2013年03月10日

台湾、敗退。日本は決戦

 台中ラウンドを1位で通過して、旋風を起こした台湾でしたが、最後は矢尽き刀折れ・・・キューバに大敗しました。

 思わず東京ドームに行ってしまいました。台湾がかなり不利だとは思っていましたが、キューバ打線のあまりの強烈さに、言葉を失いました。

 14対0、7回コールドの試合でしたが、台湾の健闘は色あせないと思います。


●キューバ野球

 キューバの野球は独特です。野球的には「鎖国」している状態なので、独特の野球文化を形成しています。私は「どうせキューバなんて金属打ちの弊害でドアスイングでサードゴロばっかだろ」と思っていました。まぁ、あながちはずれでもないんですが。
 
 キューバの投手を見てるとインコースにほとんど投げません。外角の出し入れでひたすら勝負するタイプが多いです。多分、国内のストライクゾーンが外に広いんじゃないでしょうか(米国もそうだが)。当然、インコース打ちはあまりうまくありませんが、インコースにきっちりと放れる投手もそうは居ません。

 台湾が繰り出した投手は、キューバに対して有効な攻め方が無く、3人目に投げた投手以外はほぼ完璧に打たれました。4番セペダ、5番アブレウ、6番デスパイネ、7番トマスが本塁打を打ちました。もう、ちょっと甘くなって、芯を食ったら広角にどこにでも放り込めるという印象です。これは相当怖い打線と言わざるを得ません。かつて、五輪を席巻したキューバ打線。同時は金属バットでしたから、この打線が金属バット持ったらどうなっちゃうんだろうという印象です。

 台湾はキューバを抑えられる投手が残っていませんでした。キューバの監督がオランダに負けても余裕だったのは、恐らく台湾には難なく勝てると踏んでいたのでしょう。台湾は日本戦が全てでした。

 キューバは豪快なイメージがある一方、盗塁やバントを好んでやる傾向にあります。台湾戦でも無死一塁で国内三冠王と呼び声高い5番のアブレウにバントを命じ、この意外な采配が二塁手のベースカバーの遅れを起こさせ、一死二塁が無死二三塁になってしまいました。きっちりとしたアマチュアの野球をやってくるキューバはかなり特異です。14点リードであとワンアウトで試合終了の局面で投手交代するマインドは、プロじゃないでしょう(笑)。

 守備も堅いし、こういったあたりキューバは気が抜けないチームです。ミスを期待してゲームを組み立てることの出来ない、まさに難敵です。

 キューバに勝つには打線を抑えるしかありません。オランダは6対3でキューバに勝ちましたが、先発は左投手でした。カギは左投手と言うことになるでしょう。

 キューバ打線は右打者が多い。3番、4番(両打ち)以外は全て右打者です。右打者に対して左投手は起用しずらいと感じますが、左投手の方がインコースを思い切って突きやすい。私は一番合うのはインコースに制球できて、外角の逃げるボールで勝負できる内海だと思う。球はしょぼいが2年連続セリーグ最多勝投手である。それなりの理由があると思う。今回、登板が少ないのは、ここ一番の先発用として取ってあるんだと思う。正直、大隣よりいいと思うのだが。

 私はオランダに勝とうが負けようが、もう一度キューバと東京でぶつかると思う。ひょっとしたら決勝まで行ってもう一度対戦するんじゃないかと思う。

 オランダの投手力を考えると、キューバに二度勝つことは難しいのではないか。となると、日本としては今日のオランダ戦は絶対に勝って、楽な局面でキューバと対戦したい。キューバには最後に勝てばいいのだから。

●台湾

 正直気の毒でしたね。日本戦は奇跡のような戦いでした。オランダ戦で勝てたことも奇跡のような話でした。レベルはまだまだ日本、韓国よりは遅れていると思いましたが、昨日も書きましたがレベルは確実に向上していると思いました。

 国内リーグの人気が出ればもっと強くなるでしょうし、米国に行ってしまった選手が帰ってこようと思えるくらいのレベル(年俸含めて)になれば、さらに盛り上がるでしょう。

 日本との人材交流も本気で考えたいところです。

 私はNPBの「外国人枠」というものを少し緩和すべき時期なんじゃないかと思います。

 そもそも米国のほうがレベルが高いという前提である制度なんでしょうが、NPBのレベルは世界でもMLBに次ぐレベルにあると言ってもいいでしょう。

 試案としては(1)MLB出場経験のあるプレーヤーのみ外国人枠を設ける(2)アジア人選手は外国人選手とは見なさない−−などが考えられます。

 NPBの価値を高めるために、日本で挑戦しようという外国の若者をもっと受け入れる仕組みにすべきだと思います。それがリーグのレベルも向上するし。TPPではないですが、そろそろオープン化に取り組むべきだと思います。台湾には日本でプレーすればもっとレベルが上がるんじゃないかと思われるプレーヤーが多く居ました。韓国や台湾のリーグ空洞化につながるという指摘もあるでしょうが、MLBに人材を持っていかれないような工夫を日韓台が協力して考えてもいいのではないかと感じました。

 スタンドの台湾の人は熱狂的で、女の子かわいいし、見ていて面白かったです。敗色濃厚の中での大声援は非常に印象に残りました。台湾のような小さな国で、国際社会でも微妙な立場にある国にとって、スポーツで一つになれるって貴重な機会なんだと思います。その意味でもWBCって貴重な国際大会だなと思いました。

 八百長にゆれた台湾球界(ベンチの中で平然の八百長の相談をしていたらしい。どこぞの国技じゃないんだから・・・)ですが、近年は浄化が進んでいるそうです。何度も八百長でチームが消えたり、主力選手が追放されてきた台湾ですが、雰囲気はいいですよねぇ。一度見に行ってみたいものです。

 昨日、スタンドに阪神の林威助のユニホームを着ていた人が居ました。林は代表には選ばれませんでしたが、まぁ、必要ないだろうなあという感じはしました。リンもミンチェも母国に日本で身につけたことを還元する時期が来ているように感じます。

●オランダ戦へ

 今日はいよいよ決戦です。オランダは強敵ですが、勝機は十二分にあります。

 ニッカンスポーツに予想オーダーが出ています。

1 三 鳥谷
2 二 井端
3 右 内川
4 捕 阿部
5 中 糸井
6 遊 坂本
7 左 中田
8 一 稲葉
9 指 角中

うーん。。。

 鳥谷の一番は消極的支持です。安打は出ていませんが、出塁率は高いし、ラッキーボーイですから。あの盗塁はノーサインだったそうですね。ネクラな顔して恐ろしいことを考える選手です。

 あとは、坂本、中田、稲葉の並びは逆にしたほうがいいように思いますが。稲葉は当たりが出てきただけに。まぁ、でもこれが考えられるベストオーダーかもなぁ。僕は糸井の一番を押したいけど。

 大体、どこのプールを見ても打線がいいところが勝っている印象です。球数制限あるから、どこの国も層の厚い投手陣を持っていないんですね。終盤にいい投手がいなくなって、つるべ打ちにある。その点、日本は珍しく投手力と競り合いに勝ってここまできている。ただ、そろそろ打線が爆発してもいい頃だと思うんですよ。
 
 私のこだわりはやっぱり阿部の一発です。首相の安倍はなんとなく調子いいので、主将の阿部もそれにあやかって、アベノミクスで打線爆発してもらいたいです(なんのこっちゃ)。

 一方、日本投手陣に対戦するオランダ打線は・・・

1 遊 シモンズ(ブレーブス)
2 二 スコープ(オリオールズ傘下)
3 中 バーナディナ(ナショナルズ)
4 右 バレンティン(スワローズ)
5 指 ジョーンズ(イーグルス)
6 三 ボーハルツ(レッドソックス2A)
7 一 スミス(前マーリンズ2A)
8 左 サムス(マリナーズ2A)
9 捕 リカルド(前ジャイアンツ1A)
投手 コルデマンス(アムステルダム)

 見て分かるとおり、上位打線は一流、下位打線はMLBには届かないくらす。ただ、打線はおおむね当たっています。一番のシモンズは要注意人物。4番、5番は説明不要でしょう。下位打線は7番打者が当たっています。

 キューバに勝ったように力はありますが、投手力は日本よりも劣ると思います。今日も二番手投手が投げる予定でしたが、故障で38歳のオランダリーグでプレーしている投手が出てきます。このくらいのレベルの投手は打たないとダメでしょう。日本はいままで必ず先制されて苦しい試合をしてきましたが、今日は序盤からリードを奪って、お祭り騒ぎの試合をしてもらいたい。いや、してくれるでしょう。

 短期決戦らしく戦うたびに強くなっていったのが、過去の日本のパターンです。

 先発のマエケンは仕上がりが不安視されましたが、投げるたびに良くなっている印象はあります。中国戦で気になったのは、打順が一回りしてから、変化球が抜けてくること。甘い変化球はあっという間にスタンドインですから、球数制限に関係なく投手をどんどんつぎ込んで欲しいと思います。今日投げるのは杉内か涌井か?誰が投げてもそこそこ抑える質の高さが日本の特徴なんで、あまりマエケンにこだわらずにやってもらいたいです。能見もそうでしたが、この舞台は予想以上に消耗するんだと思います。

 アジアで残ったのは日本だけとなりました。アジアの底力を見せましょう!

 まぁ、最後は井端が何とかしてくれるでしょう!


 

ted9aoki23 at 08:10│Comments(2)TrackBack(0) 2013WBC 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by やま   2013年03月10日 11:41
とりたに確かに出塁率高いからね でも私はネアカな松田押しです


678の打順入れ替えは純正野球さんと同意


指名打者がなあ やっぱりおかわり君のけがが痛い 美しいホームランが見たかったです

糸井は五番がベストな気がします ハムで一番打ってたときは調子悪かったので
2. Posted by 純正野球ファン   2013年03月10日 13:24
やま
あなた待ちきれない様子ねw
糸井は貴重な長いの打てる打者だからやっぱり5番なのかねぇ。どう考えても讀賣勢が打線を切ってると思うから坂本は下位打線に置いて欲しいんだけど、実は坂本も台湾戦でタイムリー打ってたんだね。井端のイメージが強過ぎたわ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔