2016年09月26日

酒造りが始まりました

今日、能登から山本杜氏さん、出村君が出て来られました。また今年に新人室君も各部署での研修が終了。蔵に正式に配属となりました。
箱麹機
第1麹室
箱麹機もステンレスの網や枠も付き完成です。
麹室完成
第1麹室も引込み台の枠もきれいに設置されました。
山本杜氏が米洗い
山本杜氏は明朝からの米洗い開始です。 フジワラの自動浸漬洗米装置のソフトも入れ替えられリニューアルしました。
出村君と室君が放冷機の洗浄
甑の試運転
出村君と室君は甑(こしき)と放冷機の洗浄整備です。 
いよいよ明日から仕込みが始まります。 

tedorigawa03k at 16:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)蔵内行事 

2016年09月25日

麹室改修がようやく終わりました

9月26日より酒造りが始まります。宗政商事さんや山田君が日曜日なのに出てきて朝から最終工事です。夕方にようやく完成です。ホッとしました(^^)/

麹室入口です。
麹室入口
どうぞお入りください。
麹室です。中へどうぞ
前室です。
前室
第1麹室と第2麹室に分かれています。
2部屋に分かれる
第1麹室です。昨年までは第2麹室でした。
第1麹室
第2麹室でした。昨年までの第1麹室です。
第2麹室

 

tedorigawa03k at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)蔵内行事 

2016年09月23日

全館LEDになりました

狭い場所でも上に揚がれる優れものです
大竹電機さんが1週間かけて製造工場、製品工場、事務所などすべての照明をLED(パナソニック製)に替えていきます。
クレーンで上がって取り替えです
狭い場所でも作業可能なリフトを使って巧みに換えていきます。
取り換えを待つLED
驚くほど明るくなります。
取り替えられたCCFL
これまでCCFLでも明るいと思いましたが、まったく違います。

私:皆さんの希望がかなって、ようやく明るくなりましたね。
工場女子A:有難うございます。お陰様で製品の検品がスムーズにできます。 
工場女子B:でも床のゴミもとても目立ちます
私:益々、工場内が清潔になって良かったですね。
工場女子C:でも私たちもはっきり視られます。でも私たちスッピンなんです。
私:もとが綺麗やから、心配しなくても良いですよ。
工場女子A:でも社長さんとか、お年寄りは顔のしわが目立つかも。
私:今夜から寝る前にパックします(*_*; 

tedorigawa03k at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)蔵内行事 

2016年09月22日

幸せを呼ぶ「ふくろう」がやって来ました

幸せを呼ぶふくろう
海外出張から久しぶりに帰ってきた翌朝、ふと中庭を見てびっくり仰天しました。いっぺんで時差ボケも治りました。大きな置物が突然現れたのでした。
風情を感じますね
家内に聞いて納得。専務泰之が交流関係がある九谷焼の作家、上出長右衛門さんから購入したそうです。幸せを呼ぶふくろうとのことでした。(ことぶくろう 寿を呼ぶふくろう)
自動照明です
最近、防犯用につけた自動照明に映えて、とても風情があります。 
美的センスのない私に似ず、専務は家内に似たみたいですね。親バカです(*_*; 

tedorigawa03k at 17:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)訪問されたお客さん 

2016年09月08日

本流純米大吟醸が上位に評価されました

新聞切り抜き 
今朝の新聞を見てびっくりです。世界的なワイン情報誌「ワイン・アドヴォケート」が初めて実施した日本酒評価で当社の本流純米大吟醸が92ポイント獲得した事が掲載されていました。評価はアメリカの有名なワイン評論家のロバート・パーカー氏です。・・・・・・と書いてありました。
無知な私は早速インターネットで調べてみました。
まず「 ワイン・アドヴォケート」が他のワイン雑誌と違うのは一切広告を掲載せず消費者の視点からワインを評価するかららしいです。まるで現在上映中のNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」みたいですね(^^♪
またこの雑誌を主管するロバート・パーカー氏は「パーカー・ポイント」と呼ばれる独自の採点方法でワインの価格に囚われずあくまでも味わい本位の評価で人々の支持を集めているとのことでした。
それが今回初めて日本酒の純米吟醸・純米大吟醸800点を購入し審査されたみたいです。その中で90点以上が78銘柄あったそうです。
その中の1点として弊社の本流純米大吟醸酒が選ばれたとのことです。 とても嬉しく思います。
純米大吟醸 本流 手取川_720+箱
 

tedorigawa03k at 17:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月26日

酒造りの準備が進む

来期は9月22日に蔵入りです。それに間に合わせようと酒蔵の洗浄や整備が社員達によって着々と進められています。
プレートヒーター分解掃除中の渡邊さん
機械の整備が得意な渡邊さんはプレート・ヒーター、エアコン、プラズマイオン発生装置、オゾン発生装置と順に分解掃除をしてくれています。
タンク洗浄中の川村さん
工具取り付け台作成中の大倉さん
工具掛け完成
アイデア・マン(いやアイデア・ウーマン)の川村さんと大倉さんは工具整理台を作成しました。
山田君が麹箱用木材の洗浄
麹室の洗浄
麹担当の山田さんは寺田工務店さんと共同開発の麹箱を製作中です。
泰之専務と小西谷製造副部長は来期の製造計画を作成中です。修業開始時間を午前5時から午前7時に切り替える そうです。
 奥蔵の洗浄乾燥
槽場(ふなば)の洗浄乾燥
槽場(ふなば)を徹底的に洗浄
槽場(ふなば)窓もドアーも断熱
蔵の中もとっても綺麗になりました。殺菌乾燥も徹底的に行われています。漸くこれで能登杜氏の酒造りから吉田酒造店の酒造りへと変換が着実に進行していることが実感できるようになりました。

tedorigawa03k at 15:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)蔵内行事 

2016年08月24日

吉田酒造店が綺麗になりました

南側から見た製造工場とくに新蔵アップ
北側から見た貯蔵庫
7月より続いていました製造工場、製品倉庫の外装工事が終了致しました。
南側から見た製造工場
足場が外され全貌がくっきり出現しました。
東側から見た製造工場
製造工場壁面には10年保証の特殊塗装が10年ぶりに実施されました。
東側から見た奥蔵
西側から見た製造工場
屋根は銀色に塗り替えられ、窓はサッシに代わりました。雨樋も交換です。
製造工場西面 貯蔵庫
さらに製品倉庫アップ

屋外小型冷蔵庫4台も銀色に塗り替えました。
北側から見た全蔵
製品倉庫は壁面トタンが30年ぶりにやり替えられました。
北側から見た屋外冷蔵庫と製品倉庫
北側から見た製品倉庫アップ
小型プレハブ冷蔵庫も新調しました。 
南側から見た製品倉庫
漸くこれで蔵の全景が白色、黒色、銀色で統一です。
西側から見た製品倉庫と屋外冷蔵庫
東側から見た事務所
正面玄関横
黄金色の契約栽培田を背景に美しいです。ナルシスト吉田です(^^♪

tedorigawa03k at 03:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)蔵内行事 

2016年08月22日

精米が始まりました

精米開始した小西谷製造副部長
今年の精米が始まりました。JA松任から当社の契約栽培米がフレコンで届きます。
JA松任より五百万石が納入
今年の新米の入荷はまだです。JA松任の低温倉庫で保管されていた昨年の五百万石の精米からです。いよいよ来期酒造り始動です。

tedorigawa03k at 15:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)蔵内行事 

2016年08月13日

今日は墓参り

旧斎場跡お地蔵様
朝6時から町内の追悼慰霊際に参加しました。
浄土寺様と正念寺様による読経
元斎場跡のお地蔵様
浄土寺境内にある慰霊碑
そして日清日露大東亜戦争で亡くなった方を祭った慰霊碑にお参り致します。
町民皆生花を1束持参
浄土寺、正念寺住職が読経を務める中、町民が順番にお焼香します。
今日まで会社も営業しています。 明日から3日間お盆休みです。親戚や知人のお墓を順次家内と日中お参りする予定です。夜は自宅のお墓を家族でお参りします。

tedorigawa03k at 09:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)季節の風物詩 

2016年08月12日

お隣さん「吉村さんち」の梨の出荷が始まりました

右上に一人隠れていますよ













うちのお隣は吉村農産さんです。昨日紹介した五百万石の契約栽培もお願いしている4つの農業法人の1社です。お米もおいしいですが、梨もピカイチです。
袋詰めです
有機肥料で育てた梨はとってもジューシーでそしてスイートです。
息子さんたちも箱作りです
現在は新水です。
今年の価格です
収穫時期は7月31日から8月24日頃までです。
品種の特徴は糖度も高く甘みも強く感じ、濃厚な味で新水特有の旨さがあるとパンフレットに書いてあります。
ちなみに
幸水(8月13日から9月12日頃) 
     糖度も高く多汁で、甘味滴る味
豊水(9月3日から9月31日頃)  
      糖度も高くて、口当たりも良く、ジューシーでおいしさは格別
あきづき(9月8日から10月2日頃)
 緻密で果汁が多く、糖度は高く甘みを強く感じ、品質は極上で食味は極めて優良
新興(11月1日から12月末日)
 大きく水分たっぷりで、糖度も高く、お正月でも食べられる梨。予約販売品 

来年のお正月まで引き続いて梨が楽しめる時代になったのですね(^^♪
製品貯蔵用保冷倉庫です
年々設備も良くなりました。空調も完備され品質管理も抜群です。
口コミでおいしさが知れ渡っているみたいですね。
梨の箱詰め作業
連日、全国各地にクロネコとゆうパックで梨が一杯配送されています。 お客様も自家用車で一杯お越しになります。この時期はうちに来られるお客様よりずっとずっと多いです(;^_^A
看板お姉さんです
やはり梨の美味しさだけでなく看板お母さんがおられるからでしょうか (^^)/

有限会社吉村農産
石川県白山市安吉町35
TEL 076-275-0483
FAX 076-275-0490 

tedorigawa03k at 14:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)季節の風物詩 

2016年08月11日

山の日に旗を立てる

酒米振興会役員
今年も「山島の郷酒米振興会」さんが栽培してくれた酒米五百万石の刈り取りの時期が近付いてきました。
5600俵の収穫を見込んでいます。全山島の圃場の約5分の1です。
23日から刈り取り予定

旗を組み立てる
朝8時に螢筌泪献泙料匕冒阿某橋讐駝魄の皆さんが集合しました。
昨年使用した旗確認
まずは昨年使用した旗の確認、整備です。
次第に組み立てのプロに
その後、不足分は新規の旗を組み立てます。
まずは杭打ちから
まずは杭打ちからです。
一杯立てると壮観です
取り付け開始
合計200本の旗を契約栽培田の圃場に立てました。
会社の近くにも
当社前の圃場にも立てました。
カントリーのそば
今月23日より刈り取りを開始する予定です。
右前方の黄色い箇所が五百万石
右前方の黄色い部分が五百万石です。隣のコシヒカリの田圃に比べれば稲穂も黄色く色付いています。200本も立てると壮観です。

tedorigawa03k at 16:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)季節の風物詩 

2016年08月08日

北陸三県酒造家一覧を頂きました

北陸三県酒造家一覧
「北陸三県酒造家一覧」という珍しい資料を入手しました。大正11年度の北陸3県(石川、富山、福井)に存在する酒蔵の製造見込み石数を相撲番付表形式で表したものなのです
北陸3県の酒造大会に記念品として作られたものなのでしょうか?大正11年は西暦では1922年です。今から約100年前です。翌大正12年には関東大震災が勃発します。そして昭和の大恐慌、第2次世界大戦へと暗い時代に突き進むわけです。ざっと数えて500軒、酒蔵が存在しています。現在の約5倍です。
うちも東の前頭30枚目位で549石も販売しています。 私の村(山島村)にも8軒造り酒屋が掲載されています。既にうちの母屋や総本家はやめているみたいで掲載されていません。何とこれから20年後昭和17年には企業整備でうちも酒屋をやめて軍需工場になるのです。いろんなことが汲み取れる資料でした。

tedorigawa03k at 13:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)本紹介 

2016年08月06日

簾(すだれ)葭簀(よしず)を取り付けました。

自宅2階
2階全面カバーしました。
先月末で梅雨が明けました。ようやく夏がやって来ました。
事務所前
瓦が熱くなる前にすだれやよしずを取り付けました。
お店前
装着前に比べて冷房の効きが良くなりました(^^♪

家内:久しぶりに良い仕事したね(^-^)
:普段はただのお邪魔虫ですか?私は('Д')
家内:良く判りましたね。大当たりです(^^)/
:(?_?)
 

tedorigawa03k at 19:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)季節の風物詩 

2016年07月27日

本誓寺の「虫干し法要」に参列

長い横断幕垂が掛けられます
私は、昨秋に白山市にある古刹「本誓寺」の責任総代に就任致しました。恥ずかしながらこれまでも、総代に名前を連ねていました。しかし仕事に託けて、まったく参加していませんでした。ところが、昨春に親鸞聖人750回御遠忌が無事に終了したのを契機に、長年にわたってお世話頂いていた小堀酒造店小堀前会長から引き継がさせて頂くことになったのです(*_*;
法話
そして7月25日から3日間にわたっての「虫干し法要」が行われました。もちろんに初参加です。3日間にわたって敬虔な宗教生活を送らせて頂きました。
期間中門徒の方が随時お参りに来られます。そして寄進所にお布施を納められます。
寄進を記帳係
記帳所
作業的にはまず初日25日に 朝10時から宝物を蔵から出します。そして指図書に基づいて、世話人の皆様が寺中の広間に飾付します。昨年入れた樟脳の匂いに何とも言えないノスタルジーを感じます。
そして12時から皆でお食事です。縦1列が自分の食べる分です。とってもおいしいです。皆、門徒の奥さん方が交代でこの期間中朝昼晩の食事準備をされます。
お食事 縦に自分の分が並んでいます
給仕係の女性陣
お昼からはいろんな講師の方を全国各地から招聘してのお説教です。 心が洗われます。
法話
住職のお話では以前は1週間続いたとのことです。昨年までは4日間でした。今年から3日間に短縮されたそうです。 それでも大変です(#^^#)
宝物の掛け軸
夜も当番の方が 交代で警備をします。幽霊の掛け軸などもあってとても不気味です。
宝物5
宝物3
宝物2
夜は皆で広い境内で布団を敷いて休みます。なぜかとっても涼しいのです(^^♪
最終日の27日は午後3時から片付けです。世話人の方が説教が行われている 境内以外の個所はすでに片付けられいました。それで午後4時には片付け終了です。ベテランの方が大半なので作業はスムースなのです(^_-)-☆
世話人による反省会
午後4時から約1時間反省会が開かれます。500年以上にわたってこの法要が繰り返されてきたと考えると感慨ひとしおです。帰りにお土産をいただいて解散です。私も宝物と同じで1年に1度風を通すことで心も体もリフレッシュできました。 

tedorigawa03k at 09:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)季節の風物詩 

2016年07月18日

ちまきを取り換える


正面玄関に取り付ける














京都のマエカワダさんに送って頂いた縁起物の粽(ちまき)を新しい物に取り換えました。
ちまき

粽には「蘇民将来之子孫也」と書いてあります。昔、スサノオ尊が蘇民将来という貧しい農民宅に一夜の宿をお願いしました。そのお礼に頂いた粽を腰にぶら下げていたら、この家族だけが疫病の難を逃れ助かったとの言い伝えがあります。
正面玄関です
その伝説にあやかって粽を玄関先にぶら下げる事となったと聞きました。この1年間の無病息災に感謝し来年も同様に無病息災であることを願い新しい粽に取り換えました。
さてこの1ヶ月の蔵の外壁補修でかなり酒蔵がきれいになりました。
製造蔵西面屋根も塗り替え済
まずは西面の急な屋根も雪止めをつけました。そしてシルバーに塗り替えました。
土蔵塗り替え済
西側は現在、壁面の水洗いが済んだところです。
製造蔵西面土蔵既に塗り替え済
西面に位置する土蔵の壁も塗り替え終了しました。
北面は壁面の水洗いが済みました。水が入って浮いた壁面は補修しました。これから10年保証の塗装開始です。その後、樋を取り付けます。
製造工場北面
北面の塀垣は塗りなおしました。
北面塀垣塗り替え済
東面の木造冷蔵庫は塗り替えました。
東面木造冷蔵庫塗り替え済
東面製造蔵も同じく水洗いが済みました。同じく水が入って浮いた壁面を補修しました。
東面製造蔵水洗い補修済
東側にある屋外冷蔵庫もシルバー一色に塗り替えました。トタンも張り替えました。錆びて朽ちた個所は補修しました。
屋外冷蔵庫塗り替え済

製造蔵南面
南面も同じく水洗いそして浮いた個所の補修終了です。
屋外タンク
南面にある屋外タンクは2本撤去します。10000kl.サーマルタンク3本設置予定です。 
以上、今年は外壁補修が予想以上に大変です。木造と違って鉄筋や鉄骨の建造物はメンテナンス費用が掛かります。辛いですがコマメな補修が肝要なのです。 
蘇民将来の子孫として頑張ります。お客様にも礼を忘れません(^^)/ 

tedorigawa03k at 18:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)季節の風物詩