2017年11月30日

歯科衛生士事務所の仕事紹介(4)

この要望に応えるためにも、これらの技法を伝授できる資格を「口腔ケアマイスター」と称して養成講座や検定試験制度を創設して、東京・大阪・金沢・富山で開催しています。詳細は、URL:www.johcep.or.jp (一般社団法人 全国オーラルヘルスケアエコプロ協会)でご覧いただけます。問合せ等は、メールprkikaku@chive.ocn.ne.jp までお願いします。

併せて、高齢者の団体(老人クラブや社会福祉協議会等)から口腔ケアに関する講演依頼も増え、介護予防の視点で90分爆笑ライブ「おもしろ健口長生きのひみつ!」と題して講演活動も開始しました。自ら、芸名「おんなきよまろ」で登場。
5年間だけの期限付き講演活動で始めました。
介護予防の中でも「口腔ケア」は日常生活に取り入れやすく実行しやすいようにと、漫談形式で講演することで関心を高めるねらいで企画しました。
PPK(ぴんぴんころり)とNNK(ねんねんころり)のお話は得意とするところです。
参加者の方からは、90分収録DVDが欲しいと問い合わせもあるほどです。

日本には人口の数ほど口が存在します。
生まれた赤ちゃんから高齢者まで、もっと詳しく言えば、看取りの数まで口腔だけは最後の瞬間まで使う大切な臓器です。
もっともっと多くの方に口腔ケアの大切さを知って欲しいとピュアグループはこれからも活動の輪を広げて行くことに惜しみなく努力する所存です。
是非、多くの皆様の応援をよろしくお願いします。


teethai at 16:34|Permalink

歯科衛生士事務所の仕事紹介(3)

2006年の介護保険制度改正に伴っていよいよ要介護者にスポットが当たりました。
医療費の削減が国のねらいでしたが、ピュアグループの視点は「介護職員教育」です。
24時間365日3交代で勤務する介護職員さんに「口腔ケア」の技法を伝授するのが費用対効果は大きいと判断したのです。それも、毎食後、一日3回、要介護者さんに口腔ケアするのは無理と考え、週2回だけ口腔ケアを徹底して行うのであれば、施設内導入できるのではないかと考え、且つ、最低限の道具で誰でも簡単に出来る技法をあみ出せば広がりも違うだろうと考えたのです。先ずは道具選びです。
ある程度安価で、安全第一優先。歯間ブラシやフロスは介護職員さんに教えるのは危険な道具と考え、何とか歯ブラシ1本で残っている自歯をキレイにする技法を伝授。
舌のケアは、先ず、食べられる舌づくりをケアの時に同時に行う。特に入れ歯が合わなくなった人が多く、入れ歯を作り替えても実際には食べやすくなる人は、一握り。ほとんどが合わずに「タンス入れ歯」です。
人間は食べたい気持ちがあれば、生きたい気持ちがあれば何としてでも食べられることも発見。舌を左右・前後・上下に動かせると入れ歯が無くても食べられるのです。
舌食べできる簡単なストレッチ法を編み出しました。
また、入れ歯をケアすることは、介護職員さんにはキレイな仕事ではありません。
例えば、施設では60人の要介護者さんの入れ歯を扱うことは珍しくありません。上下の入れ歯があれば、一度に120個の入れ歯の手入れが必要です。想像してみてください。120個の入れ歯を間違えないように手入れする姿。でも、週2回なら出来ますよね。ピュアグループが提案した週2回法は、「舌・入れ歯・自歯」この臓具を職員さんが週2回だけ徹底してケアする技法を、職員全体研修で教えたのです。富山県内で10か所の介護施設で取組みを導入し、数か月〜4年で誤嚥性肺炎入院がゼロ人になりました。その話題が福祉新聞に掲載されたのが、世界にも伝わり、ニュージランドの看護師さんが見学にご来県されたほどです。
誤嚥性肺炎入院が激減すると、インフルエンザやO157・ノロウイルス・疥癬・尿路感染も同時に激減することも判明しました。また、相乗効果で「職員の離職率」も減少していることも大きな成果でした。職員の士気が高まり、自分たちの「やった感」「充実感」が膨らんだとのことです。
無論のことですが、誤嚥性肺炎入院がゼロという事は、胃瘻になった人もいません。
皆、最後まで口から食事をして最期を迎えることを実現している事が、ピュアグループ自慢のお仕事と言えましょう。
次に、職員さんに伝授した口腔ケア技法は、「SEIDA式口腔内臓器のつぼマッサージ法」です。要介護者さんの食事の時にむせたり、のどがゴロゴロ鳴る方への食事前に1分行う技法です。食事介助が楽になり介護職員さんにはとても喜ばれました。
この成果を北陸公衆衛生学会に発表したのが始まりで、今は、全国の介護施設からこれらの技法を導入したいと研修依頼があります。


teethai at 16:32|Permalink

歯科衛生士事務所の仕事紹介(2)

小学生になる「永久歯むし歯予防教室」で授業が企画されます。
これまでどこでも学校授業に使われていた「赤染め」はしません。理由は、赤く染まると、テストの赤点?のイメージ。この染め出し行為を止めて、「きれいな白い歯を目指そう!」
「1回で白く輝く歯にしょう!」この切り口で学校の養護教員さん対象の研修会に臨んだら、依頼が殺到。無論、養護教諭の先生方に実技実習していただきました。
その後、小学校・中学校・高校と毎年定期授業のように依頼あがあります。ピュアグループでは、「体験型学習法」を「笑育」のスタイルで教えています。
口腔ケアの大切な訳を楽しく笑いを通して教え、且つ、歯ブラシを一人一人の口の中に入れてみがきながら、みがき方を体で学習する技法です。
たった数分歯科衛生士がみがいてあげることで、自分で上手に出来るようになるから、これまた不思議な出来事です。気持ちが良く、爽快感を体感し、みがいた後のつるつるが持続する、(「セイダ式ウエルネスブラッシング法」と名付けました。)技法の習得です。
また、中学生や高校生は白くなることで歯に対する意識が、即時高まること間違いありません。
こんな授業を2003年から活動しています。


teethai at 16:29|Permalink

歯科衛生士事務所の仕事紹介(1)

私達、「ピュアグループ歯科衛生士事務所」では、
赤ちゃんから大人(高齢者・要介護者)全ライフステージ対象のお口のケア講演しています。
歯が生える前からむし歯に気使うお母さんが増えています。箸やスプーンの使い回しも禁止している家族さんの話もよく耳にするようになりました。
「清潔」「消毒」を第一優先する余り、親子の触れ合い欠如が心配になるのは私だけではありませんよね。
こんな悩みを解決するのが、「ピュアグループ」の全国組織です。
歯みがき大好きになる育児を提唱。
地域の子育て支援センターや赤ちゃんグループ・団体からの依頼が増えています。2005年2月には、「歯みがき恐怖症を解決」と題して、母性衛生学会にも発表し話題になりました。


teethai at 16:26|Permalink

2017年11月24日

歯科衛生士独立の夢叶う!

歯科衛生士独立の夢を叶えよう!
このことを応援したい企業が現れました。
2年前に現れた大手の商社の応援はお流れにしましたが、今回は実現できそうです。
きっかけは、「誤嚥性肺炎入院ゼロ達成」を10か所の介護施設で同時に達成したこと。
誰もが出来なかったゼロ達成です。
その後、激減している施設が全国に現れてきました。
介護職員さんを一定の教育をするだけでいいのです。
大きな投資をしなくて済むのです。
職種間で業務分担で争うことなくできるのです。
それも簡単な技法でできるのです。

潜在歯科衛生士が全国に15万人いるのです。
この潜在歯科衛生士さんにこの情報が届きますように・・・・。

teethai at 17:16|Permalink

県内の高校の授業です。

毎年11月は、県内の私立高校の「生活衛生」の科目に「口腔ケア」授業が2時間8クラスを担当して、6年目です。2年生全員280名が2時間口腔ケア授業を受けるのです。
17歳の若者を対象に仕事ができることは年間の業務の中では珍しいことです。
高校生ともなると、恥ずかしいと通り越して、自分の歯と口のことになれば真剣です。
白く輝く「ウエルネスブラッシング法」を実習に導入して、関心を高めるのです。
間違いなく、白くなるので2時間授業は短いくらいです。
もっとやりたい気持ちを持てるようにするのも当方のテクニック。
目からうろこの口腔ケア
今日は3日目の授業でした。

teethai at 17:02|Permalink

11月26日(日)KNBテレビ午後4:30からの放送見てください。

11月の上旬に密着取材あった内容が、26日日曜日に放送されます。
KNB放送創立65周年記念番組だそうです。
県内4人の男女の高齢者がどんなことをして社会参加しているかを取材したそうです。
おんなきよまろと精田紀代美の最近の素顔です。
時間が許される方は見てください。
感想も聞かせてください。

teethai at 16:54|Permalink

2017年11月20日

口腔ケアマイスター初級資格取得者380人増え

2016年4月に創設した介護現場の資格「口腔ケアマイスター」を介護職員さんに広げてきました。 お陰様で、1年7ヵ月で380人を超える資格取得者が全国に広がり、悪戦苦闘しながらも「簡単口腔ケア週2回法」の導入に頑張っている便りが届くようになりました。 無論、資格を持っている人が一人で行っても全体で取り組まないと実行は元より、効果も現れません。 一定の道具を揃えることから始まり、家族さんへの導入。職員間の研修。確認。と流れが必要です。 でも、その効果が職員さん自身が体感できることから、士気も高まるようです。 大分県のある特養が8月に取り組みの決意をして、2か月も経過しないうちに熱発激減。誤嚥性肺炎入院激減。 これは今までの最速最短激減です。 しっかり職員さんに定着したようです。 こんな介護現場が増えるといいですね。 11月11日にオープンしたTeeth Ai金沢香林坊店の向かいに「口腔ケア教室」を来春の1月から開催します。 /道匐擬次´⊂学・中学のケア教室 成人・高齢者教室 げ雜邁搬俺擬次´ゲ雜鄂Π教室 毎月それぞれ1回程度開催予定です。 興味ある方は、メール:info@teeth-ai-kanazawa.com まで問い合わせください。 1月〜3月の企画予定表を送ります。

teethai at 17:45|Permalink

2017年11月04日

11月9日木曜日・富山国際会議場で「おんなきよまろ笑ライブ」60分公演します。

5年間の期限付きで始めた爆笑ライブ好評です。
ところが、60分・90分笑わせながらしゃべり続けるため、可なりのエネルギーを使います。
公演依頼は、月2回の限定公演にしています。
県外出張の誤嚥研修も月2回に抑えています。
11日からは「金沢香林坊店」にも関わるので体力勝負になります。
社員も増え、益々しなければならないことが多く、ただ時間だけが過ぎて行くようです。




teethai at 16:10|Permalink

2017年10月18日

11月26日日曜日は富山のKNB放送のテレビに出演予定です

KNB放送開局65周年記念番組に65歳以上の地域で頑張る高齢者の密着取材が放映されるようです。
その一人に選ばれました。
今日と明日の2日間、私の仕事内容を紹介するためにカメラマンさんと制作局のスタッフさん3人がつきっきりです。
お楽しみに・・・・。

teethai at 15:28|Permalink