めぐるや日記 〜みんなでつくる循環の暮らし〜

馬と耕し、タネを採り、かまどでご飯を炊く、自然のめぐりに沿った暮らし。
山梨県都留市を拠点に持続可能なまちづくりを目指す、NPO法人都留環境フォーラムの活動記録です。

10月のいつもの暮らしレポートです。

今朝は、都留市の朝日曾於というところでは車が凍るくらい寒かったそうです。
冬が着々と近づいていますね。

事務所がある森は、紅葉しどんどん景色が変わっていきます。
木も枯れ始め、丸馬場からは町の風景、夜景も眺めることができます。

自然の中にいると、言葉の意味を肌で感じます。
「冬支度」という言葉はなぜあるのか。
薪を作ったり、家畜の餌として藁を確保したりと冬に向けて準備をしています。
冬になると、草木は枯れ作物もどんどん減っていきます。
イソップ物語の「アリとキリギリス」の話を思い出し、今やらないと冬に痛い目に遭う。
「冬を越す」のがいかに大変か。自然だけでなく何事も乗り越えるためには、準備が必要なんだと痛感するこの頃です。
冬を越せば春が来る。先を見越して今を生きていけたらいいなと思います。

それでは、10月に行ったサツマイモ掘りの様子をアップします。


~サツマイモ掘り~

10月9日、10日にサツマイモ掘りを行いました。

CIMG0501

一日目はサツマイモのツルを刈るところからスタート。

「ツルがあるところから芋掘りをやったのは始めて」という声が。
準備から一緒に行うのが「いつもの暮らし」の特徴です。

たくさんあったツルも、みんなでやれば早い!あっという間に終わりました。
子どもたちも大活躍です!

14670910_1187378341336984_7574539199746841880_n[1]

刈ったツルは軽トラにのせてコータロ―(馬)、羊たちの餌として皆で運びました。

CIMG0515

サツマイモのツルをムシャムシャ食べるコータロ―。

CIMG0528

(ご夫婦で調理していただきました)


作業が終わった後は、皆で晩御飯作り。
ご飯炊きチームに、おかず、汁物を作るチーム、食材を買うチームに分かれました。
地元のスーパーで食材を買うところも一緒に行います。

その日は、鹿肉、かとうさんちの卵、TEF畑で採れた野菜にスーパーで買ったサンマを使って調理しました。


CIMG0531

鹿肉とナスの炒め物に、オムレツ、焼きサンマと皆さん料理上手!本当にどれも美味しかったです!

CIMG0534

美味しいご飯を囲みながら話も段々盛り上がります。
みんなで他己紹介をしようという提案が!
今日、初めて会った人、夫婦、先輩後輩の紹介する。
「なぜここに来たの?」、「今までどんなことをしてきたの?」
畑仕事、料理を作りながら皆さん交流を深めていることに驚きでした。

他己紹介から恋愛観の話まで。色々な意見、価値観が飛び交い、笑い、本当に良い時間でした!



二日目はいよいよサツマイモ掘り。

CIMG0541

列でチームを組みサツマイモ掘り。どのチームが速く終わるか競争だ!

14642946_1986478254911818_1147911911_n[1]

学生時代の、先輩、後輩でサツマイモ掘り。楽しそうです。

14632812_1187378414670310_6420236093737121460_n[1]

9月に試し掘りしたサツマイモより大きなサツマイモが!

14696762_1986478468245130_418161900_n[1]

カゴいっぱいのサツマイモが採れました!

CIMG0552

14713775_1187378564670295_2308619218374955655_n[1]

採ったサツマイモは、焼きいも、サツマイモうどんにして食べました。
焼きいもの焼き加減が絶妙!ご馳走様でした!

参加者の中には、5月に行ったサツマイモの苗植え、今回のサツマイモ掘りに来てくれた方がいました。
畑を通して再開できたことが嬉しかったです。
また、Facebookの呼びかけでサツマイモ掘りに駆けつけてきてくれた方もいました。

来てくださった皆様、本当にありがとうございました!!

また、恋愛の話から、今までのこと、そして、これからのことを話せてら嬉しいです!
またお会いできることを楽しみにしています!

14729189_1187378451336973_1397211111979858231_n[2]


9月のいつもの暮らしレポートです。

季節はもう秋ですね。
TEFの事務所の周りでは、めぐみの秋!
栗が落ちていたり、タマゴダケが生えていたり、事務所がある森が豊かなことを
改めて思います。

CIMG0387

キノコ狩りに森へ来ていた、おじさんにいただいたタマゴダケ。


薪割りの音も聞こえ始めました。
薪割りの音を聞くと、もうすぐ冬だなと感じます。
東京にいた頃は、「冬支度」という言葉をあまり使ったことがありませんでしたが、
都留はかなり冷え込みます。
毛布を購入、薪作りと今から冬に向けて準備をしています。

9月は、たくさん実ったトマト、ナス、きゅうりの夏野菜の種取りに、
サツマイモの試し掘り、畑も冬に向けて冬野菜の種まきを行いました。



~夏野菜の種取り~

今年は、ナスにトマト、キュウリが食べ放題の年でした。
おいしく食べた後は、次に向けて種取り。
種を残すことで、来年も美味しい野菜が食べられます。

CIMG0386

聖護院というキュウリの種取り。スプーンでツルツルっと種を採るのですが、この瞬間が地味に気持ちいいです^^
シンプルに自家製の味噌をつけて食べる。これが最高!!


CIMG0390

こちらは紫御前というナスの種取り。地味な作業ですが、種取りしながら話すのも良い時間です。


CIMG0392

水に浮かせながら、ポロポロと種を採る。下に良質な種は沈み簡単に採れるのです。
焼きナスに味噌炒め、照り焼きにカレーと大活躍でした。

14359041_1006091196168839_91074627320466676_n[1]

夏の終わりに、全て自分たちが作った野菜を入れてカレーを作りました。
トマトにナス、インゲンにピーマン、ジャガイモ。贅沢過ぎる。ここに来て「野菜不足」という言葉を使わなくなりました。





~サツマイモの試し掘り~

5月にいつもの暮らしに来てくれた大学生たちと植えたベニアズマというサツマイモ。
ちゃんと育っているか皆でサツマイモの試し掘りを行いました。


CIMG0404

一生懸命掘るあまり、穴に入りそうです^^

CIMG0407

  「!!!!!」

CIMG0400

無事にサツマイモが育っていました!

CIMG0415

きれいな紫色です。

サツマイモ掘りは10月9日、10日に行いました。
来ていただいた皆様、本当にありがとうございました!!



~冬野菜の種まき~

夏野菜を終えた後は、冬野菜の種まき。

CIMG0469

草刈りをし、クワで土を平らにしているところです。
耕作放棄地からスタートした畑。鶏糞をまいたおかげで、耕さなくても土がフカフカ。

CIMG0445

芽がでてきたカブ。芽がでると嬉しいものです。
冬は、カブに大根、ほうれん草、水菜が食べられそうです。



いつもの暮らし番外編
~お祭り~

9月の都留では、八朔祭などあちこちでお祭りが行われます。
夏のキャンプでお世話になった細野集落のお祭りにて、焼きそばとフランクフルトの出店をさせていただきました。

CIMG0380

三輪神社入り口。本当に自然が豊かな場所です。

CIMG0382

雨予報でしたが、お祭り当日は天気に恵まれました。
笛に太鼓に踊りと皆さん芸達者です。そして、出店していたのですが「これ食べるか」とお菓子をいただいたり気さくで面白い方たちばかり。

CIMG0378

今年のキャンプの展示もさせていただきました!
皆で木の伐倒にクラフトづくり、ドラム缶風呂を焚いたり、川遊び、細野の森でたくさんの夏の思い出が出来ました。

お祭りの後は、集落の自治会館にて懇親会に参加させていただきました。
初めましてとは思えないほど、皆さんとても気さくで本当に楽しい時間でした!
80何歳のおばあちゃんが作ったインゲンの煮物に、から揚げ、おこわ、自家製の野菜のサラダ、帰りには細野集落の〆のうどんをいただいたりと沢山ご馳走になってしまいました。
どれも本当においしかった。。細野のお母さんたちは本当に料理上手です。
細野集落の皆様、本当にありがとうございました!!

地域の方とつながりを持てたことが嬉しいです。
今日もいつもお世話になっている平栗(事務所がある地域)のおじさんに藁をいただきました。
地域の方にお世話になったり、農作業の手伝いに行ったり。
「いつもの暮らし」では時に、近所のおじさんと一緒に農作業!?という日もあるかもしれません。


都留では朝晩冷え込み、星がきれいに見える季節になりました。
コータロ―(馬)がいる丸馬場から見える星空は絶景です。

皆様、体調にはくれぐれも気を付けてください。

みなさん、こんにちは!

8月のいつもの暮らしレポートです。


今月はキャンプシーズンともあって、なかなか畑には行けない日が続きました。夏野菜がたくさん実っているので、キャンプでは大活躍でした!


私たちが畑に行けずとも、野菜や雑草たちはぐんぐんと成長していきます。


きゅうり・なす・トマト・いんげん・ピーマン。。。 


特にこのところ、なすの成長がすごいです!(美味しさもすごい!)


1番!越後白ナス!

まずは以前の様子。約1か月前です。(オレンジの毛糸は種取り用のしるし)

IMG_0985
 


それがこうなりました・・・!
 

P8314481

P8314480

P8314492


たくさん実ってますね!

実りすぎなんじゃないかと思ってしまう。

ただこれ本当に美味しいので、万々歳です。



2番!紫御前ナス!

こちらも約一か月前の様子。まだ花がついて、小さな実がつくかつかないかくらいの時です。
 

IMG_0984




それがこうなりました!!!


P8314494



あらあら、もう規格外のサイズですね。
 

P8314484

*注:私の手が小さいというわけではありません。


本当に立派なものが多いです。



この後、ナスも種取り作業になります。

いんげん・トマト・きゅうりは少しずつ種取り作業を開始しています。

大きく実り、病気や虫に強く、生育がいいものから種を採る。この強い種が来年使えて、その種たちが育ってくれる。こうしてめぐりめぐっていく。。。
 



最近、朝と夜が寒いです。

もう夏も終わりですね。次は秋に収穫したい野菜を植えていきましょうか。そしてお米の収穫や大豆の収穫もあります。楽しみなことばかり!!

みなさんぜひ遊びに来てください!

来月も一緒にいつもの暮らしを作り上げましょう
 

P8314519





オマケ

なんと水路で30cmオーバーのニジマスが採れました!!

いつもの暮らしに来ていた高校生と一緒にいただきました。

これも自然の恵みか?笑

P8024084
 
P8024083
 

P8024116

~いつもの暮らし 6月~



「季節の移り変わりは本当に早いなぁ~」


1
日経つだけで畑の雑草は生え、作物の色は変わっていく。
自然、畑の中にいると自分が置いて行かれそうな感覚になります。

 

6月はナス、トマトなどの夏野菜を植えたり、麦の収穫、ジャガイモ掘りなど私たちの「いつもの暮らし」も自然の流れと共に変わっていきます。

今回は、馬耕でジャガイモ掘り、麦の収穫を紹介して行きます。


 



【初挑戦!!馬耕でジャガイモ掘り!!】

 

今年の3月に耕作放棄地から土を耕し、獣害対策フェンス張りからスタートしたTEF畑。

初めに植えたのがジャガイモでした。


14051553_979948342116458_3398844610987882862_n[1]
(TEF畑 季節によって景色が変わっていきます)


14079987_979948422116450_1647578606277932159_n[1]    14067446_979947758783183_3183917115274656579_n[1]
(ジャガイモの花 きれいな花が咲きました)




除草をしたり芽かきをしたり。途中、虫の被害もありましたが、無事にジャガイモが出来ました!


14079696_979947878783171_1586481000902581300_n[1]
(収穫する時はやっぱり嬉しい!!)


 

大きく育ったジャガイモを馬耕で掘る!!
おそらく現在、日本で行っているのはここだけかもしれません。

面白いほどにコロコロっとジャガイモが掘れると思いきや掘れた量は少なく、
今後も馬耕でジャガイモ掘りに挑戦していきます!



(馬耕でジャガイモ掘り!!) 

 

 CIMG0016

 CIMG0015
(掘れたジャガイモ)




収穫後は、TEFの食卓ではジャガイモ料理が!

IMG_20160615_132800 (2)
(TEFのとある食卓。この日は、ジャガイモとナスのパスタに玉ねぎのサラダ、
 料理上手なスタッフの手作り!桑の実の牛乳寒天をいただきました!)




TEFのお昼ご飯は、自分たちが作った野菜を中心に料理をします。ご飯は窯で炊く。
毎日新鮮な野菜に、おこげのついたご飯。
ご飯を囲みながら、スタッフ、お客さんと話す時間が一番好きです。


14079990_979988188779140_8909073110621638558_n[1]
(自分で火をおこし窯でご飯を炊く。火をおこすのは大変ですが、ほっかほっかのご飯は美味しい!!)




【豊作!!麦収穫】

今年は豊作!!

若い緑色から収穫前は黄金に輝く麦畑。

麦収穫のタイミングは難しく、収穫期間は1週間。タイミングを見逃すと、脱粒してしまったり、梅雨に入り収穫が出来なくなります。


14055029_979969815447644_5318021592039454537_n[1]   14088545_979947208783238_54442960274952284_n[1]
(左は5月中旬に撮った写真。1か月も経つと、緑色から金色に!)



収穫当日は晴天!翌日から雨でした。たった1日の違い。移り変わりが激しい自然の中で、この見極めができるようになりたいと思います。

収穫した麦は、乾燥させ製粉所へ。今年もモチモチっとしたTEF麺が食べられます!!



14045722_979946628783296_5687097809246810655_n[1]
(皆で麦収穫!1日で終わらせました)

14089008_979946698783289_6784204221309176730_n[1]
(収穫後の麦畑。天気に恵まれました)



収穫後に出た藁は、サツマイモのマルチにしました。

14079476_979945485450077_5460079765787416192_n[1]  14102423_979945525450073_3994048772917026681_n[1]
(秋にはサツマイモ料理が!今から楽しみです)



麦畑のあとは大豆植え。今年は、お米に続き石油を一切使わない大豆の「
No-Oil」商品が出来る予定です。

CIMG0026
(一人馬耕にも挑戦!)



まだまだ6月は、雨どい付けにシンクの設置、照明作りの大工仕事。
田んぼのモグラの穴を防ぐ作業と、私たちの「いつもの暮らし」は自分たちで暮らしを作っていきます。
過去の写真を見返してみると、なかったものが出来ていたり!
暮らしを作っていくことで、少しずつ自分たちの暮らしが豊かになっていくことを日々感じます。

畑仕事に大工仕事。馬との暮らし。
私たちの「いつもの暮らし」に来ませんか?



都留でお待ちしております!

CIMG0031



7月のいつもの暮らしレポートです。


お品書き

*鹿の解体(*観覧注意のところがあります)

*草刈り


 〜~鹿の解体編~〜
 

農作業をしようと畑に向かった矢先、顔見知りのおじさんに会い、「鹿いるか?」と尋ねられました。鹿肉をくれるのか!と思って喜んで返事をすると、ボトッと鹿を丸ごとくれました。ただただ驚きです。

*観覧注意
IMG_0920
 


鹿さんは死後硬直しており、カチコチです。マダニもたくさん寄生していて、生きていたことを実感します。

両足を持って車に詰め込みます。これがまた重たいこと重たいこと。生き物は重たい。命も重たい。

*観覧注意
IMG_0925
  
 


鹿の解体なんて初体験なスタッフ。見よう見まねと某動画サイトの力を借り、血抜き、内臓出し、皮剥、そしてももを切り落とすところまで根性でやりきる!内臓出している時に切断したところから、ぽろぽろのウンチが流れ出てくるトラブルもありましたが、無事にお肉だけの状態まで持っていくことに成功しました。

*観覧注意
 IMG_0929



ももだけ見ると美味しそうでしょう? 

IMG_0926



その後、代表加藤大吾が登場し、解体は一気に進みます!経験者がいると作業は早いです。

IMG_0942



この背ロースがとっても柔らかくて美味しい!喜びのポーズ。

IMG_0939



そして、部位ごとにカットされ、それぞれの家庭とお客さん用に分けてお持ち帰りました。

IMG_0943


予測不可能なこと、やったことないこと、いろいろ降りかかってくるいつもの暮らし。「どうしよう」ではなく「どうにかする」なんですよね。腹くくってやるしかない。たとえ失敗しても、経験したことは力になるし、経験が面白さにも繋がっていると思います。

そして鹿さんからも教えられました。人はいろんな命をいただきながら生きていること。自分で解体することでより身に染みます。最後までいただくこと、美味しく料理していただくこと、それが命への礼儀だと思いました。


鹿さん、ありがとう。




 〜~草刈り編~〜

 

いつもの暮らしに富山からお客さんが遊びに来てくれました!一緒に草刈りをします。 

IMG_0064



まずは田んぼの畦。

雑草のオオブタクサたちがとっても大きくなって、日陰を作り稲の成長を妨げていたので一掃します。

なぜビフォーを取らなかったのか・・・!アフターの写真しかないですが、とても綺麗になったんです!終わってすっきりした気持ちです。

IMG_0973



刈ったところと刈ってないところではこんなに差があります!

IMG_0974



次は田んぼ内。

無農薬でやっている田んぼなので、田んぼ内に雑草がグングン生えてきます。なかなか手がつけられない内に大きくなって、稲に陽が当たらないほどの大きさに・・・。今日こそは田んぼから抜いてやる!

いざやってみると田んぼに水が入っているため、足がとられてなかなか前に進めません!しかも意外と雑草が生えていることがわかり、全部抜くだけでも一苦労!

でも終わってみると、稲に陽が当たるようになり、綺麗な田んぼになりました。
IMG_0955

IMG_0961
 



最後に大豆畑。

大豆を植えて芽が出たのはいいものの、同じように雑草もグングン大きくなります。さすが夏ですね。雑草なのか、大豆なのかどっちかわからないほど似た背丈なので、慎重に草刈りをしていきます。これがなかなか骨が折れる。

でも終わってみると、大豆たちが喜んでいるように見えて、嬉しく思います。
IMG_0061

IMG_0064
 
 

今回はこの3種類の草刈りをしました。

草刈りって面倒くさいイメージがあると思います。

でも草刈り中っていろんな話ができるんですよね。仕事、趣味、恋愛、今までの人生、今後の生き方などなど、いろいろ語ってしまうのが草刈りでもあります。

話に夢中になると時を忘れてしまい、いつの間にかたくさんあった草が刈り取られ、綺麗になります。「できた」が目に見えてわかるんですよね。その達成感も気持ちいい。
草刈りと言っても奥深い。
時間がゆっくりと流れる。
そんないつもの暮らし。



以上、7月のいつもの暮らしレポートでした!

私たちと一緒にいつもの暮らしを体験してみませんか?
IMG_0824

 

このページのトップヘ