NPO法人都留環境フォーラム はたけ日記

山梨県都留市にある小さなNPOが、農業をはじめました!

朝晩はまだまだ冷えますが、日中はぽかぽかしていて気持ちいいですね。
都留でも先週あたりからちらほらと梅の花が咲き始め、春の訪れを感じます。


さて、来るゴールデンウィーク初日の5月2日(土)にかとうさんち&馬小屋周辺で
馬・羊・にわとりなどの動物とふれあう「どうぶつと暮らす一日」というイベントを開催します。
親子で楽しめる企画となっていますので、どうぞ予定を空けておいてくださいね。

10635938_10205132720911265_2023181534207056951_n
  今年の1月に生まれたひつじくん。

日頃なかなか触れることの少ない、馬、羊、にわとり 
そんなどうぶつたちと暮らすってどんなかんじだろう? 
エサをあげて、一緒にお散歩して、触れ合って、 
どうぶつのことをたくさん知ろう 
自分の力で火起こしや大工仕事にも挑戦! 
大人も子どもも楽しめる内容がもりだくさん! 

【日時】2015年5月2日(土)10時から16時   
【対象】小学生以下の親子(先着100名程度) 
【プログラム内容】(現地集合・現地解散です) 
9:30 受付開始 
10:00 開会 
10:30 プログラム開始(タイムテーブル等は後日発表) 
    ・乗馬体験 
    ・馬搬材クラフト 
    ・クイズ&スタンプラリー 
    ・馬力で粉挽き&中華まん作り 
    ・プレーパーク 
    ・火おこし体験 
    ・大工体験 
    ・馬車作り 
    ・レザークラフト 
    ・羊からミサンガ作り 
    ・羊とお散歩 
    ・森のカフェ&図書館 などなど 
16:00 振り返り 
16:30 終了予定 

※内容は天候等により変更になる可能性があります。 

【入場料】(プログラムによって別途材料費をいただくことがあります) 
 大人  300円 
 小学生 100円 
 ※中学生以上の方は大人料金です。 
 ※小学生以下のお子様は保護者同伴でお願いします。 

【アクセス】 
・車:高速中央自動車道・都留ICから約5分 
・電車:富士急行線 都留市駅 
 高速バス:中央道都留ICバス停 
  ともに徒歩20分/タクシー5分  
(お車に余裕のある方は、徒歩の方と乗り合わせて来ていただけると助かります) 
お申込みいただいた方に詳しい行き方と地図をお送りします。

お申込みはこちらから→ http://kokucheese.com/event/index/272300/

※この活動はこどもゆめ基金助成活動申請中です。 

IMGP0490
 お馬さんに会いにきてね〜




春まきのタネ品種紹介の第2弾です。
(タネのご注文はこちら→WEB SHOP めぐるや
ご紹介するのは、めぐるやの看板商品とも言える「借金なし大豆」。

え?借金なし?それってホントの品種名??とよく聞かれますが、
正式名称です。昔からの呼び名なのだそう。

借金を「為し終える」=返し終える くらい、
多収なことがその名の由来。
別の地域には「金持ち豆」という大豆もあるらしい。
名前から、昔むかしこの大豆を作っていた人達の様子が浮かんできて、
なんだかおもしろいですね。

P3070724 - コピー (768x1024)
(沢山育てたい方向けに大袋(1㎏入り)も販売中です。)

もともとは埼玉秩父あたりの在来大豆ですが、
ここ都留の気候にも合ったので、ここ数年ずっと、種採りしています。
粒はちょっと小さめな品種ですが、1株に莢がびっしり着くので、たくさんとれます。

おすすめポイント① 強い!
初めて育てた時、病虫害がほとんど出ないことに感動!しました。
大豆は無農薬じゃ育たない、と言う人もいますが、
土地に合う品種は充分育つんだな~と実感したのです。

おすすめポイント② とにかく美味しい
この大豆で作ると、煮豆も煎り豆も味噌も豆腐もなんでも美味しい。
自分で育てれば、採れたて新鮮な枝豆も味わえます。
甘みとコクがしっかりあって絶品です。


●借金なし大豆の育て方!ビギナーさん向けにまとめてみました。

 

大豆って無農薬でちゃんとできるの?
どれくらい播いたらいいの? などなど、
タネを買ってくださる方からよく質問をいただくので、まとめてみました。
(一番下をクリックすると見られます)PT370026

まき時期によって虫の害が少なくなったり、
タネをまいたらキジやハトに食べられたり。

苗をつくればサルが来て…どうしたら食べられないか??知恵くらべのような日々。

収穫期を逃したら病気が増えてしまったり。
 

そんな中でこれが一番うまくいくかな、と分かってきた手順とポイントのまとめです。

 

あくまでもここ山梨県都留市で栽培している経験での話なので、

どの地域でも同じようにすればうまくいく、というわけにいきませんが、

ひとつの参考にしていただけたらと思います。

 

まだまだこれからも試行錯誤はつづくのでしょう…

自然とのやりとり、一緒に楽しんでいきましょう!

 

こちらでご覧になれます
【無農薬で育ててみよう!借金なし大豆の育て方】
 
 


自分で育てた野菜を食べ、その野菜から翌年のタネを採る。
そんな「めぐる」体験を楽しんでほしくて、私たちは無農薬のタネを生産・販売しています。

販売中の春まきの品種を、今日からちょっとずつ詳しくご紹介していきますね。
(販売中の全20品種 一覧はこちら→WebShopめぐるや
一回目の今日は、
『寅夫さんの昔キュウリ』
P7310005

これはとにかく、とびきり美味しい。

ずっと昔から作っている野菜はありませんか?
と農家を訪ね歩く、「在来作物の調査」で山梨県内をまわっていた時に、
たまたま出会った農家のおじさん、寅夫さん。

ずっと昔から食べられてきたキュウリを作っている、
と見せてくれたのがこのキュウリでした。
スーパーでは見かけない、短くてイボイボして白みがかった色の、
珍しいキュウリ。
在来のキュウリらしい、緻密な肉質で、カリッとした歯ざわり、
そしてフルーティーな味わいに驚かされる。こんなキュウリがあったのか!と感動。
漬物にするとまた良い歯ごたえで、、、
ああ、思い出すとまた食べたくなってきます・・・早く夏来ないかな。

この実から種採って育てたらいいよ、と譲っていただいたのがこれです。
RIMG0008
右側のキュウリは食べごろ。完熟すると左側のサイズになって、質感もこんなに変わります。
モウイみたいですね。ちなみに一般的な交配品種のキュウリを完熟させても、黄色くなるだけで
こんなに茶色くひび割れたりしません。ふしぎです。
キュウリにもいろんな種類があるんですね。

ここからタネを採って、(タネの採り方はこちら!キュウリのタネ採り
都留でも育ててみました。1年目は植付が遅れて失敗でしたが、
昨年は良く実ってタネもなんとかとることができました!

このキュウリ、昔は集落のみんな作っていたけれど、今では
寅夫さん一人しか作らなくなってしまったのだそう。
これを食べたらもう、スーパーのキュウリは食べられないよ!と寅夫さん。

ぜひあなたのところでも、このとびきりキュウリを継いでみませんか??
この品種は数量が少ないのでお早めに^^

ご注文はこちら→WEBSHOPめぐるや春まきのタネ2015
P2140708 (640x480)


昔は日本中で飼われていて、生活をともにしていた馬。
わたしたちは馬耕や馬搬といった、はたらく馬の文化を広めたい、と考えていますが、
まずは生活から遠い存在となってしまった馬を身近に感じてもらうきっかけとして
「乗馬体験」をはじめることになりました!

そのためにも、まずはわたしたち自身が馬に乗れるようにならないと、
とやってきたのは山中湖にある「クローバー牧場
IMG_4673

オーナーの志村さんの図らいで、4日間住み込みで(地獄の?)強化合宿をさせていただきました。

クローバー牧場では朝・昼・夕・夜の1日4回エサをあげます。
野生の馬は1日18時間も草を食んでいるそうで、
なるべくその状態に近い環境を作ってやることが馬のストレスを軽減させることにつながる、
というのが志村さんの考えです。
 
朝6時の気温はなんと−13℃。バケツの水をハンマーで砕きます。
3月だというのにこの寒さ。ひゃー
IMG_4668写真 2015-03-11 6 10 12


二度寝をしてから馬房掃除。ボロ出しをして、下に敷いてあるオガ粉もきれいに掃き出します。
はじめて来た時に馬房のあまりのきれいさに驚きましたが、
そのおかげでニオイも全くといっていいほどありません。
クローバー牧場には現在8頭の馬がいて、普段は馬の手入れと馬房掃除だけでお昼になってしまうと言います。
IMG_4576


そして午後からついに乗馬特訓開始!
見よ、この真剣な表情!
写真 2015-03-10 15 00 16

コータローに比べると大きい馬が多いのでドキドキ。

わたしが乗らせてもらったのはマーブル模様のマービー。
体験乗馬のエースだそうです。
写真 2015-03-10 15 25 16
乗ることに一杯一杯で、思うように馬とのコミュニケーションが取れず、四苦八苦。
さてさてこれからどうなることやら。。


ちなみに志村さんはこのように手綱なし、あるいは裸馬でも自由自在に馬を操ります。
見ている分にはなんてことないように見えるのですが、
実際に自分が乗ってみると、いかにこれがすごいことなのかがよくわかります。

 IMG_4662
 
馬のりへの道のりは長く険しい。。

後編へつづく! 

NPO法人都留環境フォーラムのWebショップが、
リニューアルしました!

オンラインショップ「めぐるや」
http://meguruya.teforum.org/


トップページは、こんなかんじ。
めぐるやスクリーンショット













オンラインショップ「めぐるや」では、
春・夏まきのタネ、食品、グッズ、書籍…
都留環境フォーラムの商品が、すべて購入できます!
これまでよりも、ぐっとお買い物がしやすくなりました。

お買いもの以外にも、私たちの商品を使ったレシピや、
タネの採り方なども載っています。

これからも、どんどん情報を載せていきますので、
ぜひ遊びに来てくださいね~!


オンラインショップ「めぐるや」
http://meguruya.teforum.org/

このページのトップヘ