2013年08月26日

ありがとう宮本慎也

昨日の話になりますが、ヤクルトの宮本慎也が引退を決めました。
ちょっと長い話になりますが、お付き合い下さい。

好きな野球選手はたくさん居ますが、私の「人生を変えた」選手は宮本慎也しかおりません。

2000年、私は関西のとある人気弱小球団のファンでした。ある日、その弱小球団とスワローズの試合を見に神宮球場に出掛けました。まだ学生の時です。

試合開始前、スワローズの選手がサインボールをスタンドに投げ入れていました。私は周りが総立ちでボールを取ろうと、手を伸ばしていた時、私は鶏そぼろ弁当をパクパク食べていました。その私の元に突然、背番号6のサインボールが飛び込んできました。

そして、プレーボールがかかり、初回。ツーアウト二塁で、バッターボックスには後に海を渡り、やがて北海道で現役生活を全うする花形プレーヤーがいました。新庄剛志が放った痛烈なゴロは投手の足元を抜け、センターに達しようとしていました。

そのゴロを腕を伸ばして捉え、左足を軸に右回りに一回転した遊撃手は強い送球を一塁に放り、アウトにしたのです。その瞬間、私はガッツポーズをしていました。

一連の動きがあまりにも美しかったからです。そして、その時、私はスワローズファンになったのです。

何と言うか、これは私の人生において大きな出来事だったようにおもうのです。もし、あの時サインボールが飛び込んでこなかったら、あの時ショートゴロを見ていなかったら。多分、うまく説明できませんが、今の私は無いと思っています。

偶然ですが、宮本慎也は私と同じ11月5日生まれです。そんなことも宮本慎也を応援しようと思った一因です。宮本慎也はその年、プロ入り後初のシーズン3割をマーク。単なる守備の人から、名選手への道を開いた年だったと思います。

翌年、スワローズは日本一になりました。私も突如、就職への道が開けて今に至ります。以来、私のスワローズファン人生は宮本慎也と共にありました。

最後にもう一度優勝出来なかった事は残念でしたが、誇らしい野球人生だったと思います。古田、真中、岩村、高津、青木、石川、佐藤真一、、、スワローズの選手はみんな大好きですが、やっぱり宮本慎也が一番でした。

最後は遊撃手として引退してほしい。ショートでスタメンとしてフル出場して引退してほしい。で、センターに抜けそうな当たりを一回転して一塁に送球してほしい。送球の安定しているところが、宮本慎也らしさだと思うからです。

ありがとうございました、本当にお疲れ様でした。宮本慎也さん。

ted9aoki23 at 05:17│Comments(0)TrackBack(0) プロ野球 | スワローズ

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔