといけないのですよね、今こそ。

それにしても、学生は恵まれているなあ、と思います。

僕らのころと違って、今の学生さんは本当によく勉強されているので、かつての学生時代には、学食と部室以外は学校の設備を知らなかった僕としては、比べることもできないんですけど、やっぱりいろいろと恵まれています。

学校って、なんでも整ってますから。
設備も、環境も、身分も、大義名分も、何から何まで使い放題。もちろん無料。。

でも、実社会はそんなに甘くなく、そもそも社会人は生活費がないと成り立ちませんし、職業欄に「学生」と書ければいいけど、私らの仲間はみんな、才能あるインテリ・フリーターばっかりです。

この前、初めて図書館というところに居座ってみたのですが、びっくりすることに、パソコンの電源使い放題。さらに、無線LANが仕えて無料でネット使い放題・・・。しかも、本はいくらでもあります。(当たり前か・・)
これなら、マンガ喫茶やネットカフェにこもらなくても、なんでも作業ができます。

でも、社会に出たらそういうわけにはいきません。
昨日も中村屋でパソコン使っていたら、電源の使用を注意されてしまいました。まあ、窃盗罪なんですけど、そりゃ・・。

なんてったってアート系の学生なんて、無意味に創作してりゃ、それが立派な行いなんですから、今やっておかないと今後はそうはいかんよ。

恵まれているとはいえ、社会の実態と乖離してしまっては、あとで困ると思うんですけどね〜。あーうらやましい。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 出来事 

2009年11月02日

景観は万人に優しい

091027fuji自然にはいつも救われる・・・。
台風のおかげだなんて思いたくなし。
(写真=10月27日)

それにしても、寒波。
今日は雹(ヒョー)が降ってます。

本当に温暖化してるのか、地球。
7000万円確定申告うかつに忘れる総理に熱く語られて、うかつに不便な生活強いられて大丈夫?

うかつな月曜日。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 出来事 

2009年11月01日

出鼻をどうしてくれる・・。

さあ、日付が変わった、月も変わった、週も変わった、今日も夜更かしだが、頑張ろう。

と、思った瞬間、 勝手に、携帯に情報が流れてきて、

今日の星占い

うお座・・・最下位。

どうしてくれるんだよ、この気持ち。一気にやる気をなくしてしまいました。

訴えてやろうかとおもいましたよ。

このところ毎週日曜日は『不毛・・』な、お仕事で夜な夜な出かけています。
まだ毛はありますけど、今年は何度も昭和な感じです。

昭和・・・。僕にとっては良いことばかりあった時代のように思えてきました。
平成も21年め。人生での平成率はまだ半分未満ですけど、でも、もう半分か・・・。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)