2011年04月

2011年04月18日

原発の被害範囲

自信は.11でしたけれども、10年前の9.11のテロリストは、どうして原子力発電所は狙わなかったのだろうか、と思いました。

もしかしたら、その場合の被害はターゲットのアメリカだけではなく、自分たちの棲むどこかの場所、つまり全世界に及ぶと考えたから、なんだろうかなんて考えてしまいました。

原子力発電所の地震対策は、どんなに考えていたとしても、今回の想定外の津波にも耐えたとしても、人為的にあんなテロリストに突っ込まれたり、ミサイルでも撃ち込まれたら、どうにもならないのでしょう。
今と同じような状況になってしまうのではないかと思います。

そこで、政府やマスコミが発表している、福島第一原発を中心とした同心円の図なんて、あまり意味もないような気がしてきます。
影響のある範囲が、本当にあの中だけなんて、とても思えませんが、あどこまで明快に色づけされると、この東京なんかは本当に安全なんだと、感じてしまうから不思議です。

放射のはよくわかりませんけど、今みなさんが悩んでいる花粉って、20kmや30kmの範囲で飛んできたものなのか、黄砂って、どこ国からとどくものなのか、そのあたりを考えると、東京は大丈夫だと思って毎日過ごしていることが、根性あることのように思われます。
かといって、どうしようもないことでもあるのですけれども。

たくさん、原発の反対運動も目にしますが、そもそも原子力発電が悪いのか、原子力が悪いのか。

危険だから発電利用を廃止するとしてら、他に何に使うのでしょうか。
人類はこれを持て余して手に負えないくなって降参なのでしょうか。

猿の惑星になる前に、猿に戻るか。

ま、それもいいか・・。




ted803 at 02:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月17日

飲食店の常連

昔と比べて、外食する機会が多くなった理由の一つは、やはりお店が増えたことだと思います。

外食産業なんて言われるわけですから、飲食店組合にすら加盟していない食堂歯科なかったころと違って、企業が運営するチェーン店が進出してきたわけです。

そして、たくさんの店舗と安い価格と長い営業時間が可能になり、従って僕らが利用する機会も増えたのだと思います。

正直なところ、単身者でなくても自炊するよりも廉価な気がする外食が結構あります。ま、お酒は絶対に酒屋⇒自炊に限りますけど。

こんな中では、個人経営の食堂はかなり大変なことは間違いありませんが、それでも市民に外食の機会が増えれば、それだけチャンスは広がるわけですから、産業としての発展は悪いことではありません。

いつでもどこでも同じ食事じゃ、飽きちゃいますからね。

そこで、それをチャンスに出来るかどうかは、そのお店の実力が問われるわけです。値段は、たぶん大手のチェーン店より高くても、それを補う魅力はいくらでもあると思います。

まずは味、お店の雰囲気、店員さんの魅力などもろもろ。

それで成功しているお店もあるわけで、あんまり信用は出来ませんが雑誌などで紹介されているオンリーワンの人気店などは、探してでも言ってみたくなります。
また、「常連」という居心地のいい地位があって、年配のお客さんはそのお店から離れません。お店にとっては有難いことでしょう。

ところが、その「常連さん」がそのお店の味方なのか、どうなのか。

先日、初めて訪れた「おやじさん」経営の典型的な古いお店。
これはダメな典型例だったのですけれども・・。
まずは、お店に活気がない。
一見の客、つまり僕ですけど、が入ってきたら珍しそうに見られるんです。借金取りかなんかだと思ったんでしょうか、とにかくお客さんが来ることになれていないのがバレバレ。

お店の細かい部分はさておき、次に味。
特に拙いというわけではないのですけれども、また、チェーン店に比べてさぐがに「火を通したて」の熱さ、そこで作っている感じはあったのですけど平凡。味がリピーターとなる魅力にはなりません。

新聞と雑誌もなんか偏ってるなあ、と思ったら、常連のお客さんが入ってきて、あとはわがもの顔。
持ち込みはするわ、チャンネルは変えまくるわ、酒飲んで自宅のように寛いでいました。

一般のお客は、たぶん二度と行かないと思います。

チェーン店のように、回転数ばかりに気が行くお店も興ざめですが、こういう特定の人をリラックスさせるだけなら、会員制のお店にして、それで成り立たせなきゃ。

どんなに愛されても、常連さんだけではやっていけないのであれば、思い切ってそこを切ってしまうところからしか、始まらないのではないかと思いました。

居心地の良さに、店主もお客も満足して、それでよいなら構いませんが、それじゃ淘汰されるよ、と思いました。



ted803 at 00:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月16日

5月病の誇り

いっぱい文句を言われたり、ケチ付けられたり、たまには人格否定までされそうになったり・・・
仕事をしているとそういうことがたくさんあります。

批判されながら、我慢して継続して仕事をさせてもらっているときは、不愉快な日々ででストレスがたまります。
5月病になるのもよくわかります。

逆に、褒められておだてられて、悪いことも注意されずに黙ってクビだと、仕事を外されても、精神衛生上は快適なわけです。

生活するためには、もちろん仕事は必要なわけで、たくさんのクライアントと複数の仕事をもっている人ならまだしも、多くの人、企業や団体で働いている人は、一つの太い仕事のオールorナッシングなわけですね。

ですから、我慢してストレスためても、そこで頭を下げ続けるわけです。

これから時代も価値観も変わっていくのでしょうけれど、その姿は絶対にエライと思うのです。
それが日本人だと思います。

ただ、出来ることなら、自分自身も、周りの人達も、そういう精神的なストレスを抱えずに、できるだけ、やっていけたらいいなと思います。
買わなくても、いっぱい苦労は転がっているのが、日本の現代社会で、だからこそ一定の豊かさがあるのだと思います。

5月病になる前に、自己予防まで。



ted803 at 01:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月15日

パワースポット

行き詰った時に、アイデアが湧き出る僕のパワースポットとパワーアイテムがありました。

ひとつは、宮城県の東鳴子温泉だったのです。仕事一度訪れたとき、別の課題の解決策がどしどし湧いてきて、以後、困ったら最後は自費を出してでも行きたい場所になっていました。

ところが、再訪問することもなく、以前の災害で伺えなくなっってしまいました。
もう復活したのかなあ・・・。
いざというときの心のよりどころです。

もうひとつのパワーアイテムが、マクドナルドのトレーの上に敷いてある紙の裏。
ここにアイデアを書きだすと、どんどんと考えがまとまるものだったのです。
こちらは、宮城の温泉と違って手頃だったのですけれども、なんと今は裏にも印刷が入ってしまいました。

・・・行き詰った。


ted803 at 02:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月14日

契約しない社会

日本の場合、契約書を作っても「とはいえ何かあったらお互い話し合おう」みたいな条項が書いてあるので、言ってしまえばなんでもあり。
不履行前提の契約みたいなもので、その実態は弱者は圧倒的に不利なものが多いです。

契約書のひな型やフォームを持て来るのは、いつも企業や強い立場の方。
そっちに都合よく出来ているのは当たり前と言えば当たり前ですけど。

一市民や弱者が契約書を作っても、落ち度があって結局自分自身の首を絞めかねませんので、それもあまり得策ではありません。

逆に契約書なんてなくても、「口約束」も民法上は立派な契約ですから、徹底的に水かけ論で争う方が弱者の抵抗としては有効策かもしれません。

ま、嘘はダメですけど。

契約書や約款を読んでいて、なんだか薄っぺらい、冷たい社会だなあと思うようになってきました。



ted803 at 02:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月04日

できること

いわき産の椎茸から放射性物質。

そんなもの怖くて、中国産だらけの食生活を日本人は選んだわけじゃないです。

こういうときは、ちゃんと検査しているんだし、基準値超えたものは出荷はされていないらしいし、これからはむしろ、なんでも福島県産・茨城県産を選んで購入しようと思います。

募金よりも、僕らに出来ること発見。

風評被害を撲滅すること。1億総カイワレ食った菅厚生大臣(当時まだ人気あり)になればよいのです。

ソフトバンクの孫さんが100億円、ユニクロの柳井さんが10億円、それぞれ損無いところでお金は出ています。
国民一人一人、赤ちゃんからお年寄りまで、全員100円ずつ寄付したのと同じ金額です。

逆にいえば、無理して無いお金を僕らが募金箱に入れても、入れればいいんですけど、到底及ばないわけで、善意は別の事で表せるお思います。

とりあえず、会津のお酒にします。

ted803 at 10:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月03日

アーティストの先見性

ヤノベケンジさんが、どうして今もっと注目されないのか、それが不思議です。

岡本太郎の回顧ドラマやっている場合じゃないですぞ。

ガイガーカウンターつきアトムスーツ。水戸の展示では、試着させていただいたような記憶もあります。

グッズのプラモデルを買いましたが、ヤフオクで売っちゃたのが悔やまれます。

偶然にも、たしか福島県の白河のカフェバーで、ヤノベさんのアトムスーツを展示していたお店がありました。
名前がもう思い出せないのですけど、お店の方に聞いたら、ヤノベさんと縁があって、特別に譲ってもらっているのだとか。

この際、白河は福島県ですが、まったくたぶん原発圏外です。
県名だけで、風評被害が出ないことを願います。
yanobe

ted803 at 14:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月02日

節電の仕分け

『節電』が流行しています。

しかし、家計の無駄を省くための『節電』と、

オイルショック以来の火力発電のエネルギー源に配慮しての『節電』と、

今回の原発事故による供給不足の為の『節電』

がごっちゃごちゃになっているように気がします。

現在抱えている問題からすると、深夜営業はむしろ推奨されるべきということだと思います。

ただ、最近は暗くて静かな夜っていいなあ、と感じています。

放射能は目に見えないので、星を見る分には影響ないし。

ted803 at 02:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月01日

春だ四月だ

頑張れ西日本!頑張らなくていいんだぞ東日本。甘えろ東北!甘えるな東京‼


ted803 at 04:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)