スポーツ

2009年09月27日

東京オリンピック

もうすぐ、2016年のオリンピック開催地が決まります。

僕は、生年を聞かれるときに、ずっと「東京オリンピックの時」ということで、話が伝わってきた人生なんです。
でも、厳密にいえば僕は東京オリンピック「後」に生まれ。同学年でも二分されるんですね。僕は「アベベ後」なんです。 どっちにしても覚えてはいないんですけど・・。

ということで、とくに期待もしてはいないのですけど、決まれば盛り上がりそうな、なんか楽しそうなのがオリンピックなんです。
そんなに開催したらオイシイのかという点では、いまだに疑問があるのですけど、招致合戦は大変です。

シカゴ、リオ、マドリード、本来は都市の争いなんですけど、もう国の威信をかけて、10月2日のプレゼンテーションに臨みます。
それって、どういう内容なのか、世界の英知が結集したプレゼンですから、是非見てみたいものですけど、たぶん中継されるのは、結果発表の前後だけだろうなあ・・。

シカゴなんで、ミシェルさんが行くらしいです。日本は皇太子ご夫妻にお願いしたらしいですけど、国内行事を理由にお断りになられたそうで、それはそれで当然のように思います。依頼するほうが筋違いですね。
行くなら、いまこそ元オリンピック選手の麻生さんがよいと思うのですけど、演説に難があるのが問題としても、成功していまさら支持率が上がるとしたら、まさに太郎的尊敬に値します。

さて、どこになるのやら。
個人的には、リオでやって、大失敗してもらいたいです。 北京でもできたのにリオでは無理だった、これが、ブラジルだ!っていういい加減さを世間に認知させるチャンスです。決して、オリンピック社会の常識に迎合することなく・・・。

難を言えば、リオ・オリンピックになったら、ラモちゃんがうるさそうなことかな・・。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年09月13日

W杯予選

しかし、日本が出場することが早々に決まったのはよしとして、ヨーロッパのポルトガルに加えて、南米はアルゼンチンがやばい感じになってますね。

日本代表にはもちろん活躍を期待するんですけど、クリスチアーノ・ロナウドも、メッシも出ないW杯ってどんなんでしょうねえ・・・。


アジアから4〜5国、レベル的にどうなんだろうと思いますねえ、やっぱり・・・

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月13日

野球教育と教育野球

僕がまちがって研究している「演劇教育」なんていうものも、「演劇の教育をする」ことなのか、「演劇で教育する」ことなのか、どっちもあったりグダグダだったりするわけです。

これまた間違って「高校野球」を見ていたら、やっぱりこれも同じグダグダなんです。
実際は、娯楽のコンテンツに未成年を使って搾取しているエンターテイメント産業なんですけど、高野連のタテマエは驚くなかれ「学校教育の一環」なんですね。
つまり、あの神格的な「甲子園」を通して、教育を実現するという趣旨なので、野球が上手になりたいとか、甲子園に出て有名になりたいとか、プロのスカウトの目にとまってたくさん稼げる選手になりたいとか、そういう動機でやるもんじゃないんだそうです。

そんなタテマエはともかく、演劇もそうなんですけど、どうして「大人」の指導者が、あそこまで関わるのかが、変だと思います。
顧問の先生とは別に、指導の監督がいるわけですけど、この人たちがどんな教育的指導ができるのか、その実態はどんなもんか、野球以外の指導能力がどれくらいあるものかということも疑問ですけど、そもそも野球の指導力も本当にあるのかどうか・・・。

先日も、次の打者が「バント失敗」、「バント失敗」、「バント失敗」で三振して盗塁も失敗、恐ろしい顔でベンチで監督怒ってましたけど、そりゃ作戦のミスでしょ。
学生である選手が作ったチャンスを、大人のダメダメ作戦でつぶしているわけです。委縮すべきは監督のはず。

この、ベンチでユニフォーム着て、ギャラもらっているオッサンが指示を出している様子が、高校野球のいちばんヘンなところ。手柄は大人のものか? 勝利インタビューでは「子供たちがよくやってくれましたぁ〜」って言いますけど、あんたのためにやってんじゃないでしょ、いつも思ってしまいます。

監督さんに、本当に教育者としての、指導者としての能力があるかどうかの問題もありますけど、だいたいどうして「監督」のポジションも学生にやらせないのか、それが疑問です。大人は、スタンドで応援しといたらええのです。

「監督」というディレクションやマネージメントの職域こそ、学生に経験させるべきものだと思います。
「大人」の指導者は、自分が頂点で指導するのではなく、「監督」や「スタッフ」の含めた全体地図を作り上げる指導をすべきです。

これは演劇も同じ。 顧問の先生が、「私が脚本・演出しました」みたいな演劇部は、どうであれ不幸です。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年06月10日

南アフリカW杯

日本代表が本選出場一番のりを決めました。試合時間の関係で、オーストラリア代表より2時間早く決まったわけです。

ボジョレー・ヌーボーじゃあるまいし・・。

ま、おめでとうございます。

地元ジェフ千葉が、サッカー協会に貸ししたにもかかわらず、ちゃんとお返しいただけなかったオシムさんも、喜んでいると思います。

こうなったら、サッカー協会も、オシムさんの代償に、ジェフにしばらくの間強制的に代表選手を派遣させてもらいたいもんです。

さておき、W杯に出場することは早々と決まったわけで、僕らがヨーロッパでサッカーを見ていた80年代から考えたら信じられないことですけど、なんか、あたりまえのように日本がW杯に出場するようになりましたね。

もちろん、当時は(ドーハのときまでは)、参加24カ国だったので、今よりは狭き門だったわけで、アジアも2枠。ですから、今はハードルが下がったことは間違いありません。最大でアジアから5国出られますしね。

ところが、ヨーロッパ予選を見てみると、これでいいのかというくらい大変な激戦です。8ブロックに分かれて13チームの枠なんですけど、各ブロックにおわゆる強豪の常連国が入っていて、そのなかで残り4つを争うチームも強そうな国ばかり。

グループ1なんて、ポルトガル、ハンガリー、デンマーク、スウェーデンが入っていて、2位になっても、次がまたプレーオフで残らなきゃなりません。

天ぷらシュートのウズベキスタンとか、バーレーンと『大熱戦』の末、出場決めるようで、果たしてよいのかどうか・・・・。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月28日

ファーガソン卿

私は見た。

赤い悪魔、マンチェスター・ユナイテッドの、決勝戦の勝負服は、いつもの赤でなく白だが、 ファーガソン監督のシックなグレーのスーツの

裏地が真っ赤!

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月13日

風と共にマスターズ去りぬ

国内出張とはいえ、時差ぼけしたので、便乗して今朝は3時からマスターズ観戦。

今年はアゼリアが見事に咲いて、天候もよくて、よきオーガスタでした。

石川遼くんは予選落ちでしたけど、日本のゴルファーが『一度足を踏み入れることができたら死んでもいい』くらいに憧れるコースに、あっさり一家で行ってましたね…。

片山シンゴちゃんは、好成績でご本人も満悦でしたが、一度も優勝争いに絡んでないんで、そんなに個人的には感動はしませんでしたけど。
そもそも、テンガロンハットは邪魔じゃないかな?

それにしても感じたのは、道具のせいかみんなの飛距離が格段とアップしていて、コースの難度が随分変わったなあって事です。

誰でもある地点まで飛ぶようになったら、それ以上の能力があっても、もて余してしまいます。タイガーは典型。

そして、ほとんどパッティングコンテストになってきます。

そんじゃ、ゴルフの醍醐味がないんだぁ。テレビゲームみたいでね。

昔バレステロスしか飛ばせなかったとこに、今オッサンがみんな打ってるもんね。

じゃ、あんた打ってみろ、と言われたら、それは無理なんだが…。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月22日

オズワルドてか

WBCも楽しく盛り上がっています。明日は、アメリカ戦。

先発は日本は松坂。アメリカは “オズワルド” だそうです。

この前、カストロ(本人)が登場して、今度はオズワルドというのがなんとも・・・。

藤川、JFKなんて名乗ってたらやばいぞ。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月18日

狭い世界大会

そのWBCですけど、前回優勝したときの決勝戦の相手が、今回戦うキューバでした。

日本に敗れたとはいえ、にっくきアメリカより上の準優勝となったキューバチームは、凱旋したときにカストロ首相に称えられたのです。

そのときのカストロさんのコメントは、「準優勝は立派な成績だ。マツザカはそう打てるもんじゃない。よくやった」みたいな感じでした。その時、「松坂スゲー、カストロに名指し」と思ったもんです。

なのでかどうなのか、キューバチームは急場凌ぎ。松坂は打てなくても非難されないと思ったのかどうか、今回も見事に不発でしたね。てか、松坂も実際に素晴らしかったんですよね、珍しく玉数少ないし。

ま、ともあれ快勝。次はまたまたまた韓国戦。

しかし『ワールド大会』なのに、ここまでの対戦相手が

1.中国
2.韓国
3.韓国
4.キューバ
5.韓国

その後も場合によっては
6.韓国
7.ベネズエラ
8.韓国

どこがワールドやねん・・・。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月07日

さておきフクアリ

0ccb26e7.jpg千葉市には、マリンスタジアムと福田電子アリーナがあります。
プロ野球チームと、Jリーグのチームがどっちもある町というのは、とっても貴重なことなのです。

JEFがJ1に残留するかどうかという問題はありますけど、『近所にスタジアムがある』という環境は、男の子にとってはこのうえなく幸せなことなのですけど、男の子の興味関心が最近はちょっと違うみたいです。

マリンスタジアムは「酒が飲めるぞー」のオジサン。
フクアリは、「みんなで大声で騒げるぞー」のワカモノ。

どちらも応援はいわゆる『タテのり』。東京ドームと違って、煩い『鳴りもの』や無意味な『声合わせ』はございません。基本的にはゲーム内容を重視。
それはそれとして生のビール・・じゃなくて生のスポーツはとても良いです。
千葉にいれば、頑張れば自転車で通えます。寒くなければなお良いのですけど・・・。

ちなみに、劇場もあることはあります。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月21日

真弓音頭

「まゆみ〜、まゆみ〜ほーむらん〜」
甲子園球場の外野スタンドを右に左に大合唱。懐かしい1985年ごろの風景です。
いまは『まゆみダンス』とか『真弓音頭』とか、言うそうですけど、そんなネーミングは後付けですね。

デイリースポーツによると、甲子園球場でこの「真弓ダンス」を、禁止というか自粛を訴えているそうです。

理由は、球場が古いので危険だとか。でも、甲子園球場は、阪神大震災でも大丈夫だったんですけどね。
それよりも、1985年当時はそんなに問題視されていなかった、バカにうるさいディズ●ーの著作権関係のほうが、問題だと思いますね。今や。

あれやられたら、放送出来ないやもしれませんしね。


ま、それより「真弓辞めろ!」コールにならないことを願います。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月18日

相撲観戦

といってもテレビなんですけど、笑いました。

ゲスト解説、輪島。

さらには、相撲フリークのデーモン小暮閣下も同席していまして、放送中、輪島さんが

「閣下」

と呼びかけるのが、愉快でした。

取組のすき間で、輪島さんのかつてのエピソードが紹介されていました。
学士入門で超スピード出世して、そもそもチョンマゲが間に合わないのに、やっと伸びてきた髪を美容院でパーマかけて来た、というのは大笑いでした。輪島さんの言い訳の、

「当時はビートルズが流行っていて・・」

ってコメントもナイスでした。

NHKも相撲協会もなりふり構わぬ演出、おおいに歓迎します。
たしかに、引退後も含めて輪島の愚行に比べたら、曙も朝青竜も大騒ぎするほどのことはありません。

当時とメディアの騒ぎっぷりが違うだけですね。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月13日

月山山形

チーム名の候補らしいのです。
サッカーのモンテディオ山形が、改名するとかしないとか。

『月山』と書いて、たぶん『がっさん』なんですけど、春スキーのメッカですね。冬は雪が多すぎて滑走できないスキー場です。寒すぎますね。

これ、熱烈に支持します。
だいたい、モンテディオみたいな、お猿さんみたいな名前じゃ分けわかりませんしね。日本語のネーミング大賛成です。

そういえば、その昔お仕事でお世話になった『コンサドーレ札幌』さんも、合成語ですけど、語源はスバラシイのに、どうして無理やり逆読みなんなするのか、と思ってました。『ドサンコーレ札幌』で、ええじゃないですかねぇ。

ということで、山形ですけど、山形の山といえば『蔵王』なんですけど、あえて『月山』というところが、いいですよね。強そうってことですかね。『蔵王』だと、無理やり英語表記して、

THE OH

だと、なんか強そうじゃないですか。
(音読したら【ジ・オー】だが・・・)

そのほか、何が良いですかね。彼女は「樹氷にしてね、」と言ってましたけど、忍耐強いサッカーを目指すなら、『おしん山形』とか。アジアの知名度抜群ですね。

ま、山形のネーミングセンスについては、新幹線の『さくらんぼ東根』。駅名が、かなりインパクトあります。切符買うとき、結構恥ずかしかったです。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月06日

福田電子アリーナにて

奇跡が起きた〜。

千葉市民としてはうれしい限り。

瀬戸際で頑張って興奮するのもいいけれど、

追いつめられる前に、なんとかしましょ、何事も。(自戒)

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月16日

馬は馬鹿か

武豊、落馬。
人馬とも大事に至らず、まず安心。

しかし馬さんは、余計なオッサンを振り落としたおかげで、見事一番にゴールしました。
もちろん、競馬としては負けなんですけど、馬としてはほかの馬には負けんかったから、満足なんじゃないかと思います。勝ち誇っているのではないかと思います。

というか、そもそもどこがゴールかわかんないので、一等賞の意識はないのかな?
逆走しなかっただけでも立派なもんだと思いますけど、関係者・ファンの方々の競走馬に対するコメントを聞いていると、「ヤツ(馬)は、すべてを分かっている。人間とも通じあっている」というのですけど、僕はどうも・・・。

動物の感情は、馬でも猿でも絶対に持っていて、他の動物、霊長類・哺乳類くらいまでは、お互いそれなりに伝わるものと思います。それもかなり繊細に。
ま、魚や昆虫は無理だと思いますけど、お馬さんならそれなりに。

でも、サラブレレッドでも、競馬のルールはわかってるかなあ。
「一番でゴールした」けど、「失格だ」ってのは、どんなふうにわかるんでしょうね。空気読むのかな。または、全然気にしてなくて、勝ったつもりでいるのかしら。

ま、さすがに、自分達はこんなに必死に走って、上にの乗っかっていた邪魔なオジサンが、しこたま稼いでいるとは思いますまい。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月18日

八百長裁判

一昨日の裁判で、北の湖のシドロモドロは失笑もんだったそうなんですけど、なぜかNHKあたりは「完全否定」と伝えていますね。せっかく裁判になったんだから、双方の主張の様子を正確に伝えて、視聴者に判断を委ねるべきだと思うんですけどね。

相撲協会に定義されている「故意による無気力相撲」というのは何のことか、八百長のことではないのか、そりゃ微妙です。

八百長のラインをどこで引くか、というのは論点だと思います。
だってプロスポーツなら、「空気読んだ」プレイはいくらでもあります。
プロ野球のピッチャーの引退登板なんて、公式戦なのに相手の打者は、打つ気なし。(去年、打った男もいましたが・・・)
そうでなくても、ある程度全力でやったうえなら、相手の感情や場の空気よんで、早めに勝負諦めることはあるでしょう。

かの、「北の湖vs貴ノ花」なんてまさにそんな感じ。北の湖は、当時それまでが強すぎて、あんな無様に慌てることがなかったので、負ければ八百長臭く見えてしまいます。 あのときのムードだと、空気を感じて「無気力」になって当然だと思います。

八百長の定義ですけど、板井がいうようなお金のやり取りがあったかどうか、をラインにすると、これまた政治家の賄賂なみに難しいです。

「●●関 何月何日 転び代金として」
という領収書でも出てれば別ですけど、タニマチさんと付き人とか、代理人間で金銭のやり取りをやっていれば立証困難。

それに、横綱が八百長で全勝しようと思えば大変ですが、前頭くらいの関取なら、8勝7敗か7勝8敗でいいので、全員が全部八百長しても、場所ごとに締めて差し引き一勝分の金銭の動きだけで済むわけですから。そんなに実際に動く現金はいりません。
なんか、証券会社の決済みたいですけど。

北の湖は「相撲界に八百長はない」と言っていましたけど、巡業では関取が小学生に負けてあげてましたけどね・・・。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月14日

相撲の八百長

相撲の世界のシステム疲労が問題なのだと思います。

思うに、根本は何かと言うと、大別すると十両、幕内、大関、横綱の四段階しかなくて、関脇から前頭下位までの間は、番付が一つや二つかわっても、待遇はなんにも変わらないシステムです。
番付が全ての世界、といいながら、実際前頭2枚目と5枚目で、生活変わる訳じゃないので、8勝7敗と7勝8敗を繰り返して、ずっと長く『中堅の関取』で居ればハッピーな人たちの集まりになってます。

昔なら、部屋が大きかったので、後輩が上位で扱われるのは嫌だろうけど、今はたくさん関取がいる部屋は少ないし、いろんな意味で家庭的。
もちろん、収入も十両以上ならしっかり貰えるし大差はない。
だから、勝ち越しと負け越しを繰り返して、長く幕内に席をおいていることが出来れば、幕内で番付エレベーター状態でいいんですね。
それには、同じ穴のムジナと仲良く共済組合を作っておくべきで、ジヤの道はヘビ、そうなってきます。

相撲協会は、『現役よりも親方の方が偉い』という旧来の終身雇用の制度の典型。将来が安定しているから守られてましが、外国人を解雇したりすると、労使の牙城は揺らぐみたいですね。

動向注目。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年09月13日

火だるまの日本スポーツ

星野仙一さんが、ご自身のブログでWBCの監督をやらない旨の宣言をされていました。
「火だるまの俺がどうして火中のクリを拾うのか」 とのこと。

じゃ、そんな危険な「火中の栗拾い」は、他人にやらせとけ、病人の王さんにでもやらせとけ、ということでしょうか。とても「男・星野」とは呼べない保身術やね・・。
そもそも、要請もされていないのに、「仮定の話を辞退する」というのも変なのですが、そのあたりの注釈もご自身のブログで解説されていたそうです。

しかし、だいたいブログなんて、私ら庶民がショコショコ届かぬ少数意見を発散するツールです。 星野仙一さんくらい、うざったいくらいTVにもメディアにも露出して、メッセージや発言や言い訳の場をもっている稀なオッサンは、ブログなんて発信方法使わんでいいのではないかと思います。


とことで、「WBC(世界野球大会)」はやっぱり王さんが監督という話ですけど、そもそもド素人がコミッショナーじゃ、監督以前の問題でしょう。だれが表紙になっても同じこと。前回、たまたま間違って優勝したもんだから、問題が顕在化しなかっただけで、実はあのチームも体制も監督も、本当に優れていたかどうかは疑問です。
(韓国には負け越したわけだし・・。 )
ボールの問題や情報戦略、選手選出方法も含めて、WBCで優勝しちゃったからエラーが消えちゃって、反省出来なかったことが今回のオリンピックの惨敗につながったとも思えます。官軍は兜の緒を締め忘れたんですね。
体制の問題であってプレイヤー(監督含む)の問題ではないと思います。


今年のドラフト候補の、エネオスの剛速球投手が、メジャーリーグへいくと宣言したのですけど、これに「けしからん」という日本プロ野球界の方がヘン。しょせん「最強メンバー」をもってしても、マイナーリーグのチームにも韓国チームも、キューバにも勝てない国の、よく飛ぶボールで遊んでいるレベルのプロ野球と、年金制度もしっかり確立しているメジャーリーグへの若きときからの合流、どっちが魅力的かは明白。というか、それを規制するのは、人権侵害ですね。 けしからんのは日本球界。(と、エネオスのガソリン代・・・。)

今話題の相撲も同じで、相撲協会が解雇するのは勝手ですけど、不服を訴えて仮処分の申請や、提訴するのは個人の権利。
ましてや、「疑わしくは被告人の利益に」どころか、本人否定のまま、解雇されたわけですから、これも裁判に訴える権利は、人間もっています。
「相撲協会を提訴するなんて部屋制度の根底にかかわる」といった人がいましたが、個人の裁判を受ける権利まで侵害したら、法治国家の根底にかかわります。

それに、素人考え程度の法律知識ですけど、どう考えでも司法に訴えられたら日本相撲協会は惨敗ですよね。相撲界の常識、世間の非常識。(by北尾)

そういえば相撲は、アタフタした結果、理事長が交替して武蔵川親方になったのですけど、ここの弟子でかつての横綱・武蔵丸は、白露山や露鵬と比べてもおおきく劣る「日本語力」でしたよ。
日本語もしっかり叩きこめなかった親方が、はたして本当に指導できていたのかどうか、疑問ですね。


コミッショナーがその道のド素人、だがプロの法律家、もダメ
理事長がその道を極めた横綱、だがその道しか知らない(ちなみに中卒)、もダメ

その点、川渕さんは偉かったよ・・・

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月13日

星野仙一が怒っても

オリンピック最後の野球が始まるのです。

日本は、とうとうアマチュアを含まないオールプロ、しかも選抜チームということで、いわばドリームチーム。本来とっても活躍が期待されます。

直前のルール変更や、使用ボールの問題などなど、ドタバタ。星野さんもご立腹気味ですけど、そこは余計なことを考えさせず、とりあえず理屈抜きで強引に引っ張っていくのは、闘将ならでは。

ところが、結局問題なのは、ニッポンの野球は全然政治力がない、情報収集力、影響力がないことが露呈していることです。
アマチュア野球界ではそれがあったのですけど、日本のプロ野球機構は海外との適切なパイプを築いてこなかった、内輪の団体なんです。

選手はいうまでもなく、世界レベルでしょう。 今回ちょっと地味ですけど。
でも、それだけじゃ勝てません。
ルールや使用球やもろもろ、こんなことで日本が慌てなければならないのは、組織の問題なのです。

星野さんが頑張ってフタをしてくれてますけど、勝てなかったら選手・監督・タブチくんの責任だけではないです。
世界レベルの試合で、実力だけでかてるほど突出した力を持つことは無理です。せめて、ボールくらいは日本製をゴリ押しするくらいの政治力を持ってないとダメです。

ひどい結果で大恥かいただけでしたけど、WBCのときのアメリカを見習ってもらいたいものです。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月11日

ブラボォ〜 メンチカツとヨネックス

北島が「金」世界記録で連覇

モノスゴイことを当たり前のように期待されて、それでもちゃんと最高の結果を出す北島コースケは、エラいっ。
結果なんて、どうでも(銅でも)よかったのに、とにかくエラいっ。


同じく、バドミントンもエラいっ。北京で中国人の王者を撃破しましたね。
なんか、地元の声援にガチガチになっていた中国人選手見てると、スポーツではなくて『体育』だった頃の、日本人選手を思い出します。
オグシオもがんばってます。

これで、バドミントンブームになるので、ヨネックスの株を買っておこうかと思います。 ・・・って上場してたっけ?
さらには、北島の実家のメンチカツも買いです。この際、値段10倍で売ればいいと思うのですけど。だって、なんにも協力しているわけでもない一般の人たちから、これだけプレッシャーを受けて、しかもこれだけ喜ばせたんだから。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月08日

パパの日のオリンピック

8が縁起のいい中国らしく、08年8月8日(ついでに午後8時)、北京オリンピックが開幕しました。

そう考えると、どうして1964年の東京オリンピックは10月10日(秋)開催だったのか、いまだにわかりません。

いろいろと問題を出しているように報道されている北京オリンピックですが、中国がやっとオリンピックを開催したということが、おおいに異議があると思います。
何千年の歴史をブツ切りにして(されて、という意見もある)、近代オリンピックが始まった時は、まだ「清」の国でした。ここでやっと開催にこぎつけたわけです。

今の首都高速とか、新幹線とか、代々木の国立競技場や体育館、それによく使わせてもらう参宮橋の青少年センターなど、東京だってオリンピックのときは、勢いでいろいろとやって、それが今日につながっていると思います。首都高速なんかみると、いかにも「めちゃくちゃ」なプランですよね。高度成長の前段階は、こんなもんでしょう。
44年違いで、中国もかつての日本と同じ道をたどっているにすぎません。今の先進国と比べて非難するばかりが能じゃありません。とにかく、無事成功を祈ります。

さて、その大注目は、チャン・イーモウ監督演出の開会式。
世界最大人口13億の国の、しかも共産国の、国家プロジェクトです。お金も時間も人も使い放題、だけどそれに応じた結果が要求される。。。こんなスケールで才能を問われる芸術家は滅多にいませんから、経緯を持ちつつ、楽しませてもらいます。


感想は後日。長野オリンピックの「お相撲さん」を踏まえつつ。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年07月28日

偏差値甲子園

貧人じゃないはずなんですけど。
全国の甲子園の代表校の偏差値を全部調べてランキングを作りました。
廃校・合併でできた新潟県立中央工業以外は、全部調べました。

レベルの高い地域は、東京、神奈川、大阪、和歌山、・・野球の強さとなんとなく似てます。健闘しているのは、秋田・本庄高校と鳥取西高校やな・・・。

全国制覇の有力候補だった、早稲田実業が決勝で負けて、それでも日大鶴ケ丘は現在まだ全国ベスト4です。
神奈川の決勝で偏差値ダントツの慶応がどうなるか、大阪の近大付の勝敗も気になります。

そういえば、東海大高輪高校って、昔の僕の事務所の近所の学校なんですけど、あんな幼稚園みたいな狭い学校で、よく野球頑張れるなあと思います。でも、頑張れや。

こうやって、全国の高校の偏差値を調べてみて気付いたのですけど、高知代表の高知高校なんて、僕らの時代には秀才の学校だったのですけど、やはり私学に持っていかれていますね、優秀な成績の生徒は・・・。

今後、公立高校って、どうなるんでしょうね。、先生。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年07月20日

楽天のお弁当禁止令

楽天の試合をするKスタ宮城では、お弁当の持ち込みが禁止なのだそうです。

それにまつわる問題が、ちょっとニュースになってました。

そういえば、似たような話が昔(たぶん今も)、ディズニーランドであったような気がします。年間フリーパスを買って、園内でお弁当・・・という公園的な機能は、バッサリと否定しおったわけです。

まあ、ディズニー園はそれでもよいでしょう。

楽天の場合は、野球の試合なわけですけれども、少しだけ立派なのは、堂々と「球団の売上の確保のため」と、理由を正直に説明している点です。かといって、まだまだオボツカナイ新生チームの人気ですから、そんなのでケチついて、集客そのものが減ったら意味ないとおもうのですけど・・・。

これから夏休みですけど、親子連れで野球場に足を運ぶとなると、結構料金が大変です。高くなります。そもそも、プロ野球はじめ、プロスポーツのチケットは高いです。
パフォーマンスのレベルがその日その日で違う、というリスクを考えたら、さらに高いと思います。昔からよくスタジアムには足を運びましたが、何度「金返せ!」って試合を見せられたことか・・・。

そんな場所ですけど、業界としては今、子どもをとにかく動員しておかないと、将来はありませんよね。子どもは単独では行きませんし、また子ども同士で行くにしても、お値段は重要です。 チケット代は安くても、お弁当で元を取られたのではどうしようもありません。

こんな「お弁当禁止令」は、楽天だけなのです。 たとえば我が千葉ロッテマリーンズのマリンスタジアムでは、恒例の「生ビール半額」の日があります。なので、ビアガーデンで飲むよりも安いし開放的だし、花火は見られるし、野球に興味なくてもスタジアムに行きたくなります。いいアイデアです。もちろんお弁当も売ってますけど、ロッテリアがあります。ロッテリアはロッテリアなので、お値段も不当に高くなることはありません。よって、会社帰りのサラリーマンも、近所の親子連れも、気軽に楽しむことができるわけです。

楽天は、この「お弁当専売」で年間2億円の収益だそうです。もちろん、千葉ロッテの集客作戦がどう増員と収益につながっているのかしりませんけど、お弁当は専売にしなくてもそれなりにお弁当は売れて、コミッションはあるはずです。なので、この「専売」と「解放」のどちらがいいのか、簡単に勝負ありですよね。

なにより、「ボールパークは気軽に遊びに行ける公園」というコンセプトが大事だと思います。 ネットショップの企業には、文化の創造は無理かな。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年07月11日

やったのか、五反田で

山本モナと巨人・二岡が不倫発覚!
という、ほとんどどうでもよい話題だったのですけど、駅で大笑いしました。
かの東京スポーツの見出しです。

モナ・二岡『やったのか』

と、ここまで率直なワンフレーズのキャッチ、ほれぼれします。さすが東スポ。

ところが、天下の読売新聞の、すなわち巨人軍の見解は、「野球で頑張るしかない」。 子どもに夢売るプロ野球選手に求めるモラルのレベルも、その程度なのですけ。ほっとします・・・いやいやいけません。
だいたい、怪我で二軍調整中の選手、朝まで深酒飲んで酔っ払っては、プロ意識が疑われます。野球のおかげで推定2億の高給取りなんだから、野球に専念して損はないでしょ。 9800円のホテルに行くよりは、自腹で大金払ってベッカムカプセルにでも毎日入っていてしかるべきところでしょ。



それにしても、わざわざ「五反田」というのが、絶妙です。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月15日

シアトル・マリナーズ

よく負ける。

負けすぎである。

スターバックスも任天堂も好調なのだけど、マリナーズだけは見事によく負ける。

イチローも、このペースだと200本は厳しいし、三割も打ってないし、三振がやたらと多い。

NHKも最近MLB中継やらないし、なんかみんなやる気ないみたいなのです。
別に応援はしてないけど、根拠もなく負け続けて、だらしなくなっているのは気分が悪いです。

マリナーズのユニフォーム姿のイチロー、看板でよく見るだけに…。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月18日

美女の胎内に棲む・・・3

この医者は何者だ!

http://flady.jp/

(動画はテレビで・・)


ted803 at 01:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月06日

泥船のサムライ

良い天気の休日です。
どうして火曜日の5月6日が振替休日になるのか、いまだによく分からんのですけど…。
とにかく一日中室内で過ごす休日、天気が好いのは悔しいような…。

そんな心の狭い我が身を恥じるのは、F1佐藤琢磨の態度(コメント)、立派でした。
所属チームの経営が思わしくなく、自転車で綱渡り参戦していたのですけど、とうとう今回は主催者からサーキット入りを拒否されてしまいました。

運転手は契約社員なので、とっとと見切りをつけて保身を図りゃいいものを、こんな中、この状態でチームの一員としての態度に揺るぎない彼の姿勢に惚れ惚れしました。

どの世界でも、自分の仲間や所属するグループを貶す奴に、優れた人はいませんよね。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月31日

また巨人が負けたって♪

db5be69a.jpg♪高田の背番号もしらないくせに・・・  (byさだまさし)
の、高田さんが監督をしている東京ヤクルトスワローズに見事開幕3連敗!

それにしても、なんでもサッカーの『良いとこ取り』をするもんで、ヤクルトvs巨人を『東京ダービー』などと言ったりしてますが、次の対戦は東京ドーム。後楽園界隈で『東京ダービー』だなんて言ったら、紛らわしいじゃないですか。それでなくてもJRAと東京シティ競馬でややこしいのに・・・。東京といっても、親会社の本社ベースで考えると、有楽町vs新橋ですから徒歩圏内。スケールとしては高校野球の地区予選よりも小さいのです。そういえば、新聞もヤクルトも専属配達人がいるビジネス、いまどき珍しいですね。

昔は、『巨人に勝ってしまうとヤクルトが売れなくなる』、という半分本音のジョークがあったヤクルトですけど、いまや巨人は『ヒール』ですから、悪者をやっつけてくれたヒーローということで、ご褒美にヤクルト一杯。売上(たぶん)快調な月曜日の朝です。

ちなみに、高田の背番号ですけど、8番でした。原は、そのあと8番で、どちらも今は88番みたいです。
昔、紙切りの芸人さんが、お客のこどもに「野球選手を作ります。誰がいいですか〜?」と聞いて、当然「王選手!」という答えを期待していたのですけれども、「高田!」と言われて困ったそうな。長嶋ならできるけど、高田は出来ない。「8」と「0」は切り抜けないのです・・・。どうでもいいですけど・・。

高田監督、さえない団塊世代の定年間際の出世しなかったサラリーマンみたいな風貌ですけれども、好青年キャラクターのまま、もう64歳なんですね。ブルーワーカーのCMしてました。巨人の星や、侍ジャイアンツにも登場してます。

ということは、星飛雄馬や番場蛮は、いま何歳なんだろう?


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月23日

YOSHIKIさんの母校応援

母校の甲子園出場を応援に行くぞ! ・・・というのは立派なのです。

いまさら甲子園、というのも良い感じです。イベントとしては、やや斜陽気味ですけれども、そのノスタルジックな感じと汗臭ささ、これにX−JAPANのカリスマ性のマッチング、なんともいえません。
「応援」というのも、YOSHIKIさんあたりなら偉大なる寄付金のほうが実用的で現実的なのですけれども、さすがは感動を扱ってきたアーティスト、ご本人が甲子園に乗り込むという選択を希望されたのです。

これが、中途半端な芸能人の便乗の売名行為だったら、ただ単に迷惑なだけなのですけれども、いまさら売名も話題作りも必要ない方でしょうから、純粋に母校の活躍、嬉しかったのでしょう。
特に、甲子園の常連校とか、野球の名門校でもない学校だったりすると、尋常じゃない興奮と喜びがあるもので、何かしら応援したくなる気持ちはよく分かります。それに今でも「母校」として大事に思うこと自体、イメージ外ですけど立派です。ロックは親孝行です。

ところが、受け入れる高校野球連盟としては大変。一応『教育の一貫』として開催しているイベントですから、そんな話題性も混乱のもと。現実問題として、グラウンドの高校球児よりも応援席のカリスマミュージシャン見たさに集まる人が巻き起こす混乱は、かなり想像できます。

YOSHIKIさんも、一般のOBとして応援に行くなら、ヘリコプターで駆け付けなくても良いし、お忍びで行くことは可能だったと思います。阪神電車に乗って、野球帽被って、生ビールの紙コップ片手に観戦してれば、誰も文句は言わないのでしょけど、まあ、万一の事態に備えて、ちゃんと警備の担当者の耳には入れておかないといけなかったでしょう。すると、耳に入ってしまった以上、主催者も警備の人も、万一に備えて対策を講じる。
そして『ご来場ご遠慮ください』という結果になったわけです。


たしかに、大阪は有名人を見ると、よく盛り上がります、茶化します、異様な騒ぎになります。 かつては、チェッカーズなんかも、警察から外出禁止令が出てたそうで、このあたりは同じ都会でも東京都違うとこです。 個人的な分析としては、これは関西人は、有名な人がそこにいるのに放っておくのは相手に失礼だ、可哀想だという感覚もあるのだと思ってます。人情ですね。

でも、甲子園だとどうなのかというと、おそらく政治家だろうと芸能人だろうと、そんなに騒ぎにはならないと思うのです。
それだけ、高校野球や阪神タイガースや、そもそも野球全般に対するリスペクトは深いものがあって、その聖地たる甲子園球場では、野球以上の価値は発生しないし、今回のケースでもYOSHIKIさん目当てだけのファンは、球場には入れない、43号線を渡れない、そんな空気があると思います。

なので、ヘリコプター観戦というのはいいアイデアだったと思いますが、まあ応援はテレビでもできますし、十分伝わったと思います。

ともあれ、初勝利おめでとう。 あわ高校

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年12月14日

TOYOTAの憂鬱

ACミランvs浦和レッズ戦、楽しませていただきました。 母(カカ)vs姉(ネネ)の夢のマッチアップも実現しましたし・・・。 個人的には、(旧)トヨタカップは南米vs欧州だけのほうが良かったのですけど、それでも浦和でプレーしていて、ミランと世界戦を戦える、それだけで夢ある出来事ですね。よかったねトゥーリオ。 浦和から世界に出て行った三都主の立場はどうなるんだ・・・。 それにしても面白かったのは、メディアのスポンサーへの配慮。 横浜総合競技上を、なかなか「ニッサンスタジアム」って呼ばない代わりに、「トヨタプレゼンツ」と冠付ける回数も少なかったように思います。 だって、トヨタはかわいそうですよね。 30年近くやってきたのに、今年なんかは下手すりゃ、ニッサンスタジアムで三菱自動車を応援しよう!みたいなイベントで、賞金だってレッズに大金が渡るわけですから。その金、トヨタが三菱自工を支援してるみたいなもんです。 どうせ支援するなら、賞金の代わりに『外れないタイヤ』とか、『止まるブレーキの作り方』とか、技術供与にすればよいのに、と思います。 さておき、これでACミランのユニフォームスポンサーが以前の『OPEL』だったりしたら、さらにおもしろかったのですけど、 ついでに、浦和の選手が鈴木・・・に加えて、本田、松田がいて、国歌のかわりに『昴』斉唱したりして・・・。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年11月02日

君は外木場を覚えているか!?

NEWS《落合監督采配にファンの意見真っ二つ》

だ、そうです。
いまどき、『意見真っ二つ』の行為というのも、結構貴重品な気がします。事なかれ主義、勝ち馬に乗る、是非はともかくそういう風潮の世の中、議論が活発になって酒の席の話題も増えます。

そういえば、メジャーリーグのア・リーグ優勝決定戦で、赤靴下vs誤印度人戦、3勝3敗で向かえた第7戦、松坂がなんとか勝ちましたけど、そのときに、『松坂よかったね』と、どなたに振っても『そうだねえ〜』と、それ以上の話題にも何にもなりませんでした。松坂、世間にに好かれすぎ。江川のよう半分くらい『アンチ松坂』がいればいいのになあ、と思ったもんです。なんじゃそりゃ。

ところで、その落合采配ですけども、『大記録』ってのはとにかく痛快なもんで、その場を見届けたというファンの思いは当然。 でも、よくよく考えてみれば、これも記録に残るとしても、『山井すごかったね〜』で、巷の話題の賞味期限は、生たまご程度で終わってしまったかもしれません。
そういう意味では、これでしばらく酒場のつまみが、上司の悪口や愚痴や社交辞令じゃなくて、こんな健全な議論になることは好ましいです。国民栄誉賞ものです。『テロ特措新法』で議論したら、険悪なムードになりまかねませんからね・・・。

それに、『完全試合』の大偉業と言っても、実際にどれだけ記憶に残っているかと言うと、怪しいです。そんな大偉業をしても、結局はあとに続く人は時間とともに増えていきますから、群にまみれて、忘れ去られてしまいます。

だって、外木場って覚えてます_?知ってます_?
そんなもんです。

でも完全試合、ってすごいです。
エラーもダメですから、守っている野手も大変です。そういう意味では、リレーで完全試合でもドラゴンズとしては立派なことです。
落合監督は、今年のオールスターで、『一人ずつ一イニング継投』やりましたけど、あれもほどんど準完全試合だったんですよね。
そのアイデアが生かされていたのではないかとも思います。

ちなみに、最後の完全試合は、巨人の槇原でしたけど、たしか落合は一塁守っていたんじゃないかと思います。もしかすると、ウイニング・ボールをとったのは落合だったんじゃないかな・・・。


補足すると、ノーヒット・ノーランもすごいです。
湯舟と川尻がやってます。 ・・・なんか庶民的です。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年10月02日

戸塚宏と時津風親方

news《時津風親方 協会に暴行認める》


なんで逮捕されないのか? 
戸塚ヨットスクールと、どう違うか?と思います。

ちなみに、戸塚宏校長は監禁・傷害致死の容疑で逮捕され、6年の実刑を受けていたと思います。
ビール瓶で頭を殴る行為が、『かわいがり』。そんな稽古がありますか?
守らなきゃいかん国技の伝統は、そんなとこにあるわけじゃないだろう、と憤ります。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年09月27日

双津龍vs朝汐

news《力士死亡 時津風親方ら立件へ》

これに比べたら、高砂親方のほうが、近代的で人間的でまともな指導者だと思うのだけれども、相撲協会では、逆の評価らしいですね。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年09月11日

高松英朗さんを偲ぶ

私、こうみえても柔道二段。

JUDOの国際組織の理事選挙で、あの無敵の国民栄誉賞・山下恭裕さんが敗れて、とうとう日本人の理事がいなくなったそうです。

柔道がJUDOっていう国際競技になって、世界に広まった(=別にオリンピック種目になってなくても世界には広がっていたんだけど)のはよしとして、フレンチブルーの柔道着とレスリングまがいの採点方式、なにより体重別競技にしてしまったという『柔の道』からの逸脱は悲しいモンです。

別モンだと思えばよいのでしょうけど、だれか気骨アル日本人柔道家が、競技とは別に鉄の下駄を履いて『柔の道』を究めてくれないかしら。

弟子入りするなら、天国で高松英朗さん農作業をしながら待ってます。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年08月30日

渦中の人、高砂親方

渦中の人、結局一番情けない役割になって株を下げた「高砂親方」のお話。

高砂親方といっても、先代の胸毛の王者・高見山の師匠のほうではなくて、前の若松親方です。つまり、二代目朝潮です。簡単にいうと、「大ちゃん」です。 大関になったときは、朝汐でしたけど、途中で先代師匠と同じ「朝潮」に改名してました。それまでは、本名の「長岡」でしたね。
いしいひさいち先生の漫画にもよく登場していて、「赤潮」と揶揄されていたこともありましたけど、当時としては異色の、インタビューにも普通のスポーツ選手のように答える、人気力士でした。

結局、大関にまではなりましたが、期待以上にパッとしないまま引退しました。

現役時代は、北の湖・輪島の両横綱全盛時代で、なぜか輪島には弱く、北の湖には強かったのです。
これは、北の湖vs朝潮戦の仕切りの際、両者が顔を近づけて見合ったときに、朝潮が「中卒・・・」と言って挑発、これに北の湖が動揺したからといわれています。(ウソです) ちなみにその手は、輪島(日大)には通用しなかったので、勝てなかったそうです。(ウソです)

その遺恨からか、北の湖理事長の高砂親方にたいする態度は、厳しくなってますね。関係ないか・・。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年08月22日

タブー抵触の罪

++++「判定に不満」広陵・中井監督が謝罪 ++++
これ、先の甲子園の決勝で、判定に不満なコメントした事について、監督が高野連に謝罪した、というニュースです。

率直に言って、どう見てもミスジャッジだったんですけどね。。。

タブーに触っちゃったことを咎めるようになったら、どんな組織もだいたいオシマイです。 「聖域」とか「タブー」扱いされるもの、そのものに問題があるのではないかと思います。

これも、ミスジャッジの撲滅と審判の質の向上は問題にならないのかと思います。

ほとんどボランティアだからといって、審判の質が落ちることが許されるのであれば、出演料もギャラもなく、放映権もタダ同然で、これだけNHKと朝日の番組作りに協力している学生に、「率直な意見」をコメントするくらい許してやんなさいよ、と思います。

高校野球。丸坊主に整列行進、サイレン、絶対服従。。。そうでなくても、軍隊っぽいのに、これで「言論統制」まであったら本当に戦時中の名残ですわ。


ちなみに、大義名分はいまでも「健全な学校教育の一環」として存在する大会です。



ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年03月23日

TOYOTA杯の開催国枠

もう、『トヨタカップ』って呼ばれないんですけど、サッカーのクラブチーム世界戦で、ちょっとニュース。

どうやら、開催国枠ってのが認められて、恥ずかしながらニッポンの(たぶん)Jリーグのチームが、大会に無条件出場できることになったようです。

で、ワタシ、これは素直に喜べません。
てか、反対。
そういう盛り上がりばかりが脳じゃないぞ。

世界が注目する、『場所提供』でよいと思うのですよ。
英国なんてね、テニスのウィンブルドンにしても、ゴルフの全英オープンにしても、なにも英国人が活躍してるワケじゃないけど、キッチリ世界的な権威を保ってるじゃないですか。

あれでいいと思います。

ヨーロッパと南米のチームが偏りなく戦える、『公平な場』を提供してきたことにプライドを持って欲しいです。
それより、芝生の手入れをしっかりしておきましょうよ。

ニッポンのチームが出ると、『ホームチーム』が存在してしまうでしょ。
もちろん、現行ルールでもアジア枠が出来たので、ニッポンのチームが勝ち上がって、出場する可能性はあるのですけどね・・・。
地元ニッポンのチームが出場しなくたって、充分に国内も盛り上がってたしね、それもトヨタカップ20年の歴史。


それにしても、ニッサンスタジアムで行われる、大会に三菱モータースの浦和レッズが出場して・・・トヨタは踏んだり蹴ったりだねぇ。。。20年も支えてきたのに・・・。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年12月24日

深い衝撃

63ae7865.jpg世間様はクリスマスだそうです。
ぼくは、とにかく、やっと寝ることが出来る・・・一日でした。

で、寝ました。
真剣に寝ました。(いつも寝るときゃ真剣だけど・・・)

すると、夢を見ました。
ディープインパクト三着!
これは予知夢に違いないと思いまして、飛び起きるやいなや、as soon as 、競馬好きの知人にメールしまくりました。



で、・・・・恥をかきました。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年12月21日

ドジでのろまな・・・カメダ

亀田興穀選手が勝ちましたね。

で、お待ちかねの勝者インタビュー。

やっぱりビッグマウスで、横柄にやっているようでしたけど、なんかこう、やや柔らかいオーラになっていましたね。
不必要な挑発や、蔑みもなかったですしね。
まあパパに対するコメントで泣いたくらいですし・・・。

同じ判定勝ちでも、前回とは大違いですね。

で、思ったのですけど、内容が誰の目にも分かるくらいスバラシかったから、もう実力を(過剰に?)PRする必要がなくなったのではないかと思います。
リップサービスやパフォーマンスで補わなくてもよくなったので、力が抜けたんでしょうね。

いい感じでした。

逆に言えば、虚勢を張って威嚇したりするのは、実力に自分でも不安があるから、といことではないかと思います。


ま、弱い犬ほどよく吼えるってこっちゃね。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年10月18日

渡辺質店

《質》小久保

 お金に窮したダイエーが、金銭トレードに出して

 お金持ちになったソフトバンクが、高値で買い戻し

これじゃ、小久保は『質草』

すると巨人は質屋。

この質屋、最近ほとんど質流れ。見立てがまずい。
電池の切れたロレックスばかり受取って、そのまんま廃棄処分って感じで・・・。

ところが、小久保は「無償譲渡」だったそうで、じゃ、『年季奉公』かな?
否、それを高値で買い戻すわけですから、ほとんど女郎屋さんの世界かもかも。



ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年09月01日

五輪の不公平競争

いよい2008年には、『大阪オリンピック』 が北京で開催されるわけですが、

日本、欲張って2016も東京か福岡が立候補しようと、昨日国内選考の結果がでましたね。

そんなに、アジアばかりで開催するとは思えないのですけど、とりあえず東京に軍配。

石原都知事が喜んで、山崎福岡市長がガックリ・・・。

あれっ?

なんで、「都」 と 「市」 が 競争しているのだろう。

これはずるくない?


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年08月30日

王貞治さんのためにも・・・

52addecd.jpg僕らのヒーロー・王さん(ちなみにアンチGでさえ・・・)は、現在、胃がんとの闘病中です。全摘出の大手術、大変なリハビリ中と思います。ご回復を祈っています。

ところが。。。。。

春に、WBCで優勝して

夏は、母校・早実が全国制覇、

これで秋に、ソフトバンクが優勝
でもしたら、


流れからいっても、
テレビ的にも、

なんか王さん『死ななきゃ格好がつかない』
じゃないですか・・・。

よって、

ソフトバンク・・・負けろ

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年08月13日

進化論

f9039909.jpgダーウィン「が」進化した。



ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年08月12日

野球のエグいところは・・・


(時事通信社 - 08月10日 21:10)
 阪神の矢野捕手は10日の横浜15回戦(横浜)の5回の守備で、判定に抗議して球審に暴行を働いたとして退場処分となった。
 この回、横浜は1点を奪ってなおも二死二、三塁。打者石井に対し2−3から安藤の低めへの投球が暴投となった。しかし、矢野は石井のバットに投球が触れたファウルと抗議・・・(中略) 矢野が抗議し、ボールを追わなかったため、横浜の走者は2人とも得点。四球の石井も二塁まで進んだ。このプレーをめぐって阪神側が抗議を続け、試合は14分間中断。一塁塁審を務めた渡田責任審判は「4人の審判とも石井のバットにボールが当たったことが確認できなかった」と説明した。 阪神球団は「明らかな誤審」として、11日にも連盟に抗議文を送付することにしている。[時事通信社]



誤審で利益を受ける選手(この場合、名球会にも入っている偉大な石井くん)が、自己申告をしないばかりか、便乗して堂々と二塁へ行っているという、このスポーツマンシップの欠如。

これがサッカーなら、こんな「審判を欺く」行為は退場モン。
これがゴルフなら、いくらでも好スコアになる。


さらに、もし両チームの双方当事者とも、「いまのはファールでした」と、言っても(規定上)覆らない『神聖なる誤審』

ちなみに古代の相撲なら、切腹もんだ

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年07月10日

ジデジーヌ

35337ca9.jpgジダン。

同一大会で2PK2退場 というのは
ガスコインでもやらなかったろうなあ・・・


「決勝戦で引退」という最高の舞台で
「退場して引退」という見事な演出

見事なヘッドバットでした。


相手にケガさせたらどうする?


?示談


ちなみにくどいけど、本人にはケガ無し。
(=毛が無し)

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年06月26日

W杯で損した日本人サッカーファン

なんだかんだといって、日本代表イレブン、楽しませてくれました。でも、そのおかげで多くの日本人は損したかもしれません。てのは

あの、最高に歪んでおもしろかった試合

《クラアチアvsオーストラリア》

を、見れなかったのは惜しいかもしれません。

ラグビー以上の肉弾戦、まるでアイスホッケーみたいでした。


審判がかわいそうで・・。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年06月25日

旧ユーゴのお告げ

b7c87940.jpgどこかの新聞で、ピクシー(誕生日が僕と一日違いの同年=当然魚座)こと、ストイコビッチくんが日本代表にコメントしてました。
ある日本のコメンテーターの『今後の課題は、体格だ。選手の大型化だ』という?なコメントに比べ、妖精ピクちゃんの指摘は、とても的を得ているとおもいました。その内容は。。。

◎ DFが問題。人材不足。MFやFWばかり注目しすぎ。
◎ 日本人は過去を反省しないですぐ忘れる癖がある。
◎ 監督は、性急に探すべきではない。じっくり必要な人材を見極めるべき。

DFの問題は、日本では『中澤は(だけは)よくやった』との見解が多いようですが、失点したケースは中澤のミスが多いと。
二番目の件は、中国・韓国の人に言われたらウンザリですけど、ユーゴの英雄に言われたら素直にそうお思います。
点が取れなかったことより、守りきれなかったことと、強みである優れたMF(=それこそ中田や俊輔)の守備負担が増えて、その分攻撃時に使えなかったと、反省は多いです。
そして監督は・・・。

てなところに飛び込んできたニュース。
千葉の『イビちゃん』ことオシムさんだそうです。

ま、予想通りだし、一応千葉を強くしてくれたので、いいことなのだけれども、そんなに早く決めないでいいのでは  ?

だいたい、南アフリカ大会のときは、オシム先生は69歳。
いっそ、ピクシーを監督に招致してもらいたいものです。すぐ退場しそうですけどね。

クリンスマンくんと、ストイコビッチくんと、僕は同級生です。僕が、一番体格は劣ります。しかし、クリンスマンだけ名古屋で手羽先を食ってません。・・・それがどうした。

ところで、オシム監督も、W杯大会前のコメントで、
『日本に勝って欲しいと思うが、このメンバーで誰が守る?』と、DFの指摘をしてましたね。

ちなみに、そのオシム監督は、中澤よりデカい です。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年06月21日

日生

日本生命という相互会社がありましてね。
相互会社なんで、私らが出したお金をもって相互補助をしている非営利団体なんですよ。
当然、集まったお金は上手に運用して増殖してくれてもよいです。

運営には、当然に経費もかかりましょう。
その中に、『宣伝広告費』もあるのでしょう。いまさらニッセイの知名度と信頼度を上げる必要がどこまであるのか知りませんけど

日本生命・プロ野球セパ交流戦
てーのをやってましたね。

それでもって、地元・ロッテがまた優勝しまして、賞金5000万円を頂戴しました。我々の出資から。

で、その使途ですけど、半分は選手・スタッフに分配。こりゃ分かる。
残り半分は、現在マリスタ横に建設中のロッテ野球ミュージアムの資金にする、とのこと。
えっ、現在建設中でしょ? この賞金がなかったら、どうするつもりだったのだろう?ま、いいや。

これから、マリスタでビールを飲むたびに、ぼくらの出資金で建てた記念館を眺め              よう。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年05月13日

荒川vs村主

トリノ五輪のスケート、スペインの宿で『EUROスポーツ』という有料チャンネルで観てました。
超・仲の悪いらしい『荒川』と『村主』のライバル、村主が断然勝っていたのが英語力。これはカッコよかった。たぶんTOEIC900点。荒川700点(推定)、安藤英検3級・・・(す、推定)。
というか、安藤のインタビューシーンはなかったけど
荒川は、ショートプログラム終了時のインタビューは、カットされてました。
でも、そこは荒川、さすが荒川、ばってん荒川、きっちり金メダルでした。見事見事。

さて、そんなこんなでプロポーションも含めて国際標準になったスケートですけど、あの連盟の恥さらしは何だ! 昭和の体質そのまんま。

さてクイズ、女帝・城田はどれ?
sumitasogasirotahayasi

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年04月30日

W杯日本代表

a5f75472.jpgもういくつ寝ると、どこだドイツだワールドカップ(c)FIFAです。
街中も少しずつ盛り上がってきていますね。たぶん。

今日、代表の応援グッズを販売しているのを見かけました。
新しいユニフォームに選手のネーム入りで・・・えっ_?

でもまだ、代表23人は発表されてないのですよね。
こんなの売り出しちゃっていいのかな?
ま、ヒデの7番とか、俊輔の10番とかは問題ないでしょうけど、前回大会の『10番』とか、フランス大会の『11番』とか、結構予想もしない結果になったりする可能性もしかり。

うーん。折角売られているけど『28番』玉田は特にやばい。
てか、23人までだし、そもそもやばい。巻もがんばれ〜。


ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年04月18日

死球罪の考量

いつも思うのですけど、野球界のルールネタ。

ピッチャーにぶつけられると『死球』(=和製英語)
ワン・ベース与えられます。
その根拠はたぶん、『痛〜い』から。

しかし、かすっただけでもワンベース、出場できなくなるほどの骨折してもワンベース、マニエルみたいに死境をさまよう大事になってもワンベース・・・。

「これ、すっげー痛そうだったら二塁打!」とか、「そのイニングは4アウトまでやれ!」とか、程度によって比例させたら面白いですよね。 判断する審判は大変だけど、審判に「いまの、マジ痛〜!」とアピールする打者の姿はさぞ滑稽。
演技指導者の需要も増えるかも・・・。

さらに、先日のズレータくん(柔銀行)のように、激高して投手に報復行為をけしかける(=既遂)輩もいますが、この場合だと『痛〜い』を相殺しているので、ワンベースは放棄ですよね。
「一塁になんぞ行かんでもええ、お前を殴ってやる!」って。

これをルール化したら、スポーツ競技中の事故として、堂々と罪には問われないかもしれません。
でも、あまり騒がれませんけど、現行の(まともな)ルールでは、ズレータくんのような行為は、レッキとした『犯罪』です。傷害罪です。これ、あれだけたくさんの証人がいるのに、なんで検挙しなんでしょうねえ・・。

ところで、【ズレータ出場停止10試合】も同様。
これ、給料7%カットされて当然なのだけど、たぶん『公傷』みたいな扱いです。
一昨年のストライキでは一般社会並みに、給料はカットしたみたいですけどね、今回のケースなどは「処分は厳しすぎる」なんて球団幹部は漏らしているらしいです。
そんなもん、拘置所か強制帰国させられたことを思えば、温いもんよ。

ted803 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)