2012年04月08日

手紙の書き方 誕生日

手紙の書き方 誕生日

手紙を書くときのマナーを守り、受け取る相手のことを考えて表現や言葉を選び、誤字が無いように注意しましょう。もちろん、修正ペンや修正液は使わずに、わかりやすい文章の流れを考えて話を組み立てていきましょう。省略することもありますが、頭語・時候の挨拶をきちんと書くと、より丁寧です。

【手紙の書き方 誕生日】
誕生日のお祝いのメッセージについては、書かれているメッセージカードやバースデーカードなどがありますが、自分の言葉で手紙・ハガキ・メッセージカード・バースデーカードなどき書いて行くとあなたの気持ちが伝わると思います。

例えば、
花の便りが北上する季節になりました。○○様にはお元気にお過ごしのことと拝察いたします。平素はいろいろとお世話になり、心よりお礼申し上げます。
 さて、来る○月○日は○○様の○○回目のお誕生日。日ごろのご厚情に感謝しまして、お誕生日のお祝いとして○○をお送りしました。心ばかりの品ですがご笑納くだされば幸いと存じます。
 末筆ながら、ますますのご健勝とご多幸をお祈り申しあげます。

メッセージカードなどに書く場合であれば、
Happy Birthday !
いつも○○の笑顔を見ていると、とても幸せな気分になります。
もっと○○にふさわしい大人になるように、私ももっと成長するよ。
これからもよろしく!


心を掴む手紙の書き方・テクニック(コツ)
絵手紙も結構喜ばれますので、絵に自信がある方にはオススメです。


【手紙の書き方 誕生日】の詳細については、上記ホームページをご参考下さい。



綺麗な手紙の書き方(例文・文例集)










tegaki_guide│誕生日